2012年08月31日

気仙沼復興支援/気仙沼のお魚を食べて応援

気仙沼にある(有)カトーさんからお魚が届きました。箱の中にお手紙が入っていました。

震災前は100%下請け加工業を経営。幸いにも高台に工場があったため被災は免れたが親会社が罹災し原料の一部が流出。

3ケ月後に簡易的に稼働し、現在は工場も建て復興したが売上は40%減少したため、経営の安定を図るために、製造委託販売に頼らず自社製品の開発、製造、販売を始められたそうです。

早速、知り合いの方のお店でプチ試食会を開催しました。

私は、冷凍のお魚には保存料がわんさか入っているので普段は生魚が中心。たまに、干物を買うことが多いのですが冷凍ものはほんど買いません。だから、原材料がすべて食塩のみなのでビックリしました。

家だと電子レンジで解凍。わかめなどは水洗いでオッケー。
小さく切ってあるのでそのまま食べられます。かなり主婦にとっては大助かりの商品ばかりです。

120829-1.JPGこちらは、イカのポッポ焼。北海道から沿岸の地域では食べられているようですね。商品名としては串ポッポになっていました。

これが、ふんわりしていておいしいんですよ〜。家では、電子レンジでチン!

味もついているので、そのまま食べられました。お店で頂いたポッポ焼は、炭火だからでしょうか?
電子レンジよりもかなりおいしく感じました。

120829-2.JPG120829-6.JPGこちらは、三匹のさんまちゃんとイカの一夜干し。
なんて言うんでしょうか?冷凍でも、こんなにもふっくらしておいしいんですね。

魚が新鮮だからでしょうか?それとも製造してすぐだからなのでしょうか?
魚の厚みが違うというか・・・。それにしても、おいしい!

120829-4.JPGこちらは煮タコ。

うっすら塩味がついていました。
そのままスライスして食べても十分おいしいです。

玉ねぎをスライスをプラスしてレモンをかけると、これまた絶品!

やっぱりタコもふんわりしてて、おいしい。

120829-5.JPGそして最後に、炭火で焼いたホルモンをいただきました。

そのまま一口食べてもOK。
キャベツにソースをかけておき、それと一緒に食べるとまた美味しいです。

試食会に参加してくれたメンバーも、みんなおいしいと満足してくれたようです。また、気仙沼のお魚&ホルモンのファンが増えました。


posted by 農業情報総合研究所 at 23:54| Comment(0) | 気仙沼仕事創出PJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙沼復興支援/気仙沼ホルモンを食べて応援

120831-1.jpg気仙沼ホルモン、(有)カトーさんの冷凍保存のお魚の詰め合わせが届きました!

プチ試食会が決まっていたので、その前に家でも食べてみようということになり気仙沼ホルモンを使って、ホルモンカレー、ホルモンヤキソバを作ってみました。

ホルモンは、5つの袋に小分けにして入っているので家でも使いやすいですね。

電子レンジで解凍していると、ニンニクのにおいがぷあぁ〜んとしてきます。少し解凍に時間がかかりました。袋をあけてみると、思っていたほどニンニクのにおいはしませんでした。

まずはカレーです。

120831-3.jpgこの日は、あまり野菜がなかったので、ニンジン、ピーマン、玉ねぎを使いました。ホルモンを炒めるとニンニクの香りが一気にキッチンに広がりました。

カレー粉を使った、気仙沼ホルモンカレーの出来上がりです。(^0^)/

反省点としては、ホルモンの油がスープの中に残ってしまったようでした。
次回は、ナス、キノコ類を入れようかと思います。でも、おいしかったです。

続いては気仙沼ホルモンヤキソバです。

120831-12.jpg
カレーの反省点を活かし、ニンジン、エリンギ、ピーマン、キャベツを使いました。
ソースは、栃木県 佐野市のミツハソースを使用。胸やけしないのでお気に入りのソースです。

エリンギを一緒に炒めると、思ったとおり余分な油を吸ってくれました。また残った油はヤキソバにしっかりしみ込んだようです。こちらは、かなりいけます。ニンニンクのパンチがきいていておいしい!結構、いけました。 

気仙沼には、気仙沼ホルモン焼うどんがあり気仙沼のB級ご当地グルメとして有名だそうです。
皆さんも、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
http://m-motegi.at.webry.info/201204/article_7.html
posted by 農業情報総合研究所 at 23:07| Comment(0) | 気仙沼仕事創出PJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。