2016年02月11日

NPO法人農業情報総合研究所レポート発行しました!

以下、農業情報総合研究所レポートを発行しました。

NO.16 世田谷区 12月 9日 小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ

NO.17 世田谷区 12月20日 世田谷で採れる旬の野菜とおいしい食べた方の体験教室。

会員向けのレポート発行となっています。
posted by 農業情報総合研究所 at 20:24| Comment(0) | プレスリリース・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世田谷:第3回/旬の野菜とおいしい食べ方体験教室レポート2

公益財団法人キリン福祉財団助成事業
NPO法人農業情報総合研究所主催、東京農大「食と農」の博物館共催
世田谷で採れる旬の野菜とおいしい食べた方の体験教室。第3回を開催しました。

第3回は、テーマは、「大根」でした。
世田谷で採れる大蔵大根、全国でどのような大根の漬物があるのかを学び、漬物、大蔵大根を試食しました。

 東京農業大学醸造学科卒業生のご協力のもと、(株)扶桑守口食品 漬処 壽俵屋さんから守口漬をご提供いただきました。漬物と一緒に、材料となる「守口大根」も一緒に送ってきて下さいました。 
長さ130センチ、直径は3センチほどの大きさです。愛知県では、特産物の守口漬の原料として栽培されています。
151224-21.jpg


大根の食べ比べでは、6種類を試食しました。それぞれ、色、香り、味の違いを体験することができました。今回、初めて食べたという親子が多かったのが守口漬。守口漬は、食べなれていないせいか、少し辛く感じたようでした。中には、「美味しい!」と食べていたお子さんもいました。

151224-22.jpg


 試食のあとは、糠床にいる、酵母と乳酸菌を顕微鏡で、観察してみました。菌はうまく見えたかな?
最後は、大蔵大根の調理と試食です。栄養士の矢後先生が、大根ステーキの作り方を教えてくれました。
子どもたちからは、「美味しい!」という声をもらいました。

151224-24.jpg


今回、守口漬け、守口大根、守口ケーキ、守口ラスクを、ご提供いただきました、
東京農業大学卒業生の方に、心よりお礼申し上げます。誠にありがとうございました。
http://nodai.cc-town.net/modules/nmblog/categories.php?mode=show&category=41

(株)扶桑守口食品 漬処 壽俵屋
http://www.fusomoriguchi.co.jp/
posted by 農業情報総合研究所 at 20:14| Comment(0) | 野菜×親子食育講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世田谷:第3回/旬の野菜とおいしい食べ方体験教室レポート1

公益財団法人キリン福祉財団助成事業
NPO法人農業情報総合研究所主催、東京農大「食と農」の博物館共催
世田谷で採れる旬の野菜とおいしい食べた方の体験教室。第3回を開催しました。

第3回は、テーマは、「大根」でした。
世田谷で採れる大蔵大根、全国でどのような大根の漬物があるのかを学び、漬物、大蔵大根を試食しました。

 JA世田谷目黒の方から大蔵大根についてお話をしていただきました。実際に世田谷の農家さんが栽培された大蔵大根を持ってきていただきました。上から下まで寸胴なのが特徴です。

151224-19.jpg


 続いて、東京農業大学短期大学醸造学科の舘 博先生に、漬け物についてお話していただきました。漬物には多くの種類がありますが、大根を使った漬物には、たくあん漬、べったら漬、守口漬。大根の漬物の代表である、たくあん漬ができるまでを教えていただきました。

151224-20.jpg


posted by 農業情報総合研究所 at 20:04| Comment(0) | 野菜×親子食育講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする