2009年06月02日

2008年上半期「農といえるニッポン!」ゲスト紹介

FM世田谷「農といえるニッポン!」では、2004年度11月から農・食・環境の現場で活躍されている方々をゲストにお招きするコーナーがスタートしました。ここで、どんな方々に登場していただいたのか整理してみることにしました。

■2008年度上半期「FM世田谷 農といえるニッポン!」ゲストコーナー「DO YOU 農?」ご出演いただいた方々のご紹介
http://www.agranger.jp/radioguest1.html

92).2008年6月28日
テーマ:東京農業大学の沙漠緑化研究 水利用からみたアフリカ乾燥地
〜モロッコのハッタラーラを用いた水利用〜
東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科
地水工学研究室 教授 高橋 悟さま

91).2008年6月14日・6月21日
テーマ:東京農業大学 短期大学部全体の取組み、
生物生産技術学科研究室の紹介
東京農業大学 短期大学部 生物生産技術学科 教授 藤垣 順三さま

90).2008年5月31日・6月7日
テーマ:明治大学農学部 農学科 生産システム学研究室の紹介
明治大学農学部農学科 生産システム学研究室 准教授 池田 敬さま

89).2008年5月17日・24日
テーマ:茨城県 財団法人グリーンふるさと振興機構の取り組み紹介
茨城県 財団法人グリーンふるさと振興機構 主任 小林 敦明さま

88).2008年5月3日・10日
テーマ:茨城県 大嶋農産こだわりのお米 有機栽培「百笑米」
茨城県 農業生産法人(有)大嶋農産 代表取締役 大嶋康司さま

87).2008年4月19日・26日
テーマ:築地食育プラン第17回(3月)セミナーレポート
・財団法人水産物市場改善協会
・野菜、魚の講師を担当された方々、親子のインタビュー

86).2008年4月12日
テーマ:〜北茨城市平潟港からのお便り〜
あんこうのどぶ汁鍋・民宿のご紹介
北茨城市 平潟港 地魚料理・あんこう鍋
民宿しのはら・篠はら別館 社長 篠原  聡さま 

85).2008年3月29日・4月5日
テーマ:第2回「食・農・環境」教育フォーラムレポート
第2回「食・農・環境」教育フォーラムレポート 東京農業大学 食料環境経済学科「食・農・環境」教育研究プロジェクト

・東京農業大学 准教授 熊井 治男先生
・山本 浩文・山下 昌秀(自然塾/長野県臼田高等学校)
・古川 順子(あいあい夢の会/岩手県八幡平市)
・海野フミ子(アグリロード美和/静岡県静岡市)、
・東京農業大学 應和 邦昭教授インタビュー

84).2008年3月9日・15日・22日
テーマ:動物園の動物たちに、新鮮で無農薬の安心・安全の牧草を届ける会社。(有)クローバーリーフ
京都府相楽郡 (有)クローバーリーフ 取締役 西窪 あけみさま

83).2008年2月23日・3月2日
テーマ:協会の活動「築地食育プラン」の紹介
おさかなマイスター・おさかなマイスターアドバイザー資格
財団法人水産物市場改善協会 大森 良美さま

82).2008年2月2日16日
テーマ:第7回世界学生サミットレポート4
座長2名(東京農業大学)日本(東京農業大学)、ドイツ(ウェイ
ヘンステファン・トリスドルフ応用科学大学)、フランス
(ボーべ・ラサール・ポリテクニーク学院)、韓国(国立慶北大学)学生のインタビュー

81).2008年2月2日・9日
テーマ:東京農業大学「食と農の博物館」先生の研究、研究室の紹介
東京農業大学「食と農の博物館」副館長
教職・学術情報課程 准教授 梅室 英夫さま

80).2008年1月19日・26日
テーマ:大学生の食事バランスガイドチャレンジレポート
立教大学チーム・国士舘大学チーム

79).2008年1月12日
テーマ:第7回世界学生サミットレポート3
座長2名(東京農業大学)アメリカ(ミシガン州立大学) 、
フィリピン(フィリピン大学ロスバニオス校)、ベトナム
(ハノイ農業大学)、カナダ(ブリティッシュコロンビア大学)学生のインタビュー

78).2008年1月5日
テーマ:第7回世界学生サミットレポート2
座長2名(東京農業大学)ウクライナ(ウクライナ国立農業大学)
ドイツ(ウェイヘンステファン・トリスドルフ応用科学大学)学生のインタビュー
posted by 農業情報総合研究所 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 農といえるニッポン! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック