2009年12月13日

宮城県 松島に行ってきました!

初めての松島。季節的に牡蠣がおいしいと聞いていたので楽しみにしていました。駅のすぐ近くにはカキカレーパンの看板がありました。気になりましたがすぐにランチタイムだったので我慢。我慢。ランチは予めダンナが調べておいてくれたお寿司屋さんに入りました。せっかくだからと、ダンナが焼き牡蠣も注文してくれました。わーーい!

091113-1.jpgお昼前にお店に入ってからしばらくすると、常連さんらしき人たち、観光客の方で店内はあっという間に満席。ごはんがたっぷり、ネタがおおきすぎて食べづらいということもなく、女性的には嬉しい量のお寿司でした。ネタも新鮮でどれもおいしい!はぁ〜、海の近くはやはりお魚がおいしいですねー。

ランチを食べたあとは、「おさかなセンター」に向いました。お目当ては、ここでしか食べられないという「松島カキバーガー」。よく見ると、「めかかつバーガー」というのもありました。ほかにも定食などもあり、セルフサービスですが2Fで食事することができます。

091113-3.jpg写真が「松島カキバーガー」。早速、ダンナがチャレンジ!ところが、牡蠣はどこに入っているのかな?と不思議そうな顔をしています。

じゃ、私にもちょうだい。と食べてみたのですが・・・。牡蠣が入っていたのかどうかは全然わかりませんでした。ただ、味はあっさりしておいしかったです。それにしても、どこに牡蠣が入っていたんだろう?不思議。

帰ってから、カキバーガーの口コミを調べてみると、どうやらカニクリームコロッケに細かいカキの身が入っていたようです。う〜ん、牡蠣が丸ごと入っているのかと思っていたら違っていました。

091113-2.jpgさらに、このセンターの2Fには写真のような変わり種のアイスクリームがたくさんありました。

・真珠アイス・茶色いヤキソバアイス・しじみアイス・インドカレー・わさびアイス・ほやアイス・ふかひれラーメンアイス・塩アイス・源氏ボタルアイス・マンゴーアイス・ずんだアイス・牛たんアイス・三陸ウニアイス・ササニシキアイス・フカヒレアイス・コラーゲンアイス・黒糖アイス・生キャラメルアイス

すごいですねー。しかし、どれがおすすめなんでしょうか?人気ベスト5ぐらいは表示しておいていただけると嬉しいんだけどなー。

091113-4.jpgさて、このあと松島での宿泊先「松庵」へ移動。到着後、休憩してからお風呂に行ってみました。

女性風呂は天井が高く大きな窓からは海が見えます。私はとてもリラックスできるのでこういったお風呂が大好きです。お風呂なかにはレモンライムが浮かべてありました。

温泉ではかなったのですがジャグジーだからでしょうか?体がぽかぽかしていました。後で気づいのですが露天風呂はバラ湯になっていたようです。うーっ、しまった。続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「食料の安全保障と日本農業の活性化を考える」シンポジウムに参加してきました。

2009年10月21日にご案内しました、下記のシンポジウムに行ってきました。シンポジウムは3部構成となっており、私は第二部の事例報告と、第三部のパネルディスカッションに参加することができた。

この日は丸ビルホールは満席。会場に入れずエントランスホールにモニターが設置されるほどでした。会場での写真撮影は禁止だったので、写真はありません。

「食料の安全保障と日本農業の活性化を考える」シンポジウム
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/130865507.html

1.日 時 :平成21年12月4日(金)13時30分〜17時
2.会 場 :丸ビルホール
3.テーマ :「食料の安全保障と日本農業の活性化を考える」
4.共 催 :東京農業大学、毎日新聞社
5.後 援 :農林水産省、全国農業協同組合中央会、全国農業協同組合連合会、日本農学アカデミー、実践総合農学会、東京農業大学総研研究会

第一部:主催者からのメッセージ
・東京農業大学学長 大澤貫寿
・毎日新聞社常務取締役主筆 菊池 哲郎

第二部:事例報告
・練馬区農業体験農業園園主会会長 白石 好孝氏
・稲作経営 面川 義明氏
・パルシステム神奈川ゆめコープ理事長 斎藤 文子氏
・農林水産大臣官房政策課長 末松 広行氏

第三部:パネルディスカッション
コーディネーター:東京農業大学客員教授 中村靖彦氏

パネリスト 
・竃菜くらぶ代表取締役社長 澤浦 彰治氏
・タレント・女優 大桃 美代子
・キリンホールディング椛樺k役 荒薪 康一郎氏
・NPO法人日本プロ農業総合支援機構副理事長 高木 勇樹氏
・東京農業大学学長 板垣 啓四郎氏

第三部のパネルディスカッションは、各分野のパネラーの方々がいらしたのでコーディネーターの方は、どのように進行されるのか注目した。

まずは、それぞれの立場から農業について気になっている点、農地法、農家の個別所得補償、担い手問題、安全保障といった大きな枠組みの中で進行されていたと思う。

個人の発言については割愛するが、農業にチャレンジする人たちが成功していくような仕組みづくりで担い手を育てていく。農地を借りれるような制度、農業を経営として行っていくためにはどのようなことが必要であるか、海外の事例紹介など多面的な議論が交わされた。
posted by 農業情報総合研究所 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする