2009年01月21日

2007年度 大学生の特別講義レポート(8)

東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科 熊井先生からお声がけをいただき、2007年度「都市農村経済コース特別講義」を担当させていただきました。受講してくれたのは、東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年生(現在の4年生)です。

講義が終わったあと、熊井先生が講義を受けた学生のレポートをとりまとめてくださいました。いただいたレポートを見てみると、みんなA4の用紙いっぱいに思い思いの感想を書いてくれていました。ぜひ、みなさんにも見ていただきたいと思ったのですが全部アップするのは難しいので、私の方で一部編集をさせていただきブログにアップすることにしました。(一部、文章のつなぎがおかしいところがあるかも知れませんがご了承ください。)

なお、このブログへアップするにあたっては、東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科の先生方の許可をいただいています。さて、私の特別講義を聞いて学生のみんなはどんな風に感じてくれたのでしょうか?みなさんも、ぜひご覧になってみてください。

■東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科「2007年度都市農村経済コース特別講義」レポート

36.東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年 
 私も世田谷のラジオについては知っていたが、夜しか聞く機会もなく、こんな番組をやっているとは思わなかった。食や農に対する注目がこんなところでもされているのだとびっくりした。農大で学んだことが活かされて。そして地域の人に伝えられる番組は非常に有意義な番組であると思った。

37.東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年 
 消費者と生産者に隔たりのある現代に、こうした取り組みをするというのは大変必要だと思う。ラジオ番組、ウエブを使った発信、シンポジウムなどでは効果に限りがあるが、決して意味のないものではない。さらなる発展をして日本の消費者(特に都市部)に日本の農業をPRしていただきたい。
 ラジオ番組については、ただ「食育」「農業」についての知識や取材報告をするのではなく、群馬、山梨、長野、茨城などにおける農業体験情報や地域情報(農産物)の発信できればよいのではないかと思った。消費者と生産者をつなぐ媒体としてこれからも活動を絶やさないでほしい。

38.東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年 
 確かに都市と農村の情報交換がうまく取れていない気がする。最近知ったことであるが、東京都内に各都道府県のアンテナショップが設置されており、特産品の販売や観光案内などをしている。
 地域社会の活性化が背景にあるが、はたして東京都のひとたちはどれぐらい知っているのだろうか?おおよそ、半分も知らないのではないだろうか?このような現状を打開するにも、植村さんの活動のような情報提供者が重要な役割を果たしていることが伺える。

39.東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年 
 今回の講義で農大生がこのようなラジオ番組に出演し、都市の農・食・環境の情報を発信しているのを知り驚いた。だた、残念なのは世田谷区とその一部でしか聞けないことである。
 このラジオ制作は都市と農とを結ぶネットワークの先駆けになるのだろうと思った。農大では今、百周年記念講堂でさまざまな講座を一般者も参加できるようになっている。また、「食と農の博物館」も一般の人が利用できる。これからもこうした活動で、ラジオにも負けないように地域の人たちに、食や農業についてもっと理解と情報を提供していければ良いと思った。

40.東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年 
 今回の話を聞いて、印象に残ったことは植村さんが地方の方に講演を頼まれると言う事だ。地方で東京に生産物を出荷している生産者は、消費者がどのようなものを求めているのかという情報を求めているのだ。
 地方に講演に行くことで、生産現場の生の声を聞くことができ、それを消費者へ生産者の声を伝えることで、植村さんは、世田谷でのラジオ局の活動により深みを持たせることができる。近年消費者への情報不足が声高に言われているが、生産者への情報を提供することも忘れてはいけないことであると気づかされた。

レポート9へつづく〜。

2007年度 大学生の特別講義レポート(7)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/112823338.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(6)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/112525668.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(5)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/112525668.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(4)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/112482761.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(3)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/112284098.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(2)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/112100055.html
2007年度 大学生の特別講義レポート(1)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/112065372.html
タグ:東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科 2007年度 都市農村経済コース特別講義  NPO法人農業情報総合研究所
posted by 農業情報総合研究所 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 理事長:大学での特別講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112923069
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック