2008年09月17日

食と農の博物館〜シルク展のご案内〜

2008年2月、番組にご出演いただきました、東京農業大学「食と農」の博物館」副館長 梅室先生からイベントの展示、案内が届きましたのでご紹介いたします。

■東京農業大学「食と農」の博物館ワイルドシルク・フェスタ第2章
「シルク好きも、知らないシルク」〜ワイルドシルクで、すばらしい明日〜

いままで評価が高かったカイコのシルクや藍染め布に比べ、紫外線(UV)カット能力が群を抜いており、風合いも実に魅力的。こうしたワイルドシルクを一同に集めた展示。その他講演会やイベントも開催予定です。

場所: 東京農業大学「食と農」の博物館1階展示コーナー・映像コーナー
期間: 平成20年9月17日(水)〜9月28日(日)
展示内容(予定): 総合展示 各種ワイルドシルクの繭、糸、織物、非繊維利用例、 講演会・実演・ファッションショー等

<講演会>
9月20日(土)「シルク資源の利活用」
13:30〜14:30 「天然シルク資源−それからの繭糸特性」
講師:赤井 弘氏  (日本野蚕学会会長)

14:30〜15:30
「野蚕のシルク資源−広汎な品種特性」
講師:永易 健一氏 ((財)農業生物資源研究所)

9月23日(火)
13:30〜14:30「イノセントテクノロジー、洞爺湖サミットに昆虫が参加」講師:長島 孝行(東京農業大学農学科 准教授)

14:30〜15:30
「シルクタンパク質の食品開発における考え方」
講師:田所 忠弘(東京農業大学生物応用科学科 教授)

<フロアーショー>
9月21日(日)15:00〜16:00

<ワークショップ>
9月21日(日)
場所:「食と農」の博物館2階セミナー室
参加費:2,000円 募集人数:先着15名

詳しくは下記をご覧ください。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/index.html
posted by 農業情報総合研究所 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 農大博物館展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック