2008年08月19日

ワシントンDCレポート2

ワシントン2日目は、朝から市内観光ツアーに参加しました。参加者は10名と少なかったけれど、小さなバスでの移動が思っていた以上に楽でした。この季節、アメリカでは修学旅行シーズンらしく、市内は観光バスと子どもたちでいっぱいでした。

08wdc-04.jpgあまりにも人が多かったので遠い場所から1枚写真を撮っておきました。パチリ!ガイドさんが、修学旅行生にどこから来たのか子どもたちに聞き、彼らはニューヨークから来たそうですよと私たちに教えてくれました。すると、彼らの先生が近寄ってきて、自分は日本の八戸に行ったことがあるのだと話かけてきました。なんだか、楽しい先生でした。(笑)

このあとは、アーリントン墓地、ケネディの墓。バスからは、要塞のようなペンタゴンも見えました。ランチタイムは、このペンタゴンのショッピングモールで自由行動。中に入ってびっくり!関西のとある施設にそっくりだと思いました。ひょっとして、関西の施設はこれを真似したとか?

中央にテーブルとイスが配置されていて、それをぐるりと囲むようにいろいろなお料理のお店がありました。中華料理、ハンバーガー、タイ料理、日本とあまり変わらないような・・・。ダンナは、タイ料理にチャレンジ。私は無難にパンとコーヒーにしました。

写真撮るの忘れたけど、見た目は少し古くてばかでかい飲み物の自動販売機がありあました。日本の自動販売機のように、サンプル商品の陳列がなく、おつりもでてこないようでした。日本の自動販売機ってすごいんですねー。

08wdc-05.jpgラんチの後は、リンカーン記念堂、ホワイトハウス、ナショナルギャラリー、航空宇宙博物館などを見学しました。どこにいっても、修学旅行生でいっぱいでした。

ナショナルギャラリーは、有名な絵画がたくさんあるにも関わらず入場料は無料。すごい!時間が限られていたので、ダビンチ、フェルメールなどを数点見ました。ここでは、自由に写真撮影ができ、みなさんわいわいおしゃべりしています。ヨーロッパの美術館では写真撮影禁止。館内もシーンとしていたので、あまりにの違いに驚きました。

08wdc-06.jpg海外で日本食がブームなので、ワシントンDCで日本のお寿司を食べに行こうと思っていました。市内観光が終わり、お店に行けば十分間に合うだろうと思っていたのですが、お店に到着したときはすでに満席。1時間待ちだったのであきらめました。残念!!

仕方ないので、いったんホテルに戻ることにしました。途中、ジオグラフィックセンタービルの前にカエルを発見。思わず写真撮っちゃいました。ダンナがビールを買いたいというのでリカーショップにも行きました。店内には日本のビールもバラで販売されていました。日本のビールも頑張っているんですね。ダンナはイギリスの黒ビール買いました。レポート3へ続く〜。


posted by 農業情報総合研究所 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする