2009年03月07日

2008年度 大学生の特別講義レポート(3)

東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科 熊井先生からお声がけをいただき、2008年度も、「都市農村経済コース特別講義」を担当させていただきました。受講してくれたのは、東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年生です。

講義が終わったあと、熊井先生が講義を受けた学生のレポートをとりまとめてくださいました。いただいたレポートを見てみると、みんなA4の用紙いっぱいに思い思いの感想を書いてくれていました。ぜひ、みなさんにも見ていただきたいと思ったのですが全部アップするのは難しいので、私の方で一部編集をさせていただきブログにアップすることにしました。(一部、文章のつなぎがおかしいところがあるかも知れませんがご了承ください。)

なお、このブログへアップするにあたっては、東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科の先生方の許可をいただいています。さて、私の特別講義を聞いて学生のみんなはどんな風に感じてくれたのでしょうか?みなさんも、ぜひご覧になってみてください。

■東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科「2008年度都市農村経済コース特別講義」レポート

11.東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年
 農業というのは農村のことであり、都市とはあまり関係がないという自分の考えが違い、農業は都市でも息づいているということがわかった。都市でも農業に携わっている人、農業に興味を持ってもらおうとしている活動が様々行われているということに驚いた。

12.東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年
 地域のネットワーク作りの促進・情報伝達等、その地域を盛り上げていく上で大変有効な媒体であると思った。私の住んでいる地域は新興住宅地域で入れ替わりが激しく、また関わりが希薄なので、こういった昔からそこに住んでいる人たちのような濃密な関係を築きづらいので、とてもうらやましく感じた。
 
13.東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年
  私は普段からラジオを聞かないがバイト先でたまたまエフエム世田谷「農といえるニッポン!」を耳にしたことがあった。この番組では消費者に向けてわかりやすい「食・農・環境」情報を発信している。また、世田谷区内の農家・食品関連企業・自治体などと提携し実際の現場の話を取材し聞かせてくれる。
 近年話題になっている「食の安全」「食品表示の偽装」などの問題は全部が業者や売り手だけの責任とは言えない。我々消費者は食に対する知識力を養うことがこれらの問題を解決する手段にもなると思う。そのために、植村さんが言ったように、正しい情報を選択することが求められる。

14.東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年
 お話の中で印象に残ったのは農大生の活動です。農大生の取り組みの中で気になったのが短期大学部の栄養学科、醸造学科の学生が用賀小での食育の取り組みを行っていることでした。私も、高校生のときに地域の小学生と田植え体験、収穫体験、そして一緒にご飯を野外で炊いてミニキャンプのような活動を行ったことを思いだしました。
 食への関心・知識が低下しているなかこのような体験学習で食について学ぶことは大切であると考えます。しかし体験学習などは容易に行えるものではないのでラジオなどの身近なところから情報を得るということは重要であると思います。 

15.東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年
 今回の講義を聞いて世田谷区に農業のことについて取り上げているラジオがあることを初めて知った。このようなラジオも斬新でよいのではと感じた。
 ラジオに大学生チーム、農業に携わっている人が出演しているとのことで、取り上げられている問題、議題もリアルなものばかりである。そして、いろいろな人が出演しているので人によっても問題はさまざまである。そのため日頃聞かないようなこともありとても面白く、ためになると感じた。
 地場野菜を給食で取り上げることはとてもいいことだが、やはり学校側の問題ついてくると思う。そこが課題点ではと思いました。
 ラジオに参加するのは恥ずかしいと思いましたが、今回の講義でこのような活動が行われていることを知れてよかったと思います。


2008年度 大学生の特別講義レポート(2)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/115028848.html
2008年度 大学生の特別講義レポート(1)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/114767490.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(11)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/113689113.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(10)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/113062151.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(9)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/113062151.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(8)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/112923069.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(7)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/112823338.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(6)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/112525668.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(5)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/112525668.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(4)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/112482761.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(3)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/112284098.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(2)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/112100055.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(1)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/112065372.html
posted by 農業情報総合研究所 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 理事長:大学での特別講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115299400
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック