2015年10月28日

板橋区:11/1 小学生親子向け。「親子で楽しいお米体験教室 」参加者募集中!

11/1 小学生親子向け。「親子で楽しいお米体験教室 」参加者募集中!
2015年6月ハッピーロード大山商店街にオープンしたOHYAMA SUKU SUKU CAFE&KIDSをお借りして開催します。お急ぎくださーい!

11/1日:11:30〜13:00 参加費用 お子さま1人500円
大山商店街にオープンしたOHYAMA SUKU SUKU CAFE&KIDS

子供とお出かけ情報「いこーよ」からも、お申込みいただけます。
http://iko-yo.net/events/36148

今年、板橋での最後の活動となります。ぜひ、ご参加ください。
11/1日は、農業戦隊アグレンジャーと一緒に、おにぎらず、ふりふりおにぎり作りにチャレンジします!

農業戦隊アグレンジャーとは?板橋区在住、在勤の20代のメンバーで構成された、東京板橋セントラルローターアクトクラブが担当しています。アグレンジャーから、いたばしいっぴんクイズも出題するよ。

ホームページにも詳細を掲載しています。
http://www.agranger.jp/nougyoujyouken-index.html

【お問い合わせ・お申込み】 以下のいずれかで、各開催日の2日前までにお申し込みください。
@申し込みフォームから送る。 https://form.os7.biz/f/2893d97a/
 (イベント名称に参加ご希望日を記入してください。)

・参加ご希望日   11月1日      
・保護者のお名前                         
・お子さまのお名前                        
・メールアドレス                         
・ご住所                             
・お電話番号                           

主催:特定非営利活動法人農業情報総合研究所 
協力:ハッピーロード大山商店街振興組合/全国ふる里ふれあいショップ「とれたて村」
    /東京板橋セントラルローターアクトクラブ
posted by 農業情報総合研究所 at 13:04| Comment(0) | 板橋・お米WS食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世田谷区:お米ワークショップが二子玉川経済新聞に掲載されました!

東京農業大学「食と農」の博物館で開催するお米ワークショップ!
とっても詳しく、記事にしていただきました。嬉しい〜。ありがとうございました!!
http://nikotama.keizai.biz/headline/1082

=二子玉川経済新聞さんの記事掲載=

東京農業大学 「食と農」の博物館(世田谷区上用賀2、TEL 03-5477-4033)2階セミナールームで11月29日、12月12日、来年1月23日の3回にわたり「平成27年度 お米ワークショップ」が開かれる。

主催は、NPO法人農業情報総合研究所、共催は東京農業大学「食と農」の博物館。2015年度子どもゆめ基金助成金事業に採択されている同活動。同博物館では昨年に続き2度目の開催となる。

第1回の11月29日は、講師にあらい農産(埼玉県行田市)の新井健一さんを迎える。新井さんはこれまでに世田谷区内の小学校で出前授業も行っており、当日は「お米が出来るまで」を写真でわかりやすくレクチャーする。同社の新米を瀧き比べ、試食やおにぎり作り体験をする。

第2回の12月12日は「海外のお米」がテーマ。同大学国際食料情報学部 国際農業開発学科 夏秋啓子教授が講師となり、タイ米や、同大学が研究している「ネリカ米」などについて学ぶ。「ネリカ米」(NERICA)とは、「New rice for Africa」の略で、病気や乾燥に強い「アフリカ米」と高収穫量の「アジア米」を交雑したアフリカ陸稲の新品種。病害虫に強い、収穫までの時期が早い、高栄養といった特徴を併せ持ち、食料不足に悩むアフリカの稲作普及のために注目されているという。当日は、同大学に留学するアフリカ・ウガンダからの留学生をゲストに招き、海外の米作りについての話も聞く。顕微鏡を使って、米のでんぷんや米につく虫の様子も観察する。海外の米の試食などの体験も行う。

第3回となる1月23日は「お米の歴史・品種」をテーマに、一般財団法人日本穀物検定協会の清水宣之さんを講師に迎え、日本の米の歴史や品種について幅広く学ぶ。3種類の米を、米の匂い、見た目の色や味、粘り気の違いを体験し、品種当てクイズも予定している。同協会が選ぶ、3種の日本米の試食を予定。

各回とも、東京農業大学国際農業開発学科の学生有志で編成される「農業戦隊アグレンジャー」が、子どもたちに「お米クイズ」を出題するなど、親子で「お米」について楽しく学べる仕掛けを用意。主催者の植村春香さんは「日本にはたくさんのおいしいお米があること、そのお米はいろいろな品種があり、味や香りも違うことを知って、お米を好きになってほしい。日本の米作りの技術・研究が世界の米作りに貢献していることも知っていただければ」と参加を呼び掛ける。

対象は小学生親子。参加無料。定員=15組。先着順。
各回のみの参加も可。問い合わせ・申し込みは同博物館へ。
posted by 農業情報総合研究所 at 12:57| Comment(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お米ワークショップに、ご協力頂いた方々のTV出演紹介!

11/30日放送 世界不思議発見は、 再発見!日本のお米
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/next/p_1.html

昨年、東京農大食と農の博物館で開催したお米ワークショップ。
以下の方々が、世界ふしぎ発見に出演されます。

第1回先生:原宿のお米屋さん、小池精米店 小池理雄さん。
第2回先生:茨城県 筑西市 大嶋農場 大嶋康司さん。(農大卒業生)
大嶋さんは、2015/8/22板橋区のお米体験教室にもご協力いただきました。
みなさん、ご活躍ですねー。
posted by 農業情報総合研究所 at 12:45| Comment(0) | 世田谷・お米WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京農業大学が大手米卸の木徳神糧(江戸川区)と包括連携協定を締結。

東京農業大学が大手米卸の木徳神糧(江戸川区)と包括連携協定を締結した。
http://www.nodai.ac.jp/…/c0290c26003101408429a47a2dc7617f.p…

米穀卸売業界では初めての提携となる。
ネットワークや研究実績など。国内農業や関連産業の活性化、農業開発支援を通じた国際協力活動などへ展開していく。
posted by 農業情報総合研究所 at 12:40| Comment(0) | 世田情報:お店・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アグリビジネスフォーラムとして5大学が共同出展

実践総合農学会から、お知らせが届きました。
http://agribiz-fair.jp/list.php?zone=4

首都圏私立大学5大学(明治大学、東京農業大学、日本大学、玉川大学、東海大学)が、アグリビジネスフォーラムとして5大学で共同出展されるそうです。

東京農業大学からは、地域環境科学科 宮林先生のプレゼンテーション「大学連携と地域づくり」の実施、並びに5大学共通のテーマ「地域振興」では、産官学連携による地域振興・地域連携の実践紹介を予定。

お米のセミナーもある!聞いてみたいなぁ〜。
posted by 農業情報総合研究所 at 12:27| Comment(0) | お店・食のイベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レポート:「地域資源活用で中山間イノベーション!〜農業と林業の融合による持続性〜」

ブログで、ご紹介していただきました!
http://foodmileage1.blog.fc2.com/blog-entry-448.html

先日、開催した「地域資源活用で中山間イノベーション!〜農業と林業の融合による持続性〜」をテーマとした農業情報総合研究所/森林環境保全研究会の様子をブログで紹介していただきました。中田さん、ありがとうございます!!

11月14日(土)15時から池袋で「CSAなないろ畑」研究会&懇親会のご紹介も、ありがとうございます!!
posted by 農業情報総合研究所 at 12:23| Comment(0) | 農業ビジネス研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東急沿線情報とくらくに掲載されました!(世田谷お米ワークショップ)


小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ
東京沿線情報「とくらく」に掲載されました!
http://www.tokyuensen.com/event/detail/4245/

農業戦隊アグレンジャー(東京農業大学学生)と一緒に、お米クイズ、ふりふりおにぎり作りにもチャレンジします。

第1回 11/29日(日)10:30〜12:00
小学生親子15組 先着順 参加費 無料
講師:埼玉県行田市 あらい農産 新井健一さん。
お米ができるまでを教えてもらいます。
新米コシヒカリでおにぎり、ふりふりおにぎりも作ります。
posted by 農業情報総合研究所 at 12:20| Comment(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

「世田谷で採れる旬の野菜と美味しく食べ方の体験教室参加者募集中!

東京農業大学「食と農」の博物館ホームページに掲載されました!
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=505

12/20・1/9東京農業大学「食と農の博物館」親子向け野菜の体験教室参加者募集!
平成27年度キリン・子育て応援事業に採択されました。
「世田谷で採れる旬の野菜を美味しく食べる食べ方教室を開催します。

場 所:東京農業大学「食と農」の博物館
開 催:12月20日(日)1月9日(土)13:00〜14:30
対 象:小学生3〜6年生 親子1組15組(30名)
参加費:無料

12月20日(日)13:00〜14:30
先生:舘 博/東京農業大学短期大学部醸造学科 教授 
協力:JA世田谷目黒/栄養士 矢後先生
大根を使った漬物、どんなものがあるかな?
顕微鏡で菌を見てみよう!
地場野菜、大蔵大根を食べてみるよ!

1月9日(土)13:00〜14:30
先生:五十嵐 大造/東京農業大学短期大学部生物生産技術学科 教授 
協力:JA世田谷目黒/世田谷農家さん/栄養士(未定)
冬に採れる旬の野菜についてお話を聞いてみます。
全国の大根、どれだけ知っているかな?
大根の甘さをはかってみよう!
世田谷で採れた野菜を試食予定です。

151022-1.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 22:19| Comment(0) | 世田谷・野菜WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ラジ!第61回「石巻魚市場:国産水産都市を目指して!」

農ラジ!第61回「石巻魚市場:国産水産都市を目指して!」

東日本大震災で壊滅的な被害を受けた石巻魚市場。4年半が経過。今年の9月に完全復旧しました。
「水産都市・石巻」を目指します。石巻魚市場 代表取締役社長 須能邦夫さんインタビュー後編をお届けします。

posted by 農業情報総合研究所 at 21:52| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世田谷:乾物の足立商店さんの切干大根のワークショップ!

三茶にある、乾物の足立商店さんからのお誘いいただき「切干大根ワークショップ」に参加してきました!場所は、近くにある和食ダイニング廩さん。

久しぶりのワークショップにワクワク!!
今回は、地味な切干大根のみ。いったい、どんなお料理に使えるのか?楽しみにしていました。

・定番の切干大根の煮物。
定食に添えてあるけど・・・。苦手でした。
足立商店さんが作った煮物を食べてびっくり!美味しい!短時間なのに、油揚げに味がしみ込んでいて切干大根のほどよい歯ごたえ感がありました。この日は、乾燥人参使用でしたがとても甘かったです。

・切干大根の焼きそば
ほんの少し切干大根を入れるかと思ったら、ほとんどが切干大根!焼きそばは、ほんの少し!!
麺類は、あまり噛まずに食べてしまうので気になっていました。切干大根を入れることで、よく噛んで食べられること。ダイエットにもびったり!これは、すぐに作ってみようと思いました!

・切干大根とホウレン草のごま味噌あえ
これも、とっても簡単レシピ!いつものごま味噌あえに切干大根をポイツ!美味しかった!!

和食ダイニング廩のシェフからも、家庭で簡単にお店の料理が作れるレシピを教えてくださいました。

・たらこと切干大根の和風クリームパスタ
・まぐろとアボガドと切干大根のポケ風サラダ

えっ?こんなに、簡単にできるの??うわー、これならお家でもできそう!
でも、一度はお店で食べてみたいなと思いました。

この日は、テレビの取材もありました。11月中旬に放送されるそうです。楽しみですね。

151022-4.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 10:56| Comment(0) | 乾物・豆・昆布 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

世田谷:東京農大卒業生の八百屋さん1周年記念セール開催中!

東京農大卒業生が、出身地の山梨の野菜を中心に取り扱う八百屋さんKAISAIがオープン!
1周年を迎え、セールを開催していると案内を頂いたので行ってきました。

セールは、明日までです。詳しくは、フェイスブックをご覧ください。
https://www.facebook.com/KAISAI.jp
東京農大の先生から、お祝いの花が届いていました〜。1周年おめでとう!これからも、頑張ってねー!!

141018-7.jpg


農ラジ!インタビューにも、ご協力頂いています。ぜひ、聞いてみてくださいね。

農ラジ!第31回

農ラジ!第32回
posted by 農業情報総合研究所 at 21:03| Comment(0) | 世田情報:お店・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世田谷:地域密着・有機農業ビジネス/研究会&懇親会終了!

発表者:サインズ株式会社(農業法人)代表取締役 小林寛利さん
オーガニックがあたりまえの世の中に!

有機野菜の生産・販売。有機農業スクールの運営、豊川有機農業の会創設、ベジモ野菜食堂(豊橋)、ベジモやさいキッチン(東京)の運営、過去品会社の経営、一般社団法人の理事。講演、セミナーとご活躍されています。

今年、世田谷区の九品仏にオープンしたベジモやさいキッチン(東京)で開催しました。

・創業のきっかけと理念
・地域密着野菜の宅配
・有機農業スクール
・ベジバーガーの移動販売
・加工品(野菜を練りこんだラスク)
・直営レストラン&カフェ
・広がるベジモ事業の展開と今後

お話を聞いたあとは、みんなでベジモやさいキッチンの野菜を頂きました。
みなさんから、「もっとお話を聞きたい。」、「面白かった。」「野菜が美味しい!」というお声を頂きました。貴重なお話をしてくださった小林さん、参加者の皆さん、ありがとうございました!

151002-12.jpg


参加できなかった方は、農ラジ!で小林さんのインタビューを聞いてみてください。

農ラジ!第50回

農ラジ!第51回
posted by 農業情報総合研究所 at 20:36| Comment(0) | 農業ビジネス研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

第124回東京農業大学「収穫祭」が近づいてきました。

10/30〜11/1日 9:00〜17:00まで。

模擬店に、文化学術展示。一日じゃまわりきれない!
キャンパスをウロウロしていると、学生のみんな、卒業生にも会えるのが楽しみでもあります。
予定を見たら・・・。でも、行きたいな。

151015-7.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 19:55| Comment(0) | 世田情報:お店・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

11/29日(日)お米WS/子供とお出かけ情報「いこーよ」掲載!

11/29日 世田谷区 東京農大「食と農」の博物館開催!

小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップを開催します。
先生は、埼玉県行田市でお米を作っている「あらい農産」 新井健一さん。

小学校の出前授業なども経験がある方で、写真を使ってお米ができるまでを教えてもらうよ。
お米が膨らんでいくようすを写真で見ることができるよ。

農業戦隊アグレンジャー(東京農業大学国際農業開発学科の学生)と、お米クイズにも挑戦!
クイズのあとは、新米でおにぎりを握り、試食。ふりふりおにぎり作りにもチャレンジします!
保護者の方も一緒に参加していただけます。

詳しくは、子供とお出かけ情報「いこーよ」をご覧ください。
http://iko-yo.net/events/36919

141202-11.jpg

posted by 農業情報総合研究所 at 20:08| Comment(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京農大「食と農」の博物館「特別展」オープニングセレモニーに出席。

東京農大「食と農」の博物館の運営委員を担当させていただいています。
今回、「特別展」のオープニングセレモニーに出席してきました。
女わざと自然とのかかわり 〜農を支えた東北の布たち〜展

151015-8.jpg


昔は、時間をかけて布を織り、野良着、普段着を作る。
今は、新しい洋服を買い古いものを捨てる。とても贅沢なことなんですね。

151015-6.jpg



布を見ていると、オシャレな柄がたくさんありました。
和のチェック柄もステキです。

151015-5.jpg


展示は、2015.10/14-2016.3.13日まで開催されています。
ぜひ、ご覧になってみてください。
posted by 農業情報総合研究所 at 18:00| Comment(0) | 世田情報:お店・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域の環境保全活動に貢献/一ノ蔵 ふゆみずたんぼ特別純米酒

10/13農業情報総合研究所/森林環境保全研究会を開催しました。

「地域資源活用で中山間イノベーション!〜農業と林業の融合による持続性〜」
発表者 蔦谷栄一さん(農的社会デザイン研究所代表)
http://www.nouteki-design.com/

懇親会で、地域の環境保全活動に貢献されている宮城県にある一ノ蔵さんの、ふゆみずたんぼ特別純米酒を飲んでいただきました。

一ノ蔵さんは、ラムサール条約湿地「蕪栗沼」周辺で生産された冬季潅水米を100%使用しています。
お酒も大人気で生産者も増やし、売り上げの一部をNPOに寄付し、ふゆみずたんぼの周知に役立てて頂いているそうです。今後も、環境にやさしい農業、お酒を拡大して行きたいと、環境保全米仕込み、有機米仕込みのお酒の種類を増やしておられます。

参加者の皆さんから、「おいしい〜!!」、翌日「おいしかった!!」とメールをいただきました。
私も飲みましたが、ふんわり〜、やわらかい味だと思いました。おいしいお酒で大満足でした。
皆さんも、機会があればぜひ飲んでみてくださいね。

151015-2.jpg


農業情報総合研究所では、東北食農研究会を開催しています。
http://shokunouken.net/
こちらの研究会で、ふゆみずたんぼの生産、お酒造りについてお話を聞かせていただきました。
第6会:西澤誠弘さん(伸萠ふゆみずたんぼ生産組合事務局長)
http://shokunouken.net/data-slug/%e7%ac%ac%ef%bc%97%e5%9b%9e-%e6%9d%b1%e5%8c%97%e9%a3%9f%e8%be%b2%e7%a0%94%e7%a9%b6%e4%bc%9a
第6回:山田好恵さん(株式会社一ノ蔵マーケティング室室長)
http://shokunouken.net/data-slug/guidens
posted by 農業情報総合研究所 at 13:58| Comment(0) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/14CSA研究/なないろ畑さんにお話していただきます!

銀座農業政策塾がスタートして4年。スピンオフプロジェクト、CSA Launcherが立ち上がりました。
https://www.facebook.com/csalauncher

まだ、はじまったばかりなので、この活動を知ってもらおうとPRキャンペーン中です。今回で4回目となります。CSAランチャー・キャンペーン!ぜひ、ご参加申込みをよろしくお願いします!

CSAとは、「Community Supported Agriculture」のことで、「一般的に消費者は会費などの形で一定額を前払いし、豊作・不作などのリスクを生産者と分担し」、また「農作業や配布の作業を分担する」こともあるというものです。日本の「産消提携」が米国にて発展したものとされています。

・なないろ畑
農業生産法人です。片柳さんという方が代表です。片柳さんは会社を経営していましたが、10年前に有機農業を始めました。当初は半分会社、半分農業でした。現在は2ヘクタールを経営されています。6ヵ所に分散しています。

・販路
大和市(中央林間、南林間)周辺の飲食店に野菜を卸するとともに、近隣の方に直売しています。

・CSAのきっかけ
農業にて収穫・出荷作業がもっとも手間のかかることに気付いて、お客様である飲食店の方や近隣の方に直接収穫してもらうようにしたそうです。この際に、重量課金か、定額前払いかを選んでもらったところ、みなさん定額前払いだったそうです。

・CSAの定義と概念
「定額前払い」、また「コミュニティにて農作業を手伝う」というCSAになったわけです。
たまたまだったそうです。あとで、CSAの定義と概念を知ったとか。

直売所や出荷についても、CSA会員がスタッフとなっています。このスタッフにはどこぞの大きな会社の重役もいらっしゃいました。エプロンをして野菜を売っていました(おまけしてくれました笑)。

さて・・・。11/14、15時〜、池袋にて、「CSAなないろ畑」研究会&懇親会を開催します!
ぜひ、ご参加申込みをよろしくお願いします!

150530-45.jpg


20151114農業ビジネス研究会&懇親会
テーマ 「コミュニティの力で農場を作り、運営していく農業!
     〜会員が前払いにてリスクを共有し、無農薬・無化学肥料栽培を一緒に行い、販売する〜」
発表者 片柳義春さん(なないろ畑代表)
      http://nanairobatake.com/
日 時 2015年11月14日(土曜日) 
      (14:45から受付開始)15:00〜18:00  
会 場 池袋西口/「バー クオーレ」(Bar Cuore)
     http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00292160/
     (ロイヤルプラザIIビル 8階)
会 費 3000円
     ※ 懇親会費を含んでいます。軽食(なないろ畑さんの野菜も)をご用意します
       ただし、ドリンクは別途キャッシュ・オン・デリバリーにて
申込み 
    担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
    下記の内容を送信してください。

    11/14農業研に参加します。
    お名前:
    所属:
    連絡先(メルアド):

    または、下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
    「勉強会名」を「11/14農業研」としてください。
    懇親会は「出席」としてください。
    (SSL暗号化対応)
    https://form.os7.biz/f/4da7401d/
posted by 農業情報総合研究所 at 13:29| Comment(0) | 農業ビジネス研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/13農業情報総合研究所/森林環境保全研究会を開催しました!

「銀座農業政策塾」の世話人、コミュニティ農業の大切さを説き続けておられる蔦谷栄一先生の講演会が無事終了しました!

農業情報総合研究所/森林環境保全研究会
「地域資源活用で中山間イノベーション!〜農業と林業の融合による持続性〜」

発表者 蔦谷栄一さん(農的社会デザイン研究所代表)
http://www.nouteki-design.com/

本年2月、日本農林漁業振興協議会は、「地域資源活用で中山間農業のイノベーションを!中山間は地域資源の宝庫 農業・農山村は国民共有の財産」という提言を行いました。こちらの提言をとりまとめた蔦谷栄一さん(農的社会デザイン研究所代表)から、中山間地域農業の活性化(農業と林業の融合など)、環境保全による持続性などを中心にご発表をいただきました。

蔦谷先生、ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。

151015-1.jpg


研究会のようすです。

151015-3.jpg




posted by 農業情報総合研究所 at 13:02| Comment(0) | 農業ビジネス研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

世田谷区:小学校のお米授業見学に行ってきました!

東京農業大学「食と農」の博物館2Fセミナールームで、小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップを開催します。

第1回、先生をお願いしている埼玉県行田市 あらい農産 新井さんから世田谷区の小学校で出前授業を行うと連絡がありました。小学校の許可をいただき授業を見学させてもらいました。

生産者さんが発信するお米の情報を、どうやったら子どもたちに伝えることができるのか?
実はちょっと悩んでいたこともあり授業を見学することにしました。

新井さんの授業を聞いてびっくり!面白いーーーー!!
私も知らないことたくさんありました。生産者の方のお米作りも、こんな風に子どもたちに伝えることができるのだと勉強になりました。見学に行ってよかった。

150914-4.jpg


新井さんのお話を、ぜひ親子で聞いて頂きたいなと思っています。お米作りについて、楽しく学ぶことができますよ!ぜひ、ご参加ください。楽しい、お米クイズ、新米でおにぎりを握る体験・試食を行います。そのほか、ふりふりおにぎりにもチャレンジ予定です。詳しくは、以下をご覧ください。

世田谷:第1回お米ワークショップ/新米でふりふりおにぎりにチャレンジ!

平成27年度:お米ワークショップを開催します!
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=502

〜小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ〜
平成27年度子どもゆめ基金助成金事業に採択

第1回目
・日時:11月29日(日)10:30〜12:00
・場所:東京農業大学「食と農」の博物館2Fセミナールーム
・対象:小学生親子(先着15組まで)
・無料
・先生:埼玉県行田市 株式会社あらい農産 新井 健一さん
 お米ができるまでを写真でわかりやすく教えてくださいます。
・農業戦隊アグレンジャー(東京農業大学国際農業開発学科 学生有志)
 子どもたちに、お米クイズを出題します!
・みんなで、あらい農産の新米でおにぎりを握り試食します。ふりふりおにぎりにもチャレンジします!

★注意:当日使用予定の食材・材料
・米 ・水(水道水、市販のペットボトル)、お茶(市販のペットボトル)、塩(市販の塩)、ノリ(市販の焼き海苔)米は炊飯器で炊きます。

主催:NPO法人農業情報総合研究所
共催:東京農業大学「食と農」の博物館
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/
お申込み、お問い合わせは、東京農業大学「食と農」の博物館までお問い合わせください。
posted by 農業情報総合研究所 at 14:05| Comment(0) | 世田谷・お米WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世田谷:第1回お米ワークショップ/新米でふりふりおにぎりにチャレンジ!

最新の情報はツイッター、facebookをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken
http://www.facebook.com/nogyojyoho

平成27年度:お米ワークショップを開催します!
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=502

〜小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ〜
平成27年度子どもゆめ基金助成金事業に採択

第1回目
・日時:11月29日(日)10:30〜12:00
・場所:東京農業大学「食と農」の博物館2Fセミナールーム
・対象:小学生親子(先着15組まで)
・無料
・先生:埼玉県行田市 株式会社あらい農産 新井 健一さん
 お米ができるまでを写真でわかりやすく教えてくださいます。
・農業戦隊アグレンジャー(東京農業大学国際農業開発学科 学生有志)
 子どもたちに、お米クイズを出題します!
・みんなで、あらい農産の新米でおにぎりを握り試食します。ふりふりおにぎりにもチャレンジします!

★注意:当日使用予定の食材・材料
・米 ・水(水道水、市販のペットボトル)、お茶(市販のペットボトル)、塩(市販の塩)、ノリ(市販の焼き海苔)米は炊飯器で炊きます。

主催:NPO法人農業情報総合研究所
共催:東京農業大学「食と農」の博物館
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/
お申込み、お問い合わせは、東京農業大学「食と農」の博物館までお問い合わせください。

1500909-1.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 13:45| Comment(0) | 世田谷・お米WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする