2008年08月01日

青森県 相次ぐ凍霜害・ひょう害によるリンゴの被害

青森県では、4月〜6月にかけて霜とひょうによる被害で多くのリンゴ農家が被害を受けたようです。被害は過去最高の約8000ヘクタールに及ぶ災害。リンゴにはひょう害痕と呼ばれる深い傷跡が残りました。(農業共済新聞より)

「県りんご対策協議会」は、被害で傷ついたリンゴのネーミングを募集(7月31日終了)し販売を予定。詳しくは、下記のサイトをご覧ください。http://www.aomori-ringo.or.jp/

近くのスーパーでは、青森県のリンゴが普通に売られていました。このリンゴは被害がなかった地域のリンゴなのでしょうか?傷ついたリンゴが捨てられることがないよう、都会の方々も青森県のリンゴ応援してあげましょう!


posted by 農業情報総合研究所 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜・果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする