2008年10月06日

マキレンジャーレポート3

東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科 システム工学研究室牧 恒雄教授のご協力をいただき、建設システム工学研究室の学生さんで農業戦隊マキレンジャーが結成されました。

3期生のメンバーは、東京農業大学2007年収穫祭(文化祭)の展示。文化学術展で金賞獲得しました。みんな、おめでとう!!マキレンジャーの4名が、ラジオで金賞受賞レポートを担当してくれました。この放送は、9月27日(土)、10月4日(土)の放送予定です。

マキレンジャー3期生から、ラジオチャレンジ感想文が届きましたのでご紹介します。

■東京農業大学 生産環境工学科 システム工学研究室4年生

 スタジオに入った瞬間、めっちゃテンションが上がった↑↑人生で初めて入ったスタジオは予想通り薄暗くて、よく分からないがスゴそうな機器がずらっと並び、ちょっと偉くなった気がした、笑。

 友達の収録風景を見ていると、ディレクターにでもなったような気分でダメ出しを何度もした。が、実際に自分が収録される立場になると、今までの気分はすっ飛び、一気に緊張しだした。聴いている人が見えない分、どんな反応が返ってくるのか分からないから、一人で話していると不安になった。

 ラジオの放送は気楽に話しているようで、結構難しいものなのだと実感した。でも、終わってみれば楽しい収録だったと思う。まぁ、9割方自己満足だけど…笑。上手下手はともかく、人に何かを伝えることの楽しさや難しさを学べてとてもいい経験になった。


■東京農業大学 生産環境工学科 システム工学研究室4年生
 
 ラジオ収録は初めての経験だったのでとても緊張しました。収録中も頭が真っ白になり事前に考えてきた話の半分も話せませんでした。途中から何をしゃべっているのか、わからなくなることもありました。

 今までなんとなく聞いていたラジオですが、実際にやってみてその難しさを実感しました。ラジオの司会者はこれを生放送でやるのだから本当にすごいと思います。正確な情報を解りやすく発信することが、いかに難しいのかということを学べて、とてもいい勉強になりました
posted by 農業情報総合研究所 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック