2012年07月31日

2012/8/4FM世田谷/農といえるニッポン!/宮城県気仙沼 ふかひれのブランドの復興に向けて

最新の情報はツイッターをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken

ゲストコーナー:
宮城県 気仙沼:復興屋台村気仙沼横丁 うどん みずき/ふかひれの石渡商店 石渡康宏さま
宮城県 気仙沼 ふかひれのブランドの復興に向けて・復興屋台村気仙沼横丁 本手打ちうどん/みずきの紹介

宮城県 気仙沼復興屋台村気仙沼横丁 本手打ちうどんみずき

120804-4.jpgお話を聞かせて頂く、石渡康宏さんの実家は「ふかひれの石渡商店」。津波で工場が被災しましたが、現在、工場再開に向けてお兄さんが頑張っています。

弟の石渡康宏さんは、震災後一念発起し、讃岐うどんの名店で修行。宮城県気仙沼:復興屋台村気仙沼横丁で
本手打ちうどん  みずきで頑張っています。こちらのお店に伺い、まずはうどんを頂きました。

たまご丸ごと天ぷらにしたのは初めてみたのでビックリしました。面白いですね〜。うどんは手打ちということもありおいしい〜。うどんのつゆが薄味なのか個人的にはよかったです。おいしいうどんを頂いてから、石渡商店の話を聞かせて頂きました。

宮城県気仙沼 フカヒレの町の歴史

120804-2.jpg気仙沼では、マグロ、カツオ、サンマが獲れます。魚が獲れない時期に、サメがあがっていました。サメは、カマボコの材料に使われフカヒレ使われていませんでした。

石渡さんのおじいさんが関東の方でフカヒレの仕事をしており、気仙沼からフカヒレを送ってもらっていました。しかし、マグロの尻尾が混ざっていたりするのでクレームをつけに気仙沼へ行きます。そこで見たのは、気仙沼の市場で捨てられていたフカヒレ。それを見た石渡さんのおじいさんが気仙沼でフカヒレの加工の仕事を始めることを決めます。

フカヒレってどうやって出来るの?
フカヒレの工程には2つの方法があるようです。サメからヒレ切って、ヒレをそのまま乾わかす方。こちらは業務用向けだそうです。もう一つは、先ほどと同じ工程の後に皮をむき骨を抜いて乾燥させるやり方。石渡商店は後者の技術を使っています。この工程はスムキという名称で呼ばれています。

スムキ
もともと加工技術がなかったので、皮をついたまま干して料理屋さんに送るのが一般的だったが、石渡商店がひと手間かけて、骨まで取ってすぐに調理できる状態にするために考えて作った技術だそうです。スムキを使ったフカヒレ商品は国内外から高い評価を受けおり、中国からの来賓を迎える政府の晩餐会、天皇即位を祝う宮中晩餐会にも使用されました。

どんな種類のサメのヒレが使われているの?
気仙沼では、ヨシキリサメ、モウカサメ、アオサメ、オナガ鮫、シュモクザメ(別名:ハンマーヘッド・シャーク)が獲れますが、主に使われているのがアオサメ、モウカサメ、ヨシキリサメだそうです。ホオジロ鮫は大きくて有名ですが、1年に1回獲れるか獲れないかぐらい。小さい鮫の方がほとんどのようです。気仙沼では、モウカサメの心臓を刺し身で食べる料理があります。復興屋台村気仙沼横丁で食べることができます。

震災当日の状況
石渡商店が経営している、高台にあるゴルフの練習場で休憩している時に大きな揺れに見舞われます。急いで会社に戻り全員避難してしたことを確認。自分も車に乗り避難しますが渋滞に巻き込まれます。ラジオをつけると女川に津波が到達し、大津波警報が出ていることを知ります。聞いたこともないような警報にただごとではないと思い会社に車を置いて走って逃げました。橋をわたっているときにはすでに足元に水が流れていたそうです。危ないところでした。

石渡商店、フカヒレの町 気仙沼の復興に向けて。
120804-1.jpg上海に出張中だったお兄さんはに会えたのは震災から2日後。お兄さんと二人で話して、お店をもう一度やろうと決め、お父さんに伝えます。気仙沼にあった同業者の方々も、みんな被災して何も出来ない状態。ここで辞めたら、気仙沼、フカヒレの街として頑張って培ってきたものがすべてなくなる。

石渡さんの兄が発起人となり、「フカヒレブランドを守る会」を発足。石渡商店は夏に工場を移転。本工場として完成予定。復興屋台村気仙沼横丁 うどん みずきで、石渡康宏さん、みんなが復興に向けて頑張っています。

posted by 農業情報総合研究所 at 10:59| Comment(0) | 魚・漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012.8.4FM世田谷「農といえるニッポン!」東京農大多摩川源流大学での実習紹介

最新の情報はツイッターをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken

農業戦隊源流レンジャー@鈴木くん/東京農業大学多摩川源流大学スタッフ

東京農業大学多摩川源流大学スタッフとして働くことになったきっかけ
東京農業大学 大学院農学研究科畜産学専攻2009年卒業。現在、東京農業大学多摩川源流大学スタッフとして働く@鈴木くんに源流レンジャーとしてお話を聞かせて頂きました。

野生動物が好きで農大に進学。厚木キャンパスに6年間通っていました。卒業後は、アウトドア会社、動物園、研究所などで働きたいと思っていたが就職活動はうまく行きませんでした。しばらくフリーターをしていた時、源流大学の授業に参加していた友達から多摩川源流大学スタッフ募集の話を聞きます。

山梨県小菅村での暮らしに不安はあったが田舎暮らしに憧れもあり、面白うそうだと話を聞きに行きスタッフとして働くことになりました。6年間、畜産のことを学んでいたので最初は農作業の流れがわからず戸惑いがあったと言います。実際に仕事をしながら、村の方々の協力あり少しずつ覚えて行ったようです。仕事以外の時は、車で林道を走り動物を探しに行ったりもするようです。季節の移り変わりを感じられる。村の暮らしを楽しんでいるそうです。

東京農業大学多摩川源流大学ではどんな体験、実習ができるの?
多摩川源流大学は、東京農大の学生が多摩川源流域にある山梨県小菅村に来て体験をする授業。農作業、林業体験、食文化、伝統行事、村の方々の知恵を学びます。
 
クイズ
山梨県小菅村の花からの出題です。

東京農業大学多摩川源流大学に参加する学生に向けて

農作業しているときは、村の方にも作業の手順、わからないことがあれば積極的に質問して欲しい。コミュニケーション能力を磨けることにもつながると思う。

今後スタッフとしてチャレンジしてみたいこと。
実習の中でしか、学生と住民の関りがないので、もっとお互いの距離が近くなるような機会を増やしていきたいと思う。農家民泊、ホームステイのようなものができればと考えているようです。

リクエスト曲  ゆず  / ストーリー

FM世田谷「農といえるニッポン!」毎週土曜日18:00〜19:00/ 83.4MZ
・Andoroid機種 http://hls1.bitmedia.ne.jp/fm834and/
・iPhone&iPad http://hls1.bitmedia.ne.jp/fm834hls/
・FM世田谷ホームページからライブ配信 http://www.fmsetagaya.co.jp/
・サイマルラジオ(FM大和)http://www.simulradio.jp/(水)19:00〜FM世田谷より5日遅れ放送
posted by 農業情報総合研究所 at 09:19| Comment(0) | 地方創生/連携事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

2012/7/28FM世田谷/農といえるニッポン!/農林水産省「人・農地プラン」・青年新規就農給付金について

最新の情報はツイッターをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken

ゲストコーナー:「人・農地プラン」(地域農業マスタープラン)・青年新規就農給付金について
農林水産省 経営局 就農・女性課 課長 榊 浩行さま
http://www.maff.go.jp/j/new_farmer/index.html
https://www.facebook.com/nogyokeiei

新聞で「人・農地プラン」(地域農業マスタープラン)を知りました。もっとこの制度について詳しく知りたいと思い農林水産省に連絡をしてお話を聞かせて頂くことにしました。お話を聞き、新規就農を目指している人達、就農した若い人達に青年就農給付金といった制度を広く知って頂こう思い、農林水産省 経営局 就農・女性課 課長にスタジオにお越し頂きお話を聞かせて頂きました。

120728-2.jpgまずは、「人・農地プラン」(地域農業マスタープラン)とは、どのようなものなのか教えて頂きます。
集落・地域で、「人・農地プラン」(地域農業マスタープラン)プランを作る際の進め方。

さらに、「人・農地プラン」(地域農業マスタープラン)を作成するメリット。
・政策的にさまざまな支援を用意。

1.プランの作成支援
2.スーパーL資金の当初5年間無利子化(認定農業者)支援
3.青年就農給付金 新規就農の方々に5年間 年間150万円 
 ・経営開始型 給付額 年間150万円(最長5年間)
 ・準備型(研修中)給付額 年間150万円(最長5年間)
 「人・農地プラン」に位置づけられている必要はありません)
4.農業法人等への支援 助成額 最大120万円(最長2年間)
 「人・農地プラン」に位置づけられていない方も対象となります。

経営開始型、準備型、いずれも、就農時点で原則として45才という年齢制限があります。その他、給付金の停止、返還などの給付を受ける際の条件についてもご紹介して頂きました。詳細については、農林水産省のホームページをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/new_farmer/index.html

さて、「人・農地プラン」(地域農業マスタープラン)については、各都道府県から多くの問い合わせがあるようです。3月の時点で、青年就農給付金について調査したところ、予算の想定した規模の倍の要望が寄せられているようです。さて、財源は大丈夫なんでしょうか?このあたりもお聞きしてみました。

その他、
農林水産省 経営局 就農・女性課では、魅力ある農林水産業づくりや6次産業化の推進には、地域でいきいきと活躍している女性たちの斬新なアイデアや自由な発想が不可欠です。このため、24年度から女性向けの支援施策を充実・強化していることもご紹介して頂きました。
http://www.maff.go.jp/j/keiei/kourei/danzyo/index.html

若い方の新規就農は年間1万人が定着。しかし、新規就農の3割の方が数年のうちに辞めているというデータがあるようです。この制度は、年齢制限はあるが若者の新規就農、就農した人達にとって心強い制度となるのには間違いありません。また、非農家出身、農地を持たない就農者でも就農でできるようなサポートが整っているようです。ぜひ、若い人達にこの制度を知って頂ければと思います。

農林水産省 経営局 就農・女性課の皆さま、お忙しいところご協力頂き誠にありがとうございました。
posted by 農業情報総合研究所 at 12:26| Comment(0) | 農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

2012.7.28FM世田谷「農といえるニッポン!」憧れの農村体験ができる多摩川源流大学の実習紹介

最新の情報はツイッターをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken

2012.7.28FM世田谷「農といえるニッポン!」
農業戦隊源流レンジャー @ゲタレンジャー
東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年 
テーマ:憧れの農村体験ができる多摩川源流大学の実習紹介

ゲタ、モンペが大好きな@ゲタレンジャー。1年生から番組に出演。今回で3回目となりました。この日はスタジオ収録ということもありオシャレして来てくれました。

@ゲタレンジャーには、東京農業大学で行われている多摩川源流大学での授業、実習の紹介。このプロジェクトは1年生からも参加できるようです。@ゲタレンジャーは1年生からこのプロジェクトに参加。どんな授業に参加しようかと思っていたときに、実際に村に行き実習が出来ると言うのを知り参加を決めたと言います。

小さい頃から、何故か農村への憧れのようなものがあり農的暮らしを体験してみかったので迷わず授業に参加。山梨県小菅村に行くと何故かホッとするようです。都会で経験できない出会いがあると言います。村の方々もとても魅力的なようです。

クイズは、山梨県小菅村のじゃがいもをPRしようと考えられたキャラクターの名前です。

授業で学んでも、もっともっと山梨県小菅村に行きたい。もっと色々な体験がしたいと、大学生が有志で立ち上げた源流放課後の会にも参加。田んぼ、畑、村のおじいちゃん、おばあちゃんとの交流を図っています。

村の方々が作った野菜を世田谷の皆さんに知ってもらうことを目的として、農大の収穫祭にも出店。山梨県小菅村の野菜を販売しています。2012年度も販売予定だそうです。東京農大の収穫祭(学園祭)は、11月2日、3日、4日。要チェックですね。

源流放課後の会も1年生から参加。1年生のときは田起こしを体験。田植え体験は他にもたくさんあるけれど、田起こしはないので、大変だったけれど楽しい体験だったようです。毎年、山梨県小菅村では5月4日多摩川源流祭りが開催されています。村の方からお手紙が来て、この村の一大イベントのお祭りで山伏を体験したそうです。

リクエスト曲 平井 堅  / 君の好きなところ

FM世田谷「農といえるニッポン!」毎週土曜日18:00〜19:00/ 83.4MZ
・Andoroid機種 http://hls1.bitmedia.ne.jp/fm834and/
・iPhone&iPad http://hls1.bitmedia.ne.jp/fm834hls/
・FM世田谷ホームページからライブ配信 http://www.fmsetagaya.co.jp/
・サイマルラジオ(FM大和)http://www.simulradio.jp/(水)19:00〜FM世田谷より5日遅れ放送
posted by 農業情報総合研究所 at 22:50| Comment(0) | 地方創生/連携事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農といえるニッポン!12.5月 大学生からのリクエスト曲

2012年5月にラジオに出演してくれた大学生からのリクエスト曲紹介です。曲紹介も大学生のみんながチャレンジしました♪

・2012.5.26/農業戦隊 特別チームのリクエスト曲
 L'Arc〜en〜Ciel 「GOOD LUCK MY WAY」

・2012.5.19 /農業戦隊 特別チームのリクエスト曲
 flumpool(フランプール)/ 今年の桜

・2012.5.12 /農業戦隊 フラワーレンジャーからのリクエスト曲
 ミスターチルドレン / サイン

・2012.5.5 /農業戦隊 フラワーレンジャーからのリクエスト曲
 椎名 林檎 / カーネーション

みんな、リクエストありがとう!!
posted by 農業情報総合研究所 at 21:55| Comment(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

2012/7/21FM世田谷/農といえるニッポン!震災を乗り越えた日本酒。気仙沼とともに復興へ 

最新の情報はツイッターをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken

ゲストコーナー: 震災を乗り越えた日本酒。気仙沼とともに復興へ 
宮城県:気仙沼市 株式会社角星 代表取締役社長 斉藤嘉一郎さま
http://kakuboshi.shop-pro.jp/

120712-2.jpg明治39年創業。今年で106年を迎える、宮城県気仙沼にある株式会社角星。看板が歴史を物語っています。このあたりは陸中、陸前の国にまたがっており、酒造り始めたのが隣町の陸中。出来上がったお酒を陸前、気仙沼で販売。二つの地域にまたがるということで両国と言う(商品名)名前で地元の方々に親しまれている酒です。 

さて、東日本大震災発生時蔵はどのような状況だったのかと言うと、本社、製造、配送センターのうち内湾に面した本社は全壊。製造、配送センターについては建屋が多少いたみましたが無事でした。震災後は2週間ほど携帯がダウンしましたが、全国にいる同業者の仲間が心配して連絡くれ、励ましの声など本当に多くの人から連絡を頂いたようです。

120712-3.jpg震災当時、蔵では絞っていなかったタンクが2本。震災で電気も水道もダウン。そのままだと廃棄処分もしなければいけないと覚悟したと言います。タンクの酒を守ろうと試行錯誤している中、道路状況の改善、工業の発電機の調達で2週間ほどタイミングがずれたが、無事お酒を絞ることができました。

ただ、かなり辛いお酒になったそうです。このお酒を、震災を生き残った酒として販売。全国新酒鑑評会金賞を受賞!5年連続の入賞です。また、ワールドインターナショナチャレンジでは銅賞を受賞。おこがましいので商品には表記していませんと言う控えめな斉藤社長。

震災後、基幹産業である魚市場の水揚げが困難な状態になりましたが、なんとか水揚げできるようになった。
船が入り、魚があがることが気仙沼の経済、大きな原動力になる。角星は被災が軽く、5月の段階で酒を詰めて出せる状況になった。そこで、漁船100隻分酒を配ったそうです。

120712-1.jpg復興酒も販売にチャレンジ。震災後に絞った酒をどうして出そうかと考えていたようですが、「船尾灯」(ともしび)という名前はどうだと話があり、もろみ2本絞ったものは「船尾灯として販売。」

4月5月に絞ったお酒は、四号瓶 8500本を完売。さらに、「船尾灯」と言う名前がいいねと言っていただき、昨年の秋からともしびと言う名前でも販売をはじめました。

最後は、母校である東京農大醸造学科の思い出について聞いてみました。正直、学問的なところは覚えていないが、発酵のベースのところや、当時の先生方に教えてもらった、講義の間にひとこと、ふたことが、いまだに心に残っているそうです。

例えば、「アルコール飲料は、その土地の食事との両立ちなのだ。歴史的に成り立って来た。」この言葉は、非常に心に残っていて、今でも造っている酒のベースは学生時代に先生方からご教授頂いたことが角星の酒造りに活かされています。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:54| Comment(0) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012.7.21FM世田谷「農といえるニッポン!」ウクライナ留学生から見た日本

最新の情報はツイッターをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken

2012.7.21FM世田谷「農といえるニッポン!」大学生コーナー
今週は、東京農業大学国際バイオビジネス学科4年 ウクライナからの留学生の話を中心に聞いていきます。一緒に手伝ってくれるのは食料環境経済学科2年生です。

まずはウクライナ語でご挨拶。日本に来たきっかけは、東京農業大学とウクライナの大学が姉妹提携校で、日本に行けるというプログラムがあると知り日本へ留学。ウクライナから日本へは飛行機で10時間。とても長い時間だったので、まるで月にでも行くような気分だったとか。

初めて日本語を聞いたとき、どこで文章が終わったのかがわからず驚いたようです。今は、漢字を勉強中。日本食は、ルームメイトだった食料環境経済学科の学生が作ってくれたカレーがお気に入りのようです。ラジオ番組では、世界各国の留学生にインタビューしていますが、ここ数年、日本のカレーが好きという留学生が多いので驚きます。

他に日本食で好きな物は何かある?と聞いてみると、日本を旅行するとその土地の料理がおいしいという答えが返ってきました。大阪だとタコ焼き、お好み焼き。長野はお祭りと地元の料理がお気に入り。他にも箱根に行った時は、小田原城、神社などを見学。歴史的建造物もキレイなので大好きだそうです。日本に来たら、東京よりも田舎に行くのがいいですよと逆に教えらました。

ウクライナの料理バレニキに関するクイズです。
後半は、ウクライナの若い人たちが日本のどんなことに興味を持っているのか。そして、卒業論文のテーマについて教えてもらいました。

リクエスト曲 レディーガガ  / マリーザ・ナイト

FM世田谷「農といえるニッポン!」毎週土曜日18:00〜19:00/ 83.4MZ
・Andoroid機種 http://hls1.bitmedia.ne.jp/fm834and/
・iPhone&iPad http://hls1.bitmedia.ne.jp/fm834hls/
・FM世田谷ホームページからライブ配信 http://www.fmsetagaya.co.jp/
FM世田谷より5日遅れで放送
・サイマルラジオ(FM大和)http://www.simulradio.jp/ (水)19:00〜
posted by 農業情報総合研究所 at 23:07| Comment(0) | 海外農業・作物保護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

障害者の人達が生き生き働く仙台で大人気のレストラン!「6丁目農園」

最新の情報はツイッターをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken

2012/7/14FM世田谷/ゲストコーナー:
障害者雇用活かした、手作りにこだわった有機野菜バイキングレストラン「六丁目農園」のレストラン経営、地元復興プロジェクト「TOUHOKU ROKU PROJECT」の紹介

宮城県:仙台市若林区 ビュッフエレストラン六丁目農園
株式会社アップルファーム 代表取締役社長 渡部 哲也さま
http://www.sprasia.com/tv/user/rokunouen/index
http://touhoku6pro.jimdo.com/

120714-1.jpg六丁目農園は野菜を中心としたビュッフエレストラン。自家菜園野菜を中心に店内にある水耕栽培プラント野菜を店内調理。100%手作りのお店です。

東日本大震災の時は、幸いにも目の前の高速道路が防波堤の役割となり、お店の1メートル手前で津波がとまりましたが横の水路から海水が張り込み駐車場が冠水。高速道路がなければ、店も津波の勢いでなくなっていたでしょうと話す渡辺社長。

六丁目(ろくちょうのめ)農園では、障害者の方を雇用しています。障害と言っても、3障害があり、精神、身体、知的障害があり、現在レストラン従業員は39名。そのうち精神、知的障害を持つ方が半々、身体障害の方は1名の方が働いています。

(写真の植物工場で出来た野菜もレスランで提供されています。)120714-5.jpg
障害者を雇用するきっかけは、義理の弟が交通事故にあい働けなくなったこと。家族の大変さを近くて見て来た経験から働く可能性のある子たちを戦力化して、経済的自立しもらい納税者になってもらいたいと思い、自分が経営していたタイ焼屋で1人の障害者を雇用することになりました。

このことが、六丁目農園のオープンへとつながっていったようです。障害者の人たちが働きやすいレストランというのを考えたとき、自然とビュッフエ形式になったと言います。障害者の方々を雇用する上で、ひとりひとりの個性、特性を見抜くというのがとても大切だそうです。我々が、その子にあう職場、ポジションを見つけてあげる。イメージとしてはジクソーパズルのように、何度も何度もパズルをあわせて見るそうです。

相手が変化するにはどうやって伝えたらいいか。伝える方が考えています。相手を思いやる。社風がそうなると社員も成長して健常者の我々が教えられる気がすると言います。

120714-2.jpg東北6県、農業の6次化、創業メンバー6人で「TOUHOKU ROKU PROJECT」を立ち上げました。創業メンバー6人で、震災後災後の炊き出し、物資を届け、被災地に赴きました。ある被災した人が「仕事がない。死んでしまうよ」と言う言葉を耳にします。

仕事はお金を稼ぐためだけど、それ以上に人の役に立ちありがとうと言ってもらえる。仕事の本質はそこにあると思う。そんな職場を我々の手でつくっていく必要があるのではないかと立ち上げたのが東北6区プロジェクト。

宮城県 名取市1200坪の土地を購入。環境、福祉、防災、モデルファームが動きはじめています。今年の9月の完成予定です。「TOUHOKU ROKU PROJECT」は、すでに30名の障害者を雇用。訓練がはじまっています。詳しくは放送を聞いてみてください。

FM世田谷「農といえるニッポン!」毎週土曜日18:00〜19:00/ 83.4MZ
・サイマルラジオ(FM大和)http://www.simulradio.jp/ (水)19:00〜5日遅れで放送

仙台駅から少し行ったところ、東インターチェンジ近くのビル1階にある野菜ビュッフェレストラン「六丁目農園」があります。お世辞にも交通の便はよいとは言えない場所なのに、地元の人から観光客まで予約がないと入れない大人気のレストラン。私が、お店に行く時もお店に確認しないと場所がわからないほどでした。お店の人が電話で、その日はすでに予約でいっぱいだと教えてくれました。仙台駅から送迎バスに乗りレストランへ。

何故、こんなにも不便な場所なのに人気があるのか不思議でしたが、お店に到着して女性に人気があるのがわかるような気がしました。店内は白を基調としていて清潔感があり、店内も明るく、座席のスペースも広く、細かいようですが女性が好きそうなお店づくりになっていました。

六丁目農園では、障害を持っている人が働いているというのはわかっていましたが、お話を聞きこれほど多くの方が働いているというのは正直驚きました。障害者の方が働く場所として、「農業」が新しい雇用として注目を集めています。私が知る限りでは、まだまだ手探り状態のところも多いようです。

農業プラス食を考えている人も多いようですが、六丁目農園のように予約がとれないほどの人気があるレストランというのは聞いたことがありませんでした。お店の宣伝もほとんど行わず、口コミだけで広がっていったようです。

ビュッフエ形式だからでしょうか。障害者の方が働いているというのはあまりわかりません。しかしレストランの裏側では、障害者の人達が一生懸命手作りにこだわった料理を作っているのです。もちろん、おいしくなければお客さんは来ません。野菜と手作り、そして味にこだわっている点が食に敏感な多くの女性に支持されているようです。

だからと言って誰でも六丁目農園のレストランが出来るかというと難しいでしょう。渡辺社長が、「健常者、障害者従業員との信頼関係がしっかり築けているからこそ、みんな一生懸命おいしいお料理を出そうと頑張る。消費者もおいしい料理には敏感です。おいしい料理だからこそ、女性のみさんの口コミで広がっていったのではないでしょうか」と教えてくれました。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:02| Comment(0) | 農・医・福連携 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012.7.14FM世田谷「農といえるニッポン!」留学生との交流・研究室活動紹介

最新の情報はツイッターをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken

2012.7.14FM世田谷「農といえるニッポン!」大学生コーナー
今週は、東京農業大学食料環境経済学科2年、東京農業大学国際バイオビジネス学科4年、ウクライナからの留学生2名による研究室活動の紹介です。

学科、学年が違う2人が知りあうきっかけは大学の寮での生活でした。ウクライナからの留学生は、日本の文化、日本語勉強したかったので日本人と一緒に生活したかったようです。日本語は他の言語と共通している単語がないので難しいようです。漢字も大変だけれど頑張っているそうです。

それぞれの研究室を紹介。ウクライナ留学生は、国際バイオビジネス学科は全世界から留学生が来ていることを知りてビックリしたようです。毎年開催される留学生たちのイベントがとても楽しいと紹介してくれました。クイズは、研究室で先輩たちが研究をすすめていた放射能に関する問題でした。詳しくは、7/14日の放送をお聞きください。

リクエスト曲 ミスターチルドレン / 口笛

FM世田谷「農といえるニッポン!」毎週土曜日18:00〜19:00/ 83.4MZ

・Andoroid機種 http://hls1.bitmedia.ne.jp/fm834and/
・iPhone&iPad http://hls1.bitmedia.ne.jp/fm834hls/
・FM世田谷ホームページからライブ配信 http://www.fmsetagaya.co.jp/
FM世田谷より5日遅れで放送
・サイマルラジオ(FM大和)http://www.simulradio.jp/ (水)19:00〜

posted by 農業情報総合研究所 at 22:14| Comment(0) | 海外農業・作物保護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農といえるニッポン!12.4月 大学生からのリクエスト曲

2012年4月にラジオに出演してくれた大学生からのリクエスト曲紹介です。曲紹介も大学生のみんながチャレンジしました♪

・2012.4.28/農業戦隊 パイオニアレンジャーからのリクエスト曲
 松任谷由実 / 春よ来い

・2012.4.21 /農業戦隊 パイオニアレンジャーからのリクエスト曲
 阿部 真央 / LOVE DARLING

・2012.4.14 /農業戦隊 GOレンジャーからのリクエスト曲
 井上陽水  / map

・2012.4.7 /農業戦隊 GOレンジャーからのリクエスト曲
 東京事変 / キラーチューン

みんな、リクエストありがとう!!
posted by 農業情報総合研究所 at 21:49| Comment(0) | 大学生の選曲・ご当地ソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

2012/7/7FM世田谷/農といえるニッポン!豆腐屋さんに豆腐について教えてもらおう!

最新の情報はツイッターをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken

2012/7/7FM世田谷/農といえるニッポン! 豆腐について教えてもらおう!
ゲストコーナー:東京世田谷区九品仏 毛利豆腐店
(有)毛利豆腐店 代表取締役 毛利 悦朗さん
http://www.yagoza.com/yagoza.com/Welcome.html

120701-2.jpgお店をはじめて80年。毛利さんで3代目になる毛利豆腐店。大井町線九品仏駅が出来てから営業しているそうです。豆腐屋さんというと、朝が早いというイメージがありますが、豆腐やさんの一日についてお伺いしてみました。朝は、3:30〜4時に起床。仕事が終わるのは19:30〜20:30分頃。やっぱり朝は早いですね。

こだわりは、もちろん美味しい豆腐と作るのが一番。豆腐は、小さい子供さんの離乳食、ご年配の方も食べるので、安全を心がけています。豆腐は、大豆の品種によって味がかなり違います。作るときも、大豆の力を引き出すすように豆を浸す時間、煮込む時間。季節の変わり目などによっては時間を変えたり経験も必要となるようです。お店では、佐賀、富山の大豆を使用。油揚げは、カナダ、北米の大豆の方がいい油揚げになるようなので使用しているそうです。
120701-4.jpgおすすめの豆腐は、にがり100%の「にがりもめん」「おぼろ豆腐」、やわらかい油揚げ。にがり100%と表示しているということは、にがり100%じゃないものもあるのでしょうか?

気になっていた凝固剤についても教えて頂きました。(一部割愛)本来、海の水からとるのがにがり。作り方によって残るミネラル分が違い、にがりを取った場所によって同じ大豆でも味がずいぶん違うようです。

せっかくなので、豆腐が出来るまで。木綿豆腐、絹ごし豆腐のちがいなども教えてただきました。みなさんは、どう違うのかご存じですか?他にも豆腐の保存方法について聞いてみました。豆腐は、風味が落ちて行くのが早いので買った日に食べるのが一番。買った日に食べられなければ、タッパーに水を張って入れて冷蔵庫で冷やしておけば翌日も美味しく食べられそうです。

120701-3.jpg毛利豆腐店では、豆乳ファンの方も多くいらっしゃるようです。
カップでも販売されていますが、前日容器をもっていけば、翌日朝7時にできているそうです。お近くの方は利用されてみてはいかがでしょうか?
九品仏駅から30秒。やわらかい油揚げ、にがり100%の「にがりもめん」「おぼろ豆腐」が自慢の商品です。

6/13 リリースされた、歌手 ジュジュさんのプロモーションビデオの撮影に協力。制作会社の方がホームページを見て連絡頂いたようです。(毛利さんご本人は手だけのご出演だそうです。)

FM世田谷「農といえるニッポン!」毎週土曜日18:00〜19:00/ 83.4MZ
・Andoroid機種 http://hls1.bitmedia.ne.jp/fm834and/
・iPhone&iPad http://hls1.bitmedia.ne.jp/fm834hls/
・サイマルラジオ(FM大和)http://www.simulradio.jp/ (水)19:00〜5日遅れで放送
・FM世田谷ホームページからライブ配信 http://www.fmsetagaya.co.jp/

大量生産で安く販売されている豆腐が世の中にあふれる中、町の豆腐屋さんは、大量生産とどのように競争しているのでしょうか?気になるところですね。毛利豆腐店では毎日、豆腐を作っているのでもちろん新鮮なことが一番。材料にもこだわっているので、大量生産とは違うおいしさを味わってほしいと話してくれました。

消費者は常に新鮮でおいしいものを求めているのにも関らず、長く保存ができるものを欲しがり選んだりしていることがよくあります。豆腐も同じなのかと思いました。もちろん、お店にもよりますが毛利豆腐店のように町の豆腐屋さんが新鮮な豆腐を消費者に届けようと頑張っているお店があることを知ることができました。

みなさんの町にも豆腐屋さんはありますか?これを機会に豆腐の値段、保存、表示、原材料、そして町の豆腐屋さんを知って頂くきっかけになれば嬉しいです。

posted by 農業情報総合研究所 at 14:22| Comment(0) | 乾物・豆・昆布 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012.7.7FM世田谷「農といえるニッポン!」集落営農の発展過程と多様な経営戦略

最新の情報はツイッターをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken

2012.7.7FM世田谷「農といえるニッポン!」大学生コーナー
今週は、前半@ブラック、後半@ピンク2名による卒業論文レポートです。

後半を担当してくれた農業戦隊エコミーレンジャー@ピンク
卒業論文レポート/テーマ:
集落営農の発展過程と多様な経営戦略に関する実証的研究〜3事例の現象差をふまえて〜
東京農業大学食料環境経済学科4年(2012年卒業)

まず@ピンクは水田農業に着目。地域社会の機能や維持、環境の保全、景観と深く関係しているため重要ではないかと考える。米の消費量が減少、兼業農家が多いので小規模経営のため営農継続が難しくなっている。

高齢農家、兼業農家が多い地域でも共同で行っていく集落営農を通じて地域内の2次的発展をはかっていくという方法がある。名称が変更になったが2007年度に品目横断的経営安定的対策によって政策対象の一環として明確に位置づけられたため、全国的にその数が著しく増加。

集落営農が今後、地域農業の実質的な担い手になるのか。定着していくのか。そのためには支援対策がどうあるべきなのかと言った課題に興味をもちテーマを選んだようです。

3年生の研究室活動で岩手県で聞きとり調査を行い集落営農についての知識を得る。このテーマで卒業論文を書こうと思っていたので、4年生の時に福岡県久留米市 大分県大分市をヒアリング調査を行う。

調査から、政策、3つの地域の経営戦略について見えたことがあったようです。この続きは、放送をぜひ聞いてみてください。

リクエスト曲 、℃-ute(キュート)/ 世界一 HAPPYな女の子

@ブラックの卒業論文は、学科の大日本農会賞を受賞しました。パチパチパチ!!!
(その他、優秀賞、食料環境経済学科賞、大日本農会賞、松田賞があります。)

FM世田谷「農といえるニッポン!」毎週土曜日18:00〜19:00/ 83.4MZ
・Andoroid機種 http://hls1.bitmedia.ne.jp/fm834and/
・iPhone&iPad http://hls1.bitmedia.ne.jp/fm834hls/
 
FM世田谷より5日遅れで放送
・サイマルラジオ(FM大和)http://www.simulradio.jp/ (水)19:00〜
・FM世田谷ホームページからライブ配信 http://www.fmsetagaya.co.jp/
posted by 農業情報総合研究所 at 10:42| Comment(0) | マーケティング・就農・経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012.7.7FM世田谷「農といえるニッポン!」マーケティング戦略に関する研究 

最新の情報はツイッターをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken

2012.7.7FM世田谷「農といえるニッポン!」大学生コーナー
今週は、前半@ブラック、後半@ピンク2名による卒業論文レポートです。

前半を担当してくれた農業戦隊エコミーレンジャー@ブラック
卒業論文レポート/テーマ:食品小売市場の成熟期における食料品
スーパーマーケットのマーケティング戦略に関する研究〜惣菜を中心にして〜
東京農業大学食料環境経済学科4年(2012年卒業)

食品スーパーに着目したのは、食品スーパーの動向は、食品卸売業者、製造業、生産者に多大な影響を与えていると考えました。中食市場も成熟を見せている。市場の発展に寄与する可能性のある戦略を解明することで食品業界全体にとって意味があるのではないかとテーマを選びました。

事例では、毎年売上を伸ばしているヤオコーさんに着目。事前に、日本惣菜協会、スーパーマーケット協会に、最近の状況、売上、利益率などヒアリングを実施。その後、ヤオコーさんに電話をかけヒアリングのお願いしたようです。

最近、小売業界は競争が激しくなっており、各企業にとっては自社の戦略を教えるのはデメリットにしかならないのでなかなか協力して頂けるは難しいところが多いようです。@ブラックも大丈夫かと思いながら連絡をしたところ、惣菜を担当している方が卒業論文の意義を理解して下さり卒業論文にならと協力をしていただき書きあげることが出来たようです。よかったね。

さて、調査からはいったいどんなことがわかったのでしょうか?
この続きは、放送をぜひ聞いてみてください。

クイズは、ヤオコーさんの惣菜部門で売上トップ10にランクインしている商品についてを出題してくれました。(これには驚いたけれど、すでに他の企業が取り入れているところが興味深いですよ。)

リクエスト曲 、℃-ute(キュート)/ 世界一 HAPPYな女の子

@ブラックの卒業論文は、学科の松田賞を受賞しました。パチパチパチ!!!
(その他、優秀賞、食料環境経済学科賞、大日本農会賞、松田賞があります。)

FM世田谷「農といえるニッポン!」毎週土曜日18:00〜19:00/ 83.4MZ
・Andoroid機種 http://hls1.bitmedia.ne.jp/fm834and/
・iPhone&iPad http://hls1.bitmedia.ne.jp/fm834hls/
 
FM世田谷より5日遅れで放送
・サイマルラジオ(FM大和)http://www.simulradio.jp/ (水)19:00〜
・FM世田谷ホームページからライブ配信 http://www.fmsetagaya.co.jp/
posted by 農業情報総合研究所 at 10:18| Comment(0) | マーケティング・就農・経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

農といえるニッポン!12.3月 大学生からのリクエスト曲

2012年3月にラジオに出演してくれた大学生からのリクエスト曲紹介です。曲紹介も大学生のみんながチャレンジしました♪

・2012.3.24/醸造戦隊 醸しレンジャーからのリクエスト曲
 HY / 366日

・2012.3.17 /農業戦隊 地水レンジャーからのリクエスト曲
 NICO Touches the Walls / バイシクル

・2012.3.10 /農業戦隊 地水レンジャーからのリクエスト曲
 aiko / ココア

・2012.3.3 /農業戦隊 イナレンジャーからのリクエスト曲
 ビリージョエル / アップ・ダウン・ガール

みんな、リクエストありがとう!!

大学生にリクエスト曲を聞くようになってどれぐらいになるでしょうか?毎回、どんな曲をリクエストしてくれるのか楽しみのひとつです。リクエスト曲を聞きながら、20代の間では、こんな曲が流行っているんだと教えてもらうこともあれば、こんな古い曲も知っているんだと驚くこともあるからです。

たまに大学生から、同じ曲が何度もリクエストが来ることがあります。どうしたことだろうと大学生に聞いてみると、農村体験などに行った際にみんなで一緒に歌った歌だという事がわかります。みんなで同じ歌を歌うと言うのは、思い出に残るものなんだと言う事に気付かされます。

他にも、結構ベテランのアーティストの曲が好きだという大学生も多いのです。20年以上の前にどうして知っているのかと聞いてみると、お父さん、お母さんがよく聞いていて自然とそのアーティストが好きになったというのです。親子で聞いた曲も思い出に残っていくんですね。羨ましい気がします。

私も、自分がよく聞いていたアーティストの曲が、若い世代にも受け継がれていることを知りなんだか嬉しくなります。FM世田谷農といえるニッポンでも、音楽で世代が交流できるよう新旧の音楽をお届けしています。
posted by 農業情報総合研究所 at 13:58| Comment(0) | 大学生の選曲・ご当地ソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする