2016年03月31日

森林調査でドローンが活躍していました。

東京農業大学「食と農」の博物館で、オープニングセレモニーが開催されたので参加してきました。
森林総合科学科創設70周年記念展示「日本の森林」-人と森林の関わり-
展示期間 平成28年3月30日(水)〜平成28年5月25日(木)

先日、スマートアグリシンポジウム2016でドローンの活用についてお話を伺ったばかり。
森林調査の中で、ドローンが大活躍していることがわかりました。

160330-12.jpg


最新のモニターでないため画像が粗くなっていたようですが、モニターを変えればもっとクリアーに映ると聞きました。飛びながら撮影しているとは思えないほど画像がきれいでした。
技術の進歩ってすごいなーーー!!

posted by 農業情報総合研究所 at 13:02| Comment(0) | 世田情報:お店・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京農業大学「食と農」の博物館/新企画展

東京農業大学「食と農」の博物館では、平成28年度4月期の新企画展がはじまります。

森林総合科学科創設70周年記念展示「日本の森林」-人と森林の関わり-
展示期間 平成28年3月30日(水)〜平成28年5月25日(木)
オープニングセレモニーが開催されたので参加してきました。

入口、パネル前に大きないのしし!大きい。ひぇーっ!!
160330-11.jpg


こちらは、世田谷キャンパス内にあったクスの木を切ったものだそうです。
展示室の中には、木のいい香りが漂っていました。天然アロマ!癒されました。

森林総合学科の先生によると、古くからクスノキ葉や煙は防虫剤、鎮痛剤として用いられていたと教えてもらいました。ほかの木とは違う成長も面白かったです。他にもキノコの展示など珍しい展示もあります。ぜひ、ご覧になってみてください。

160330-13.jpg

posted by 農業情報総合研究所 at 12:50| Comment(0) | 世田情報:お店・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

池尻/Roule by 1904ロールケーキ

東急田園都市線 池尻駅の近くに小さなロールケーキ屋さんを見つけました。

160330-3.jpg


思わず、吸い寄せられるように、ふらふらと入ってしまいました。(^o^)丿テヘッ。
あとで調べてみたら、目黒にあるパティスリー1904の2号点のようでした。美味しかった〜。

160330-8.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 11:57| Comment(0) | 世田情報:お店・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

板橋:東京家政大学 白藤プロジェクトの米粉どらやき限定販売。

板橋区での、お米体験教室、気仙沼仕事創出PJレシピ考案会に参加してくれた、東京家政大学白藤PJのメンバーがアレルギー対応のお菓子を開発。米粉どらやきを板橋にある和菓子屋さんで限定販売されるというので行ってきました!

商品名は、「白もっちゃん」1日限定10個の販売でした。
米粉と豆腐が原材料。米粉を使ったわりに、もっちり感を感じさせないのは豆腐のせいでしょうか?
皮も薄めでしたが、ヒヒ割れずいい感じ。中のあんが甘さ控えめで美味しい〜!!
ごちそうさまでした。

160327-11.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 11:39| Comment(0) | 板橋・お米WS食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

スマートアグリシンポジウム2016に参加してきました!

「こんなシンポジウムがあるよ〜。」と教えていただき、
日本農業情報システム協会主催 スマートアグリシンポジウム2016に参加してきました。

シンポジウムでは、同協会会員企業の方々が、最先端の農業ITソリューション、センサー、サービスについてお話をされてました。知らないことばかりでしたが面白かったです。

テーマ1:農業の課題をITで解決するソリューション開発の具体例
テーマ2:ITサービスの活用がもたらす農業イノベーション事例の紹介
テーマ3:センサー導入からはじまるIT農業の未来

160327-9.jpg


お誘いいただき、ありがとうございました!
posted by 農業情報総合研究所 at 22:29| Comment(0) | 農業×IOT・植物工場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

群馬県明和町 折原園芸/取材レポート

群馬県明和町 折原園芸/取材レポート

農ラジ!第70回は、非農家からの就農。折原孝昌さんインタビューをお届けしました。
(※インタビューは、2013年9月に録音されたものです。)当時、就農6年目。
https://youtu.be/pd49Su_35zo

農ラジ!で、配信していない内容もレポートでお届けしちゃいます。

会社員だった折原さん。就農のきっかけは?

160327-6.jpg


好きなことで独立したいと考えたとき。花が好きということもあり花の就農を目指しました。
やるからには、一流をめざし技術を学びたい。

そのために研修先を、群馬県の普及センターに問い合わせ。
希望を伝え技術の高い生産者さんのところで研修。

よき師匠との出会い

研修中は、初めてのことばかりで大変でした。
しかし、技術の高い師匠の指導が自分の自信につながったといいます。
シクラメンは20種類。カーネーションは5種類を栽培。

160327-3.jpg


就農までに大変だったことは書類作り

なんといっても農地の確保。
次に大変だったのが、就農前に資金を借りるための書類作り。
審査が厳しく何度もやり直しとなり、予定通りに就農できまなかったそうです。(少しずれこんだとか)

折原園芸のこだわり

毎日ハウスをまわる 病気、肥培管理しっかり。
日々の管理が大切です。

160327-2.jpg


安定した経営と販路確保

販売は、東京では、フラワーオークションジャパン、東京砧花卉、埼玉県は鴻巣花きと直売所。
毎年の値段が変わり売上の変動が激しいが、高いレベルの花を安定し出荷することで市場で評価を受ける。
このことが経営が安定するといいます。他にも、他の人と差別化をはかる工夫も必要。

花きで就農目指す人へのメッセージ

技術が一番。品評会で賞をとっても売り上げにつながらない。
花の生産者視察に行くことや、市場の担当者とのコミュニュケーションもとても大切なようです。

今後のチャレンジ

今後は、規模拡大ができればと抱負を語っていただきました。 

160327-1.jpg


2013年、新規就農、花をテーマに追いかけていました。
折原さん、ありがとうございました!(^o^)
posted by 農業情報総合研究所 at 21:04| Comment(0) | 花・みどり・ハーブ・アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

実践総合農学会「「食農と環境」に掲載していただきました!

実践総合農学会「食農と環境」が届きました!
http://spia.jp/

平成27年度実践総合農学会シンポジウムの内容が掲載されています。
私も、このシンポジウムで都市農業(世田谷農業)のお話させていただきました。

お世話になった先生から声をかけていただきましたが、お話を聞いたときは顔にサーーーッ。縦の線が何本も入った感じ。わ、私でいいのかなぁ〜・・・。先生が、「大丈夫だから」と背中を押してくださいました。

お世話になった先生方の前で話すというのは、緊張するものですね。おひとりずつ、お話をする機会もなかったので、世田谷での活動を伝えることができました。貴重な機会をいただきました。本当に、ありがとうございました。

テーマは、
緑化を通じた都市文化の新たな価値の創造と都市農業の役割
〜5年後の東京オリンピック・パラリンビックを見据えて〜
オリンピックを契機とした日本の将来戦略

160326-5.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 14:37| Comment(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮城県アンテナショップ:お米のソフトクリームに使われている品種。

宮城県アンテナショップで、米ミルクソフトを食べてみました。
お米のソフトクリームがあると、つい買ってしまいます。お米は、宮城県のミルキークィーンでした!
食べてびっくりポン!おいし〜い。(*^。^*) また、買い物に来たら買ってしまいそう〜。

160324-1.jpg


お米のアイスクリームがあるのを知ったのは、有楽町にあるお店でした。(期間限定)
以下の記事もあわせてご覧ください。

2007年03月06日:有楽町ごはんカフェのお米アイス
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/35346405.html
posted by 農業情報総合研究所 at 13:55| Comment(0) | コメ・コメ粉・コメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

3/22の日本農業新聞に掲載されました!4/19農業ビジネス研究会

日本農業新聞に掲載されました!!

160322-1nogyosinbun1.png


NPO法人農業情報総合研究所ホームページ
http://www.agranger.jp/nougyoujyouken-index.html
セミナーのお申込みは、以下のフォーム、またはメールにてお申込みください。


セミナーご案内!4/19「農業×IoT」研究会(戸上崇さん(PSソリューションズ株式会社))
e-kakashi 効果的な栽培指導を、IoTで!

ソフトバンク子会社のITコンサル会社「PSソリューションズ」の
e-kakashiについて、ご発表をいただきます。
https://www.e-kakashi.com/

温度、湿度などの農地のデータを収集し、リアルタイムで分析、そして、農家にわかりやすく伝えるというのが特徴になっています。ベテラン農家の「生産レシピ」を数字にして、新規就農者の育成に使えることを目指しています。ご発表の後、質問、意見交換のお時間がございます。

20160419農業ビジネス研究会
テーマ 「農業×IoT 〜e-kakashiが生産を数字で伝える〜」
発表者 戸上崇さん(PSソリューションズ株式会社農業IoT事業推進部グリーンイノベーションチーム課長)
     https://www.pssol.co.jp/
日 時 2016年4月19日(火曜日) 19:00〜21:00
会 場 東京/竹橋 ちよだプラットフォームスクウェア
会 費 2000円
参加申込
     担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
     下記の内容を送信してください。

     4/19農業研に参加します。
     お名前:
     所属:
     連絡先(メルアド):
     懇親会の出欠: 出席/欠席

     または、下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
     「勉強会名」を「4/19農業研」としてください。
     (SSL暗号化対応)
     https://form.os7.biz/f/4da7401d/

     勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)
posted by 農業情報総合研究所 at 13:47| Comment(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

能登魚醤いしりフォーラム冊子

前回の記事で、魚醤を初めて買ったのは東京銀座にある能登の郷土料理屋さん。
でも、そのきっかけとなったのが「食文化フォーラム」でした!
記事を読み返すと、とても贅沢な食文化フォーラムに参加していたのがわかります。

「能登半島は醸しの里」と位置づけ、魚醤いしりをブランド発信事業とし、2001年に魚醤いしりのフォーラムを開催。このフォーラムの基調講演は、発酵仮面の異名を持つ東京農業大学教授 小泉武夫さんでした。

2006.4.1外食産業で注目される魚醤
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/15923610.html

160324-2.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 13:38| Comment(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚醤/お気に入りの魚醤いしり(イカ)

久しぶりにふらりと寄ったお店で、お気に入りの魚醤を発見。買っちゃいました!

魚醤を初めて知ったのは10年前。
東京銀座にある、能登の郷土料理で初めて買いました。

いしり、いしるとも呼ばれている魚醤。
能登のいしりは、イカいしりとイワシいしりの2つのタイプがあります。
私はどちらも好きですが、「初心者の方なら、イカの方が使いやすいよ」とお店の方が話していまいした。ナンプラーを使う料理におすすめです!深み、コクがあり美味しいですよ。

160319-2.jpg


こちらの記事も、あわせてご覧ください。

2006.5.22いしり料理にチャレンジ!
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/18207647.html
2006.4.1外食産業で注目される魚醤
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/15923610.html
posted by 農業情報総合研究所 at 13:22| Comment(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

群馬の旅 両毛グルメ/足利で地ソースのポテト入り焼きそば

北関東 両毛地区B級グルメをご存じですか?
イモフライ、ソースかつ丼、ポテト入り焼きそば。

今は、すっかり慣れましたが、最初に見たときはびっくりしました!
こちらは、佐野にあるお店で食べました。
160323-1.jpg


B級グルメを支える地ソース屋さんががんばっています。
農ラジ!で、佐野にあるミツハソースさんのインタビューをお楽しみいただけます。

農ラジ!第26回栃木県佐野市 早川食品株式会社 代表取締役社長 早川 隆さんインタビュー
https://youtu.be/izaBRNog-xc
農ラジ!第27回: さのまる応援隊イベント隊長インタビュー!
早川食品株式会社 代表取締役社長 早川 隆さんインタビュー
https://youtu.be/DUpVXAty0qw

2013年ゆるきゃらグランプリ1位に輝いたさのまるくん。
地域商品に貢献!東京でも、いもふらいの知名度がアップしました!
posted by 農業情報総合研究所 at 19:14| Comment(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ラジ!第70回:群馬県/花で新規就農!折原園芸インタビュー

農ラジ!第70回更新しました!

群馬県邑楽郡明和町 折原園芸 折原孝昌さんインタビューをお届けします。
(※インタビューは、2013年9月に録音されたものです。)
非農家からの就農。当時、就-農6年目。カーネーション、シクラメンを栽培されています。
こだわりは、日々の管理だそうです。

インタビュー使用について快く、ご協力していただきました。
折原さん、ありがとうございました!

posted by 農業情報総合研究所 at 18:38| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

日本農業新聞に掲載されました!4/19農業ビジネス研究会

日本農業新聞に掲載されました。

NPO法人農業情報総合研究所ホームページ
http://www.agranger.jp/nougyoujyouken-index.html
セミナーのお申込みは、以下のフォーム、またはメールにてお申込みください。


セミナーご案内!4/19「農業×IoT」研究会(戸上崇さん(PSソリューションズ株式会社))
e-kakashi 効果的な栽培指導を、IoTで!

ソフトバンク子会社のITコンサル会社「PSソリューションズ」の
e-kakashiについて、ご発表をいただきます。
https://www.e-kakashi.com/

温度、湿度などの農地のデータを収集し、リアルタイムで分析、そして、農家にわかりやすく伝えるというのが特徴になっています。ベテラン農家の「生産レシピ」を数字にして、新規就農者の育成に使えることを目指しています。ご発表の後、質問、意見交換のお時間がございます。

20160419農業ビジネス研究会
テーマ 「農業×IoT 〜e-kakashiが生産を数字で伝える〜」
発表者 戸上崇さん(PSソリューションズ株式会社農業IoT事業推進部グリーンイノベーションチーム課長)
     https://www.pssol.co.jp/
日 時 2016年4月19日(火曜日) 19:00〜21:00
会 場 東京/竹橋 ちよだプラットフォームスクウェア
会 費 2000円
参加申込
     担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
     下記の内容を送信してください。

     4/19農業研に参加します。
     お名前:
     所属:
     連絡先(メルアド):
     懇親会の出欠: 出席/欠席

     または、下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
     「勉強会名」を「4/19農業研」としてください。
     (SSL暗号化対応)
     https://form.os7.biz/f/4da7401d/

     勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)
posted by 農業情報総合研究所 at 08:32| Comment(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

京都北尾商店/旬の漬物スイーツ。花菜漬おはぎ!

みやこめっせで、京ものフェスティバル「京都大物産展」が開催されました。

京都に行っていたダンナが、京漬物 川久 北尾商店さんの漬物と漬物スイーツをを買ってきてくれました。
http://homepage2.nifty.com/kawakyu/
漬物はこちら、3種類。(^_^)早速パクパク。
160321-13.jpg


この日は、たくさんの方がお買い物に来ていたようです。
京漬物 川久 北尾商店さんのインタビューは、農ラジ!でお楽しみいただきます。

農ラジ!第64回 お気に入り!京漬物のご紹介
https://youtu.be/hMs8US-n_QE
農ラジ! 第63回:お気に入り!京つけもの/千枚漬け
https://youtu.be/2l6CcmkmHAg

160321-23.jpg


旬の漬物スイーツはこちら。じゃーーーん!!花菜漬おはぎです。\(^o^)/わ〜い!おはぎ!!(左)漬物屋×和菓子屋のコラボ。「花菜おはぎ」は、 京ものフェスティバル、京都大物産展のもの販売だそうです。

160321-12.jpg


ぜんざいに、(関西はおしるこではなく、ぜんざい文化です)塩こんぶがついているのと同じような感じ。
甘さ控えめのおはぎに、ほんのり塩味のきいた花菜漬がたまらない。おいしーーーい。
ごちそうさまでした。
posted by 農業情報総合研究所 at 20:56| Comment(0) | 醸造・漬物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛媛県:あぐりさんのお米と野菜。

愛媛県伊予郡松前町を中心に、循環型農業を目指して、無農薬・無化学肥料にてお米を作っている
農業生産法人、あぐりさんのお米を注文しました。今回は、コシヒカリの精米です。
http://aguri.jp/

あぐりさんのお米を食べ始めてから、もう10年近くなるかな?
いつも、美味しくいただいています。\(^o^)/

160321-26.jpg


季節の野菜をお米と一緒に入れてくださることがあるのですが、ジャガイモ(アンデス)と唐辛子が入っていました。(^_^)/~ありがとうございます。ジャガイモ、早速いただきました。ほこほこして美味しい〜!!
唐辛子は、よく消費するのでありがたいです。ありがとうございました!!
また、東京でお会いする機会があればいいな。

160321-24.jpg


みなさんも、機会があれば食べてみてくださいね。
posted by 農業情報総合研究所 at 20:08| Comment(0) | コメ・コメ粉・コメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

群馬の旅 みどり市/清酒赤城山:近藤酒造株式会社

近藤酒造さん、お休みでした!と言っても、2013年の年9月のことです。

淡麗辛口、キレがあり、喉ごし爽やかな男の酒。
(近藤酒造さんホームページ引用)
厳選された酒米と名峰・赤城山の伏流水を使い、南部杜氏と蔵人たちの伝統の技とこだわりで造られた辛口の酒。創業以来、辛口でキリリとした男の酒として現在まで受け継がれています。

特別大吟醸は関東信越国税局鑑評会で最優秀賞「首席」受賞、全国新酒鑑評会でも連続金賞を受賞する群馬県を代表する地酒です。
http://www.akagisan.com/

160320-1.jpg


女が男の酒を飲む

居酒屋さんで特別本醸造 赤城山を飲んでみました。私は、おちょこいっぱい程度ですよ!
でも、男にはなれませんでした。(笑)

160320-2.jpg


近藤酒造株式会社さんは、東京農業大学発行:「日本酒 東京農大コレクション」に掲載されています。
130321-12.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 22:46| Comment(0) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬の旅 みどり市:「日本一しょう油」蔵見学。

みどり市にある有名なお醤油さん。日本一醤油 岡直三郎商店さんに行ってきました。
と言っても、2013年9月です。(^^;;

160319-3.jpg


『木桶仕込みの天然醸造しょうゆ』へのこだわり
天明7年の創業。近江商人だった初代が醤油醸造業を興しました。以来二百余年、仕込み桶を使った本醸造しょうゆ、その中でも特に『木桶仕込みの天然醸造しょうゆ』にこだわり、手間ひまをかけて作られています。この中に、醤油を醸してくれる菌が住み着いているんですねー。不思議。

160319-6.jpg


釘一本使われていない大桶

大桶の大きさは、6尺桶、7尺桶、8尺桶の3種類があります。7尺桶の場合、深さが約2m10cm、直径が2m60cmにもなります。この釘一本使われていない大桶は、現代では作れる職人も少なく、大変貴重なものだそうです。階段で登っていくと、樽を上から見ることができます。樽が大きい!

160319-5.jpg

シートをはずして、樽の中を見せてもらいました。わっょい。わっしょい。菌が頑張っているようです。
醤油ができる途中って、こんな感じなんですね。

お土産に醤油を購入できます

お醤油のソフトクリームも食べました。
お土産に、国産有機大豆の一番しぼりしょう油を買って帰りました。

160319-4.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 00:28| Comment(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

群馬県みどり市/ミニトマトに特化。AZAMI FARM(あざみ農園)取材レポート

農ラジ!第69回は、ミニトマトを専門とする AZAMI FARM(あざみ農園)さん、
阿左美 昌良さんのインタビューをお届けしました。
(インタビューは、2013年9月に録音されたものです。)
http://azami-farm.com/

農ラジ!で、配信していない内容もレポートでお届けしちゃいます。

実家を継ぐのは嫌だった

当時、就農して6年目。
農業にはまったく関心がなく、実家を継ぎたくなかったという阿左美さん。

160307-18.jpg


先輩のところで研修

農業高校に進学すると「何もないところから生み出していく」農業の面白さに気づきます。
農業をやってみたいと大学に進学。先生の紹介で、愛知にいる先輩「新見農園」さんで研修。

160307-13.jpg


作ったものを自分で値段を決めて売る!

栽培システムを作り、資金の借り入れの準備を行い、実家に戻ってすぐに就農。
農業を続けていくには、作ったものを自分で値段を決めて売る!
そのために、直売所はでの販売を大切にしています。

160307-15.jpg


こだわりは、価格・味・鮮度!直売所で対面販売

ミニトマトジュース、ケチャップ、ジャムも販売されています。
とっても、美味しいですよ!(私はジュースとジャムを買わせていただきました)
http://azami-farm.com/

160307-16.jpg


リピーターの方も多く、近所の方から遠方からも買いに来てくださるそうです。
レストラン、居酒屋、中華料理店を経営する同級生も大切なお客さまです。

直売所では、一緒に研修を受けた奥様が担当。
お客さまとのコミュニュケーションを大切にされていらっしゃいます。

160307-17.jpg


今後のチャレンジ

オリジナルの品種を作るのが目標!
AZAMI FARM(あざみ農園)さんのサイトから、お買いものすることができます。
ぜひ、ご覧になってみてください。
http://azami-farm.com/

160307-14.jpg


阿左美さん、本当にありがとうございました!
これからも、美味しいミニトマトづくり頑張ってくださいね。\(^o^)/
当時は、新規就農をテーマに追いかけていました。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:14| Comment(0) | 野菜・果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

本みりんで煮豆!(黒豆編)

砂糖の代わりに煮切りみりんを使います。
こちらも、さらりとした感じに仕上がります。

三茶の足立商店さんに習った通り、黒豆を煮たら上手にできました!
「煮切りみりん」を使って、豆が光っています。

160218-2.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 22:13| Comment(0) | 本みりん・みりんスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする