2009年01月18日

関西の郷土料理(関西の味噌は白みそ?)

関西で当り前のように食べていたお料理が、実は関西独特のお料理や食材だということに気づいたのは東京に来てしばらくしてからでした。関西の郷土料理って何があるんだろう?と、疑問に思ったのは「みその全国マップ」を見たのがきっかけでした。どの「みそマップ」を見ても「関西白みそ」と書かれています。地図をよく見ると、その位置は京都。

私は大阪出身ですが、実家の母は米みそを使っています。友達のお母さん、関西地方で外食をしても一般的にみそ汁に使用されているのは米味噌がほとんど。なのに、どうして「関西白みそ」と表記されることになったのでしょうか?機会があれば調べてみたいと思っています。

大阪天満宮の近くには、創業300年以上前と言う、「とりゐ味噌」屋さんがあります。名前の由来は、天満宮の鳥居の正面にあるので「とりゐ味噌」という名前だとか?大阪に味噌屋さんがあるのを初めてしりました。
kansai-2.jpgお店の方がに丁寧に味噌について説明してくださいました。今回は写真の3つのみそを買いました。左がもろみで野菜スティクなどにつけて食べるみそ。中央、右はみそ汁用です。中央のみその色を見てびっくり!赤だし?と思ったほど濃い色です。お店の方に伺ってみると、「熟成させている期間が違います。その分まろやかでおいしいですよ。」と教えて頂いたので濃いみそと一般的なみそ2つを買うことにしました。

東京に戻り、濃い方のみそでみそ汁を作って飲んでみました。飲んでみるとコクのあるまろやかなお味噌汁でおいしい。それだけじゃなく、なんだかとても懐かしい感覚になりました。昔は、こういう味噌汁を飲んでいたのでしょうか?でも、本当においしい!一緒に飲んだダンナもおしいと驚いていました。薄い色のみそもとてもおいしかったですよぉ〜。「とりゐ味噌」の商品は一般流通販売されていないようですが、お取り寄せのもできるので興味のある方は購入してみてください。

こちらのお店でも白みそは扱っていらっしゃいますが季節限定商品。お正月前には「白みそ」を予約販売されているそうです。ということは、やはり大阪人は普段は白みそを使った味噌汁は飲まないということになるのではないでしょうか?私が小さい頃、大阪では白みそはハレの日、めでたいときに使われる高級味噌なんだと母から教わりました。正月前に多く売れるということは、この習慣は大阪にまだ残っているということですね。

関西といっても広いので地域によって使うみそは違うのでしょうが、大阪のみその歴史はどうなっているのでしょうか?こんな日常のささいな疑問から、母が教えてくれた料理や関西の郷土料理について少しずつ調べていきたいと思います。
posted by 農業情報総合研究所 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・味噌・酢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする