2010年06月30日

世田谷産農産物「せたがやそだち」流通促進モデル事業

6月26日放送のFM世田谷「農といえるニッポン!」インフォメーションコーナでは、世田谷区産業政策部 都市農業課 課長さんに世田谷産農産物「せたがやそだち」流通促進モデル事業についてご紹介していただきました。

世田谷産農産物「せたがやそだち」流通促進モデル事業とは
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00029542.html

区内で新鮮で安全な野菜が生産されていることを、より多くの区民の方に知ってもらい、農業振興と農地保全への理解を深めてもらうため、キャンペーンとして、世田谷産農産物である「せたがやそだち」流通促進モデル事業を開始します。三軒茶屋駅や下北沢駅周辺など、近くに農地や直売所のない4か所の商店街の青果店で、旬の夏の地場野菜を販売します。

2 期  間
平成22年7月1日(木)から7月30日(金)まで
7月6日(火)からは毎週火曜日と金曜日(全9回)

3 販売青果店
堀越青果 下の谷商店街
佐藤青果店 太子堂商店街振興組合
八百彦 ボロ市通り桜栄会商店会
田中青果店 しもきた商店街振興組合

詳しくは下記のサイトをご覧ください。
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00029542.html
posted by 農業情報総合研究所 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市農業・食・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勉強会のご案内:農業ラジオの取材から見た新規就農の可能性

NPO法人農業情報総合研究所は、下記の方々との共済で農業をテーマに勉強会を開催しています。次回、勉強会は7月31日の予定です。ご興味のあるかた、お時間があれば、ぜひご参加ください!!なお、参加は必ず事前の申し込みが必要ですので下記をご覧ください。

過去の勉強会一覧
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/153237569.html

勉強会共済パートナーの皆さん。
・社会人勉強会 戦略経営研究会
 http://www.sp-senryaku.org/
 http://sm-p.seesaa.net/
・同研究会分科会農政研究会
・同研究会分科会LLP(有限責任事業組合)戦略経営パートナーズ
・同研究会分科会士業の企画
 http://www.sp-senryaku.org/LLP/
・銀座の方々との銀座農業政策塾


■ビジネスパーソン視点の戦略・政策研究グループ「戦略経営研究会」
「農業ラジオの取材から見た新規就農の可能性」 (7/31)開催のご案内 

・テーマ:2018年日本の戦略シリーズ
 「農業ラジオの取材から見た新規就農の可能性〜消費者と生産現場をつなぐ大学生農業インターンシップ〜」

・内 容:NPO法人農業情報総合研究所では、2004年からFM世田谷にて「農といえるニッポン!」を企画・制作しています。この農業ラジオでは、東京農業大学のご協力により、大学生農業インターンシップを継続して取材しております。

このたびは、大学生農業インターンシップの取材から見えた、新規就農の可能性とその問題点、また、大学生農業インターンシップが消費者と生産現場の情報格差解消のための「架け橋」となっていることについてお話します。

・発表者:植村春香氏
    (NPO法人農業情報総合研究所 理事長)

・ゲストスピーカー
・東京農業大学短期大学部 醸造学科 教授 舘 博氏
・茨城県 株式会社 大嶋農場 代表取締役 大嶋 康司氏

・日 時:2010年7月31日(土曜日) 
(13:45から受付開始)14:00〜17:00 

・会 場:東京・竹橋 ちよだプラットフォームスクウェア 5階

・会 費 社会人3000円/学生1000円

参加申込:担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで。
                 ↑@を小文字にしてください

下記の内容を送信してください。

     7/31戦略研に参加します。
     お名前:
     所属:
     連絡先(メルアド):
     懇親会の出欠: 出席/欠席

ミーティングの後、懇親会「真夏の宴!」がございます(費用別途)。

なお、ご参加の方は、
何かしら「ネタ」(近況報告・専門情報)をお持ち下さい・・・。

参加者(予定): 外資系戦略コンサルタント、財務コンサルタント、銀行員、公認会計士、税理士、弁護士、司法書士、行政書士、会社員、FP、会社経営者、経済評論家、NPO法人理事長、地方議員、公務員、大学教員、研究員、大学院生、大学生 等・・・20人(予定)

方 式:
ミーティング開始時にアイスブレイキング。発言者のテーマ発表(問題提起)の後、質疑応答、さらに参加者全員による議論方式(問題解決)

注 意!:当日、会場における写真・ビデオ撮影、録音等については、
禁止させていただきます。初参加の方は、戦略経営研究会HPを、まずはご覧になってからお申込みください。
http://www.sp-senryaku.org/
posted by 農業情報総合研究所 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業ビジネス研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「エミュー」展/東京農業大学「食と農」の博物館

100627-9.jpg6月18日から、東京農業大学「食と農」の博物館ではじまった「エミュー」展を見てきました。

今回の展示では、東京農業大学オホーツクキャンパス、網走市役所、民間企業が連携した新たな地域資源のエミューを利用した地域活性化の取り組みが紹介されています。

展示の中で目をひいたのはエミュー等身大の模型です。だちょうぐらいの大きさはあるでしょうか?思っていた以上に大きいです。「エミュー」はオーストラリア原産の鳥だそうです。

等身大模型の後ろにポスターのようなものが見えますか?これは、子どもたちが書いてくれたエミューの絵を展示。みんな、とっても上手に書いてありました。

100627-5.jpg写真は、エミューの卵です。
きれいな緑色ですが、ちょっとびっくりするような色です。大きさも普通の卵と比べると10倍ぐらいの大きさだとか?でも、どうして緑色の卵になったんでしょうか?不思議。

卵の横に一緒に写っているのは、東京農大では有名な「エミューのどら焼き」。私は、2回ほど食べたことがありますがおいしいですよ。

エミューは高たんぱく低カロリーの食肉、脂肪酸のバランスが人間の皮脂に近似した化粧品素材としての脂肪、装飾品としての羽毛などその利活用は大変多岐にわたりたくさんの商品が開発されています。この商品も展示されていました。

100627-4.jpg他にも、エミューの骨格標本が展示してありました。骨が大きい!

6月まで(今日までですね。)は、博物館入口には4月に生まれたエミュー3兄弟もいました。展示コーナーで愛称を募集していましたが、どんな愛称に決まるのかな?

展示期間中は、イベント、講演などが開催される予定です。詳しくは、東京農業大学「食と農」の博物館のサイトをご覧ください。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/

エミュー展
・期間 2010年6月18日(金)〜9月12日(日)
・場所 東京農業大学「食と農」の博物館

FM世田谷「農といえるニッポン!」では、この展示に関して、東京農業大学教授、鞄結梍_大バイオインダストリー社長の渡部 俊弘さんにお話を聞かせて頂く予定です。お楽しみに!
posted by 農業情報総合研究所 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 農大博物館展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする