2008年12月10日

審査員「次世代につなげたい食・農・環境」写真展

081210-1.jpg東京農業大学・国際食料情報学部食料環境経済学科 学科創設70周年記念事業 「次世代につなげたい食・農・環境」をテーマとした写真展が「食と農」の博物館1Fで開催されています。みなさんご覧になられましたか?

私も、写真の審査委員を担当させていただいたので、どんな風に展示されているのか気になり展示を見にいってきました。どの写真も額で飾られていて、より素敵な作品になっていました。

081210-2.jpg「今、話題の江戸東京野菜」大竹道茂氏の記念講演はすでに終了しました。私も参加したかったのですが、時間があわなくてとても残念でした。この写真展の開催場所・期間は以下の通りです。

写真展示:20年12月2日(火)〜平成20年12月25日(木)
場  所:東京農業大学「食と農」の博物館1階展示コーナー

たくさんの方々から応募があり、入賞作品にはリボンが飾られていますのであわせてご覧になってみてくださいね。

081210-3.jpg081210-4.jpg左の写真は、大学の先生方の作品が展示されています。先生方が現場に調査に行かれたときの写真でしょうか?どれも、これも、地域や現場の息づかいが伝わってくるような写真です。こちらも、ぜひご覧になってみてくださいね。

今回、この写真展の企画・立案・実施など中心的な役割を果たしてこられたのが、食料環境経済学科 熊井治男准教授でいらっしゃいます。熊井治男先生をご存じの方、ぜひ「食と農」の博物館1階展示コーナーに足を運んでいただき、写真のメッセージをご覧になってみてください。

関連記事もあわせてご覧ください。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/110522197.html

posted by 農業研 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演・執筆活動・司会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック