2011年08月04日

7/2日FM世田谷農といえるニッポン放送予定

最新の情報は、ツイッターをご覧ください。http://twitter.com/nogyosogouken

7月1日
7/2 FM世田谷「農といえるニッポン!」
ゲストコーナーは、5/10日開催された日本吟醸酒協会主催「2011新酒祭りレポート2」です。お話を聞いたのは、内ケ先酒造店・浜千鳥・天鷹酒造・出羽桜酒造さんです。当日は、多くの方々が蔵元さんを心配され声をかけている人が本当に多かったです。

7月1日
7/2 FM世田谷「農といえるニッポン!」
大学生コーナーは、東京農業大学 世界学生サミットのメンバーで結成された農業戦隊グローバルレンジャーの担当です。第10回世界学生サミットでレッドは企画班、ブルーはカウンターパートを担当。第11回サミットは9月29日、30日開催予定です。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 農といえるニッポン! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勉強会/テーマ:「バイオマスの可能性と電力の小規模分散」。

農業情報総合研究所の勉強会が無事終了。テーマは、「バイオマスの可能性と電力の小規模分散」。講師は、東京農大の地域環境科学部 生産環境工学科の牧恒雄先生にお話しいただきました。勉強会に参加いただいたみなさん、講師を引き受けてくださった、牧先生本当にありがとうございました。
7月3日

農業情報総合研究所、次回勉強会テーマは「バイオマスの可能性と電力の小規模分散」です。講師は、東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科 牧 教授です。バイオマスの基礎、木質バイオマス、バイオマスの利用法について教えていただきます。http://t.co/FF52H0V
6月28日

東京農業大学総合研究所は、「エコテクノロジーを利用した環境保全技術の開発」をテーマに、有機性廃棄物の資源化・エネルギー化技術の研究を行っています。小規模な設備で誰でも簡単に使用できる、地域循環を考えたシステムです。FM世田谷「農といえるニッポン!」では2005年から取材している。
6月28日
posted by 農業情報総合研究所 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業ビジネス研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011東京農大オープンカレッジ「本みりんの魅力をさぐる」講座

Twitterはじめました。http://twitter.com/nogyosogouken
最新の情報は、ツイッターをご覧ください。

6月28日
2011東京農大オープンカレッジ「本みりんの魅力をさぐる」講座で、担当の先生から「万能てりやきたれ」をいただきました。早速、家で料理に使わせていただきました。結構使いやすいかも!醤油と本みりんは1対1ですが、昆布が決めてですね。>先生、ありがとうございました。

6月26日
東京農大オープンカレッジみりん講座を取材してから、今まで使ったことのなかった「本みりん」と出会うことできました。今まで使った本みりんをご紹介してきますね。宝酒造、キッコーマン、三州三河みりん/角谷文治郎商店・本みりん九重桜/九重味醂・相生古式本みりん/相生ユニビオ。

6月26日
東京農大オープンカレッジ「みりん」の講座では、本みりん、みりん風調味料、発酵調味料の違いがよくわかります。みりん風調味料、発酵調味料には塩が入っています。お店で、品質表示の裏側をご覧いただければと思います。

6月26日
みりんの講座に参加してから、私自身も料理に本みりんをよく使うようになりました。毎回、このレシピにみりんを使うの?という新しい発見があり取材をさせていただきながら、楽しませていただいています。今年は、みりんの保存方法、みりんを入れるタイミングなどを確認することができました。

6月26日
昨年11月、第27回みりん研究会で東京農大オープンカレッジ「みりん」の講座を取材した内容についてお話させていただく機会をいただきました。テーマは、「オープンカレッジを取材してわかったこと〜みりんの啓発活動の必要性〜」でした。

6月26日
今年で5回目の取材となる、2011東京農大オープンカレッジ講座「本みりんの力を探る」におじゃましてきました。この講座は募集がはじまると同時に満席となる人気の講座。講義で本みりんの使い方、効果を学んだあとは、実際みりんを使った調理実習の講座が今年も大好評でした。


取材:2011東京農大オープンカレッジ講座「本みりんの力を探る」

2011東京農大オープンカレッジ講座「本みりんの力を探る」に関するTwitter記事をまとめました。

今年で5回目の取材となる、2011東京農大オープンカレッジ講座「本みりんの力を探る」におじゃましてきました。この講座は募集がはじまると同時に満席となる人気の講座。講義で本みりんの使い方、効果を学んだあとは、実際みりんを使った調理実習の講座が今年も大好評でした。

ツイッターまとめ
東京農大オープンカレッジ「みりん」の講座では、本みりん、みりん風調味料、発酵調味料の違いがよくわかります。みりん風調味料、発酵調味料には塩が入っています。お店で、品質表示の裏側をご覧いただければと思います。

みりんの講座に参加してから、私自身も料理に本みりんをよく使うようになりました。毎回、このレシピにみりんを使うの?という新しい発見があり取材をさせていただきながら、楽しませていただいています。今年は、みりんの保存方法、みりんを入れるタイミングなどを確認することができました。

みりん講座を取材してから、今まで使ったことのなかった「本みりん」と出会うことできました。今まで使った本みりんをご紹介してきますね。宝酒造、キッコーマン、三州三河みりん/角谷文治郎商店・本みりん九重桜/九重味醂・相生古式本みりん/相生ユニビオさん。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 本みりん・みりんスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする