2009年11月07日

東京農業大学第118回収穫祭レポート!

091031-1.jpg東京農業大学 第118回収穫祭に行ってきました!この日、ちょっと汗ばむほどの陽気でした。

農大の正門に到着すると緑がいっぱい!正門前ではケータイで写真を撮っている人。記念撮影している人がたくさんいました。

校内に入ると、野菜をいっぱいかかえた人たちが正門に向かって歩いてきます。あれ?もう帰る人もいるようです。みなさん、早くから来られていたようですね。

091031-3.jpg売り切れてしまったかなーと思いつつ、最初にのぞいたのは醸造学科のお味噌売り場。あれ?醸造門がないけどみんな並んでいるみたい。

ひょっとしてまだあるかも?急いで行ってみると、用意されたお味噌はほとんど売り切れ。残り3つの商品販売のみですと学生が説明しています。でも3つ商品が残っているので久しぶりにお味噌を買いました。張り切ってお味噌を2つも買ったので、このあと荷物が重くて大変でした。

091031-6.jpg091031-7.jpg私は、毎年楽しみにしているのがこの神輿広場です。全部ご紹介したいぐらいユニークで力作ぞろいの作品が展示されています。

今回は2つの作品をご紹介します。左が国際農業開発学科の作品。右は、国際バイオビジネス学科の作品です。かなり大きいです。でも、どうやって作ってあるんでしょうか?

091031-4.jpg今度は模擬店をぐる〜りとまわってみました。衛生・安全・味・接客・装飾が優れていると認定された模擬店は「優良店」に選ばれます。写真のような、かわいいキャラクターの人形が飾ってあるのですぐにわかりますよー。

模擬店をまわっていると、ラジオに出演してくれた学生のみんなが、「大学院に受かりました。」「就職が決まりました。」など、嬉しい報告をしてくれます。みんな、本当によかったね!

091031-5.jpg農業戦隊源流レンジャーとしてラジオ出演してくれた「源流放課後の会」のブースをのぞいてみました。

ブースには、ラジオに出演してくれたメンバーが勢ぞろい。みんなとっても頑張っていました。昨年も、こちらのブースで野菜を買ったのですがとてもおいしかったので今年も買いに来たというわけです。
今年も白菜、そして彼女たちのおすすめシャクシ菜、マコモタケを買いました。シャクシ菜、マコモタケはどうやって食べるの?と聞くと、彼女たちが食べた方を教えてくれたので買ってみることにしました。さて、どんな風に食べたのかは別途ご報告いたします。小菅村の野菜はとても甘くておいしかったです。ごちそーさまでした。

091031-8.jpgこのあと文化学術園を駆けでまわりました。食料環境経済学科 農業経営学研究室では、農業戦隊長和レンジャーとして出演してくれた学生が発表について説明してくれました。

発表のテーマは、山形県 長井市の「虹をかける生ごみ〜循環型社会にかける長井市の挑戦」です。とても面白かったです。説明ありがと♪

アグロトレード研究室
発表のテーマは、、「日豪EPA交渉と脅かされる日本の牛肉自給率」
毎年、熱心にレポートをまとめている研究室です。今年のテーマもとても興味深い内容となっていました。

アメリカ・EU農業研究室
発表のテーマは、「農産物の貿易自由化による農業への影響と対策」
こちらも難しいテーマにチャレンジしています。学生さんたちの冊子を読むだけでとても勉強になりますよ。見逃したかたは、来年ぜひ発表を見てくださいね。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 世田情報:お店・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

09インターンシップレポート(栄養学科1)

2009年度も、引き続き東京農業大学 短期大学部 生物生産技術学科 藤垣教授のご協力のもと全学科の先生にご協力いただき、大学生のインターンシップレポートをお届けすることになりました。

栄養学科の学生さんたちから、ラジオチャレンジ感想文が届いていますのでご紹介します。

・東京農業大学短期大学部 栄養学科2年

 最初、ラジオで校外実習の体験談を話してくれないかと言われたときは、正直、初めてのことでどうやればいいのかとかなり不安になりましたが、植村さんとうち合わせをしているうちに逆に楽しみなっていました。

 当日も、本格的な機材に囲まれて少し緊張しましたが、植村さんがリードしてくれたので、大きなミスもなく終えることができました、私がした体験がこれから校外実習をする人たちの役に立てばいいなと思います。

・東京農業大学短期大学部 栄養学科2年

 この度は、ラジオに出演させていただきありがとうございました。
 初めてお話をいただいたときは『私なんかで大丈夫かなぁ』と不安でいっぱいでしたが、打ち合わせの時からいろいろな質問などしていただいたり、とてもスムーズにに収録することができました。

 今回私たちグループは学外実習の体験レポートというテーマで行ったのですが、収録のための事前打ち合わせや本番に向けて自分の中で内容を整理するうちに、実習で感じたこと、学んだこと、また今後の進路に対しての考えを再確認することができました。

とても貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
緊張で話した内容をほとんど覚えていないので、放送をドキドキしながら待とうと思います。ありがとうございました。

農業戦隊インターンシップレポートチームからのリクエスト曲

・スピッツ / スターゲイザー

この内容は、11月14日(土)の放送予定です。お楽しみに♪続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生のラジオ出演感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京農業大学ホームページ&国際農業開発学科ブログに掲載していただきました!

FM世田谷 農といえるニッポン!ゲストコーナーに、東京農業大学 国際食料情報学部 国際農業開発学科 教授 板垣啓四郎先生がご出演されます。

このご出演について、東京農業大学のホームページで紹介していただきました。
http://www.nodai.ac.jp/
http://www.nodai.ac.jp/news/category-detail.php?new_id=983

また、東京農業大学 国際食料情報学部 国際農業開発学科ブログ、情熱広場にでもご紹介していただいています。
http://nodai.cc-town.net/modules/nmblog/categories.php?mode=show&category=6
大学関係者のみなさま、どうもありがとうございました。

放送は11月14日、21日(土)です。お楽しみに!
posted by 農業情報総合研究所 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | プレスリリース・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

本のご案内/江戸東京野菜・図鑑編・物語編

2007年2月10日放送の、FM世田谷「農といえるニッポン!」ゲストコーナーにご出演していただいた、世田谷区の大塚農園 大塚さんから、「江戸東京野菜 図鑑編」についてご紹介していただきました。

10月11日の記事でもご紹介しています。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/130014280.html

091105-3.jpg091105-4.jpg
その後、発行もとである農文協さんから江戸東京野菜・図鑑編・物語編をいただきました。
>農文協さん、ありがとうございました。

江戸東京野菜・図鑑編は、江戸東京野菜17種の由来と栽培法、姿形、味覚をカラーで紹介。
世田谷区の大蔵大根、下山千歳白菜が紹介されています。

物語編では江戸の歴史と野菜について詳しく知ることができます。
第1章 四百年の歴史を伝える江戸東京野菜
第2章 暮らしに息づく江戸東京野菜
第3章 江戸の食の「柱」は江戸生まれの野菜-食文化研究者・江原絢子氏に聞く
第4章 江戸東京野菜復活の取り組み

発行:農文協 著者・監修 大竹道茂「江戸東京野菜 図鑑編」
ご興味のある方は下記のサイトをご覧ください。

江戸東京野菜・図鑑編
http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_4540091094/
江戸東京野菜・物語編
http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_4540091087/
posted by 農業情報総合研究所 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業マンガ・本・聖地巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

09.11月大学生からのリクエスト曲/東京農大 大根踊り

091026-2.jpg2008年から大学生のみんなに、聞いてみたい曲、思い出の曲、好きな曲など、思い思いにリクエストしてもらっています。

最初は、みんな恥ずかしがって何でもいいです。特にありません。なんて言っていましたが、最近では事前に考えてくれる学生もいますが、その場でiPodを取り出しサラサラ〜っと検索&選曲。タイトルやアーティストがわからなければケータイでサラサラ〜っと検索しちゃうのです。それもすごいスピードです。

いろいろなリクエストが飛び出すなかで、東京農業大学 大根踊りのリクエストが来ました。この曲の正式タイトルは、青山ほとりだそうです。
posted by 農業情報総合研究所 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生からのリクエスト曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

09.10月大学生からのリクエスト曲

2009年9月にラジオに出演してくれた大学生からのリクエスト曲紹介です。曲紹介も大学生のみんながチャレンジしました♪

・2009.10.31/東京農大 国際バイオビジネス学科
 農業戦隊源流レンジャーからのリクエスト曲  
 福山雅治 / 虹

・2009.10.24/東京農大 国際バイオビジネス学科
 農業戦隊じょうえつOGRレンジャーからのリクエスト曲  
 I WISH / 明日への扉

・2009.10.17/東京農大 国際バイオビジネス学科
 農業戦隊じょうえつOGRレンジャーからのリクエスト曲 
 馬場 俊英 / スタートライン

・2009.10.10/東京農大 食料環境経済学科
 農業戦隊長和レンジャーからのリクエスト曲 
 GReeeeN / キセキ

・2009.10.3/東京農大 食料環境経済学科
 農業戦隊長和レンジャーからのリクエスト曲 
 ポルノグラフティー / ミュージックアワー
 
みんなリクエストありがとうね!
posted by 農業情報総合研究所 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生からのリクエスト曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

ぐるっと関西グルメ(神戸編・元祖ソバメシの店)

091101-2.jpg久しぶりに、ぐるっと関西を巡って来ました。まずは神戸からお楽しみいただきましょう!

さて、向かったのは神戸市営地下鉄海岸線の新長田駅。神戸出身の漫画家 故横山光輝さんの代表作「鉄人28号」の原寸大モニュメントが完成したというので見に行ってきました。モニュメントの前は、たくさんの親子づれが思い思いに写真をとっていてにぎわっていました。それにしても大きいー!

そのほか、新長田の商店街には横山光輝「三国志」にまつわる石像やオブジェやパネル展示も行われていました。商店街をぐるりとまわったあと、お目当ての「そばめし」のお店にGO!

到着したのは、お好み焼き屋「青森」さん。このお店は昭和33年、初代がお客さんのリクエストからそばめしを考案したと紹介されているお店です。このお店はダンナが調べていて行くのを楽しみにしていたお店です。

私たちが到着して席についたとたん、10分もしないうちに店は満席。みなさん、順番待ちで次々とお店に入ってこられました。ビックリ!お店の方とお客さんのお話を聞いていると、鉄人28号効果で人が少し町に出始めたと会話されていました。

わたしたちも楽しみにしていた「そばめし」を注文。神戸でそばめしを食べたのは何回目かなー?それぞれ、お店によって味や、そばめしの色が少しずつ違うから面白い。

少し前までは大阪の人でも知らない人が多かったんですよ。最近はどうかな?私も友達に教えてもらったとき、「そば」と「ごはん」別々に食べればいいのに。一緒に食べるなんて・・・。と思っていたのですが食べてみたらやみつきです!大阪のお好み焼き屋さんでは、メニューにそばめしは(ほとんど)ないので神戸で食べてみてね!

★★そばめしを知らないあなたに★★
職人さんがお好み焼き屋さんの、焼きそばに弁当の白ご飯をまぜたことから誕生したといわれています。

091026-6.jpg東京に戻ってきてからも、そばめしが食べたくなったので我が家でもそばめしを作って食べました。
写真は我が家のそばめしです。簡単なので、みなさんもぜひトライしてみてください。
posted by 農業情報総合研究所 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京・銀座/とうきょう農業新発見フェスタ

世田谷区 都市農業課の方からイベントのご案内をいただきましたのでご紹介いたします。
>ご案内ありがとうございました。

=とうきょう農業新発見フェスタ=

東京23区内に農地を有する10区が、都市農業の振興及び農地保全を東京23区区民に向けてPRすることを目的として、PRイベントを行います。

「農業・農地は23区の宝 とうきょう農業新発見フェスタ」
〜かわいいご当地キャラクターも応援にくるよ!〜

開催日 平成21年11月29日(日)
時 間 午後12時45分から午後4時まで
場 所 数寄屋橋公園(中央区銀座5−1)
主 催 世田谷区 目黒区 大田区 杉並区 板橋区 練馬区 足立区
 葛飾区 江戸川区(主催10区は「都市農地懇談会」を開催し、農業振興・農地保全に取り組んでいます。)

イベント内容 
(1)農地を有する10区の農業関連事業、イベント等のパネル展示
(2)アンケートにお答えいただいた1000名様へ、東京23区の新鮮野菜のプレゼント。

※駐車場はありませんので、お車でのご来場は、ご遠慮下さい。

詳しくは下記のサイトをご覧ください。
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/040/d00025556.html
posted by 農業情報総合研究所 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜×親子食育講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

日本食育学会・公開シンポジウム2009開催のご案内

FM世田谷「農といえるニッポン!」2004年11月に、ゲストコーナーがスタートしたときの第1回目のお客様は、社団法人 農山漁村文化協会 所長さんでした。今回、下記公開シンポジウムのご案内をいただきましたのでご紹介させていただきます。

=日本食育学会・公開シンポジウム2009開催のご案内=
食と農をむすぶ“本物体験”を
〜「いのちを育む食育」への深化に向けて〜

開催日 11月7日(土)13:00〜16:30
会場: 東京農業大学世田谷キャンパス百周年記念講堂

開会開会挨拶 (13:00〜13:10)
基調講演:進士 五十八 (東京農業大学教授・前学長) 
いのちを育む“農の体験”をもっと豊かに<みんな現代的「百姓」(トータル・マン)になろう>

実践報告
・<報告@> 新津 榮(足立区立平野小学校教諭) 
・<報告A> 伊藤 朝子((財)武蔵野健康開発事業団 健康づくり支援センター担当係長)
・丸吉 具子((財)武蔵野健康開発事業団健康づくり支援センター健康運動指導士)
・<報告B> 大竹 道茂 (東京都農林水産振興財団 食育アドバイザー)         
・<報告C> 秋田 昌子 (墨田区福祉保健部保健計画課主査・管理栄養士)
中島 マサ (すみだ食育推進リーダー会 会長)

(質疑応答)(15:40〜16:30) 基調講演者・実践報告者の意見交換 (会場参加者との質疑・交流)
(17:00〜) レストランすずしろ (懇親会参加費 : 会員 5000円 非会員 6000円 学生 1000円)

当日受付での参加も可能です。
申込書は学会ホームページ(「日本食育学会」で検索)
http://www.shokuiku-gakkai.jp/index.html)からも
ダウンロードできます。
日本食育学会事務局 メール:shokuiku@nodai.ac.jp
posted by 農業情報総合研究所 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・レシピ・栄養・食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農業戦隊長和レンジャー ラジオチャレンジレポート4

東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科 立岩先生をはじめとする食料環境経済学科の先生のご協力のもと、長和レンジャーが結成されました。

平成20年度文科省「質の高い大学教育推進プログラム」(教育GP)に、東京農大が取り組む「地域再生・活性化の担い手育成教育」が採択されました。今回採択されたプログラムは、長野県長和町を舞台に行われており、長和レンジャーの学生からは現地での体験レポートを担当してもらっています。

2009年10月10日(土)に放送された、FM世田谷 農といえるニッポンで体験レポートを担当してくれた2人から、ラジオチャレンジ感想文が届いていますのでご紹介します。

■東京農業大学 食料環境経済学科3年 
 農業戦隊長和レンジャー@沼レンジャー

 東京農業大学食料環境経済学科が文部科学省で採択されたプログラム、教育GP(地域再生・活性化プログラム)での取り組みを地域の皆さんに紹介すると言うことで、ラジオに出演させていただくことになったのですが、私自身ラジオに出演するのは初めてで、収録前の打ち合わせでは、若干緊張していましたが、そこで植村さんが緊張をほぐしてくれるようにラジオの進め方などをやさしくアドバイスしてくれたので、収録にはリラックスして挑むことができました。

 収録中は、植村さんが会話を終始リードしてくれたことで、楽しみながら収録できたと思います。ラジオ出演は私の中で貴重な体験となりましたし、声で伝えるという難しさも感じました。

 私自身機会があればまた出演してみたいですし、これからも長和レンジャーとして、他のメンバーたちが出演する機会があると思います。その時に、私たちの取り組みを多くの人に知ってもらえるように、これからも精進していきたいと思います。

■東京農業大学 食料環境経済学科3年 
 農業戦隊長和レンジャー@まゆレンジャー

 9月24日にFM世田谷で教育GP「山村再生プロジェクト」のラジオ収録がありました。生放送でもなく、質問される内容がわかっていると思っていてもやはり実際スタジオを見たり、打ち合わせをしているとすごく緊張しました。

 収録は2グループに分けて収録し、私は後半に収録だったので前半グループの収録を音源調節などする部屋で聞いていましたが、2人ともラジオ収録が初めてとは思えないぐらい話しているのを見て、自分はこんな風に出来るのか…などと不安と緊張が一気に押し寄せてきました。

 前半グループの収録が終わり、収録をするためにスタジオへ入り収録が始まった瞬間に頭の中が真っ白になってしまい質問されても上手く伝えることが出来ませんでした。

 またテレビとは違い、声のみでしか伝えることが出来ないのでラジオは本当に上手く伝えるのが難しいと思いました。

 一応無事に収録を終えることができましたが、今回の出来は別として
、とても良い経験になり、楽しかったので、また機会があれば是非参加させて頂きたいと思います。

・2009.10.10/農業戦隊 長和レンジャーからのリクエスト曲
GReeeen/ キセキ
posted by 農業情報総合研究所 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生のラジオ出演感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

農業戦隊長和レンジャー ラジオチャレンジレポート3

東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科 立岩先生をはじめとする食料環境経済学科の先生のご協力のもと、長和レンジャーが結成されました。

平成20年度文科省「質の高い大学教育推進プログラム」(教育GP)に、東京農大が取り組む「地域再生・活性化の担い手育成教育」が採択されました。今回採択されたプログラムは、長野県長和町を舞台に行われており、長和レンジャーの学生からは現地での体験レポートを担当してもらっています。

2009年10月3日(土)に放送された、FM世田谷 農といえるニッポンで体験レポートを担当してくれた2人から、ラジオチャレンジ感想文が届いていますのでご紹介します。

■東京農業大学 食料環境経済学科3年 
 農業戦隊長和レンジャー@関レンジャー
 
 今回、僕たちの所属する食料環境経済学科が取り組んでいる教育GP(長野県長和町というところで行っている山村再生プロジェクト)を紹介するということで、9月24日にFM世田谷にて、ラジオの収録を行いました。

 ラジオの出演は初めてで、そもそもラジオ局に入ったこともなかったので、収録が迫ってくるとすごく緊張して、何回もトイレに行きたくなるような感じでした。また、あらかじめ何を質問されてもいいように、回答を書いたノートを持っていったのですが、音が入るということで使えず、余計に緊張が増しました。

 そして、収録に入ったのですが、相方の梅レンジャーがいつものハイテンションぶりを発揮してくれたり、植村さんのナイスフォローのおかげで、緊張が解けるのと同時に楽しさをも覚え、収録も順調に進みました。収録が終わると、是非またやりたいなとも思いました。

 今回の収録で、僕らがやっている活動等を満足に紹介できたかどうかは、あまりよく分かりませんが、次の機会があるのであればまた参加させていただきたいと思います。

■東京農業大学 食料環境経済学科3年 
 農業戦隊長和レンジャー@梅レンジャー

 この度はFM世田谷「農といえる日本!」に出演させて頂きありがとうございました。

 私はラジオ収録は初めての体験だったのですが、植村さんのフォローのおかげでとてもリラックスして話す事が出来ました。

 実際にラジオに出演してみて、改めて言葉で伝える事の難しさを感じました。また、ラジオという形で自分達の活動が少しでも多くの人の耳に届くと思うと凄く嬉かったです。

 これからは今まで以上に活発に行動していきたいと思います。本当に貴重な体験をありがとうございました。

・2009.10.3/農業戦隊 長和レンジャーからのリクエスト曲
ポルノグラフティ/ミュージックアワー
posted by 農業情報総合研究所 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生のラジオ出演感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする