2008年05月31日

動物園に安心・安全な牧草を届ける会社

080517-2.jpg2008年3月に、ラジオ番組に出演してくださった。(有)クローバーリーフ 取締役西窪さんからお便りが届きました。中をあけてみると、近況報告のお手紙と一緒に冊子が同封されていました。同封されていたのは、ラジオ深夜便の第7号でした。
お会いしたとき、NHKラジオに出演されたというお話をうかがったのを思いだしました。ご自分が出演した分が冊子になったと、直接送ってきてくださったのでした。みなさんも、書店で見かけたらぜひ読んでみてくださいね。西窪さん、冊子送ってくださってありがとうございました!

080517-1.jpg少し前になりますが、「農業と経済」こちらの3月号でも、(有)クローバーリーフが取り上げられていました。こちらは、一般の書店ではなかなか見かけませんが、面白い本なのでみなさんも機会があれば読んでみてくださいね。(有)クローバーリーフさんは、
2006年8月全国女性農業経営者会議ベストパートナー賞
2007年7月農林水産大臣賞 名誉賞 受賞
2007度は、ご夫婦で新聞、雑誌、TV、ラジオ主演とおお忙しでした。




posted by 農業情報総合研究所 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 畜産/酪農・鶏・養豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

農業戦隊クマイレンジャーレポート1

★大学生のラジオチャレンジ感想

東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科 農村社会学研究室 准教授 熊井治男先生のご協力のもと、クマイレンジャーが結成されました。今回、ラジオトークにチャレンジした3名の感想文です。

■クマイレンジャー@グリーン

 今回、食料環境経済学科として初めてのラジオ出演というものをしました。このような出演は初めてだったのでどんな事を話せば良いのか、打ち合わせの段階からの緊張でしたが、今まで大学を通して学んできたこと、研究室を通して学べたこと。

 4年間で視察を行ってきた成果を少しでも聞いてもらえる皆さんになにかを伝えることが出来ればよかったと思います。今回、話したことは4年間のうちの1年間の勉強の成果に過ぎませんが、今回のように大学を通じて、様々な人に出会い、このように出演できたことは大変貴重な体験でした。後は上手くしゃべれているかを緊張しながら確認するだけです。
 
■クマイレンジャー@イエロー

 今回は貴重な機会をいただきありがとうございました。
 熊井先生に続いての出演ということで緊張もありましたが、楽しく話すことができました。ラジオの収録は初めての経験でしたが、植村さんのひとことで始まり、一瞬にしてラジオ番組に引き込まれていきました。

 収録中は話したいこと、相手に伝えたいことを短い時間でまとめるということの難しさを感じたように思います。自分たちの研究してきたことをこの場を通じて、多くの人に知ってもらうことができて嬉しいです。近年では生産地と消費地の遠隔化、都市と農村との格差も広がり始めています。ラジオを聴いて小浜や上勝など、地域の頑張っている姿に改めて目を向けていただければと思います。

■クマイレンジャー@ピンク

 ラジオに出演させていただけるという話を聞いてから,「余計なことを喋ってしまったらどうしよう」と心配していたのですが,収録当日ラジオ局にて収録が始まると,植村さんに話しを引き出していただき安心しつつ収録を終えることができました。さすがです植村さん。
 
 私は普段は音楽・器楽合奏という手段を通じて、伝える,表現するということをしていますが,人に話を引き出してもらい第三者に話を伝えるということは,「指揮者」と「奏者」の関係に似ているなと感じました。
 
 日本の農業や食料生産はなかなか厳しいものだと思います。だから今回のようにコミュニティーFMという地域密着型の視点まずは世田谷のリスナーの方々から,日本や都市の農業事情を発信していただき,次第に広い範囲の多くの人が日本の農業に関心をむけていただけたらと思います。

---------------------------------------------------------------
クマイレンジャーの放送は、6月7日、14日、21日予定です♪
農村社会学研究室では、朝の連続TV小説「ちりとてちん」主人公の出身地 福井県 小浜市、葉っぱビジネスで全国に名を知られている徳島県 上勝を調査。ラジオレポートでは、この小浜、上勝の様子や、農大の収穫祭の話などが聞けます。とっても面白いので、ぜひ聞いてみてくださいね!
posted by 農業情報総合研究所 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

エコで安全な日本の箸文化

毎日ごはんを食べるときに使う箸。みなさん、今まで箸のことについて考えたことってありますか?私は、いつも母が漆塗りの箸を買ってきてくれていたのですが、それを当たり前のように使っていました。

ところが、自分で箸を買うようになると、あれ?箸のこと何も知らないのだと気づきました。まぁ、何でもいいかと適当に買って使っていたのですが、朝の連続TVドラマ「ちりとてちん」を見て、初めて箸について知りたいなーと思うようになりました。

そんなとき、東京農業大学 国際食料学部 食料環境経済学科 准教授熊井治男先生の研究室「農村社会学研究室」では、大学生のみんなが福井県 小浜市を取り上げ調査したと、お話を聞かせていただきました。

先生も調査で現地を訪れ、小浜で箸を買ってきたと言うので見せてもらいました。それは、丁寧に作られているのが伝わってくるような箸だったので、私もこの箸を使ってみたいと思いました。

その後、とあるイベント会場で熊井先生が買った箸の会社が出店しているのを見つけました。早速、店員さんにあれこれ箸についてお話を聞かせていただきました。自分にあうお箸の長さ(子どもから大人まで)、箸がきちんと持てるように毎日使う矯正箸、左利きようのお箸の存在、携帯できるお箸、お箸の修理など。本当に一生懸命説明してくださいました。080503-2.jpg

店員さんの説明もよかったですが、なんといっても箸を持ったときの心地よさ。「あっ!すごい持ちやすい。」いい箸を持つと、とても手になじむのですね。初めてわかりました。私が買ったのはウサギさんシリーズ。毎日大事に使っています。

福井県 小浜市 「兵左衛門」
http://www.hyozaemon.co.jp/index.html

兵左衛門のホームページには、箸のエコロジーと安全というページがあり、「木と天然漆について」、「心配いろいろQ&A」、「品質表示について」も詳しく書かれています。興味のある方は、ご覧になってみてくださいね。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・レシピ・栄養・食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

農業戦隊地水レンジャーレポート9

★大学生のラジオチャレンジ感想

東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科 地水工学研究室 高橋 悟先生のご協力のもと結成されたのが地水レンジャー。今回、ラジオトークにチャレンジした二人に感想を書いてもらいました。

■地水レンジャー@ブルー

 言葉で物事を伝えるのが下手な僕は、あらかじめ自分の研究をどの様に説明したら良いのか考えて収録に挑んだ。その甲斐あって植村さんとの収録前の打ち合わせではスムーズに説明することができましたが、本番では打って変わって散々な結果に…。

 慣れてない事は緊張すると、尚更上手くいかないもんですね。
しかし、自分の研究を伝えるために準備した過程で多くのことを学び、結果としてさらに理解が深まった気がします。
そして、以前より少しは言葉で説明するスキルもアップしたような気が・・・。

 二回目の収録の時は、一回目が嘘のようまったく緊張せずに楽しく行うことができました。リスナーの皆さんにエチオピアでの思い出が伝われば幸いです。とにかく、今回の出演は学生生活の思い出に残る、とてもいい経験が出来たと思います。


■地水レンジャー@シルバー

 今回の二回のラジオ出演はとにかく緊張してました。
普段はボディーランゲージでなんとかしてたのに、言葉だけでマニアックな実験のことやら、ウガンダの雰囲気やらを伝えるのはめっちゃくちゃ難しかったです。

 がしかしながら、普段回りの人はそんなに興味をもってくれないことを聞いてもらえると思うと、とても気分のいいものでした。

 今でも、放送聞いても実験内容について理解するのは難しいだろうなぁーと思いますが、誰か一人でもあっあれね的な感じで理解してくれたらいいかな。

 そんなこんなで友達にはすごいって言われる経験して、みんなにも一回は経験してもらいたいおもしろい時間でした。

ブルー小林くん、シルバー小原くんの、JICA青年海外協力隊 短期派遣ボランティア エチオピア、ウガンダレポートは5月24日、31日の放送予定です。

--------------------------------------------------------------
地水レンジャー過去のレポートもあわせてご覧ください。

地水レンジャーレポート8
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/92516338.html
地水レンジャーレポート7
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/89085922.html
地水レンジャーレポート6
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/84058672.html
地水レンジャーレポート5
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/47301871.html
地水レンジャーレポート4
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/46505614.html
地水レンジャーレポート3
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/45192239.html
地水レンジャーレポート2
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/41209158.html
地水レンジャーレポート1
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/40469837.html

★★★ 東京農業大学 地水工学研究室からお知らせ ★★★

2006年9月に、地水レンジャー1期生である地水あかレンジャー、地水しろレンジャーの二人が、研究室のみんなで取り組んだ、収穫祭の(文化祭)発表テーマ、水利施設ハッターラについてラジオレポートしてくれました。

これは、東京農業大学の先生方が取り組んでいらっしゃる研究ですが、この「ハッターラ」の展示が、東京農業大学「食と農の博物館」で開催される予定です。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/index.html

■「水利用から見たアフリカ乾燥地開発」展

〜モロッコタフィレット地方のハッターラを用いた水利用〜
展示期間 平成20年5月17日(土)〜11月9日(日)

また、特別講演会も開催される予定です。詳しくは、下記をご覧ください。http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/event/index.html
posted by 農業情報総合研究所 at 09:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

インターンシップレポート18(ウエストランドファーム)

東京農業大学 短期大学部栄養学科 食品学研究室 教授 安原 義さんから、平成18年度「特色ある大学教育支援プログラム」(「特色GP」)に採択された、学生主導型インターンシップの取り組みをご紹介していただきました。

今回、短期大学部 生物生産技術学科、環境緑地学科、醸造学科、栄養学科の各先生にご協力をいただき、インターンシップ体験談を大学生のみんなにラジオでレポートしてもらうことになりました。

<特別企画>東京農業大学 短期大学部 特色GP 
東京農業大学 短期大学部特色GPインターンシップレポート
東京都西多摩 ウエストランドファームインターンシップレポート

第18回目は、東京農業大学 短期大学部 生物生産技術学科2年生、鈴木さんのインターンシップレポートをお届けしました。

上記のPODCAST配信が更新されました。ココログランキングに参加。リスナー登録数1484人。音声を聞いてみたい方は、下記の農業ラジオブログをご覧ください。文字で読んでみたい方は、つづきをご覧ください。
http://agriradio.seesaa.net/article/97293934.html

2004年5月からラジオ活動がスタート。ゲストコーナーは2004年11月からスタートしました。過去の大学生出演については下記をご覧ください。http://www.agranger.jp/radiokatsudo1.html
続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 畜産/酪農・鶏・養豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

<特別企画>栄養サポートチームレポート3(農大陸上部編)

★大学生のラジオチャレンジ感想

東京農業大学 短期大学部 栄養学科の先生にご協力をいただき、特別に栄養サポートチームを結成していただきました。

2008年箱根駅伝に出場した、東京農業大学陸上部の栄養サポートを担当。どんなサポートをしたのか、ラジオで詳しくレポートしてもらいました。出演してくれた2人のラジオトークにチャレンジの感想をご覧ください。(彼女たちの放送は5月17日の予定。)

<特別企画>栄養サポートチームレポート1はコチラです。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/94325182.html
<特別企画>栄養サポートチームレポート2はコチラです。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/96096950.html

■東京農業大学 短期大学部栄養学科2年生

 初めての体験で、すごくドキドキしながらやらせて頂きました。
卒論について色々と振り返ってみると、反省点も沢山あったのですが、何よりもこの卒論をやってきて本当に良かったなぁと改めて実感することが出来ました。ラジオ出演させていただいて本当に有難うございました。すごく楽しかったです!!!

■東京農業大学 短期大学部栄養学科2年生
 最初は不安でした。しかし、植村さんが話しやすいように進めて下さったので自分の言葉で話すことが出来たと思います。卒論について(特に陸上について(笑))は話したいことが多すぎて、収録を終えた時にもう終わっちゃったのという感じでした。

 普段から陸上について話している時が一番輝いてると言われるので(笑)、陸上のことを話させてもらえただけで本当に幸せでした。また機会があれば出たいし、私の収録を聞いて1人でも多くの人が陸上やスポーツ栄養に興味を持ってくれれば嬉しいと思います。

 収録を終えて改めて人に伝えることの難しさを感じ、自分にとっての卒論の大きさを感じました。そして、話すことでやりたいことがハッキリしました。今後も今回の経験を生かして頑張っていきたいです。このような機会を与えて下さった安原先生、渕上先生に感謝です。そして、植村さんには本当にお世話になりました。ありがとうございました。
posted by 農業情報総合研究所 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

築地限定キティちゃんエコバッグ

ecokitty-1.jpg2008年2月・3月・4月にラジオ番組では、財団法人水産物市場改善協会の、「築地食育プラン」、おさかなマイスター・おさかなマイスターアドバイザー資格、築地食育プラン第17回セミナーを取材させていただきました。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/93963314.html

この取材にあたり、築地関連のホームページなどを調べていたら「築地限定 キティちゃんのエコバック」が販売されていることを知りました。築地の方からの情報もいただき販売しているお店に行くと商品は完売。次は5月ごろ発売予定とのことでした。う〜ん、残念。あきらめられない私は5月まで待つことにしました。

ecokitty-2.jpgそして、待ちにまった販売日が来たので築地に買いに行ってきました!写真の赤いタイプと、うすーいベージュの2種類です。赤色のバックを見て学生時代にタイムスリップした気分。可愛い〜♪サイズは2種類ともに、A4雑誌が入る大きさです。少し小さめですが、14センチもマチがあるのでたくさん買ったときも大丈夫そうです。

ベージュのタイプは少し大人っぽいデザインですね。写真では見えにくいかも知れませんが、ピンクのキティちゃんがプリントされています。このエコバック、中が見えにくいようにマジックテープで軽くとめられるようになっていたり、手に持つ部分も手が痛くならないように2重にして持てるように工夫されています。このバックは、築地場外市場で販売されています。売り切れないうちに、みなさんも早めにゲットしてくださいね。


posted by 農業情報総合研究所 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚・漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

インターンシップレポート17(雪印こどもの国牧場)

東京農業大学 短期大学部栄養学科 食品学研究室 教授 安原 義さんから、平成18年度「特色ある大学教育支援プログラム」(「特色GP」)に採択された、学生主導型インターンシップの取り組みをご紹介していただきました。

今回、短期大学部 生物生産技術学科、環境緑地学科、醸造学科、栄養学科の各先生にご協力をいただき、インターンシップ体験談を大学生のみんなにラジオでレポートしてもらうことになりました。

<特別企画>東京農業大学 短期大学部 特色GP 
東京農業大学 短期大学部特色GPインターンシップレポート
横浜市青葉区「雪印こどもの国動物園」インターンシップレポート

第17回目は、東京農業大学 短期大学部 生物生産技術学科2年生、砂山くんのインターンシップレポートをお届けしました。

上記のPODCAST配信が更新されました。ココログランキングに参加。リスナー登録数1454人。音声を聞いてみたい方は、下記の農業ラジオブログをご覧ください。文字で読んでみたい方は、つづきをご覧くださいhttp://agriradio.seesaa.net/article/96202101.html

2004年5月からラジオ活動がスタート。ゲストコーナーは2004年11月からスタートしました。過去の大学生出演については下記をご覧ください。http://www.agranger.jp/radiokatsudo1.html続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 01:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 畜産/酪農・鶏・養豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

<特別企画>栄養サポートチームレポート2(農大陸上部編)

★大学生のラジオチャレンジ感想

東京農業大学 短期大学部 栄養学科の先生にご協力をいただき、特別に栄養サポートチームを結成していただきました。

2008年箱根駅伝に出場した、東京農業大学陸上部の栄養サポートを担当。どんなサポートをしたのか、ラジオで詳しくレポートしてもらいました。出演してくれた2人のラジオトークにチャレンジの感想をご覧ください。(彼女たちの放送は5月10日の予定。)

<特別企画>栄養サポートチームレポート1はコチラです。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/94325182.html

■東京農業大学 短期大学部栄養学科2年生
 初めてのラジオ収録は、緊張し上手く受け答えが出来るか不安でしたが、とてもいい経験となりました。収録にむけて意見をまとめるうえで、いかに多くのリスナーの方に私達が伝えたいことを分かりやすくするかを考えることは、今までの研究内容を見直す良い機会にもなりました。

 今回の放送で今までの私達の研究が多くの人の頭に少しでも残ってもらえれば幸いであり、更なるやりがいを感じることが出来ました。多くの方々の協力により、このような場を設けていただいたことに感謝致します。ありがとうございました。

■東京農業大学 短期大学部栄養学科2年生
 今回、ラジオ収録に初めて臨みました。前日まで、長野にスノーボードをしに行っていたので、”コレを聞かれたらこう言う!!”っていうのをチラっとしか考えていなかったので、ちゃんとしゃべれているか心配です。

 ラジオの収録だから、大勢の人が周りにたくさんいるわけでもないのに、緊張してカミカミでした。こんな体験出来ると思っていなかったので、いい体験が出来たと思うし、すごく楽しかったです。陸上部班全員で笑いながらラジオを聞きたいなと思います。放送日が楽しみです。
posted by 農業情報総合研究所 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

醤油スイーツが大人気!?

TVを見ていたら、しょうゆスイーツが話題を集めているというニュースが流れていました。みなさん、知っていました?一番の話題といえばこの方、パティシエ 辻口博啓氏が手がける「七尾鳥居醤油ロール 」。このロールケーキは、パティシエ辻口さんんの故郷石川県の七尾鳥居醤油を使用したもので、二年間熟成させた濃い口醤油を生地とカスタードクリームに使用したものだそうです。うーっ、食べてみたい。

そして、今年3月20日には「キットカット しょうゆ風味」が、ご当地おみやげとして東京限定で発売されたそうです。むむっ、これも知らなかったなー。その他にも、秋田県で話題を呼んでいる醤油プリン。こちらのプリン、材料が紹介されていましたがとてもシンプルな材料で作られていました。メーカーのサイトが見つからなかったけど、調べてみると、醤油プリンにチャレンジされている醤油メーカーが他にも何社かあることがわかりました。

他にも小豆島の醤油のソフトクリームが紹介されていました。こちらも、プリンと同じく販売している醤油工場は多いようです。話題の醤油スイーツ、あなたならどれを食べてみたいですか?私もぜひ、チャレンジしてみたいと思います。

★和楽紅屋:七尾鳥居醤油ロール
http://www.waraku-beniya.jp/index.html

★小豆島 ヤマロク醤油:醤油プリン・醤油ワッフルhttp://www3.ocn.ne.jp/~yamaroku/mokuji.html

★弓削多醤油株式会社:醤油ソフトクリーム・醤油プリン
http://yugeta.com/oukoku/

★キッコーマンもの知りしょうゆ館:醤油ソフトクリーム
http://www.kikkoman.co.jp/enjoys/factory/mamecafe.html

★湯浅しょうゆ:カレーにかけるカレー醤油
http://www.yuasasyouyu.co.jp/
posted by 農業情報総合研究所 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

有機栽培・特別栽培のお茶(日本茶)

新茶の季節がやってきました。みなさんは毎日どんなお茶を飲んでいらっしゃるのでしょうか?お茶には、花粉症、歯周囲細菌の増殖を抑制する効果があると知り積極的に飲むようにしています。私は、最近以下のお茶をいただいていますのでご紹介いたします。

080504-1.jpg写真のお茶は、銀座にある熊本館で見つけたお茶。化学肥料や農薬を一切使用せずに栽培しましたと書かれていたので買ってみました。「みなまた緑茶 特別栽培茶」

このお茶、ぐり茶というお茶なのですが、九州独特のぐり茶(蒸し製玉緑茶)仕立てなのだとか。まろやかな味ですが、煎茶とはかなり味が違うので気をつけてくださいね。http://www.minacha.net/shop.html

080504-2.jpgこちらの写真のお茶は、デパートの催事で買った鹿児島のお茶。「春日園の有機栽培茶 あさつゆ」ちょうど、お茶がなくなっていたのでお徳用も一緒に購入しました。
売場の方が「今回は催事販売なのでかなり値段を安くしています。」とのことで、たくさん買ったのですが思っている以上にまろやかでおいしかったです。また、デパートの催事で買えるかな?ちょっと楽しみにしています。http://seitengai.com/kasugaen/

080504-4.jpgこちらは、完全無農薬有機栽培「京都宇治茶の童仙房茶舗 ふせだ農園」さんのお茶です。このお茶は、2008年3月にラジオ番組のゲスト出演してくださった、京都府相楽郡(有)クローバーリーフ 取締役 西窪さんがお土産にくださったお茶です。西窪さん、どうもありがとうございました!いただいたお茶は、思っている以上に、あっさりしていますがおいしいですよ。最近は、ふせだ農園さんの玄米茶も気に行り毎日飲んでいます。
http://dosenbo-chaho.com/

さて、有機無農薬で栽培するお茶はどう違うのか?環境にとってどうなの?気になるところですよね。こちらは、ふせだ農園さんのホームページに詳しく書かれていますので、みなさんもぜひご覧になってくださいね。http://dosenbo-chaho.com/hpgen/HPB/categories/34211.html




posted by 農業情報総合研究所 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本茶・紅茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする