2013年09月27日

大ヒット商品キッコーマン「いつでも新鮮 しぼりたて生醤油」

最新の情報はツイッター、facebookをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken
http://www.facebook.com/nogyojyoho

2013年 9月28日 FM世田谷:農といえるニッポン!放送予定

・農といえるラジオマルシェ:東京都世田谷区 産業政策部 都市農業課 主任主事 近藤 豊さん
 10/6日(日)午前10:30〜15:30 世田谷区八幡山はらっぱ広場で開催される
 「都市農地を守ろう!」アグリフェスタ2013〜みつけよう!都市の農地がくれたもの〜」
 このイベントについて教えて頂きました。

 アグリフェスタは、今回で2回目です。メインステージでは、13:00〜都市農地保全に向けたトークセッシ ョンが行われます。出演者は、恵泉女子大学 藤田智氏、JA東京中央代表理事副組合長、杉並区長、世田 谷区長。その他楽しいイベントや野菜の即売市も開催される予定です。

・ゲストコーナー「DO YOU 農?」:キッコーマン食品プロダクトマネージャー
                    しょうゆ・みりんグループ担当 マネージャー 田嶋 康正さん

 2010年9月に発売した「いつでも新鮮 しぼりたて生醤油」が大ヒット商品となっています。
 商品の特徴、開発のきっかけを詳しく教えて頂きます。
 
 生醤油ってなあに?
 今までのお醤油とどんなところが違うの?
 どんなお料理に使えばいいの?
 大変だった容器開発。
 薄口醤油の開発。
 いつでも新鮮 しぼりたて生醤油の商品紹介

130613-33.jpg


posted by 農業情報総合研究所 at 22:28| Comment(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「明日から使える!公認会計士によるビジネス分析入門

NPO法人農業情報総合研究所の母体となっている、戦略経営研究会。
こちらの分科会である、士業ビジネス研究会に参加してきました。

テーマは、「明日から使える!公認会計士によるビジネス分析入門 〜頭をやわらかくして分析を学ぶ〜
発表者 江黒崇史さん(清和監査法人パートナー、公認会計士)
      http://www.seiwa-audit.or.jp/corp/profile.html 

内 容 
企業分析においては、まずその企業のビジネスの分析が必要です。しかし、固定観念や常識がその分析の邪魔をすることが多くあります。今回の士業研では、バリバリ活躍している公認会計士から、ビジネス分析のための「頭の体操」、「分析入門」について、「明日から使える!」をキーワードにご発表をいただきます。
また、ビジネス分析のケーススタディも行い実践的な内容です。

文章からは固いイメージがありますが、ビジネス分析のケーススタディがすごく面白かった。そんな風に分析するのかと気付きをたくさんいただきました。なるほど!明日から、早速使えると思いました。
つねに、なぜ、なぜと問い続ける気持ちを持たないといけなんですね。これは農業でも使えるのか意識して分析できるといいなと思います。

貴重なお話を伺えました。発表者 江黒崇史さん(清和監査法人パートナー、公認会計士)、ありがとうございました。
posted by 農業情報総合研究所 at 21:06| Comment(0) | 理事長の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙沼仕事創出プロジェクト/レシピ考案

気仙沼仕事創出プロジェクト(下記の記事もあわせてご覧ください。)
http://kansyokunouken.seesaa.net/category/19353769-1.html

気仙沼にある(有)カトーさんの水産加工品 タコを使ったお料理。
お料理本を参考にして作ってみました。

タコとタラのフリッターチリソースがらめ

材料:タコ、タラ、(エビ)塩、こしょう、小麦粉、卵白、水、小麦粉、片栗粉、サラダ油
   長ネギ、しょうが、にんにく
「A]豆板醤、ケチャップ、酢
   ごま油、揚げ油

タラは、塩、こしょう、小麦粉をふる。
タラ、タコをフリッター衣にくぐらせ油で揚げる。
長ネギ、しょうが、にんにくをサラダ油で熱し、「A]を入れて沸騰させる。
水とき片栗粉でとろいをつけ、ごま油をまわし入れする。
タコとタラをからめる。

こちらもダンナさんに大好評でした!(^O^)V ひゃっはー。

130927-1.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 20:51| Comment(0) | 気仙沼仕事創出プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙沼仕事創出プロジェクト/レシピ考案

気仙沼仕事創出プロジェクト(下記の記事もあわせてご覧ください。)
http://kansyokunouken.seesaa.net/category/19353769-1.html

気仙沼にある(有)カトーさんの水産加工品 タコを使ったお料理。
お料理本を参考にして作ってみました。

タコのコチュジャン炒め

材料:タコ、玉ねぎ、ピーマン、ニンジン、ごま油
「A] しょうゆ、しょうが、こしょう、酒、にんにく、コチュジャン

ごま油で野菜をいため、タコを加え炒める。「A]を加えて全体をからめる。
ダンナさんにも好評でした!\(^o^)/

130827-2.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 20:20| Comment(0) | 気仙沼仕事創出プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

気仙沼 丸東かまぼこ店さんのかまぼこを使ったレシピ

気仙沼仕事創出プロジェクト(下記の記事もあわせてご覧ください。)
http://kansyokunouken.seesaa.net/category/19353769-1.html

130925-2.jpg

気仙沼 丸東かまぼこ店さんから、かまぼこを頂きお料理に使ってみました。

(1)豚肉とかまぼこの生姜焼き
   材料:豚ロース、笹かまぼこ、醤油、 砂糖、みりん、生姜
   生姜焼きにかまぼこを加えるだけ。思っていた以上においしい!

(2)かまぼこ焼き
   材料:かまぼこ、醤油
   かまぼこをそのまま焼いて醤油をかけるだけ。シンプルだけどおいしい〜!

130925-3.jpg
(3)かまぼこの卵とじ
   材料:かまぼこ、たまご、濃口しょうゆ、みりん、お好みで砂糖
   昔、母がよく作ってくれました。懐かしい味。丼もおすすめです。

(4)うどんにかまぼこ。
   温かいうどんに、かまぼこを入れただけ。

かまぼこは正月しか買わない。買ってもそのまま食べていました。たくさんあるとそのまま食べると飽きてしまうので調理してみたのですが、思っている以上に簡単でおいしい。

何より醤油との相性がいいことに気付かされました。ふわふわしたかまぼこが多いなか、しっかりと歯ごたえがあるかまぼこが新鮮でした。
posted by 農業情報総合研究所 at 14:03| Comment(0) | 気仙沼仕事創出プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

農業ニュース/ブルートマト開発。

日本農業新聞記事をピックアップしました。

岐阜県大垣市で種苗会社を経営する石井賢二郎さんが、ブルーベリーのような濃い青紫色の「ブルートマト」を開発。町内の住民らも加わり、今年から本格的な生産に着手。

石井さんは、東京都内種苗会社に勤務。2011年移住。
茶畑の一部を借りて栽培をスタート。国内外の複数の品種を交配し、昨年までにサイズが異なる3種類のブルートマトの開発に成功した。

8月には東京で開催した農産品の展示会に出展。大手スーパー、レストランから400件を超える注文を受けた。店頭価格は一般的なトマトより3割ほど高い。
posted by 農業情報総合研究所 at 10:00| Comment(0) | 野菜・果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙沼仕事創出プロジェクト/丸東かまぼこ店さんのかまぼこ

気仙沼仕事創出プロジェクト(下記の記事もあわせてご覧ください。)
http://kansyokunouken.seesaa.net/category/19353769-1.html

リーダーが気仙沼へヒアリングへ行ってきました。
ヒアリングに行った、丸東かまぼこ店さんからサンプルとして笹かまぼこ、チーズ入りちくわを送って来てくださいました。>丸東かまぼこ店さん、ありがとうございました!

創業は昭和18年。通常期は「笹かまぼこ」や「チーズ入りちくわ」、年末は「年始用の板かまぼこ」に力を入れていらっしゃいます。商品へのこだわりは、かまぼこは石臼練り。歯ごたえが違うとのことでしたが、確かにしっかりした味でおいしかかった。料理の写真は後ほどアップしまーす。

130924-2.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 00:51| Comment(0) | 気仙沼仕事創出プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農業ビジネス研究会終了!講師は久松達央さん(野菜農家)

2013年9月18日農業ビジネス研究会が無事終了しました。

講 師 久松達央さん(野菜農家)
テーマ「小規模農家のマーケティング戦略」

30名超のご参加をいただきました。ありがとうございました。
以下の記事もあわせてご覧ください。
http://m-motegi.at.webry.info/201309/article_11.html


130924-1.jpg

posted by 農業情報総合研究所 at 00:27| Comment(0) | 農業ビジネス研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

関谷醸造株式会社/蓬莱泉「空」

第3回東京農業大学 総研研究会醸造食品部会講演会 懇親会会場にて。

130922-7.jpg
農大卒業生の方々のワイン、日本酒などがたくさん用意されていました。

日本吟醸酒協会のイベント会場で試飲したことのある、
関谷醸造株式会社 蓬莱泉 純米大吟醸 空(くう)を見つけました!

わ〜い\(^o^)/ 久しぶりに飲んだけど、おいしかった〜。
純米吟醸 和(わ)は、すでにカラでした。あー、残念!
posted by 農業情報総合研究所 at 10:41| Comment(0) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第3回東京農業大学 総研研究会醸造食品部会講演会

第3回 東京農業大学 総研研究会醸造食品部会講演会に参加してきました。

130922-5.jpg講演された平出淑恵さん、テーマ「日本酒を世界へ:Sakeから観光立国へ」

2013年5月に農業ビジネス研究会でも講演して頂きました。
http://www.agranger.jp/project4.html

講演終了後、懇親会でも多くの方から質問攻めにあっていたようでした。
平出さん、お疲れさまでした。(^O^)/

130922-8.jpg料理界のプリンス、江戸懐石近茶流 柳原尚之氏「懐石料理今昔 日本料理の進む道」
講演の中で海外での日本食の人気についてのエピソードが紹介されました。

例えば、日本の寿司を勉強したくて6年連続でミシュラン3つ星のすきやばし次郎のユーチューブで見て、寿司の握り方を学んび料理の大会で優勝した若者の話、海外のシェフたちの調味料の関心の高さなどが紹介されました。

他にも、醤油の官能検査、地方初中小企業のブランド戦略など、なかなか聞けない貴重な講演でした。
東京農業大学醸造学科の先生方、ありがとうございました!!
posted by 農業情報総合研究所 at 10:24| Comment(0) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NPO法人農業情報総合研究所の活動紹介

NPO法人農業情報総合研究所は、農・食・環境の情報発信活動を行っています。
http://www.agranger.jp/project1.html

(1)消費者への情報発信
  ・コミュニティラジオ番組 企画・制作 83.4MHZFM世田谷  「農といえるニッポン!」
  ・はるかの農業情報総合研究所ブログからの情報発信
  ・NPO法人農業情報総合研究所 農業経営者、代表者などインタビュー配信
 
(2)ビジネスパーソンへの情報発信
 ・農業ビジネス研究会開催

(3)大学生への情報発信 特別講義、講演活動
 ・理事長の講演・執筆活動

(4)新規就農者への情報発信 会員メンバーによる講師活動
 ・会員メンバーの講師活動

(5)震災復興支援・情報発信 / 気仙沼仕事創出プロジェクトの応援・お手伝い
 ・東京での食事開催、販売応援、販路開拓、定期購買支援など。

(6)その他シンポジウム、合同企画など。
posted by 農業情報総合研究所 at 00:39| Comment(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

2013.10.19 東北食農研究会/第4回ミーティング

あっという間に、東北食農研究会も第4回目の開催となりました。

次回は、先進的農業のプロジェクトに係る総合的な企画及び調整/先進的農業のプロジェクトに関する調査研究を進める 仙台市/農と食のプロジェクト推進係の小粥恵子さんに、ご発表をいただきます。

今回、勉強会と懇親会を分けました。勉強会だけのご参加でしたら「1,000円」の会費です。
ぜひ、ご参加申込みをよろしくお願いします!

また、今回、勉強会と懇親会を分けました。
勉強会だけのご参加でしたら「1,000円」の会費です。ぜひ、ご参加申込みをよろしくお願いします!

20131019 東北食農研究会/第4回ミーティング

テーマ 復興の過程で見えてきた仙台市における新しい農業の取組み

内 容 
東日本大震災から2年半が経過しました。仙台市では、津波による被災地の多くは農地で、およそ1,800haが被害に遭い、農地や農業用施設をはじめとする農林水産業の被害額は734億円にも上りました。

今回は、発災から現在にいたるまでの仙台市における農業復旧の歩みをご説明するとともに、いくつかの興味深い農業の取り組みを通じて、農業の現在の姿をお話しします。
また、発表のあと、参加者との意見交換を行います。

発表者 小粥恵子さん(仙台市 経済局 東部農業復興室 農と食のプロジェクト推進係長)

日 時 2013年10月19日(土曜日)(16:45から受付開始)17:00〜18:30 

会 場 スタジオルーモコレクション(レンタルスタジオ 仙台ルーモ)
     宮城県仙台市青葉区中央

会 費 1,000円

申込み 
    担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
    下記の内容を送信してください。

    10/19東北食農研に参加します。
    お名前:
    所属:
    連絡先(メルアド):
    懇親会の出欠: 出席/欠席

    または、下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
    「勉強会名」を「10/19東北食農研」としてください。
    (SSL暗号化対応)
    https://form.os7.biz/f/4da7401d/ 

※ 勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)

主 催 特定非営利活動法人農業情報総合研究所
http://www.agranger.jp/nougyoujyouken-index.html
仙台ITビジネス研究会 http://sendai-itbiz.com/
仙台ビジネスターミナル http://www.sendai-bt.com/
posted by 農業情報総合研究所 at 20:17| Comment(0) | 東北食農研・仙台・東北情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

FM世田谷:農といえるニッポン!9/21日放送予定

最新の情報はツイッター、facebookをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken
http://www.facebook.com/nogyojyoho

2013年 9月21日 FM世田谷:農といえるニッポン!放送予定

・農といえるラジオマルシェ:東京都世田谷区八幡山 橋果樹園 高橋 良治さん
サラリーマンから実家を継ぎ就農して12年。千歳台のリンゴ園さんから木をわけて頂いたことがリンゴの栽培のきっかけだったそうです。リンゴは千秋、陽光、ふじ、シナノゴールド、秋映え、シナノスイート。

もぎとりは、 世田谷区のお知らせをご覧ください。11月までもぎとりが楽しめるそうです。
ただし、リンゴがなくなり次第終了です。お早めに!

・ゲストコーナー「DO YOU 農?」:群馬県みどり市 あざみ農園 阿左美 昌良さん
大学の先生から紹介してもらい、大学の先輩のところで研修。研修しながら、実家での就農準備、就農。
あざみ農園では、水耕栽培でミニトマトを栽培。このトマトを、お客さんに直接届けたいと直売所を運営。
直売所では完熟したミニトマトジュース、ジャム、幻の大玉トマトで作ったケチャップを販売。
研修のきっかけ、規模拡大、今後、新規就農される方へのアドバイスを頂きました。
posted by 農業情報総合研究所 at 10:55| Comment(0) | 農といえるニッポン! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする