2016年11月26日

ニッポン全国物産展2016年 京つけもの川久 北尾商店さん出店されています!

11月25日(金)〜27(日)10:00〜19:00(最終日は10:00〜18:00)
開催場所: 池袋サンシャインシティ 展示ホールA・B

161125-2.jpg


早速、行ってきました!美味しい千枚漬けも販売されていますよ〜。
奈良漬を買っていかれる方が多かったです。日の菜漬も人気でしたね。
皆さんも、北尾商店さんのブースをのぞいてみてくださいね。
http://kawakyu.gourmet.coocan.jp/

来年ですが、北尾商店さんの漬物とワインのマリアージュ会を開催
予定です。準備を進めているところです。
ワインを選んでくださるのは、世田谷区九品仏にある旭屋酒店さんです。
(池袋で1/21日夜)お楽しみに〜♪
http://www.asahiya-saketen.com/
posted by 農業情報総合研究所 at 22:14| Comment(0) | 醸造・漬物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

農ラジ!第98回:震災からの復興2016/新澤巌夫さん

農ラジ!第98回更新しました!東京農大醸造学科卒業生蔵元
震災からの復興2016!伯楽星 新澤巌夫さんインタビュー。

世田谷 朝日屋酒店主催:「第一回蔵元勉強会&ブラインドきき酒会」が開催されました。
勉強会で講演された、株式会社新澤醸造店 代表取締役 新澤巌夫さんにインタビューさせていただきました。震災からの復興2016!

新澤醸造の4種類のお酒を飲み比べしました。
3万円、6万円という価格を聞いてビックリ!精米7%のお酒が造れることに驚きです。
震災後、蔵を移転。まだまだ、はじまったばかりだという新澤さん。
究極の食中酒造りを目指します!!


posted by 農業情報総合研究所 at 23:54| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バターしょう油トースト試作

10月23日、東京農業大学「食と農」の博物館で「楽しく学ぶしょう油講座」
〜しょう油博士と一緒に、ききしょう油にチャレンジ〜を開催しました。

講座では、キッコーマンの粉末しょう油「しょうゆそると」を使ったバタートーストしょうゆそるとがけを
ご紹介。皆さんに試食していただきました。

実は、生醤油を使ったバターしょう油トーストをご紹介する予定でした。
実際に、何度か作って試食していました。以下が一番おいしく出来上がったと思います。

作り方は簡単!
材料:食パン、生醤油、(お好きなメーカーで)、バター、(お好みでチーズ)
トースターで焼きあがったパンにバター、生醤油をぬります。
そして、再びトースターで軽く焼き上げます。
後で試してみましたが、チーズを乗せるのもおすすめです!
ぜひ、こちらもお試しください。

161009-24.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 23:31| Comment(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽しく学べるしょう油講座レポートNO.27ダイジェスト版(2)

最後は、現在、業務用して販売されているというキッコーマンの粉末しょう油「しょうゆそると」をご紹介しました。試食は2品。バタートーストしょうゆそるとがけ。バニラアイスクリームのしょうゆそるとがけです。初めて食べる、しょう油トーストに、皆さん驚いたようでした。

「しょうゆそると」を、ご提供いただいたキッコーマン開発担当者の方に商品の説明をしていただきました。
商品のご提供、誠にありがとうございました。

160123-8.jpg


160123-11.jpg


参加者の皆さんには、伊賀越株式会社(東京農業大学卒業生が社長)の天然醸造醤油(濃口)と、日本ハラール協会からハラールの認証を取得したアルコールフリー醤油とすき焼きのたれの3種類、パンフレットをお土産にお渡ししました。パンフレットが手裏剣になっているのも面白いですね。商品のご提供、誠にありがとうございました。皆さん、ぜひ使った感想教えてくださいね。

伊賀越株式会社
http://igagoe.tennengura.jp/

161023-224.jpg


参加された方から、ぜひ続編の開催してくださいと嬉しいお声をいただきました。
来年も、10月に開催できるといいな〜。



posted by 農業情報総合研究所 at 22:19| Comment(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽しく学べるしょう油講座レポートNO.27ダイジェスト版(1)

10月23日、東京農業大学「食と農」の博物館で「楽しく学ぶしょう油講座」
〜しょう油博士と一緒に、ききしょう油にチャレンジ〜レポートNO.27ダイジェスト版(1)

講師は、しょう油博士 舘博先生(東京農業大学 短期大学部 醸造学科教授)にご協力いただきました。
舘先生は、2010年「醤油功労賞」受賞。万能調味料であるしょう油の謎を解くため、研究一筋40年、自他ともに認める「しょう油博士」。著書に『しょうゆの絵本』(農山漁村文化協会)、『しょうゆが香る郷土料理』(日本醤油協会)など。

舘先生から、しょう油作りに欠かせない麹菌、しょう油のルーツ、種類と違いについてお話していただきました。現在、最先端のしょう油ということで、身体に優しいしょう油や粉末状のしょう油なども紹介くださいました。

161023-113.jpg


続いて、しょう油の官能検査を行いました。しょう油の造りには、本醸造方式と混合方式があります。
ご存じない方も多かったようです。当日、参加者の皆さんにも配布しましたが「しょう油情報センター」のパンフレットに、造り方の違いが詳しく書かれています。
販売されている醤油は「本醸造方式」と書かれているものがほとんどです。

透明のプラスチックのカップにA・B・Cと書いたしょう油を皆さんにお配りしました。3つのうち、ひとつだけが違うのが混合方式で造られたしょう油です。それを、当ててもらおうというものです。皆さん、真剣にしょう油の味を確かめていました。

160123-1.jpg


今度は、ききしょう油にチャレンジしていただきました。用意されたのは5種類。「濃口、淡口、再仕込、溜、白」の5種類。色、におい、味の違いを確認していただいたあと、豆腐、かまぼこに5種類のしょう油をつけて試食していただきました。各テーブルの皆さんで味の違いを楽しんでいただきました。

160123-3.jpg


続きは、NO.27ダイジェスト版(2)へ


posted by 農業情報総合研究所 at 21:22| Comment(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

農ラジ!第97回:週末百姓、はじめよう!自給農園ミルパ

農ラジ!第97回更新しました!

千葉県成田  自給農園ミルパ 百姓ひとすじ50年 石井恒司さんインタビュー。
自給農園ミルパへ週末百姓を体験に行ってみませんか?
https://www.facebook.com/jikyuunouenm


posted by 農業情報総合研究所 at 11:07| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世田谷区立 喜多見農業公園収穫祭に行ってきました!

今年の5月にオープン。
ずーーーーっと、気になっていた喜多見農業公園 やっと、見学に行くことができました!(^O^)

161112-5.jpg


畑では、さつまいも、小松菜の収穫が行われました。
この日は、50名ほどの方が参加されました。
みなさん、とっても楽しそう!見ていても楽しかった〜。

161112-3.jpg


管理運営は、ランドブレイン株式会社、NPO法人 せたがや喜多見 農とみどりが協力されています。
住民の方がメンバーとなっている、「せたがや喜多見 農とみどり」。
農ラジ!のインタビューにご協力いただくことになりました。お楽しみに〜!!
皆さん、お世話になります。よろしくお願いしまーす!!
posted by 農業情報総合研究所 at 10:58| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

満席となりました!11/13日:小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ2016

東京農業大学地域環境科学部生産環境工学科 地水環境工学研究室の先生、学生のみんなに、ご協力していただくことになりました。写真は、創立125周年記念収穫祭文化学術展の展示です。
どのお米を試食するかは、当日までのお楽しみ!
161029-10.jpg


小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ2016
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=556

◎第1回 お米作りから世界の環境を考えてみるよ
  ・砂漠?沙漠?いろいろな「さばく」があるの?
  ・水が少なくてもお米がはできるのかな?
  ・アフリカでは、どんなお米が作られているの?
  ・ジュースを使ったミニ実験も行います。
  ・アフリカのお米の試食も行います。

【日 時】平成28年11月13日(日)13:30〜15:00
【講 師】東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科教授 渡邉 文雄(わたなべふみお)先生
    同 生産環境工学科准教授 鈴木 伸治(すずきしんじ)先生
【対 象】小学生親子15組30名
【参加費】300円(材料・資料代として)
posted by 農業情報総合研究所 at 20:36| Comment(0) | 世田谷・お米WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

農ラジ!第96回:目指せ有機農業経営で新規就農

農ラジ!第96回を更新しました!
グリーンポート・アグリ研修生 有機農業で新規就農予定 アスリート農家 中山 潤 さんインタビュー。
アスリート農家とは?来年2月の就農に向けて営業開始!

研修施設グリーンポート・アグリのお問い合わせは、
お問い合わせは、成田国際空港株式会社 地域共生部 共生業務グループまで
http://www.naa.jp/jp/csr/agriculture/

posted by 農業情報総合研究所 at 21:42| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ラジ!取材:杉並区成田西ふれあい公園に行ってきました!

今年の4月にオープン。収穫祭を見学させていただくことができました。
公園に到着。手入れが行き届いた、キレイな農業公園です!
収穫がしやすいよう、いろいろな工夫がされています。

161029-24.jpg


運営は、すぎなみ農業村(NPO法人ふれあい武蔵野農業ふれあい村、株式会社箱根植木が共同体が行い、季節ごとのさまざまな運営を行っているそうです。

今回は、NPO法人ふれあい武蔵野農業ふれあい村 理事の齊藤さんにお話を伺ってきました。
配信をお楽しみに〜!!

161029-29.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 21:34| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

参加者募集中!11/27日:小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ2016

成28年11月27日(日)第2回「小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ」を開催します。参加者募集中です。お早目にお申込みください。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=556

親子でおでかけ「いこーよ」にも掲載されています。
http://iko-yo.net/events/57974  

東京農業大学創立125周年記念収穫祭、地域環境科学部生産環境工学科 農産加工流通工学研究室の文化学術展を見てきました。11/27日、お米ワークショップでお世話になる研究室です。

写真の展示も見ることができるかな?さて、これはいったい何でしょうか?
小学生親子の皆さんのご参加お待ちしています。

161029-8.jpg


小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ2016
◎第2回 籾(もみ)から玄米そして白米まで体験・試食
  ・お米の白さ、水分量を測ってみよう
  ・精米の歩合を変えたお米を食べ比べてみよう!
【日 時】平成28年11月27日(日)13:30〜15:00
【講 師】東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科教授 坂口 栄一郎(さかぐちえいいちろう)先生
【対 象】小学生親子15組30名
【参加費】300円(材料・資料代として)
posted by 農業情報総合研究所 at 21:09| Comment(0) | 世田谷・お米WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

残席わずかです!11/13日:小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ2016

成28年11月13日(日)第1回「小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ」を開催します。残席わずかです。お早目にお申込みください。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=556

親子でおでかけ「いこーよ」にも掲載されています。
iko-yo.net/events/57968

東京農業大学創立125周年記念収穫祭、地域環境科学部生産環境工学科 地水環境工学研究室の文化学術展を見てきました。11/13日、お米ワークショップでお世話になる研究室です。

子どもたちが、楽しんでくれそうなパネルもあったのでお米ワークショップでも展示していただくことになりました。パネルは、当日までのお楽しみ〜。小学生親子の皆さんのご参加お待ちしています。

161029-7.jpg

 
小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ2016
◎第1回 お米作りから世界の環境を考えてみるよ
  ・砂漠?沙漠?いろいろな「さばく」があるの?
  ・水が少なくてもお米がはできるのかな?
  ・アフリカでは、どんなお米が作られているの?
【日 時】平成28年11月13日(日)13:30〜15:00
【講 師】東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科教授 渡邉 文雄(わたなべふみお)先生
    同 生産環境工学科准教授 鈴木 伸治(すずきしんじ)先生
【対 象】小学生親子15組30名
【参加費】300円(材料・資料代として)
posted by 農業情報総合研究所 at 20:52| Comment(0) | 世田谷・お米WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京農業大学創立125周年記念収穫祭/文化学術展

国際農業開発学科 熱帯作物学研究室の前に稲があったのでのぞいてみることにしました。

161029-5.jpg


気になっていた「浮イネ」についてのパネルがありました!
パネルを見ていると、女子学生がササッと近づいてきて浮稲について説明してくれました。
ふむふむ。とっても上手に説明してくれました。

161029-6.jpg


東京農業大学「食と農」の博物館で開催している、小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップの参考にさせていただきたいと思います。説明してくれた学生さん、ありがとう!
posted by 農業情報総合研究所 at 20:33| Comment(0) | 世田谷・お米WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京農業大学創立125周年記念収穫祭に行ってきました!

撮影ポイント:その1経堂門

161029-1.jpg


撮影ポイント:その2学科のお神輿
お神輿の位置が違っていたので探してしまいました。今年は、こちらの学科のお神輿が気に入りました。みんな、近寄って写真撮っていました。

161029-3.jpg


161029-2.jpg


思ってたとおり、お気に入りの「すずき味噌」買えなかった〜。(T。T)残念〜。
小菅村のきゃらぶきが美味しかった〜。
posted by 農業情報総合研究所 at 20:05| Comment(0) | 世田情報:お店・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする