2008年07月30日

ウガンダを中心にネリカ米の栽培普及に取り組む「ミスター・ネリカ」

ザ・ドキュメンタリー「稲作の達人 赤道を行く 〜10億人の空腹を救え〜」というタイトルの番組が放送されました。見た方いらっしゃいますか?

=JICAホームページから=
アフリカの農業生産増加と食料不足改善との切り札として、今注目を集めるのが、高収量のアジア稲と病害に強いアフリカ稲を交配した「ネリカ(New Rice for Africa:NERICA)」です。
ウガンダを中心にこのネリカの栽培普及に取り組んでいるのが、「ミスター・ネリカ」と呼ばれる坪井達史専門家です。番組ではウガンダおよびアフリカ開発会議(横浜)での坪井専門家に密着取材したドキュメンタリーが放送されます。(すでに放送は7月に終わっています。)

=番組ホームページから=
坪井達史さん、58歳。発展途上国でコメ作りを教える職人だ。アジア、中東、アフリカと渡り歩くこと30年。坪井さんがアフリカでいま普及をすすめているのが「ネリカ米」と呼ばれる畑に植える新しいおコメである。国際的な穀物価格の上昇により、コメは金の成る草になった。稲穂なんて見たことない、というアフリカの人々に日本人の稲作のDNAを伝えようと奮闘中だ。

30分という短い番組でしたが、坪井さんが現地の人たちに行っている講習会、収穫のようす、実際のネリカ米を映像で見ることができました。坪井さんは現地の方に信頼されていらっしゃるからですが、体を動かし現地の人に見せて教える。すると、現地の人たちがみんな真似して学ぶ。収穫した米が高値で取引され、子どもを学校に通わせることができると喜ぶ生産者の家族。今も、ウガンダ中を坪井さんは飛び回っていらっしゃるようでした。

東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科 地水工学研究室 高橋教授のご協力のもと結成された地水レンジャー1期生、2期生のメンバーからネリカ米の研究について話を聞いていたので、とてもわかやすく番組を見ることができました。地水レンジャーのみんなに感謝です。
posted by 農業情報総合研究所 at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 世田谷・お米WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

2008年度 大学生のインターンシップレポート

2007年4月に、東京農業大学 短期大学部(元)栄養学科 安原教授から、平成18年度「特色ある大学教育支援プログラム」(特色GP)に採択された、学生主導型インターンシップの取り組みをご紹介していただきました。

そして昨年、生物生産技術学科、環境緑地学科、醸造学科、栄養学科各先生方にご協力をいただき、大学生のインターンシップレポートを22回にわたってお届けいたしました。

2008年度も、引き続き東京農業大学 短期大学部 生物生産技術学科 藤垣教授のご協力のもと全学科の先生にご協力いただき、大学生のインターンシップレポートをお届けすることになりました。

東京農業大学 短期大学部特別チームによるインターンシップレポートは、今週からスタートです。8月は、醸造学科のチームの登場です!お味噌の会社、蔵元での体験レポートをお届けする予定です。お楽しみに♪

大学生の出演内容はこちらをご覧ください。
http://www.agranger.jp/radiokatsudo1.html
posted by 農業情報総合研究所 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 世田谷・野菜WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

「食・農・環境」に関する小論文・写真の募集のお知らせ

東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科 熊井先生から下記の案内をいただきました。

■「次世代につなげたい食・農・環境」をテーマとした小論文と写真の募集のお知らせ

東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科は、前身である農業経済学科の創設以来、本年で70周年を迎えます。これを記念いたしまして、高校生・大学生を主な対象として「次世代につなげたい食・農・環境」をテーマとした小論文と写真の募集することになりました。
応募要領の詳細につきましては、別紙をご参照下さい。写真部門は一般の方々も応募できます。

応募締切は9月30日(火)です。応募して頂いた方々には記念品を差し上げます。審査の上、優れた作品については第3回「食・農・環境」教育フォーラム(平成21年2月21日開催予定)にて表彰(賞状、記念品授与)致します。多くの方々のご応募をお待ちしております。

詳しくは、東京農業大学のホームページをご覧ください。
http://www.nodai.ac.jp/
posted by 農業情報総合研究所 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 世田情報:お店・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

池袋「ふくろ祭り」&「東京よさこい祭りコンテスト」レポート2007

080723-1.jpg東京池袋「ふくろ祭り」ご存知ですか?といっても、私もつい最近知ったばかりなのですが毎年9月、10月に開催されるお祭&コンテストです。
10月は「ふくろ祭り」と、同時開催で「東京よさこいコンテスト」が開催されます。昨年、ほんの短い時間でしたが初めて第8回「東京よさこいコンテスト」を見ました。

コンテスト開催のときは、道路は通行止めとなります。メイン舞台は、なんと池袋東武デパート前なんですよ!この場所は正面で特等席のようで、有料席もあるようでした。正面は大勢の人で行けそうにないので横から女の子たちが踊っているカッコイイ姿をパチリ。

080723-2.jpg昨年、「東京よさこいコンテスト」に出場したチームは105チーム。すごいですね〜。ほんのいくつかのチームを見ただけなのに、みんな衣装も、踊りもすごいカッコいいのでびっくりしました。こちらの写真は、正面とは別の道路が会場となっているところです。
続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方創生/連携事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

大七純米生もと&大七純米生もとCLASSIC

080720-3.jpgデパートの日本酒売り場に行ってみると、おいしいお燗酒第一位というパッケージが目に飛び込んできました。我が家では、日本酒をお燗して飲むのがブームだったので早速買ってみることにしました。

こちらのお酒、日経新聞「何でもランキング」において、“おせち料理によく合ってお燗にすると美味しい日本酒”の第一位選ばれ、2007年の日本酒大SHOW 『お燗でじっくり飲みたいお酒』第一位にも選ばれたお酒だそうです。かなり有名なお酒なんですねー。まぁ、そういうのはあまり気にせず和食をベースのお料理と、お燗にしておいしくいただきました。

080720-1.jpgその後、同じデパートの日本酒売り場を通りかかったとき、大七の試飲販売が行われていました。ラベルが同じ大七純米生もとなのに、CLASSICという文字が入ったお酒があることに気づき、近寄って見ていると店員さんが話しかけてきてくれました。

店員さんは、どうやら蔵元の方のようだったらしくお話を聞いてみることにしました。大七純米生もと、大七純米生もとCLASSICはどう違うのですか?と質問してみると、熟成期間が違うと教えてくれました。

そうすると、長期熟成酒、または古酒とは呼ばないのでしょうか?と聞いてみると、長期熟成酒と古酒はまったく別物であるとのこと。しばらくその違いに店員さんとあれこれと談義。(少し長くなるので割愛っと。)店員さん(蔵元の方)が、大七の古酒は本当においしいんですよ!自分で言うのも変ですけどおいしいんですと力説。

店員さんのお話がとても興味深かったので、大七純米生もとCLASSICを買うことにしました。早速、我が家で飲んでみることにしました。おちょこに注ぐと、ふぁ〜りといい香り。口にふくんでみると、うわっ!すごいまろやかでおいしい!!古酒のような、まろやかさだけどしっかりした味。うーーん、個人的には大七純米生もとCLASSICの方が好きかな。また、試飲販売で見つけたら買ってみたいお酒です。

大七酒造株式会社
http://www.daishichi.com/index.shtml



posted by 農業情報総合研究所 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

平成20年度 田園自然再生活動コンクール事例募集

■田園自然再生活動コンクール

(以下、コンククール募集案内より)
農業・農村のもつ豊かな自然環境の保全・再生を図るため、農家の皆さんと地域住民、NPOなどが協力して行っている自然と共生する農村づくり「田園自然再生活動」の取組を広く募集し、優良事例について表彰します。

※農業生産との調和を図りながら、農村の自然環境の保全・再生活動に取り組んでいるグループや団体であれば、どなたでも応募できます。
 対象となる活動の中から、優れたものに対して以下の賞を表彰し、広く公表します。

◆農業生産と自然とが共生する地域づくりの視点
◆効果等を把握しながら行う自然や生態系の保全・再生活動の視点
◆子どもたちなどへの自然環境学習や自然体験等の視点
◆市民、NPO、農業者等の多様な主体の連携の視点
◆都市と農山漁村の交流等を行いながら自然環境保全・再生等に取り組む視点
◆全国のモデルとなるような先進性の視点

続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 沙漠緑化・バイオマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

東京農大 第7回&第8回世界学生サミット

東京農業大学 国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科、藤本 彰三教授と、東京農業大学国際協力センターのご協力をいただき、東京農業大学 世界学生サミットのスタッフメンバーでグローバルレンジャーが結成されました。

第6回、第7回世界学生サミット運営スタッフの大学生、留学生たちがラジオでサミットの準備のレポート、当日の取材通訳と大活躍してくれました。(通訳は本当に助かっています。)

第6回世界学生サミット関連記事はコチラ↓
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/29455039.html

第7回世界学生サミット関連記事はコチラ↓
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/66550097.html

第8回世界学生サミットは2008年10月9日(土)10日(日)に、東京農業大学世田谷キャンパスで開催予定。今年のサブテーマは「次世代への持続的農業の推進」
-International Students Summit 2008-
The sub-theme for this summit is “Promoting Sustainable Agriculture to the Youth,”

今年も、グローバルレンジャーからのレポートをラジオでお届いたします。7月19日(土)は、昨年の第7回世界学生サミットをふりかえってのレポートをグローバルレンジャー、ブルー&パープルがレポート。

7月26日(土)は、第8回学生サミットリーダーをつとめる、グローバルレンジャー、グリーン&ピンクから今年のサミットの内容についての紹介です。両日とも、エフエム世田谷で放送される予定です。お楽しみに。http://www.agranger.jp/radiokatsudo1.html
posted by 農業情報総合研究所 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 世田谷・野菜WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

2008年世田谷区民祭り&東京農大オープンキャンパス

平成20年8月2日(土)・3日(日)午前11時〜午後21時 JRA馬事公苑・けやき広場会場にて、2008年 世田谷区民祭りが開催される予定です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~umamaru/

昨年の区民祭りの様子は下記をご覧ください。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/56026924.html

多くの人でにぎわう区民祭りですが、世田谷区と交流のある全国の自治体が、ふるさとの特産品を持って多数参加する「ふるさと物産店」も大人気です。私も毎年楽しみにしている一人です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~umamaru/bussan.htm

ラジオに出演してくださった、群馬県 川場村、世田谷区「せだがやそだち」の野菜を作っていらっしゃる、区内の生産者さん、茨城県 大子町のみなさん、岩手県 八幡平市の方もお会いできるといいなー。続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 世田谷・野菜WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

そうだ!京都へ行ってきました。

08kyoto1.jpg少し前になりますが京都に行ってきました。京都へは何度か遊びに行っているのですが、いつも観光案内や、ガイドブックに掲載されているお店ばかりに行っていました。今回は、初めてガイドブックに掲載されていない京都の旅を楽しんできました♪

写真のお店は、昭和20年からこの場所でお店をされているという洋食屋さん。作っているのは、な、なんと、90歳を超えているというおじいさんです!こちらのお店では、ポークカツ、タマゴサンドが有名。私はタマゴサンドを注文。お皿の上のサンドイッチは、卵の厚みがあるのでサンドイッチからこぼれてしまうほどのボリューム。味はあっさりしているのでペロリと食べられます。地元ではかなり有名なお店のようでした。京都と洋食。なんだか、新しい発見でした。

08kyoto2.jpgこちらも地元では有名な居酒屋さんだそうです。開店と同時に、あっという間にいっぱいになってしまいました。お店のあちらこちらから京都弁の会話が耳に飛び込んできます。なんか、いい感じ〜。カウンターの向こう側には、大きな日本酒の樽酒が見えました。えっ?飾りだよね?と思っていたら、お店の方が木の栓をキュッキュッとあけ、お酒を注いでいるではありませんか!うぁ〜、飲んでみたいと思ったら、ダンナがすでに注文していました。どんな味がするんだろう?わくわくしながら飲んでみると・・・。オォーッ!お酒から木の香りが漂ってきます。お酒にうまみがプラスされるのか?ビン詰とはかなり違う味わいでおいしいーー!木の樽に入っているお酒はおいしいんですねー。あっ、そういえばこのお酒の銘柄はなんだったかな?こちらのお店、お料理も季節ものがメニューに並んでいるいいお店でした。

08kyoto4.jpg粉ものにはうるさい関西人。観光地ではないところでお好み焼き、タコ焼きにもチャレンジしてみました。ちなみに写真のお店はお好み焼き屋さんです。そのお味ですがソースが大阪、神戸とは全然違うのでビックリしました。あじは甘辛。ですが個人的には、かなり甘いと思いました。粉ものだけではなく、おばんざいの味付けも甘いということに初めて気づきました。また、次に京都に行くときもガイドブックに掲載されていない京都の味を発見しようと思っています。

posted by 農業情報総合研究所 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

<特別企画>栄養サポートチームレポート6(農大ボクシング部編)

★大学生のラジオチャレンジ感想

東京農業大学 短期大学部 栄養学科 渕上先生のご協力をいただき、特別に栄養サポートチームを結成していただきました。

実際に、東京農業大学ボクシング部の栄養サポートを担当した栄養学科のみんな。どんなサポートをしたのか、ラジオで詳しくレポートしてもらいました。ラジオトークにチャレンジ二人の感想をご覧ください。(彼女たちの放送は7月12日の予定。)

■東京農業大学短期大学部 栄養学科2年生

 人生初めてのラジオの収録でした。ヘッドフォンから自分の声が聞こえてくる事にすごく違和感を持ちました。ラジオの収録では、植村さんと卒論についての会話といった感じでラジオの収録という変な緊張感はなく、非常に楽しんでできました。

 ラジオで私たちが卒業論文として今まで行ってきたことがこのような形で世間の皆様に伝わることに変な感じもしますが、嬉しくも思います。農大の短栄に入り、栄養学研究室に入ったことでこのような普段ではできない経験をさせて頂けたこと、この偶然に感謝したいと思います。

■東京農業大学短期大学部 栄養学科2年生

 今回、初めてラジオ収録というものを体験しました。はじめはどんな風に収録するのか、ちゃんと噛まずに話せるのかすごく不安でしたが、一緒に収録した松村さんや植村さんがいてくださったので、収録が思っていたよりもあっという間に終わりました。
 
 ラジオは言葉のみで人に伝えなければならないので、言葉の使い方などに苦労しました。なので、言葉のみで人に伝えること植村さんなどのラジオDJさんはすごい職業だと思いました。私にとってこの経験はとても貴重なものとなりました。

 今回ラジオ収録を紹介してくださった安原先生、植村さんには大変お世話になりました。本当にありがとうございました。
 
----------------------------------------------------------------
過去のレポートもあわせてご覧ください。

<特別企画>栄養サポートチームレポート1はコチラです。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/94325182.html
<特別企画>栄養サポートチームレポート2はコチラです。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/96096950.html
<特別企画>栄養サポートチームレポート3はコチラです。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/96746971.html
<特別企画>栄養サポートチームレポート4はコチラです。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/101600349.html
<特別企画>栄養サポートチームレポート5はコチラです。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/102031775.html
posted by 農業情報総合研究所 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

食と農の博物館 〜東京農大生ブラジル移住の半世紀展〜

080625-5.jpg東京農大「食と農の博物館」で、「東京農大生ブラジル移住の半世紀展」が開催されています。東京農業大学卒業生の方々のブラジルでの活躍、ブラジルでの課題や今後の展望などについて、わかりやすくパネル展示でみることができます。展示に関連した講演が以下のとおり開催される予定です。
1.7月12日(土)13:30〜15:00講師 岡 誠治(終了後ブラジル料理の試食会あり)2.7月26日(土)13:30〜15:00講師 小野 功(終了後ブラジルの地酒試飲会あり)

080625-6.jpg写真のような、ハンモックも展示されています。
この展示について、東京農業大学 国際食料学部 国際農業開発学科 地域農業開発研究室 准教授三簾 久夫先生が、7月18日(金)FM世田谷の「神 太郎金曜瓦版」という番組内「世田谷じ〜ん(人)」午後2:30〜3:00のコーナーにご出演される予定です。

先日、三簾先生をご紹介していただきお話をしたのですが、とっても楽しい先生です。私の担当番組ではありませんが、よかったらぜひ聞いてみてくださいね。7月12日、講演のあとのブラジル料理は、フェイジョアーダというお料理です。世界のお母さんの手作り料理を食べるというTV番組で、ベッキーがフェイジョアーダを食べて、おいしい!と言っていたのを思い出しました。ブラジルのフェイジョアーダはどんなお料理なんでしょう?気になりますねー。

展示に関するお問い合わせは、東京農大「食と農の博物館」まで。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/index.html

posted by 農業情報総合研究所 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 世田谷・野菜WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

小学校&大学連携による地域の食育活動(世田谷編)

2004年11月から、さまざまな食育を取材してきましたが、まだまだ地域の活動を取材できずにいました。今回、東京農業大学 短期大学部 醸造学科 教授 舘 博先生、栄養学科 教授 古庄 律先生からのご紹介で、世田谷区内にある小学校の食育活動を取材させていただくことになりました。

おじゃまさせていただいた授業は、食育活動のひとつお味噌づくり。場所は小学校の家庭科室で行われました。教室に入ると、すでに東京農業大学 短期大学部 醸造学科 教授 舘 博先生と、お手伝いに来ていた大学生のみんなが準備をしていました。しばらくすると、栄養学科 教授 古庄 律先生も到着。

授業のはじまりを知らせるチャイムが鳴る前に、子どもたちが家庭科室へとやってきました。みんな、エプロン、三角巾をつけています。すでに教室には、お味噌のいい香りが漂い私のお腹を刺激します。グゥー。

まずは、舘先生から今日の作業について説明がありました。この日、すでに子どもたちが仕込んだお味噌を漉す作業。これを「味噌漉し」というのだそうです。

仕込んであるお味噌を、チョッパーという機械に入れるとお味噌がミンチ肉のように、むぎゅーーーっとでできます。それを、ビニール袋に真空状態にして詰める作業です。空気を抜くために、手で袋をたたくのですが、小学生たちには少し難しいのか?古庄先生が子どもたちの袋を見てまわり、丁寧にたたいていらっしゃいました。

この日のインタビューは、授業を担当されていた小学校の先生に、大学と連携をするきっかけ、子どもたちの反応などについて。舘先生には、作業について。古庄先生には、小学校で行っている食育プログラムの内容について教えていただきました。もちろん、お味噌づくりにチャレンジした子どもたちにも感想を聞いてみましたよ。

この内容は、7月12日(土)7月19日(土)2回にわたって、FM世田谷「農といえるニッポン」で放送される予定です。お楽しみに♪
http://www.revoradio.jp/nougyousentai5.html
posted by 農業情報総合研究所 at 22:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 世田谷・都市農業・伝統野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

<特別企画>栄養サポートチームレポート5(農大ボクシング部編)

★大学生のラジオチャレンジ感想

東京農業大学 短期大学部 栄養学科 渕上先生のご協力をいただき、特別に栄養サポートチームを結成していただきました。

実際に、東京農業大学ボクシング部の栄養サポートを担当した栄養学科のみんな。どんなサポートをしたのか、ラジオで詳しくレポートしてもらいました。ラジオトークにチャレンジ二人の感想をご覧ください。(彼女たちの放送は7月5日の予定。)

■東京農業大学短期大学部 栄養学科2年生

 日頃から耳にすることの多いラジオですが、実際に収録に携わらせていただき、(一部ではありますが)ラジオ収録の裏側を知ることができました。社会科見学の様で楽しかったです。
 
 植村さんのタイトル読みからラジオの収録が始まると、何とも言えない緊張感に襲われましたが、収録中には私の拙い言葉でも会話を盛り上げてくださったり、話しやすい雰囲気を作ってくださったりと、終始植村さんに助けてもらったおかげで、楽しく自分の言葉で話すことができました。
  
 このような貴重な機会を与えてくださった安原義先生や、研究室でご指導いただいた渕上正昭先生、そして、FM世田谷の植村さんに感謝いたします。ありがとうございました。


■東京農業大学短期大学部 栄養学科2年生

 ラジオ出演のお話をいただいたとき、不安な気持ちでいっぱいでした。 当日、ただ単に寒かっただけなのか、緊張でか、いつもはあったかい手がとても冷たくなっていたのを覚えています。

 農大のこんな近くにラジオ局があったんだ!と驚きました。ヘッドホンから聞こえてくる自分の声を聞くのは、とても不思議な感覚でした。ラジオの収録前、色々思い出していました。

短栄に入学し、栄養学研究室に所属したからこそ出会えた人や出来た経
験がたくさんあります。ラジオの収録もその1つです。自分がきちんと
日本語を話せていないことが、自分の言葉で伝えることの難しさがよく
分かりました。

 植村さんには何度となく助けてもらいました。ラジオを聴いている方には農大に、短栄に少しでも興味をもってもらえたら、嬉しいです。貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。日本語がきれいな女性を目指したいです。

----------------------------------------------------------------
過去のレポートもあわせてご覧ください。

<特別企画>栄養サポートチームレポート1はコチラです。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/94325182.html
<特別企画>栄養サポートチームレポート2はコチラです。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/96096950.html
<特別企画>栄養サポートチームレポート3はコチラです。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/96746971.html
<特別企画>栄養サポートチームレポート4はコチラです。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/101600349.html
posted by 農業情報総合研究所 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする