2010年02月17日

農業戦隊マキレンジャーラジオチャレンジレポート12

東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科 システム工学研究室牧 恒雄教授のご協力のもと農業戦隊マキレンジャーが結成されました。大学生のみんなからラジオチャレンジ感想文が届きましたのでご紹介いたします。

■東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科4年生
 システム工学研究室 @マキレッド

 最初にラジオの打ち合わせをしている時は、ラジオの収録を楽しみにしていましたが、収録の具体的な打ち合わせや収録の日が近づくにつれて、緊張などもあり、気持ちが乗らなくなってしまいました。

 特に、ラジオの収録の前は卒論などで研究室活動が忙しかったため、ラジオの収録当日まで収録の準備という準備はしないままラジオの収録に挑んでしまいました。

 ラジオの収録当日は、植村さんがうまく話しを引き出してくれたこともあり、最初は大変緊張していましたが、徐々に慣れてきて楽しくラジオの収録を終えることが出来ました。卒業の前に大変良い経験をさせてもらいました。ありがとうございます。

■東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科4年生
 システム工学研究室 @マキブルー

 ラジオ収録ではお世話になりました。まさか自分がラジオでしゃべるとは思ってもいないことだったので、大変緊張してしまいました。しかし、植村さんのおかげで楽しく収録をすることができました。ありがとうございました。

 人に声だけで伝えるということは思った以上に難しく、言葉に詰まってしまう場面が多々ありましたが、植村さんに話を広げていただいたりするうちに自然にしゃべれるようになり、やはりしゃべりのスペシャリストはさすがだなあと思いました。

 また、一学生の声が世田谷の人たちに届けられるのかと思うと、一生の思い出となりました。こんな貴重な体験が出来たことを感謝すると同時に、来年以降もこのような機会が続くことを望んでいます。

■農業戦隊マキレンジャーからのリクエスト曲
 井上陽水 / 少年時代

この内容は2月20日(土)に放送される予定です。


過去の感想文もあわせてご覧ください。
続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生のラジオ出演感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世田谷区立砧中学校/講師 築地生田さんによる食育授業を取材しました。

2009年9月19日・26日放送の、FM世田谷「農といえるニッポン!」ゲストは、築地マグロ仲卸 鈴与三代目 国際魚食研究所 所長 生田 與克さんでした。

このとき、生田さんが世田谷区内の学校で何度か出前授業を行っているというお話を聞かせていただきました。私も生田さんの出前授業を聞いてみたいので、世田谷区で授業を行うときは声をかけくださいとお願いしていました。

すると生田さんから、「今度、世田谷区立砧中学校で授業を行うけど見学に来ない?」と連絡をいただきました。急いで砧中学校に連絡し見学・取材させていただくことができました。

授業は生田さんからお魚クイズ、魚の漁法、漁師さんたちの現場についてのお話を聞いたあと、スタッフ2名の方が講堂の前と後ろに分かれて1匹ずつ8kgもある大きな「ぶり」を中学1年生の前でおろすところを実演しました。

8kgもある、ぶりを持った男の子からは「重い!」という言葉が飛び出しました。大きな包丁でおなかを開き、中からたくさんの内臓をかきだすのを見て、みんなびっくりしています。内臓をかきだしたあと、生徒から「どんな構造になっているのか見たいと。」と声がかかり、スタッフの方が魚を切り開いた方を見せながら、骨や構造について詳しく説明すると、みんなはとても真剣に聞いていました。

女の子たちは、近寄ってきて頭の部分を「さわっていいですか?」と、さわっていました。「ぬるぬるしている」と感想を伝えたり、魚をさわった手の匂いを嗅いだりしていました。

魚が切り身になったところで、再び生田さんのお話がスタート。後半は、「命をいただいている」ということについてのお話でした。

授業が終わったあと、生田さん、スタッフの方々、そして授業を受けた中学1年生5人のみんなに、それぞれ感想を聞かせていただきました。この内容は、2月20日(土)FM世田谷「農といえるニッポン!」で
放送される予定です。

インタビューに協力してくれた砧中1年生のみんなありがとう!築地 生田さん、スタッフの方、世田谷区立砧中学校 校長先生、副校長先生、担当の先生方、ご協力誠にありがとうございました。

2月27日(土)は、「食育+キャリア教育」について、世田谷区立砧中学校 校長先生のインタビューをお届けする予定です。お楽しみに。

ゲスト紹介
http://www.agranger.jp/radioguest1.html

下記の記事もあわせてご覧ください。

2009年09月15日:日本の魚食文化&魚食スペシャリスト検定
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/128121313.html
2009年09月26日:魚食スペシャリスト検定に合格しました!
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/128860854.html

築地 魚河岸野郎
http://www.uogashiyarou.co.jp/
国際魚食研究所
http://www.gyoshoku.com/
posted by 農業情報総合研究所 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市農業・食・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする