2016年09月22日

全国のお醤油:石川県輪島市/能登産丸大豆醤油

「楽しく学べるしょう油講座」〜しょう油博士と、ききしょう油にチャレンジ!〜を開催します。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/442020486.html

日時平成28年10月23日(日)13:30〜15:00
場所:東京農業大学「食と農」の博物館2Fセミナールーム
講師:しょう油博士 舘博先生(東京農業大学 短期大学部 醸造学科教授)
しょう油のお土産つきです!
お問い合わせ、お申込みは、東京農業大学「食と農」の博物館まで。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=554

講座開催にあたり、しょう油の記事をアップしていきます。

谷川醸造株式会社さんの醤油をみたのは、すみだ青空市やっちゃば。
能登産丸大豆醤油というのが気になり、写真を撮らせてもらいました。

小麦・大豆・塩というシンプルな原材料で、昔ながらの製法でつくった醤油で添加物や保存料は一切入っていないそうです。大豆は石川県珠洲(すず)産の”幻の大豆”と呼ばれている≪大浜大豆≫、塩は珠洲の釜あげの塩、小麦は北海道の小麦を使用とのこと。輪島の郷土料理にも使われているのでしょうか?

今度見かけたら、買ってみようと思います。

140630-17.jpg

posted by 農業情報総合研究所 at 23:36| Comment(0) | 醤油・魚醤・醤油講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

醤油と食文化が学べる1冊/「しょう油が香る郷土料理」

「楽しく学べるしょう油講座」〜しょう油博士と、ききしょう油にチャレンジ!〜を開催します。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/442020486.html

日時平成28年10月23日(日)13:30〜15:00
場所:東京農業大学「食と農」の博物館2Fセミナールーム
講師:しょう油博士 舘博先生(東京農業大学 短期大学部 醸造学科教授)
しょう油のお土産つきです!
お問い合わせ、お申込みは、東京農業大学「食と農」の博物館まで。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=554

講座開催にあたり、しょう油の記事をアップしていきます。
しょう油と食文化がどのように結びついているのか知りたくて、いろいろな本を探していました。
見つけました!それが、しょう油協会「しょう油が香る郷土料理」です。

しょう油を使った郷土料理が多数掲載されています。その地域の郷土料理にあった醤油を使っているのがわかります。面白いなー。

この本の中で、舘博さん(東京農業大学 短期大学部 醸造学科教授)が、しょう油のもついろいろな働き、しょう油の新たな可能性について書いておられます。最近の研究では、ガンや血圧上昇を抑える機能成分がしょう油から見つかっているそうです!講座でも、このお話が聞けるかも知れません。

舘先生の他にも、奥村 彪生さん(伝承料理研究家、食文化研究家)しょう油の色に、土地の歴史、人柄が表れるというのも興味深いですね。また、渡辺あきこさん(料理研究家)料理は色。その人が慣れ親しんだ色がというのがとても重要という文を読み、思わず、大きくうなずいた自分がいました。
気になった方は、ぜひご覧になってみてください。

160917-8.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 21:47| Comment(0) | 醤油・魚醤・醤油講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする