2008年10月16日

「実践、日本酒のおしい飲み方・選び方」

東京農大「食と農の博物館」で開催されました、東京農大オープンカレッジ「実践、日本酒のおしい飲み方・選び方」3回講座の最終日を取材させていただきました。

この講座を担当されたのは、東京農業大学 短期大学部 醸造学科 准教授 穂坂先生です。私が担当している番組には、2007年1月にゲストとして登場していただきました。その後、大学生たちのラジオチャレンジ活動、醸造戦隊、短期大学部醸造学科のインターンシップレポートをサポートしてくださっています。

私が取材させていただいたのは、3回シリーズの最終回です。いつもお世話になっているのに、先生の講義を聞くのは初めて。講義は、参加者のみなさんが大きくうなずいたり、笑いが絶えない、とても楽しい内容でした。定員30名に対し32名の方々が参加されました。

この講座では、講義のあと毎回試飲ができることになっています。講義後、お待ちかねの試飲会。待ってました!と、いいたいところですが、私は参加者のみなさんにインタビューしないといけないので、しばしお預け状態。うぅぅぅぅ。

皆さんの試飲を横目でみながらインタビュー、インタビューっと。まずは、講義を担当した穂坂先生、そして参加者のみなさんに講座の感想を聞いてみました。御年配の方、女性、ご夫婦で参加など、みなさんから楽しいお話をたくさん聞かせていただきました。日本酒の銘柄もいくつか飛び出したりみなさんとても日本酒に詳しい方々でした。この内容については、10月18日、25日放送の、FM世田谷「農といえるニッポン!」をお聞きください。

さて、この講座でどんなお酒が試飲できたのか、先生に銘柄を紹介していただきました。以下、15社です。
続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒・甘酒・日本酒講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする