2010年04月29日

5/4日2010築地春の祭り/場外市場半値祭り

FM世田谷「農といえるニッポン!」では、2009年度からお魚についても取り上げています。

番組でお魚を取り上げることになったきっかけは、財団法人水産物市場改善協会が実施している「おさかなマイスター・おさかなマイスターアドバイザー」という資格でした。同協会が発行しているメールマガジンに特別に登録していただきいつも購読させていただいています。GWにイベントがあるようなのでご紹介させていただきます。

■築地場外市場で「2010 築地春まつり」恒例の半値市開催!

日時:5月4日 朝10時〜
場所:築地市場(東京都中央卸売市場築地市場)に隣接する、築地場外市場
内容:場外市場の約300店舗による、恒例の半値市が開催されます。各店の逸品が半値で提供される人気のイベントです。 

端午の節句にちなんで、お子様対象の折り兜や柏餅作りの体験教室もあ
ります(先着500名)。

詳しくは築地場外市場のHPをご覧下さい http://www.tsukiji.or.jp/modules/info/details.php?bid=36

番組では以下の通り、お魚に関する情報を発信しました。

1回目は、2008年2月23日・3月2日放送
財団法人水産物市場改善協会 大森さん
築地食育プランとおさかなの資格、「おさかなマイスター・おさかなマイスターアドバイザー」

2回目は、2008年4月19日・4月26日
財団法人水産物市場改善協会 大森さん
築地食育プラン第17回目のセミナーのレポート。

3回目は、2009年7月4日・11日放送
鈴廣かまぼこ株式会社 代表取締役副社長 鈴木 悌介さん
地域循環型環境への取り組み。魚肥の研究、小田原の生産者さんを巻き込んだ地産地消レストランの展開

4回目は、2009年7月18日放送
朝日新聞石巻支局長 高成田 享さん
定年後のチャレンジ。お魚記者奮闘記とともに、石巻から発信される魚の情報と漁業問題について。

5回目、2009年9月19日・26日放送
築地マグロ仲卸 鈴与三代目 国際魚食研究所 所長 生田 與克さん築地のお話&日本の魚食文化、魚食スペシャリスト検定

6回目、2009年12月12日・19日
宮城県 石巻魚市場株式会社 代表取締役社長 須能邦雄さん
石巻金華ブランド/金華ぎん・金華さば・金華かつを
石巻 食育健康都市宣言 地産地消から知産地賞へ

7回目、2010年2月20日
築地マグロ仲卸鈴与三代目 国際魚食研究所 所長 生田 與克さん
世田谷区立砧中学校で行われた特別授業/キャリア・食育教育
posted by 農業情報総合研究所 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚・漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

4/28ファームエイド銀座2010レポート

100428-1.jpg先日、ご紹介したファーム・エイド銀座2010へ行ってきました。今日は、朝からあいにくの雨。私が会場に到着したときも小雨が降っていましたが、プチ・マルシェのテントブースには多くのお客さんでにぎわっていました。

イベントの詳細は下記をご覧ください。
2010年04月26日:4月28日、29日ファーム・エイド銀座2010開催案内
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/147799121.html

100428-2.jpgこちらは、岡山県 新庄村のブース。みなさん、何やらお揃いのハッピを着ています。お話を聞いてみると、「ひめのもち」という地元でとれるもち米の品種があり、ハッピの絵はもち米のイメージキャラクターひめっ子だそうです。可愛いので写真を撮らせていただきました。

毎回、このイベントでは餅つきが披露されているので楽しみにしていたのですが、餅つきは4月29日のみでした。あ〜、残念!!岡山県 新庄村では、一つの臼を4人で囲んできねを振るう「4人づき」という餅つきなので、明日イベントに参加される方はご覧になってはいかがでしょうか?

100428-5.jpgこちらは、宮城県のブースです。白石 蔵王のありが豚、笹かま、ほやを焼いていらっしゃいました。みんな、おいしそ〜。ところで、笹かまってそのまま食べると思っていたのですが焼いて食べるんですね?お話を聞いてみると、焼いてもおいしいらしいです。知らなかった・・・。

私が、FM世田谷「農といえるニッポン!」番組を担当していることや、番組のゲストコーナーに朝日新聞石巻支局長 高成田 享さん、宮城県 石巻魚市場株式会社 代表取締役社長 須能邦雄さんにご出演していただいたとお話をしたら、お二人をご存じの方がいて話が盛り上がりました。

100428-4.jpgブースのあちらこちらに、何やら写真が貼ってあります。これは何ですか?と聞くと、漁師さんの写真をポスターにしてあるそうです。写真は、三陸ほや党 ほやおやじこと三陸オーシャン木村さんの写真です。>木村さん、ほやごちそうさまでした。

ほやは好きだけど、どうやって調理したらいいのか・・・魚屋さんでほやを見かけるものの一度も買ったことはありません。

100428-9.jpgでも、ほやおやじこと三陸オーシャン木村さんが販売していた殻つきボイルほやは、小さく切ってあるので網で焼き、殻をむいて食べられるので簡単に食べられます。

おいしかったです。これなら、ほや食べられるな〜。日本酒にあいますよ!みなさんも、いかがですか?

小さくてわかりずらいですが、商品の左上に書いてあるのは「ほやキャラクターのほやっぴー」です。

ほやが好きな方は、2010年7月に開催予定の世界ほやエキスポ in 石巻に参加されてみてはいかがでしょうか?詳しくは下記をご覧ください。http://hoya-expo.jp/

100428-6.jpgこちらは、宇和島のじゃこ天。食べてみたかったんですよね〜。会場では目の前で揚げていらっしゃいました。私は、そのまま家に持って帰り少し温めて食べました。もちろん、とってもおいしかったですよぉ〜。他には、ちくわ、かまぼこなどありました。あー、これも買えばよかった・・・。

そのほか、岩手県 一関のブースでは焼き肉弁当が大人気でした。らでぃしゅぼーやのオレンジジュースもとても気になりました。

明日は、銀座プチ・マルシェの他、ミツバチ見学会、各シンポジウムなどのイベントが開催されます。今日、参加できなかった方は、明日のファーム・エイド銀座2010にお出かけになってみてはいかがですか?

イベントの詳細は下記をご覧ください。
2010年04月26日:4月28日、29日ファーム・エイド銀座2010開催案内
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/147799121.html
posted by 農業情報総合研究所 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方創生/連携事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(3)2010年東京農大短期大学部 醸造学科インターンシップレポート

FM世田谷「農といえるニッポン!」大学生の出演コーナーでは、東京農業大学 短期大学部全学科の先生のご協力のもと、2007年度から大学生のインターンシップレポートをとりあげています。

5月1日の放送では、岩手県 株式会社南部美人、福岡県 醤油醸造協同組合でのインターンシップレポートをお届けする予定です。

ラジオチャレンジ感想文が届いていますのでご紹介します。

東京農業大学短期大学部 醸造学科2年生
インターンシップ先:岩手県 株式会社南部美人

 人生で初めてのラジオの収録ということで、凄く緊張してました。収録中に噛んでしまったり、失敗したりしましたが録音ということや対話しながらの収録だったのでリラックスしながら気楽に収録することができました。

 段々と緊張がほぐれて最終的には楽しく収録を終える事ができました。また仲間の実習の感想や農大に進学した思いを聞くことができて良かったです。なかなか体験する事ができないことを体験させて頂いて、凄く良い思い出になったと思います。ありがとうございました。


■二人からのリクエスト曲 

石井竜也&高杉さと美 / 魔法の鍵 〜The Dream Goes On

東京ディズニーリゾート25thアニバーサリーのテーマソング
posted by 農業情報総合研究所 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

勉強会のご案内:「農商工連携のビジネス論〜中小企業をパートナーとする地域イノベーション〜」

NPO法人農業情報総合研究所の母体となっている、社会人勉強会戦略経営研究会、分科会農政研究会、LLP(有限責任事業組合)戦略経営パートナーズと協働にて勉強会を開催致します。

ご興味のあるかた、お時間があれば、ぜひご参加ください!!なお、参加は必ず事前の申し込みが必要ですので下記をご覧ください。

★勉強会開催のご案内

ビジネスパーソンと士業のマッチング研究会「士業の企画」

テーマ:「農商工連携のビジネス論 
     〜中小企業をパートナーとする地域イノベーション〜」

内 容:農商工連携の政策的な意味合い(中小企業政策の一面)などの全体像と、「地域との協働性」、「地域イノベーション」がキーワードとなる。農商工連携の成功事例につき発表いただきます。また、発表者と参加者との意見交換を行います。

発表者:室屋有宏氏(農林中金総合研究所 主任研究員)

日 時:2010年5月26日(水)
(18:45から受付開始)19:00〜21:00 

会 場:東京・竹橋 ちよだプラットフォームスクウェア 
    地下1階 ミーティングルーム002
    
会 費:社会人3000円/学生1000円

参加申込:担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
                 ↑@を小文字にしてください。


下記の内容を送信してください。

--------------------------------------------------------------
     5/26士業企画に参加します。
     お名前:
     所属:
     連絡先(メルアド):
     懇親会の出欠: 出席/欠席
勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。
--------------------------------------------------------------

戦略経営研究会
http://www.sp-senryaku.org/
※BLOGあります↓
http://m-motegi.at.webry.info/
※メルマガあります↓ 勉強会の開催情報掲載
http://archive.mag2.com/0000083480/index.html

■2009年度:農業・農政勉強会実績は続きをご覧ください。
続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業ビジネス研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(2)2010年東京農大短期大学部 醸造学科インターンシップレポート

FM世田谷「農といえるニッポン!」大学生の出演コーナーでは、東京農業大学 短期大学部全学科の先生のご協力のもと、2007年度から大学生のインターンシップレポートをとりあげています。

4月24日の放送では、熊本県 房の露株式会社、福島県 鮫川村食品加工所でのインターンシップレポートをお届けしました。

■二人からのリクエスト曲 

クリスタルキング / 愛を取り戻せ

TVアニメ『北斗の拳』のオープニングソングでした。

そういえば・・・お二人さぁ〜ん、感想文届いてなかったよぉ〜。もし、このブログ見てたら送ってくださいね。
posted by 農業情報総合研究所 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

4月28日、29日ファーム・エイド銀座2010開催案内

NPO銀座ミツバチプロジェクトさんから、イベントのご案内が届きましたのでご紹介します。

■ファーム・エイド銀座2010開催案内
公式HP(http://www.farmaidginza.com/

ファームエイド銀座は、NPO銀座ミツバチプロジェクトを核に、ボランティアスタッフによる実行委員会により運営している、大人の文化祭的な手作りイベントです。

・4月28日(水)は、平日ですので銀座のオフィスに勤めている方々向けに地域の旨いものを紹介するプチ・マルシェを実施。

・4月29日(木・祝)は、プチ・マルシェに加えて、屋上ミツバチ見学会やミツバチフォーラム、地域活性化フォーラム:BEEアクション、メダカのがっこうや日本熊森協会などの活動紹介など多様なメニューを予定しております。
ご都合がつく方は、是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

今年最初のファームエイド銀座は、森、里、街、そして海を代表する地
域が銀座に集まり、“いのちつながる”都市農村交流を考えていきます。あなたの「おいしい!」が、日本の地域と食を元気にします!

○テーマ:『森、里、街、そして海をつなぐ』
○日時:4/28(水)、4/29(木・祝) 10:00〜18:00
 (注1)イベント内容により日時は様々です。28はGinzaプチ・マルシェのみ。
(注2)定員があるものがあります。
(注3)参加費が必要なものがあります。
詳しくは、公式HP(http://www.farmaidginza.com/)をご覧下さい。

○会場:銀座フェニックスプラザ紙パルプ会館
○イベント内容:
 @BEEアクション〜地域活性化フォーラム〜
  岡山県新庄市、愛媛県宇和島市 
 Aミツバチフォーラム
  「蜜源となる花、ならない花 〜日本の蜜・花粉源植物の実態〜」
 B銀座の屋上 ミツバチ見学会(英語版もあります。)
 Cファーム・エイド フォーラム
  ・「奥山で何が起きているのか」
  ・「トキと共生する田んぼ」
  ・「カラダの中からキレイをつくる!」
 DGinzaメッセ 「宇和島フェア」
 EGinzaプチ・マルシェ 「春の地域の美味しいフェア」

2010年のファーム・エイド銀座の開催日は、7月17日(土)、9月18日(土)、11月22日(月)23日(火祝)となっております。

下記の記事もあわせてご覧ください。
ファーム・エイド銀座2010 会場ボランティア募集のお知らせ
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/146227553.html
posted by 農業情報総合研究所 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方創生/連携事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農業戦隊グローバルレンジャーのラジオ収録

東京農業大学 国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科 藤本教授、東京農業大学 国際協力センターのご協力をいただき、東京農大世界学生サミットのスタッフメンバーでグローバルレンジャーが結成されました。

FM世田谷「農といえるニッポン!」では、第6回目の世界学生サミットから取材させていただいています。学生のみんなには、スタジオでサミットの告知やレポート収録、サミット当日の姉妹提携校のインタビュー、農大の学生による通訳。毎年、多くの学生にラジオに関わってもらっています。

100424-1.jpg今年も、世界学生サミットスタッフメンバーの新旧交代がありましたが、農業戦隊グローバルレンジャー新リーダー@レッド青木くんが新しいメンバーとともに、昨年のサミット報告にスタジオに来てくれました。>みんな、ラジオ収録お疲れさまでした。レッド、とりまとめありがとう〜。

ラジオ収録では、昨年のサミット報告、今年で第10回目となる学生サミットの日程、テーマなど教えてもらいました。第10回目となる今年は、今までとは少し内容が違うようです。詳しくは、5月29日、6月5日の放送を聞いてみてください。

さて・・・
当日、昨年に開催された第9回世界学生サミットの内容が1冊の本になったと、私にプレゼントしてくれました。ありがとう〜!ただし、内容はすべて英語なので読むのは時間がかかりそうです。(笑)
本の表紙は、第9回世界学生サミットのポスターで学生たちが考えているそうです。

グローバルレンジャーレポート10(第9回世界学生サミット)
「世界的食料・エネルギー・環境危機への各国の創造的解決法」
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/129476097.html

*ISFとは、International Students Forumの略。
*ISSとは、International Students Summitの略。

過去のグローバルレンジャーの感想文は続きをご覧ください。
続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

ポルトガル風/干し鱈とじゃがいもコロッケ

100421-1.jpg少し前になりますが、TV番組でポルトガルの料理が紹介されていました。いくつか紹介されていた料理の中で、これならすぐに作れそうと思たのが干し鱈とじゃがいもコロッケ。早速、TV番組が終わって作ってみることにしました。

干し鱈とじゃがいもコロッケは、ポルトガルでは定番の家庭料理のひとつで本場では干し鱈を使用します。みなさんのブログをチェックしてみると干し鱈が売っていないから生の鱈を使用されているようですが、よく探してみると意外と干し鱈は簡単に手に入りますよ。

100421-2.jpg上記の干しだらを、水につけて柔らかくなるまで戻します。かなり塩がついているので、何度か水を変え戻しました。写真の干しだらは開きになっています。棒だらとは違うのでご注意ください。やわらかくなったら、骨があるので固い部分は取り除いておきましょう。さらに包丁でさくさく食べやすい大きさに切りました。あとは、普通のコロッケと同じ要領で作っていきます。

【材料】

・じゃがいも
・干し鱈
・塩
・コショウ
・パン粉
・小麦粉
・卵

【作り方】

・ジャガイモをゆでてつぶす。
・つぶしたジャガイモに戻した干し鱈を加える。
・塩・コショウしてよくかき混ぜる。
・自分の好きな大きなの型に丸める。
・小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつけ熱した油で揚げる。

100421-4.jpgはい。できあがり〜。ダンナもおいしいね〜と喜んでくれました。わ〜い!!よかった。
干し鱈ってこんな風に使えるのかと新しい発見でした。そのほかにも、お鍋に入れても十分おいしくいただけます。ただし、ちゃんと水で戻してからお鍋に入れてくださいね。固くて食べられませんからご注意を。保存も冷凍庫なら長期保存が可能です。でも、お店の人に必ず確認してみてくださいね。この写真の干し鱈は築地で買いました。
posted by 農業情報総合研究所 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚・漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

東京農大プロジェクト/長野県 長和町の方々にインタビュー!

東京農大が取り組む「地域再生・活性化の担い手育成教育」が、平成20年度文科省「質の高い大学教育推進プログラム」(教育GP)に、採択されました。昨年から、長野県長和町での活動を農業戦隊長和レンジャーが体験レポートを担当してくれています。

農業戦隊長和レンジャーは、東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科 立岩先生をはじめとする食料環境経済学科の先生のご協力のもと結成されました。

大学生のレポートだけではなく、一緒に活動に参加してくださっている現地の方々にも話を聞いてみることになりました。こちらは、立岩先生からご紹介です。

放送は、4月24日、5月1日、8日の予定です。お楽しみに!
http://www.agranger.jp/radioguest1.html

長野県 長和町の方々にインタビュー!
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/144981007.html

東京農業大学学生ブログ(長和町だより)
http://nodai.cc-town.net/modules/nmblog/categories.php


大学生たちがのラジオチャレンジ感想文もあわせてご覧ください。


食料環境経済学科チーム ラジオチャレンジレポート7
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/145997962.html
食料環境経済学科チーム ラジオチャレンジレポート6
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/145318625.html
食料環境経済学科チーム ラジオチャレンジレポート5
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/144433518.html
農業戦隊長和レンジャー ラジオチャレンジレポート4
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/131798645.html
農業戦隊長和レンジャー ラジオチャレンジレポート3
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/131742592.html
農業戦隊長和レンジャー ラジオチャレンジレポート2
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/128559126.html
農業戦隊長和レンジャー ラジオチャレンジレポート1
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/128549824.html
posted by 農業情報総合研究所 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方創生/連携事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

じょうえつ東京農大/大人気商品 大根の酢漬け踊り&紫の踊り

先日、東京農業大学 国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科 藤本教授が社長をつとめる株式会社じょうえつ東京農大事務所にご挨拶に行ってきました。

先生から、株式会社じょうえつ東京農大の商品についてあれこれお話を聞き、以前から気になっていた大人気商品 大根の漬物があるというのでわけていただきました。もちろん、ちゃんとお金払いましたよー。

100420-1.jpg100420-2.jpg右が酢漬け踊り。左が紫の踊りです。2つの商品ともに、原材料に添加物は一切使用されていません。お家に帰ってダンナに食べてもらったら、おいしい!と大好評でした。

添加物で色をつけなくても、自然に時間をかけるとちゃんと漬物は黄色くなるんですねー。どっちがおいしいと決めるのが難しいぐらい、お醤油でつけた紫の踊りもすごくおいしい。どちらも食べると、無性にごはんが食べたくなります。あー、これ定期的に購入できればいいのになぁ〜。

この商品、夏前には売り切れてしまうだろうとお話されていたので食べてみたい方は早めに買ってみてください。株式会社じょうえつ東京農大の有機米も下記のサイトから購入することができます。にご興味のある方、ぜひご覧ください。

株式会社じょうえつ東京農大
http://www.jnodai.co.jp/

FM世田谷「農といえるニッポン!」大学生出演のコーナーでは、藤本先生のご協力により農業戦隊じょうえつOG(オーガニック)レンジャーが体験レポートを担当してくれています。

2009年10月12日:農業戦隊じょうえつOG(オーガニック)レンジャーが誕生しました!
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/130086317.html
posted by 農業情報総合研究所 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・漬物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

酢のミラクルパワー/東京農業大学 醸造科学科 教授 小泉行道先生

4月19日(月)8:15〜 NHK総合1「あさいち」をご覧になられました?この日の特集は、「酢のミラクルパワー」でした。

以下、=あさいちのホームページから引用=
http://www.nhk.or.jp/asaichi/2010/04/19/01.html
--------------------------------------------------------------
昔から健康に良いと言われるお酢は、半年で10万本を売り上げるヒット商品が出るなど、根強い人気が続いています。大手百貨店の食品売り場には、先月、お酢専門のドリンクバーも誕生、異色の組み合わせ“酢”イーツなるものも登場しています。

番組では、多くのお酢愛用者の中から、有名女優や食のジャーナリスト、人気パティシエをピックアップ。ふだん、使えるお酢のレシピや意外な活用法、そして最新の健康効果まで、酢のミラクルパワーを紹介しました。
---------------------------------------------------------------
最近は、味噌スイーツ、醤油スイーツがありましたが、今度は酢イーツが注目を集めているそうですね。面白いですねー。私もTVで紹介されていた「酢イーツ」食べてみたいなーと思いました。

この特集に、専門家ゲストとして東京農業大学 応用生物科学部 醸造科学科 教授 小泉行道先生がご出演されていました。先生の専門は「お酢」です。

今度、FM世田谷「農といえるニッポン!」でも、小泉行道先生ご出演していただく予定となっています。お話の内容は発酵食品、健康機能についてです。もちろん、詳しくお酢の話も聞かせていただく予定です。

先日も、先生の研究室に行って黒酢のお話で盛り上がったところです。
TVを見逃したかたは、ぜひFM世田谷「農といえるニッポン!」で小泉行道先生お話を聞いてみてくださいね。ただし、放送は6月頃の予定です。

さて、上記でご紹介したTV番組の放送のあとスーパーで黒酢をチェックしてみたら黒酢が全部売り切れていました。棚は空っぽ!みなさん、さすがチェックが早いですねー。私も、小泉行道先生のおかげで酢の魅力にはまっています。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・味噌・酢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

東京農業大学プロジェクト 小菅村日記ブログに掲載されました

東京農業大学 地域環境科学部 森林総合科学科教授 宮林茂幸先生、学習支援課 事務室の方々の協力により源流レンジャーを結成。FM世田谷「農といえるニッポン!」で、大学生のみんなが山梨県 小菅村での活動レポートを担当してくれています。

今年も、源流レンジャーの3名がラジオ収録に来てくれました。このようすを、東京農業大学ホームページ内にある小菅村日記ブログに掲載していただきました。

>学習支援課ちゃのさん、ありあがとうございました!!
 みなさーん、ラジオチャレンジ感想文お待ちしていまーす。

東京農業大学ホームページ内小菅村日記ブログ
http://nodai.cc-town.net/modules/nmblog/categories.php?mode=show&category=1

上記の放送は5月15日・22日の予定です。18:00〜19:00
FM世田谷「農といえるニッポン」
詳しくは番組HPへ→http://www.agranger.jp/setagaya-radio.html


多摩川源流大学フォーラム 学生活動発表会に参加してきました。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/135944923.html

2009/11/8:源流放課後の会メンバーからのおすすめ野菜!
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/132323305.html

2009/10/26:農業戦隊源流レンジャーラジオチャレンジレポート1
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/131174486.html
posted by 農業情報総合研究所 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊本県 株式会社オレンジブロッサムさんからのお知らせ

2月4日・5日、第39回全国農業経営者研究大会で、名刺交換させていただた、熊本県 株式会社オレンジブロッサム 代表の村上さんからご案内をいただきましたのでご紹介させていただきます。

熊本県 南河内町は4月下旬から5月上旬にかけて花香る街に変身します。この香りを皆さまに体験いただく、「みなんの花摘み」を毎年開催しています。今年は5月3日に開催予定だそうです。

詳しくは下記のサイトをご覧ください。
熊本県 株式会社オレンジブロッサム 
http://www.ukko.jp/

下記の記事もあわせてご覧ください。

10年02月10日:2/5農商工連携セミナーが無事終わりました。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/140696919.html
posted by 農業情報総合研究所 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜・果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

日本の水ビジネス戦略/社団法人民間活力開発機構 事務局長インタビュー

FM世田谷「農といえるニッポン!」では、これまでも沙漠緑化、水利施設など水の問題を取り上げてきました。

・2006年4月の放送では、東京農業大学が挑んだ沙漠緑化研究 沙漠よ緑に蘇れ ジブチ共和国15年の熱き闘い

・2008年6月、7月5日の放送では、東京農業大学の沙漠緑化研究水利用からみたアフリカ乾燥地 〜モロッコのハッタラーラを用いた水利用〜

上記の内容は、東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科 地水工学研究室 教授 高橋 悟先生をお招きしてお話を聞かせていただきました。

今回は、社団法人民間活力開発機構 事務局長 木部 一さんに、団体が取り組むイノベーションクーリエ事業のひとつ、水勉強会についてお話を聞かせていただきました。

4月10日放送の内容もあわせてご覧ください。

社団法人民間活力開発機構 事務局長インタビュー
日本、世界の水問題を考える
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/145904632.html

世界の国々で起こっている水問題。いったいどんな問題があるのか教えていただきました。

現在、10億人以上の人が水が原因で苦しんでいます。衛生面でいうと180万人の乳幼児が水が原因で命を失っています。水不足、人口問題、人口増加によって食料の問題にもつながってきます。

過去100年の間人口が3倍に増加。生活用水に使える地球上の淡水はほんの0.3%しかありません。さらに、災害、沿岸部では津波、高波などにより汚染物質が井戸に流入などの問題を抱えています。

つい最近、新聞、TVなどでもご紹介されていましたが、日本の水技術のレベルがとても高いことをご存じですか?この技術をいくつかご紹介していただきました。

・水をきれいにするのにろ過膜
 このろ過膜は日本が世界でトップレベルです。海水を真水にする場合は、逆浸透膜というアールオー膜があります。これは世界生産の6割が日本産で特に有名だそうです。

・パイプ、大型ポン部も6割が日本の技術です。

これら日本の高い技術力を海外に売り込んでいくにはどうしたらいいのでしょうか?海外にパーツ、パーツの売りこむのではなく継続的にお金を回収しまわしていく運営管理を行うことが必要となってきます。

また、水道産業を戦略として全体のシステムを考えていかなければいけない。これは、産業界としても大きな問題となっているそうです。詳しい問題点については放送をぜひ聞いてみてください。

この続きは、4月17日(土)FM世田谷「農といえるニッポン!」でお届けする予定となっています。

農といえるニッポンゲストコーナー
http://www.agranger.jp/radioguest1.html
posted by 農業情報総合研究所 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方創生/連携事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

有馬温泉:御所坊さんからのお知らせ

今、お風呂がテーマの大人気マンガ ヤマザキマリさんの「テルマエ・ロマエ」という作品をご存じですか?古代ローマの男が現代日本の風呂へタイムスリップ!日本の風呂文化に驚愕した内容が書かれている本です。マンガを読みながら、日本と古代の風呂文化が一緒に学べるかなり面白い内容です。

先日、本屋でみたらえらい人気になっていました。どうしたのかな?と思ったら、今年で3回目となるマンガ大賞にノミネートされていました。

さて、お話は変わって温泉情報です。有馬温泉 御所坊さんからご案内をいただいたのでご紹介致します。こちらの社長さんは、観光カリスマに認定されています。

与謝野晶子が「花吹雪 兵衛の坊も御所坊も目におかずして空に渦巻く」まさに今日の有馬温泉。 この時期は何かとお祝い事の多い季節。遅ればせながら、お祝いの席にふさわしいプランを3つ作成しました。

●漁協体験+本物の天然明石鯛でお祝いの席を演出
(鯛価格+15.000円)http://www.alimali.jp/docs/article.php/20100410132326128_ja

やはりお祝いの席には“鯛” 瀬戸内の一番良い魚が集まるのが明石浦漁協。ここに、旅館が直接買いに行けるのは御所坊と明石の旅館1軒の2軒だけ。お祝いの席にご用意する鯛を、お好みの魚を漁協で競り落とし、宴席に持ち込むのはいかがでしょう? 

●キッザニア+オリジナルケーキでお祝いの席を演出する企画。(ケーキ指導料+21pケーキ 5.500円)http://www.alimali.jp/docs/article.php/20100410142005102_ja

御所坊の系列で「カフェドボウ」という洋菓子店が金の湯の前で営業しています。お子様がお祝いのケーキのデコレーションをするというのはいかがでしょう?もちろん大人の方もOKです。

● 骨付き肉を丸かじり!一日1組限定要予約 (4.200円)http://www.alimali.jp/docs/article.php/20100116184131131_ja

このたび有馬玩具博物館の有馬食堂で、骨の形をしたものを陶器で作りました。これにハンバーグのパテを巻きつけて焼く。約500gあります。 骨付き肉を丸かじり! という仕掛けです。

詳しくは下記のサイトをご覧ください。
http://www.goshobo.co.jp/

有馬温泉ブログからピックアップ。気になるニュース。

●たこコロッケ新発売!
有馬温泉の金の湯の向かい「ニュールンベルグバー」で、たこコロッケを新発売!1個 90円!6個まとめて買うと500円とお得。気になるなぁ〜。

下記の記事もあわせてご覧ください。

2009年11月29日:ぐるっと関西グルメ2009(神戸/有馬温泉3)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/134233529.html

2009年05月22日:有馬温泉厄除け 元気アップクリーンアップ大作戦!
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/120023060.html

2007年12月11日:関西の旅(日々進化する有馬温泉編)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/72156156.html
posted by 農業情報総合研究所 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 農・食・環境ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

日本地ビール協会/ビアテイスティング・パーティのご紹介

日本地ビール協会さんから、イベントのご案内をいただきましたのでご紹介させていただきます。小田会長、お元気かなぁ〜?

■グランビエール ビールの香りを楽しむ
 ビアテイスティング・パーティ 
http://www.beertaster.org/gbindex/
12周年記念「ビールの日」「地ビールの日」に開催!

会場では、30 社60 銘柄の地ビール・海外ビールが試飲できますが、その際に使用する専用グラス(来場者全員に入場時にプレゼント)は、ビールの香りが強く立つように作られたオリジナルの特別製グラスです。ビールと料理のハーモニーを楽しむための“キュイジーヌ・グランビエール”も開催。


■ 「グランビエール」開催概要
主催:グランビエール実行委員会日本地ビール協会
日時:2010 年4 月24 日(土) 13 時〜17 時
   2010 年4 月25 日(日) 11 時半〜15 時半

※ 各日とも閉場の1時間前まで入場可能。ラストオーダーは閉場の15 分前。

会 場:東京ミッドタウンミッドタウンホール
当日券: 4,500 円(税込) 前売券: 4,100 円(税込)
キュイジーヌ・グランビエール前売券: 5,900 円(税込)(2,000 円分のフード券付き)

詳しくは下記のサイトをご覧ください。
日本地ビール協会
http://www.beertaster.org/gbindex/
posted by 農業情報総合研究所 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

(1)2010年東京農大短期大学部醸造学科インターンシップレポート

FM世田谷「農といえるニッポン!」大学生の出演コーナーでは、東京農業大学 短期大学部全学科の先生のご協力のもと、2007年度から大学生のインターンシップレポートをとりあげています。

4月17日放送(予定)のラジオチャレンジレポートを担当してくれた二人から、ラジオチャレンジンジ感想文が届いていますのでご紹介させていただきます。

■東京農業大学短期大学部 醸造学科2年生
インターンシップ先:山形県 出羽桜酒造株式会社


 今回はラジオへの出演という、大変貴重な経験をさせていただきました。スタジオでは本物の機材を見て少々驚きましたが、植村さんによるプロのナビゲータートークを聞いて安心して話し出すことが出来ました。

 とは言うものの、あらかじめ質問内容を教えていただいたにもかかわらず、やはり緊張してうまく言葉が続かなくなってしまい、額に汗かいていたことも事実です。限られた時間内に本当に伝えたいことがしゃべれていたのか疑問は残りますが、自分の話したことをきっかけに日本酒や酒造りに興味を持ってくれる人が少しでも出来たらいいなと思います。

 今後も農大インターンシップインタビューが続くこと、そしてFM世田谷の放送エリアが拡大してリスナーがどんどん増えることを願っております。色々と気を使っていただきながらの収録でご苦労かけましたが、自分にとっていい経験が出来たと本当に感謝しております。ありがとうございました。

 
■東京農業大学短期大学部 醸造学科2年生
インターンシップ先:栃木県 株式会社島崎酒造


 今回「ラジオを作る」ということが初めてのことだったので、とても緊張しました。でも、取り始めてしまうと普通に会話しているだけで難しいことはひとつもなくて、とても楽かったです。この会話がどんな番組になるのか楽しみです。

2010年度、短期大学部醸造学科の体験レポートは、4月17日(土)放送のFM世田谷「農といえるニッポン!」でお届けする予定です。お楽しみに!

■二人からのリクエスト曲 

BEGIN / 涙そうそう
posted by 農業情報総合研究所 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京農大短期大学部醸造学科インターンシップレポート

FM世田谷「農といえるニッポン!」大学生の出演コーナーでは、東京農業大学 短期大学部全学科の先生のご協力のもと、2007年度から大学生のインターンシップレポートをとりあげています。

2010年度、短期大学部醸造学科の体験レポートは4月17日(土)から4回連続で放送される予定です。お楽しみに!


9.東京農業大学短期大学部 醸造学科
  インターンシップ先:山形県 出羽桜酒造株式会社1名 日本酒
  インターンシップ先:栃木県 株式会社島崎酒造 1名 日本酒

10.東京農業大学短期大学部 醸造学科
  インターンシップ先:熊本県 房の露株式会社  1名 焼酎
  インターンシップ先:福島県 鮫川村食品加工所」1名 味噌他

11.東京農業大学短期大学部 醸造学科
  インターンシップ先:岩手県 株式会社南部美人 1名 日本酒
  インターンシップ先:長野県 漆戸酒造株式会社 1名 日本酒

12.東京農業大学短期大学部 醸造学科
  インターンシップ先:広島県 浅野味噌     1名 味噌
  インターンシップ先:福岡県 醤油醸造協同組合 1名 しょうゆ



過去のインターンシップレポートを以下の通りです。

8.2008年8月23日
 東京農業大学短期大学部 醸造学科2名
 インターンシップ先:北海道 国稀酒造株式会社

7.2008年8月16日
 東京農業大学短期大学部 醸造学科2名
 インターンシップ先:埼玉県 五十嵐酒造・小江戸鏡山酒造株式会社

6.2008年8月9日
 東京農業大学短期大学部 醸造学科2名
 インターンシップ先:福島県 鮫川村「手まめ館」

5.2008年8月2日
 東京農業大学短期大学部 醸造学科2名
 インターンシップ先:富山県 山元醸造株式会社

4.2007年7月28日
 東京農業大学短期大学部 短期大学部醸造学科1名
 インターンシップ先:群馬県 浅間酒造株式会社

3.2007年7月21日
  東京農業大学短期大学部 短期大学部醸造学科1名
  インターンシップ先:長野県 黒澤酒造株式会社
  
2.2007年6月23日
  東京農業大学短期大学部 短期大学部醸造学科1名
  インターンシップ先:福岡県醤油醸造協同組合

1.2007年6月23日
  東京農業大学短期大学部 短期大学部醸造学科1名
  インターンシップ先:福岡県醤油醸造協同組合
posted by 農業情報総合研究所 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

ファーム・エイド銀座2010 会場ボランティア募集のお知らせ

FM世田谷「農といえるニッポン!」では、NPO法人銀座ミツバチプロジェクトさんの活動を何度か取材させていただきました。今回、下記のご案内をいただきましたのでご紹介させていただきます。

今年で3回目の開催となる、ファーム・エイド銀座2010が4月28日・29日に開催される予定です。この会場ボランティアを募集しています。ご興味のある方は下記をご覧ください。

ファーム・エイド銀座2010
http://farmaid-ginza.com/main/

銀座ミツバチプロジェクト
http://www.gin-pachi.jp/

■ファーム・エイド銀座2010 会場ボランティア募集!

森、里、街、そして海をつなぐサスティナブルネットワークフェスタ「人と自然の共生」について、銀座から世界にメッセージを発信するファーム・エイド銀座2010では、当日、会場でお手伝い頂ける方を募集中です。

詳細は以下の通りですので、是非お手伝い下さい。

・日時:2010年 4月29日(木)
・お手伝いいただく時間
・集合:8:00
・時間:8:00〜18:30
・場所:銀座紙パルプ会館/フェニックスプラザ
・ボランティア内容:会場設営・撤収/屋外交通整理・PR/屋外のプチ・マルシェでの物販サポート/屋内でのメッセ・フォーラム受付/来場者誘導・会場整理など。
・募集人数:40人
・募集期間:平成22年04月27日(火)まで
*定員に達した場合、募集を締め切る場合があります。

・特典:
1)学生の方
交通費1,000円+食事代1,000円+フォーラムの参加無料+解散後に行われる交流会への参加無料(通常3,000円)

2)学生以外の方
食事代1,000円+フォーラムの参加無料+解散後に行われる交流会への参加が2,000円(通常3000円)

*販売を希望される方は、基本的にプチ・マルシェの服装(下記参照)でお願いします。フォーラム参加無料券は4時間以上参加してくださる方のみとなります。

○服装:
1)プチ・マルシェの手伝いを希望される方、こちらから担当をお願いする方は襟付き白シャツ(ポロシャツ可、Tシャツ不可)、黒のボトム
(黒ジーンズ、クロスカート可。短パンは不可)でおいで下さい。
また、上着は各自お持ちの物で結構です。    

☆問い合わせ・応募先☆
担当:ファーム・エイド銀座2010実行委員会事務局 
メール:ginzainitiative@gmail.com Tel.:03-3562-0126
ご応募の際には、終日参加可能か、一部参加(その場合は参加可能時間帯)を併せてご連絡下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2010年4月29日ファーム・エイド銀座2010
当日ボランティア応募用紙

申込先:ファーム・エイド銀座2009実行委員会事務局(アグリクリエイト内)

FAX: 03-3562-0127
Tel.: 03-3562-0126
E-mail: ginzainitiative@gmail.com

1. お名前:
2. 所属:
3. ご連絡先
・ お電話番号:
・ E-maill:
4. 参加予定
終日参加 or一部参加: 時〜 時まで
5.ファーム・エイドボランティア参加回数
・初回     ・  回目
6. 交流会
終了後(19:00頃からの予定)の交流会パーティーに
参加  ・  不参加
7.ご要望及びメッセージ


下記の記事もあわせてご覧ください。
続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方創生/連携事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長野の酒メッセin東京2010開催のお知らせ

FM世田谷「農といえるニッポン!」では、蔵元さんインタビューや日本酒に関するイベントを何度か取り上げています。昨年、蔵元インタビューで登場していただいた長野県 天領誉酒造株式会社 代表取締役 中嶋 博司さんから長野の酒メッセin東京2009のイベントを教えていただきました。

長野の酒メッセin東京2009レポート
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/120156814.html

今年も、長野の酒メッセin東京2010開催のご案内をいただきましたのでご紹介させていただきます。

開催日時:2010年5月19日(水)
13:00〜20:00(受付時間12:30〜19:30)
13:00〜20:00 業界関係者(酒販店、飲料店)
15:00〜20:00 一般のお客様
※入場できる時間が異なりますのでご注意下さい。

開催場所:グランドプリンスホテル赤坂 別館5F ロイヤルホール
〒102−8585 東京都千代田区紀尾井町1−2
TEL:03−3234−1111
http://www.princehotels.co.jp/akasaka/

入場料:お一人様2,000円(税込)[入場料割引あります]
内容:長野県内の酒蔵約60場、500種類にのぼる日本酒の試飲・展示

※お車でお出かけの方、未成年者の方は試飲いただけません。
※試飲会ですので、つまみ等の食品の持込はご遠慮下さい。

詳しくは長野県酒造組合のホームページをご覧ください。
http://www.nagano-sake.or.jp/topics/

FM世田谷「農といえるニッポン!」で取り上げた日本酒に関する内容は以下の通りです。

12回目:2009年11月、12月
・秋を彩る熟成古酒2009イベントレポート
・長期熟成酒研究会 顧問、本郷信郎さま
・初孫 東北銘醸
・東力士 鞄崎酒造
・龍力 竃{田商店
・達磨正宗 (資)白木恒助商店
・百々登勢 兜沍屋

11回目:2009年10月、11月
岩手県 二戸市 株式会社南部美人 専務取締役 久慈 浩介さま
・南部美人 若手専務の海外輸出、新しい取り組みへの挑戦
・東京農業大学短期大学部 インターンシップ受け入れについて

10回目:2009年9月:フレッシュマンインタビュー
2007年度東京農業大学短期大学部 醸造学科卒業 蔵元に就職
株式会社 酒千蔵野 社員 山本くん
・蔵ではどんな仕事をしているの?

9回目:2009年8月、9月
東京農大オープンカレッジ「実践、日本酒のおしい飲み方・選び方」
・東京農業大学 短期大学醸造学科 穂坂 賢教授&参加者インタビュー

8回目:2009年8月:フレッシュマンインタビュー
2007年度東京農業大学短期大学部 醸造学科卒業 蔵元に就職
小江戸鏡山酒造株式会社 社員 金子さん
・女性が蔵元で働くって大変じゃないの?

7回目:2009年4月
山形県 出羽桜酒造株式会社 代表取締役社長 仲野 益美さま
・08年IWCチャンピオン・サケを受賞!出羽桜の海外戦略
・東京農業大学短期大学部 インターンシップ受け入れについて

6回目:2009年1月、2月
長野県:天領誉酒造株式会社 代表取締役 中嶋 博司さま
・北信州こだわりのお酒・天領誉蔵と商品のご紹介
・東京農業大学短期大学部 インターンシップ受け入れについて

5回目:2008年12月、2009年1月
長野県 株式会社 酒千蔵野 杜氏 千野 麻里子さま
・長野県初の女性杜氏が誕生するまで
・長野県初の女性杜氏が醸すお酒づくり&商品紹介

4回目:2008年10月
東京農大オープンカレッジ「実践、日本酒のおしい飲み方・選び方」
・東京農業大学 短期大学醸造学科 穂坂 賢教授&参加者インタビュー

3回目:2007年9月 落酒造場 専務取締役 落 昇さま
・岡山の若手杜氏が作るこだわりの酒
・岡山の若手杜氏が作る地元で大人気のお酒「大正の鶴」

2回目:2007年7月
・日本初長期熟成酒専門セラーが新宿に登場!(株)伊勢丹新宿店

1回目:2007年4月
・話題の長期熟成酒(古酒)について
・海外で大人気の長期熟成酒(古酒)
posted by 農業情報総合研究所 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする