2009年03月30日

農大OB蔵元インタビュー!出羽桜酒造株式会社

FM世田谷「農といえるニッポン」では、2007年度から東京農業大学 短期大学部 生物生産技術学科 藤垣教授のご協力のもと、全学科の先生にご協力いただき学生のインターンシップレポートをお届けしています。

2008年度からは、インターンシップを受け入れている方々にも登場していただいております。現在までに、ご協力いただいた方々のご紹介です。(*昨年のご紹介の順序が間違っていたので訂正しました。)

■2008年度インターンシップ受入れ先インタビュー

・1回目:福島県 鮫川村 企画調整課 課長 鈴木さま
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/113341177.html

・2回目:静岡県 青木農園 青木さん
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/109613001.html

・3回目:愛知県 (有)メンデルジャパン 専務取締役 蜷川さん
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/110051379.html

・4回目:埼玉県 熱田さん
    地域指導農業協会会長、熊谷市:酒米栽培研究会会長
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/111136016.html

・5回目:千葉県 みかど協和株式会社 袖ヶ浦農場の三上さん
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/111711613.html

・6回目:長野県 天領誉酒造株式会社
 農大OB蔵元インタビューはこれで3回目となりました。
 http://www.tenryohomare.co.jp/index.html

・7回目:奈良県 天然醸造醤油 片上醤油さん

8回目は、山形県 出羽桜酒造株式会社の社長さんにお話しを聞かせていただくことになりました!出羽桜と言えば、日本酒好きの方ならご存じの方も多いと思います。私も、おいしいなーと家では飲んでいましたが、まさかその蔵元の社長さんにお話しを聞けることになるなんて・・・。自分でも驚いています。大変お忙しいなかスケジュールを調整してくださり電話でのインタビューとなりました。本当に、ありがとうございました。

海外でも大人気の出羽桜。インタビューでは出羽桜の日本酒に対するこだわり、商品のご紹介、学生のインターンシップ受け入れ、そして、保存が難しい日本酒の海外出荷がなぜ可能になったのか?海外での日本酒人気が日本食ブームと関係があるのか?社長に直接聞いてみました。とても興味深いお話をたくさん聞かせていただきました。この内容は、4月4日(土)11日(土)FM世田谷 農といえるニッポンで放送予定です。お楽しみに♪
posted by 農業情報総合研究所 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生農業インターンシップ受入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする