2018年04月01日

どこから見ても鰹節。実はカマボコ。

松山のお店で、「削りかまぼこ」とメニューにあったので注文してみました。
でできたのはコチラ。

DSCN2427-2.jpg


あれ?鰹節が山のように器に入っていてカマボコが見えない。
私 「カマボコは鰹節の下に入っているのですか?」
店員「これが全部カマボコです」と教えてくれました。

えっーーー!これがカマボコ???
食べてみると、なるほど!カマボコです。面白いかもぼこでした。(^〜^)もぐもぐ。

調べてみると・・・。
削りかまぼこは、愛媛県南予地方の特産品。
かまぼこの原材料としては最高のえそを使い、 乾燥させて薄く削った削りかまぼこのようです。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:19| Comment(0) | 魚・漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛媛県の直売所:みかん、みかん、みかんの山に感激!

愛媛県の直売所(おひさまいち)に行ってみました。
お目当てはみかん。

直売所に行ってびっくり!
みかん、みかん、みかんの山!!わーーーい!!\(^o^)/
もっといっぱい買いたかった。だって安いんだもーん。

そして、どれも美味しかった。大満足!!
DSCN1026-1.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 23:05| Comment(0) | 野菜・果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ラジ!取材:愛媛県松前町(有)あぐりさん

建設業から農業へ参入 愛媛(有)あぐりさんにお話を聞いたのは2007年でした。
http://kansyokunouken.seesaa.net/category/25084702-4.html

今回、愛媛に行くことになり愛媛県伊予郡松前町(松山市の南隣り)にあります
農業法人「有限会社あぐり」大森さんに会いに行ってきました!
http://aguri.jp/index.shtml

歩いていけないので、車で迎えに来ていただきました。

DSCN2439-1.jpg


いつも見慣れたお米の袋。

DSCN2447-1.jpg


精米機も見せていただきました。
DSCN2446-1.jpg


11年ぶり?の再会となりました。
もちろん、「農ラジ!」の取材もお願いしました!(笑)

DSCN0993-1.jpg


運営統括責任者の大森孝宗さんにお話しをお伺いしました。
株式会社愛亀(社員300人)という道路建設会社の農業部門になります。

2000年に農業に参入されて、現在、50ヘクタールにて主に有機米の生産をされています。
圃場数ですと400枚です。近隣の休耕田も管理されています。

こちらの生産は、常勤8名、非常勤10名。
お米はこしひかりなど複数品種です。「にこまる」も生産されています。
流通は県内のスーパーやホテルなど、また東京圏にも卸されています。

DSCN2459-1.jpg


食品残渣のリサイクルと堆肥の生産も行われています。
最近は、ブロッコリー、レタス、大根などの野菜の有機栽培も始められていました。

いつもお米を送って来てくださるときに、野菜を送ってくださるのですが旬の採れたので野菜で
とっても美味しいんですよね〜。いつも、ありがとうございます。
この美味しさを、数字にできるといいな〜とお話されていました。

DSCN1005-1.jpg

この日は、地元の方も珍しく雪が降って寒いとお話されていたほど寒かった。
お忙しいところ、ありがとうございました!農ラジ!配信をお楽しみに。

戻ってから、こんなにも野菜をたくさん送って来ていただきました。
どれも美味しかった〜。どうも、ありがとうございました!!

DSCN2516-1.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 22:49| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.1〜3月イチジクネタまとめ

イチジクネタをまとめてみました。

4/1fbにアップしました。
イチジクで就農!日本農業新聞
JA福山市就農研修生 イチジク初!

福山いちじく新規就農研修開校式を開き、5人の研修生が入講した。
これまで、ブドウやほうれんそう、アスパラガスなど5つの重点作物で研修をしてきたがイチジクは初。
新規就農者を確保、育成し、地域農業の活性化を目指す。

3/29fbにアップしました。
一口サイズのミニフルーツに注目が集まっています。

3/28日本農業新聞記事 ミニイチジク! 切らずに丸かじり、キウイ、リンゴ、柿、イチジク!
イチジクの生産量全国3位って大阪府だったんですね!

大阪府は、ミニイチジクの産地に乗り出している。桝井ドーフィンの1/3サイズ。
皮ごと食べられる簡便さ、加工のしやすが売り。

品種は、海外原産の「イスキア・ブラック」「ネグローネ」が中心。
3個入りパック2つセットで1000円で試験販売したところ、24セットが完売したという。

3/6fbにアップしました。
東京いちじく舩木翔平さんの取組が東京新聞に紹介されました。

農業情報総合研究所主催、農業ビジネス研究会での発表、農ラジ!
インタビューとお世話になりました。
舩木さん、秋のいちじく楽しみにしていますよぉ〜。(^o^)丿

農業ビジネス研究会/議事録がアップされました!舩木翔平さん
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/457228657.html
農業ビジネス研究会を開催しました!「東京いちじくのチャレンジ!」
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/456471550.html

舩木さんのインタビューは、農ラジ!でお聞きいただけます。
農ラジ!第123回八王子で新規就農!東京イチジクの取組みまで。
https://youtu.be/lTVIsAvxG5g
農ラジ!第124回:東京いちじくプロジェクト!
https://youtu.be/7Dk7EukiLAw

3/6 fbにアップしました。
農家さんは、「イチジク???売れないよ」と言う。
3/4日、日本農業新聞 食の履歴書 女優の内藤理沙さんの記事を、ぜひ読んでみてください。
ザクロやイチジクは、庭で育ったのを採って食べていた。東京に出てきたらイチジクが高級品なのでびっくりました。レストランで添えとしてちょっとだけ。丸ごと食べたいといったら、何千円もしたりして・・・・

3/5fbにアップしました。
香川県の直売所 イチジク商品。ジャム、缶詰もあったよ!
はざまのイチジク?はざまというのは地名のようでした。
羽間地区といってイチジク栽培が盛んな場所らしい。現在、地域を代表するブランド商品とか?ふむふむ。
イチジクの缶詰?初めてみたような気がする。それも、一般的に西洋イチジクと呼ばれているドーフィン種。
どっちをお土産に買ったっけ?と思ったら、別のイチジクジャムを2つも買っていました。ありゃりゃー。

2/25fbにアップしました。
各地でイチジク来ブーム到来? 日本農業新聞記事より  
復興イチジク観光資源に。宮城県東部地方振興事務所
東日本大被災農地で栽培するイチジクを観光資源に生かそうと、
東松島市で地域振興交流会が開催され、旅館経営者らが参加。地元飲食店試作の6品を試食
posted by 農業情報総合研究所 at 20:57| Comment(0) | 都市農業×イチジク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする