2010年06月30日

世田谷産農産物「せたがやそだち」流通促進モデル事業

6月26日放送のFM世田谷「農といえるニッポン!」インフォメーションコーナでは、世田谷区産業政策部 都市農業課 課長さんに世田谷産農産物「せたがやそだち」流通促進モデル事業についてご紹介していただきました。

世田谷産農産物「せたがやそだち」流通促進モデル事業とは
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00029542.html

区内で新鮮で安全な野菜が生産されていることを、より多くの区民の方に知ってもらい、農業振興と農地保全への理解を深めてもらうため、キャンペーンとして、世田谷産農産物である「せたがやそだち」流通促進モデル事業を開始します。三軒茶屋駅や下北沢駅周辺など、近くに農地や直売所のない4か所の商店街の青果店で、旬の夏の地場野菜を販売します。

2 期  間
平成22年7月1日(木)から7月30日(金)まで
7月6日(火)からは毎週火曜日と金曜日(全9回)

3 販売青果店
堀越青果 下の谷商店街
佐藤青果店 太子堂商店街振興組合
八百彦 ボロ市通り桜栄会商店会
田中青果店 しもきた商店街振興組合

詳しくは下記のサイトをご覧ください。
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00029542.html
posted by 農業情報総合研究所 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 世田谷・野菜WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勉強会のご案内:農業ラジオの取材から見た新規就農の可能性

NPO法人農業情報総合研究所は、下記の方々との共済で農業をテーマに勉強会を開催しています。次回、勉強会は7月31日の予定です。ご興味のあるかた、お時間があれば、ぜひご参加ください!!なお、参加は必ず事前の申し込みが必要ですので下記をご覧ください。

過去の勉強会一覧
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/153237569.html

勉強会共済パートナーの皆さん。
・社会人勉強会 戦略経営研究会
 http://www.sp-senryaku.org/
 http://sm-p.seesaa.net/
・同研究会分科会農政研究会
・同研究会分科会LLP(有限責任事業組合)戦略経営パートナーズ
・同研究会分科会士業の企画
 http://www.sp-senryaku.org/LLP/
・銀座の方々との銀座農業政策塾


■ビジネスパーソン視点の戦略・政策研究グループ「戦略経営研究会」
「農業ラジオの取材から見た新規就農の可能性」 (7/31)開催のご案内 

・テーマ:2018年日本の戦略シリーズ
 「農業ラジオの取材から見た新規就農の可能性〜消費者と生産現場をつなぐ大学生農業インターンシップ〜」

・内 容:NPO法人農業情報総合研究所では、2004年からFM世田谷にて「農といえるニッポン!」を企画・制作しています。この農業ラジオでは、東京農業大学のご協力により、大学生農業インターンシップを継続して取材しております。

このたびは、大学生農業インターンシップの取材から見えた、新規就農の可能性とその問題点、また、大学生農業インターンシップが消費者と生産現場の情報格差解消のための「架け橋」となっていることについてお話します。

・発表者:植村春香氏
    (NPO法人農業情報総合研究所 理事長)

・ゲストスピーカー
・東京農業大学短期大学部 醸造学科 教授 舘 博氏
・茨城県 株式会社 大嶋農場 代表取締役 大嶋 康司氏

・日 時:2010年7月31日(土曜日) 
(13:45から受付開始)14:00〜17:00 

・会 場:東京・竹橋 ちよだプラットフォームスクウェア 5階

・会 費 社会人3000円/学生1000円

参加申込:担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで。
                 ↑@を小文字にしてください

下記の内容を送信してください。

     7/31戦略研に参加します。
     お名前:
     所属:
     連絡先(メルアド):
     懇親会の出欠: 出席/欠席

ミーティングの後、懇親会「真夏の宴!」がございます(費用別途)。

なお、ご参加の方は、
何かしら「ネタ」(近況報告・専門情報)をお持ち下さい・・・。

参加者(予定): 外資系戦略コンサルタント、財務コンサルタント、銀行員、公認会計士、税理士、弁護士、司法書士、行政書士、会社員、FP、会社経営者、経済評論家、NPO法人理事長、地方議員、公務員、大学教員、研究員、大学院生、大学生 等・・・20人(予定)

方 式:
ミーティング開始時にアイスブレイキング。発言者のテーマ発表(問題提起)の後、質疑応答、さらに参加者全員による議論方式(問題解決)

注 意!:当日、会場における写真・ビデオ撮影、録音等については、
禁止させていただきます。初参加の方は、戦略経営研究会HPを、まずはご覧になってからお申込みください。
http://www.sp-senryaku.org/
posted by 農業情報総合研究所 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業ビジネス研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「エミュー」展/東京農業大学「食と農」の博物館

100627-9.jpg6月18日から、東京農業大学「食と農」の博物館ではじまった「エミュー」展を見てきました。

今回の展示では、東京農業大学オホーツクキャンパス、網走市役所、民間企業が連携した新たな地域資源のエミューを利用した地域活性化の取り組みが紹介されています。

展示の中で目をひいたのはエミュー等身大の模型です。だちょうぐらいの大きさはあるでしょうか?思っていた以上に大きいです。「エミュー」はオーストラリア原産の鳥だそうです。

等身大模型の後ろにポスターのようなものが見えますか?これは、子どもたちが書いてくれたエミューの絵を展示。みんな、とっても上手に書いてありました。

100627-5.jpg写真は、エミューの卵です。
きれいな緑色ですが、ちょっとびっくりするような色です。大きさも普通の卵と比べると10倍ぐらいの大きさだとか?でも、どうして緑色の卵になったんでしょうか?不思議。

卵の横に一緒に写っているのは、東京農大では有名な「エミューのどら焼き」。私は、2回ほど食べたことがありますがおいしいですよ。

エミューは高たんぱく低カロリーの食肉、脂肪酸のバランスが人間の皮脂に近似した化粧品素材としての脂肪、装飾品としての羽毛などその利活用は大変多岐にわたりたくさんの商品が開発されています。この商品も展示されていました。

100627-4.jpg他にも、エミューの骨格標本が展示してありました。骨が大きい!

6月まで(今日までですね。)は、博物館入口には4月に生まれたエミュー3兄弟もいました。展示コーナーで愛称を募集していましたが、どんな愛称に決まるのかな?

展示期間中は、イベント、講演などが開催される予定です。詳しくは、東京農業大学「食と農」の博物館のサイトをご覧ください。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/

エミュー展
・期間 2010年6月18日(金)〜9月12日(日)
・場所 東京農業大学「食と農」の博物館

FM世田谷「農といえるニッポン!」では、この展示に関して、東京農業大学教授、鞄結梍_大バイオインダストリー社長の渡部 俊弘さんにお話を聞かせて頂く予定です。お楽しみに!
posted by 農業情報総合研究所 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 世田谷・野菜WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

キッコーマンの醤油を海外に広めるための挑戦!

FM世田谷「農といえるニッポン!」では、食育に取り組んでいる企業として、キッコーマン株式会社の以下の取り組みをご紹介しました。

・2005年8月、9月:キッコーマン株式会社の「食育宣言」
・2006年9月:食育宣言から1年後
・2006年9月:キッコーマン野田工場内 「おしょうゆづくり体験」レポート

さて、今回は「キッコーマンの醤油を海外に広めるための挑戦!」を、2週にわたってお届けする予定です。
http://www.agranger.jp/radioguest1.html

キッコーマンの海外での本格的な事業展開から半世紀余りが過ぎたいま、しょうゆは世界100カ国以上で親しまれ、おいしい“Soy Sauce”は「KIKKOMAN」と広く知られるようになっています。

いち早く海外に醤油を輸出しようと思ったのはどうしてだったのでしょうか?現地では、どのように醤油のPR展開を行ったのでしょうか?この続きは、7月3日(土)、7月10日(土)放送のFM世田谷「農といえるニッポン!」ぜひ聞いてみてください。

インタビューのあとは、「キッコーマン社歌」お披露目会で披露された、キッコーマングループ社歌「おいしい記憶」キッコーマンのうた、「おいしいってなあに」が流れる予定です。

ただいま、キッコーマンのホームぺージでは、なあにちゃんが踊るアニメが公開されている他、キッコーマンのうた「おいしいってなあに」で歌っておどろうコンテスト(小学生以下対象)の募集。また、「おいしい記憶」絵日記コンテスト募集、「おいしい記憶」手紙コンテスト募集が行われています。詳しくは下記のサイトをご覧ください。
http://www.kikkoman.co.jp/enjoys/naani/index.html?kh=top0607

下記の記事もあわせてご覧ください。

2010年06月13日:「キッコーマン社歌」お披露目会に参加しました。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/153092619.html
2010年01月28日:「食」と「農」をつなぐ、日本を元気にするシンポジウム
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/139631375.html
2006年07月28日:キッコーマンしょうゆづくり体験
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/21570176.html
2006年06月24日:キッコーマン食育セミナー
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/19796516.html
posted by 農業情報総合研究所 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(3)2010年東京農大短期大学部 環境緑地学科インターンシップレポート

FM世田谷「農といえるニッポン!」大学生の出演コーナーでは、東京農業大学 短期大学部全学科の先生のご協力のもと、2007年度から大学生のインターンシップレポートをとりあげています。

7月3日放送予定、環境緑地学科 学生のラジオチャレンジ感想文をご紹介します。

■東京農業大学短期大学部 環境緑地学科2年生

 今回のラジオの収録は、私にとって初めての貴重な体験でした。ラジオの出演について声をかけていただいた時は、正直戸惑っていましたが、家の人に相談してみると、「誰でも出られるわけでもないし、今後の就職活動にも活かせるし、いいチャンスだよ。」と言われ、次第にラジオに出演できることが嬉しく思いました。 
 
 しかし、与えられていた質問の答えがうまくまとめられず、結局、ぶっつけ本番状態で当日を迎えてしまいました。そのため緊張し、自分の思っていたことや、インターンシップでの体験などうまく話すことができませんでした。

 植村さんにフォローしていただき、なんとか収録は終わりましたが…
どのように編集されているか、リスナーにどのように伝わっているか、気になるところです。 

 収録では植村さんの話し方や進行の仕方などに感心させられました。
収録や大勢の人の前でも緊張せず、相手の話している内容を的確にとらえ、自分の意見や考えを分かりやすく伝える。今、私に足りないもので、就職活動にも繋がることだと思いました。

 インターンシップ先でも自分の考えをうまく伝えられなかったことを思い出しました。 今回のラジオの収録を通して、インターンシップでの体験を振り返るとともに、今後の自分の新たな課題が見つかったように思います。

 人前で上手に話すには、事前に考えをまとめ、このような体験を通してトレーニングが必要であること。これを機に今まであまり耳にしていなかったラジオを活用したいと思います。また違った分野でもラジオ出演ができたらいいなと思います。

FM世田谷 農といえるニッポン!7月3日放送予定

インターンシップ先:デザイン研究所

東京農業大学短期大学部 環境緑地学科 インターンシップチームからのリクエスト曲 

舞太鼓あすか組CDアルバム「大瀑布」より/ 打てや囃さん
 
大学生コーナー/出演者一覧
http://www.agranger.jp/radiokatsudo1.html

★2007年度、2008、2009年度度のラジオチャレンジ感想文は続きをご覧ください。
続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

7/10(土)農山村再生フォーラム開催

東京農業大学の先生方から、下記のご案内をいただきましたのでご紹介させていただきます。

農山村再生フォーラム開催

【開催日】2010年7月10日(土)
【時 間】12:30〜17:00(12:00開場)
【会 場】東京農業大学百周年記念講堂
【入場料】無料

●基調講演
地域活性化の理念と戦略―地域再生行動体ネットワークの構築に向けて
北川正恭(早稲田大学教授、前三重県知事)

●プレゼンテーション
北海道網走市、岩手県久慈市、宮城県角田市、神奈川県厚木市、山梨県小菅村、長野県白馬村、長野県木曽町、新潟県上越市、新潟県妙高市、愛媛県西条市、鹿児島県瀬戸内町、沖縄県宮古島市

●事例紹介:トップランナー市町村の取組
長野県長和町長、静岡県富士宮市長、新潟県佐渡市長

※当日の受付をスムーズにするために事前申込みにご協力下さい。
詳しくは下記のサイトをご覧ください。
http://www.nodai.ac.jp/news/category-detail.php?new_id=1116
posted by 農業情報総合研究所 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方創生/連携事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

FM世田谷「農といえるニッポン!」10.6月大学生からのリクエスト曲

2010年6月にラジオに出演してくれた大学生からのリクエスト曲紹介です。曲紹介も大学生のみんながチャレンジしました♪

・2010.6.26 東京農業大学 短期大学部 環境緑地学科
 農業戦隊インターンシップレポートチームからのリクエスト曲
 バンプ・オブ・チキン / super nova

・2010.6.19/東京農業大学 短期大学部 環境緑地学科
 農業戦隊インターンシップレポートチームからのリクエスト曲
 ケツメイシ / 仲間

・2010.6.12/東京農業大学 短期大学部 環境緑地学科
 農業戦隊インターンシップレポートチームからのリクエスト曲
 AKB48 / 君のことが好きだから

・2010.6.5/東京農業大学 
 農業戦隊グローバルレンジャーからのリクエスト曲
 BEATLES / LET IT BE
 (PAST MASTERSアルバムより)
 
みんな、リクエストありがとう!!

ビートルズのリクエスト曲をもらったので、PAST MASTERSアルバムを聞いてみました。聞いてびっくり!今までのアルバムより、こちらの音は丸みがあり心地よく聞けるなと思いました。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生の選曲・ご当地ソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

(2)2010年東京農大短期大学部 環境緑地学科インターンシップレポート

FM世田谷「農といえるニッポン!」大学生の出演コーナーでは、東京農業大学 短期大学部全学科の先生のご協力のもと、2007年度から大学生のインターンシップレポートをとりあげています。

6月26日放送予定、環境緑地学科 学生のラジオチャレンジ感想文をご紹介します。

■東京農業大学短期大学部 環境緑地学科2年生

 初めてのラジオ収録でした!とても貴重な体験をさせていただきありがとうございました!!

 緑化企業実習についてのお話でしたが、緊張してしまって言葉足らずな箇所もたくさんあると思います。すみませんでした。ちゃんと皆様にお伝えできているか少し不安で...。

 ですが放送が楽しみでもあります。微力ながら、ラジオを聴いている皆様がこの放送を聴いて、少しでも、あるいはもっと守るべき緑に興味を持ってくだされば嬉しいです。

■東京農業大学短期大学部 環境緑地学科2年生

 ラジオは録音だから間違っても大丈夫という気持ちで収録しに行ったのですが、実際は緊張していて同じことを何度も繰り返し言っていて、ちゃんと説明が出来てなかったと思います。

 けれど、植村さんが会話をするように質問してくださって、とても話しやすかったです。ちゃんとした文章になってなかったな、と反省することばかりですが、とても楽しかったです。

ラジオ収録もとても貴重な体験となりました。このような場に出させていただき、本当にありがとうございました。自分の体験から、より多くの人が環境や植物のことに興味を持っていただければ幸いです。


FM世田谷 農といえるニッポン!6月26日放送予定

インターンシップ先:小杉造園
インターンシップ先:竃島寿々喜園

東京農業大学短期大学部 環境緑地学科 インターンシップチームからのリクエスト曲 

バンプ・オブ・チキン / super nova
 
大学生コーナー/出演者一覧
http://www.agranger.jp/radiokatsudo1.html

★2007年度、2008、2009年度度のラジオチャレンジ感想文は続きをご覧ください。

続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

農業ソーシャルファームへの挑戦!/介護事業に加え農業事業にもチャレンジ!

6月19日、26日放送、FM世田谷「農といえるニッポン!」では、
特定非営利活動法人 ぬくもり福祉会 たんぽぽ 会長 桑山 和子さんにお話を聞かせていただきます。
http://www.agranger.jp/radioguest1.html

埼玉県 飯能市にある、特定非営利活動法人 ぬくもり福祉会 たんぽぽさんは、地域の家事、介護、有償運送、配食サービス、訪問看護ステーションなど幅広く事業を展開されているNPO法人です。

埼玉県 福祉政策課との協働事業で「厚生労働省 平成21年度社会福祉事業 にエントリーし採択され、「ソーシャルファーム 福祉と農業のコラボレーション事業」が平成21年度7月からスタートしました。

まず、ソーシャルファームとな何か?地域での介護を中心とした事業に加え、なぜ農業分野を新しい事業を考えたのか?介護と農業の接点は何か?農地の確保、作業する人材、栽培技術、売り先の確保など、その取り組みについて、お話を聞かせていただきます。

2010年6月19日(予定)
2010年6月26日(予定)

・1回目:介護事業に加え農業事業にもチャレンジ
     平成21年度社会福祉推進事業ソーシャルファームの実践
・2回目:農業ソーシャルファームの実践内容について

下記の記事もあわせてご覧ください。

2010年03月18日:シンポジウム:ソーシャルファームへの挑戦に参加してきました。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/143967523.html
posted by 農業情報総合研究所 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 農・医・福連携 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

農業戦隊の活動紹介/グローバルレンジャー

東京農業大学 国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科 藤本教授、東京農業大学 国際協力センターのご協力をいただき、東京農大世界学生サミットのスタッフメンバーで農業戦隊グローバルレンジャーが結成されました。

5月29日、6月5日に放送された、FM世田谷「農といえるニッポン!」では、農業戦隊グローバルレンジャーが第9回世界学生サミット、今年開催される第10回世界学生サミットについてレポートをお届けしました。

第8回目の世界学生サミットが終わったあたりだったでしょうか?学生たちがサミットで提言しているだけではなく、自分たちの国で何かできる活動をしようということになったのだと教えてくれました。これは、東京農大姉妹提携校の学生たちもです。

第9回目のサミットがはじまる前に、スタジオに遊びに来てくれたメンバーに、その後どんな活動をしているの?と聞いてみると、サミットに参加した学生同士がフェイスブックに登録して意見交換をしているのだと、サイトを見せてくれました。かなり活発な書き込みなどがあるようです。よく見ると、すべて書き込みは英語でした。

ISS10-1.jpgまた、写真のようなフリーペーパー作りにもチャレンジしていました。「Action Plan」新規就農を希望する若者へ情報発信します。農家さんの生の声をリサーチ。就農した卒業生たちにインタビューしまとめたものです。これはその後、継続されてるのかは不明ですが続いていたらすごいですねー。また、みんなに聞いてみることにしよう。

他にも、今年の世界学生サミットリーダーは他大学の学生が参加する学生団体にも所属して外部での活動に頑張っているようです。先日、山形県遊佐町での地域活性化事業の活動が日本農業新聞で紹介されていました。

第10回目の世界学生サミットでは、各国の学生がどんな発表をしてくれるのか楽しみです。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(1)2010年東京農大短期大学部 環境緑地学科インターンシップレポート

FM世田谷「農といえるニッポン!」大学生の出演コーナーでは、東京農業大学 短期大学部全学科の先生のご協力のもと、2007年度から大学生のインターンシップレポートをとりあげています。

6月12日放送された、環境緑地学科の学生のラジオチャレンジ感想文をご紹介します。

■東京農業大学短期大学部 環境緑地学科2年生

今回私は初めてラジオ収録というものを体験しましたが、すべてが新しく新鮮な体験ができとてもよかったと思います。特にインタビューの中で学ぶことが多くありました。

 それは会話の広げ方です。普段は何げなく話している会話ではあまり広い範囲まで話題が波及することがありませんでした。しかし今回インタビューということで他人に自分のことを伝えることが目的でした。

 私に果たしてうまく伝えることができるのかと不安でしたが植村さんが広く浅く話をふってくれたので私はとても話しやすく終えることができました。

 他人に話を広めるためには話を浅く広く話すことが重要だということを学びました。その中でも表情や相づちといったことも大切なのではないかなと思いました。今回学んだことを生活の中で生かしていけたらいいなと思いました。

■東京農業大学短期大学部 環境緑地学科2年生

今回、緑化企業実習についてラジオを通して話させていただいて思ったことは主に二つあります。ひとつは自分が体験してきたことを口で伝えるというのは思っていたよりも難しく、うまく表現できなかったこと。そして表現する面白さです。社会に出るまでに少しでも自分の表現能力を高めていきたいと強く感じました。

人生でもう二度とないかもしれない体験ができました。そして自分の声に驚きました。本当に貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

FM世田谷 農といえるニッポン!6月12日放送

インターンシップ先:釜a泉園  1名 
インターンシップ先:造園設計事務所 1名 

東京農業大学短期大学部 環境緑地学科 インターンシップチームからのリクエスト曲 

AKB48 / 君のことが好きだから
 
大学生コーナー/出演者一覧
http://www.agranger.jp/radiokatsudo1.html


★2007年度、2008、2009年度度のラジオチャレンジ感想文は続きをご覧ください。

続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

明治大学農学部 池田先生のTV出演

FM世田谷「農といえるニッポン!」大学生コーナーでは、複数の農業戦隊レンジャーチームが出演しています。これは、各大学の先生方のご協力により結成されました。

農業戦隊SSレンジャーは、明治大学 農学部 農学科 生産システム学研究室 池田 敬准教授のご協力のもと結成されました。

池田先生から、TV出演のご案内をいただきましたのでご紹介致します。

日時:2010年7月12日(月) 18:55〜19:25
チャンネル:NHK教育テレビ「テストの花道」

池田先生と研究室の学生がインタビューを受けたそうです。


2010年05月10日:明治大学農学部 池田先生のTV出演
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/149475691.html

------------------------------------------------------------
農業戦隊SSレンジャーレポートもあわせてご覧ください。

2009年12月22日:農業業戦隊SSレンジャーレポート4
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/136235924.html
2009年12月20日:農業戦隊SSレンジャーレポート3
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/136148818.html
2009年02月06日:農業戦隊SSレンジャーレポート2
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/113753440.html
2009年01月31日:農業戦隊SSレンジャーレポート1
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/113426795.html
posted by 農業情報総合研究所 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

勉強会開催一覧/NPO法人農業情報総合研究所

NPO法人農業情報総合研究所は、下記の方々との共済で農業をテーマに勉強会を開催してまいりました。今までの勉強会を一覧にしてみました。議事録もありますので、ぜひご覧になってみてください。

勉強会共済パートナーの皆さん。
・社会人勉強会 戦略経営研究会
 http://www.sp-senryaku.org/
 http://sm-p.seesaa.net/
・同研究会分科会農政研究会
・同研究会分科会LLP(有限責任事業組合)戦略経営パートナーズ
・同研究会分科会士業の企画
 http://www.sp-senryaku.org/LLP/
・銀座の方々との銀座農業政策塾

<6/24開催予定 参加申し込みは下記のサイトをご覧ください。>http://kansyokunouken.seesaa.net/article/152186615.html
12回目:10年6月24日/戦略農政研究会
テーマ:「EU農政の概観と、直接支払い制度」
発表者:平澤明彦氏(農林中金総合研究所 主任研究員)



11回目:10年6月/銀座農業政策塾共済
テーマ 「日本型農業環境政策の方向性と直接支払い」 
発表者 蔦谷栄一氏(農林中金総合研究所 特別理事)

10回目:10年5月/士業企画共催
テーマ:「農商工連携のビジネス論 〜中小企業をパートナーとする地域イノベーション〜」
発表者:室屋有宏氏(農林中金総合研究所 主任研究員)

9回目:10年3月/銀座農業政策塾共済  
テーマ:「日本農業のグランドデザイン〜田園都市国家日本の構想〜」
発表者:蔦谷栄一さん(農林中金総合研究所 特別理事)
http://www.sp-senryaku.org/ginzanosei001.pdf
http://m-motegi.at.webry.info/201004/article_3.html

8回目:10年3月/戦略農政研究会共済 
テーマ:「アメリカの農業・農業政策−アメリカ2008年農業法を中心として−」
発表者:立岩寿一氏(東京農業大学国際食料情報学部 食料環境経済学科教授)

7回目:10年2月/士業企画共催
テーマ:「改正農地法とガイドライン」 
発表者:茂木正光氏/行政書士・司法書士 事務所所長
http://www.sp-senryaku.org/action03.html
http://m-motegi.at.webry.info/201003/article_4.html

6回目:09年11月/戦略農政研究会共済
テーマ:「民主党政権における農業政策 〜戸別所得補償制度とは〜」
発表者:筒井信隆氏(衆議院議員)
コーディネーター:梅谷守氏(新潟県議会議員)
http://www.sp-senryaku.org/nosei002.pdf

5回目:09年11月/士業企画共催 
テーマ:「環境保全型農業の推進について」
発表者:別所智博氏/農林水産省生産局 農業環境対策課 課長
http://www.sp-senryaku.org/sigyokikaku001.pdf

4回目:09年 9月/戦略経営研究会 特別ミーティング共催
テーマ:「あらためて、自民党と民主党の農政マニフェストを検証する」
発表者:茂木正光/行政書士・司法書士 事務所所長
NPO 法人農業情報総合研究所研究員
http://www.sp-senryaku.org/nosei001.pdf

3回目:09年7月/戦略経営研究会69thミーティング共催
テーマ:「食のグローバル化を考える〜食の安全性と食料自給率〜」
発表者:應和邦昭氏(東京農業大学国際食料情報学部教授)
http://www.sp-senryaku.org/069.pdf

2回目:09年5月/士業企画共催
テーマ:「農業ビジネスと農地法改正」
発表者:仙台光仁氏(農林水産省)
http://sm-p.seesaa.net/article/123124033.html

1回目:09年2月/士業企画共催
テーマ:「農業ビジネスと知的財産権」
発表者 廣瀬隆行氏(弁理士)
http://sm-p.seesaa.net/article/115329842.html

posted by 農業情報総合研究所 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業ビジネス研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルシェ栃木/栃木県農政部からのご案内

FM世田谷「農といえるニッポン!」では、栃木県農政部の方々にご出演していただき、栃木の観光、特産品、新規就農などのお話を聞かせていただきました。

・2009年 8月15日放送:とちぎ食の回廊
・2007年12月 1日放送:とちぎで農業はじめてみませんか
・2007年 1月 6日放送:とちぎの観光、特産品の紹介

ご出演いただいた栃木県農政部の方から、2010年7月からはじまるマルシェ栃木のご案内をいただきましたのでご紹介致します。

1.マルシェ栃木の開催場所:丸井吉祥寺店前
2.開催期間:7月17日(土)〜7月18日(日)11時〜17時
3.主な出店品目 栃木県産の新鮮な野菜、米、畜産物、加工品他
4.今後のスケジュール

・第3回 10月中旬頃 丸井錦糸町店前
・第4回 12月中旬頃 丸井錦糸町店前
・第5回 平成23年1月中旬頃 丸井吉祥寺店前
・第6回 平成23年2月中旬頃 丸井錦糸町店前 

詳しくは下記のサイトをご覧ください。
http://www.pref.tochigi.lg.jp/work/nougyou/seisan-ryuutsuu/1271817543546.html

下記の記事もあわせてご覧ください。

2010年03月19日:栃木県からのお便り(いちご&食の回廊)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/144101786.html

2009年08月20日:栃木県 とちぎアグリネットに掲載されました!
(FM世田谷 農といえるニッポン!)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/126096421.html

2008年03月28日:栃木県のお便り「とちおとめ&にっこり梨」
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/91389536.html

2008年01月16日:とちぎで農業はじめてみませんか?キャンペーン
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/78758603.html
posted by 農業情報総合研究所 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お店・食のイベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

「キッコーマン社歌」お披露目会に参加してきました。

FM世田谷「農といえるニッポン!」では、食育に取り組んでいる企業としてキッコーマン株式会社の取り組みを何度かとりあげさせていただきました。

・2005年8月、9月:キッコーマン株式会社の「食育宣言」
・2006年9月:食育宣言から1年後
・2006年9月:キッコーマン野田工場内 「おしょうゆづくり体験」レポート


kikoman-2.jpg当時、取材でお世話になった担当者さんから、「キッコーマン社歌」お披露目会のご案内をいただいたので参加してきました。

会場入り口には、こんなに大きなキッコーマンのおしょうゆがお迎えです。思わず、写真を撮ってしましました。

会場には入りきらないぐらないプレスの方々でいっぱいです。す、すごい!ちょっと腰が引けつつも、会場の中に入らせていただきました。

披露されたのは下記の2曲です。
・キッコーマンのうた:おいしいってなあに
・キッコーマングループ社歌:おいしい記憶

キッコーマン社歌を聞いていると、コツコツと継続された食育活動がそのまま歌になったのだなーと、フト担当者の方の顔が浮かび会場の中を探していました。

kikoman-1.jpg写真は、キッコーマン新キャラクター「なあにちゃん」、パパイヤ鈴木さんと子どもたちです。

なあにちゃんは、みんなの食卓に、おいしい笑顔を広げるために生まれてきたそうです。このあと、パパイヤ鈴木さんが振付を担当されたという、「おいしいってなあに」のダンスが披露されました。

キッコーマンのホームぺージでは、なあにちゃんが踊るアニメが公開されている他、キッコーマンのうた「おいしいってなあに」で歌っておどろうコンテスト(小学生以下対象)の募集。また、「おいしい記憶」絵日記コンテスト募集、「おいしい記憶」手紙コンテスト募集が行われています。詳しくは下記のサイトをご覧ください。
http://www.kikkoman.co.jp/enjoys/naani/index.html?kh=top0607

下記の記事もあわせてご覧ください。
2010年01月28日:「食」と「農」をつなぐ、日本を元気にするシンポジウム
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/139631375.html

2006年07月28日:キッコーマンしょうゆづくり体験
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/21570176.html

2006年06月24日:キッコーマン食育セミナー
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/19796516.html
posted by 農業情報総合研究所 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

TV出演情報/東京農業大学 醸造科学科 教授 小泉幸道先生

6月5日、12日放送、FM世田谷「農といえるニッポン!」のゲストは、東京農業大学 教授 応用生物科学部 醸造科学科発酵食品化学研究所 東京農業大学「食と農の博物館」館長 小泉 幸道さんです。

小泉先生から、TV出演のご案内が届きましたのでご紹介させていただきます。

・テレビ朝日 タモリ倶楽部
 日時:6月18日(金) 24:20〜24:50
 「酒のつまみに何の酢が合うか」

・日本テレビ 世界一受けたい授業
 日時:6月19日(土) 19:56〜20:54
 「夏の健康トラブルにお酢の酢−パーパワー」

詳しくは、東京農業大学のホームページをご覧ください。
http://www.nodai.ac.jp/

下記の記事もあわせてご覧ください。

2010年06月05日:FM世田谷 農といえるニッポン!
東京農大 小泉幸道先生出演:酢の魅力と健康機能について
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/152244924.html

2010年05月11日
テレビ東京「ものスタMOVE」で食と農の博物館が紹介されました。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/149557078.html

2010年04月20日
酢のミラクルパワー/東京農業大学 醸造科学科 教授 小泉幸道先生
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/147187001.html
posted by 農業情報総合研究所 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・味噌・酢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年度 東京農大での特別講義レポート(4)

東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科 北田先生から、お声がけをいただき、2009年度「都市農村経済コース特別講義」を担当しました。受講してくれたのは、東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年生です。

3回目の担当となった今回の講義では、グループにわかれて話し合い、発表してもらうといった時間をとってみました。みんなどんなふうに感じてくれたのかな?

この講義レポートを北田先生からいただきましたのでご紹介させていただきます。レポートは、私の方で一部編集をさせていただきブログにアップしています。文章のつなぎがおかしいところがあるかも知れませんがご了承ください。なお、このブログへアップするにあたっては、東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科の先生方の許可をいただいています。


8.東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年

 講義の中で興味を持ったことが2つある。1つは食育を通じた農家(生産者)と小学校のつながりだ。2つ目は、農大生による小学校での取り組みである。(一部割愛)

 講義の後半には食料環境経済学科だからこそできる情報発信を考えてみようということで、少人数にわかれて討論を行った。結局話し合いを行って出したのは私の班の答えは可もなく不可もなくといったところだったが、こういった授業形式は初めてで、とても充実した講義を体験できた。

 私は今回の講義があるまでエフエム世田谷の存在自体知らず、農大生がラジオ放送に携わっていることすら知らなかった。今回、この話を聞いて自分もぜひ参加したいと思った。

7.東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年

 農業に注目する点では一般の消費者はほとんど農業に関する本を読まないと思うし、このように(講義で紹介した事例)身近な農業は意外と知らないものである。

 その中で、ラジオやWEBをいった伝達方法はわかりやすいために伝達しやすいものである。また、いろいろな地域の農業も取材を行っているので、他の地域の活動を知る上で生産者にもかなり有効な媒体である。

消費者生産者がどのような問題がネックであるか相互理解ができる。このような農業情報の格差解消をしていくことは、地域活性化にも繋がると思う。NPO法人農業情報総合研究所のような団体は必要であり、私も食料環境経済学科の一人として積極的に情報提供をして行きたい。


過去のレポートは理事長 大学での講演カテゴリーをご覧ください。
http://kansyokunouken.seesaa.net/category/5999288-1.html
posted by 農業情報総合研究所 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 理事長:大学での特別講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

第57回世田谷区夏季農産物品評会

世田谷区から、第57回世田谷区夏季農産物品評会のご案内をいただきましたのでご紹介致します。(2010年6月開催)

世田谷区内の農家が、丹精込めて育てた農産物の品評会です。優秀な作品は、東京都知事賞や世田谷区長賞等に選ばれます。区内農家による採れたての農産物の即売も行われます。

会場
■JRA馬事公苑前けやき広場(世田谷区上用賀2−3)
■JA東京中央本店(世田谷区粕谷3−1−1)
■喜多見駅前南口広場(世田谷区喜多見8−21)
■JA世田谷目黒本店(桜新町2−8−1)

主催
・世田谷区 世田谷区内農協協議会

開催日時は、会場によって異なります。詳しくは、下記のサイトをご覧ください。
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/040/d00007025.html
posted by 農業情報総合研究所 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 世田谷・野菜WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

東京農業大学のホームページに掲載されました。

東京農業大学のホームページで、小泉幸道先生のラジオ出演を紹介していただきました。下記の記事もあわせてご覧ください。

東京農業大学
http://www.nodai.ac.jp/

6月5日、12日放送予定のFM世田谷「農といえるニッポン!」のゲストコーナーでお話を聞かせていただくのは、東京農業大学 教授 応用生物科学部 醸造科学科発酵食品化学研究所 東京農業大学「食と農の博物館」館長 小泉 幸道さんです。

1回目:館長として東京農業大学「食と農野博物館」の紹介、発酵食品の魅力と健康機能について
2回目:酢の魅力と健康機能について

話題の酢の魅力と健康機能のお話では、生活に役立つ情報をたくさん教えていただいています。みなさん、ぜひお聞きのがしないように!

下記の記事もあわせてご覧ください。

2010年05月11日
テレビ東京「ものスタMOVE」で食と農の博物館が紹介されました。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/149557078.html

2010年04月20日
酢のミラクルパワー/東京農業大学 醸造科学科 教授 小泉幸道先生
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/147187001.html
posted by 農業情報総合研究所 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

第2回『銀座茨城塾』シンポジウムのご案内

FM世田谷「農といえるニッポン!」では、NPO法人銀座ミツバチプロジェクトさんの活動を何度か取材させていただいております。下記のイベント案内をいただきましたのでご紹介させていただきます。

■第2回『銀座茨城塾』シンポジウムのお知らせ

【テーマ】『田んぼに行こう!』
【開催日】平成22年6月8日(火)19:00〜20:30
【プログラム】
●事例報告 19:00〜19:45 根本伸一氏 メダカのがっこう副理事長

●パネルディスカッション19:45〜20:20
パネリスト :根本伸一  氏   メダカのがっこう副理事長
   北上リグ  氏    フランス大使館 文化部長
司会    :西経子 氏 農林水産省大臣官房食料安全保障課 課長補佐

●交流会   20:40〜21:40

【参加費】シンポジウム:無料!
     交流会3,000円 (学生1,500円)
【定員】40名

【会場】紙パルプ会館
(東京都中央区銀座3−9−11 TEL03−3543−8111)
 銀座線「銀座」駅より徒歩2分(A12の出口)
 http://www.its-mo.com/doko/15/503174751/128404685/

・シンポジウム  紙パルプ会館3階会議室
・交流会     紙パルプ会館1階 ラウンジパピエ


【お申し込み方法】
以下の内容をご記入の上、メールでお申し込みください。
お申し込みは、6月7日(月)までにお願い致します。

●お申し込み先:Email: shokugaku@aguri-tokyo.co.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6月8日(火) 銀座茨城塾申込書
◎シンポジウム      
◎交流会         

1.氏名
2.所属(会社名等)
3.TEL&FAX
4.メールアドレス
5.紹介者(所属ML等)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

銀座ミツバチプロジェクト
http://www.gin-pachi.jp/

下記の記事もあわせてご覧ください。

4)2009年10月:第2期 銀座農業塾レポート
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/124217852.html
3)2009年3月:第1期 銀座農業塾レポート
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/122441019.html
2)2008年9月:ファームエイド銀座2008の活動紹介
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/106367844.html
1)2007年7月:NPO法人銀座ミツバチプロジェクトの活動
・1回目: 銀座にミツバチがやってきた!
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/47755060.html
・2回目: ミツバチがつむぐ新しい銀座の物語り
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/48674768.html
・採ミツ体験
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/40656039.html
posted by 農業情報総合研究所 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方創生/連携事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする