2009年11月07日

東京農業大学第118回収穫祭レポート!

091031-1.jpg東京農業大学 第118回収穫祭に行ってきました!この日、ちょっと汗ばむほどの陽気でした。

農大の正門に到着すると緑がいっぱい!正門前ではケータイで写真を撮っている人。記念撮影している人がたくさんいました。

校内に入ると、野菜をいっぱいかかえた人たちが正門に向かって歩いてきます。あれ?もう帰る人もいるようです。みなさん、早くから来られていたようですね。

091031-3.jpg売り切れてしまったかなーと思いつつ、最初にのぞいたのは醸造学科のお味噌売り場。あれ?醸造門がないけどみんな並んでいるみたい。

ひょっとしてまだあるかも?急いで行ってみると、用意されたお味噌はほとんど売り切れ。残り3つの商品販売のみですと学生が説明しています。でも3つ商品が残っているので久しぶりにお味噌を買いました。張り切ってお味噌を2つも買ったので、このあと荷物が重くて大変でした。

091031-6.jpg091031-7.jpg私は、毎年楽しみにしているのがこの神輿広場です。全部ご紹介したいぐらいユニークで力作ぞろいの作品が展示されています。

今回は2つの作品をご紹介します。左が国際農業開発学科の作品。右は、国際バイオビジネス学科の作品です。かなり大きいです。でも、どうやって作ってあるんでしょうか?

091031-4.jpg今度は模擬店をぐる〜りとまわってみました。衛生・安全・味・接客・装飾が優れていると認定された模擬店は「優良店」に選ばれます。写真のような、かわいいキャラクターの人形が飾ってあるのですぐにわかりますよー。

模擬店をまわっていると、ラジオに出演してくれた学生のみんなが、「大学院に受かりました。」「就職が決まりました。」など、嬉しい報告をしてくれます。みんな、本当によかったね!

091031-5.jpg農業戦隊源流レンジャーとしてラジオ出演してくれた「源流放課後の会」のブースをのぞいてみました。

ブースには、ラジオに出演してくれたメンバーが勢ぞろい。みんなとっても頑張っていました。昨年も、こちらのブースで野菜を買ったのですがとてもおいしかったので今年も買いに来たというわけです。
今年も白菜、そして彼女たちのおすすめシャクシ菜、マコモタケを買いました。シャクシ菜、マコモタケはどうやって食べるの?と聞くと、彼女たちが食べた方を教えてくれたので買ってみることにしました。さて、どんな風に食べたのかは別途ご報告いたします。小菅村の野菜はとても甘くておいしかったです。ごちそーさまでした。

091031-8.jpgこのあと文化学術園を駆けでまわりました。食料環境経済学科 農業経営学研究室では、農業戦隊長和レンジャーとして出演してくれた学生が発表について説明してくれました。

発表のテーマは、山形県 長井市の「虹をかける生ごみ〜循環型社会にかける長井市の挑戦」です。とても面白かったです。説明ありがと♪

アグロトレード研究室
発表のテーマは、、「日豪EPA交渉と脅かされる日本の牛肉自給率」
毎年、熱心にレポートをまとめている研究室です。今年のテーマもとても興味深い内容となっていました。

アメリカ・EU農業研究室
発表のテーマは、「農産物の貿易自由化による農業への影響と対策」
こちらも難しいテーマにチャレンジしています。学生さんたちの冊子を読むだけでとても勉強になりますよ。見逃したかたは、来年ぜひ発表を見てくださいね。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 世田情報:お店・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする