2008年04月30日

茨城県 有機栽培米(有)大嶋農産の取り組み

兵庫県豊岡市「お米のきたむら」北村さん、愛媛県 (有)あぐりさんと、2回にわたって有機栽培米生産者さんを取り上げてきました。3回目は、茨城県 農業生産法人(有)大嶋農産にお話を聞かせていただきます。まずは、1回目、2回目のお話をふりかってみましょう!

■1回目:2005年4月/兵庫県豊岡市「お米のきたむら」北村さん
http://www.santyoku.net/index.html
http://www.santyoku.net/kakaku.htm

合鴨農法、ネット販売についてお話を聞かせていただきました。インターネットが普及しはじめたころにホームページを作り、減農薬米、無農薬米をネット販売を開始。当時は情報が少なかったこともあり、アレルギーなどで悩んでいる方々が減農薬米、無農薬米をネットで探し購入していたことに気づき、サラリーマンを退職しお米づくりに専念。取材後は、地域の耕作放棄地など仲間と一緒に栽培面積を増やし、減農薬、無農薬米作りに頑張っていらっしゃいます。

兵庫県 豊岡市はコウノトリで有名なのをご存じですか?鳥が飲んでも大丈夫な水を使い、お米作りをしようと有機栽培への取り組みが早かった地域でもあり、現在もコウノトリ野生復帰に関する調査・研究が積極的に行われています。

■2回目:2007年2月/愛媛県 (有)あぐりさん
http://aguri.jp/

こちらは、愛媛県の建設会社が2000年秋に立ち上げられた農業生産法人。農業へ各業界が異業種進出しているなか、建設業の技術、人材が農業にどのように活用されているのか?栽培面積や、実績など立ち上げから現在までの取り組みを紹介していただきました。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/33644544.html

2008年2月に東京新宿のデパートで、日本初! 大学ブランド食品が一堂に会する「食の学園祭」DIME『大学は美味しい!!』フェアが開催されました。

この催事に参加していた愛媛大学では、たんぼにクローバーを栽培することで化学肥料、除草剤を使わないお米づくりを研究されていて、(有)あぐりさんのお米も愛媛大学の指導を受けています。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/87441133.html

そして・・・

■3回目:2008年5月 茨城県 農業生産法人(有)大嶋農産
http://www.hyakusyoumai.com/

(有)大嶋農産のこだわりのお米づくり、有機栽培米「百笑米」についてお話を聞かせていただだきます。今回は、お米づくりに加え無農薬栽培、減農薬といった表示、有機栽培についてもわかりやすく教えていただきました。

東京では、有機栽培米を扱うデパートも増えているようです。みなさんは、どこで、どんなお米買っていますか?これから、お米を買われるときの参考にしていただければと思います。

この内容は、5月3日、10日(土)FM世田谷「農といえるニッポン」で放送されます。お時間のある方は、ぜひ聞いてみてくださいね。内容は後日アップ予定です。お楽しみに♪
posted by 農業情報総合研究所 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 世田谷・お米WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

<特別企画>栄養サポートチームレポート1(農大陸上部編)

★大学生のラジオチャレンジ感想

東京農業大学 短期大学部 栄養学科の先生にご協力をいただき、特別に栄養サポートチームを結成していただきました。

スポーツと栄養?関係あるのかな?と、思っていた私。ところが、競技種目、その人の体調にあわせた食事。また、持久力をつける食事や、飲みものをタイミングよく補給することで疲れを軽減。これが、記録を伸ばすことにつながるそうなんです。スポーツ栄養って思っている以上に奥が深く興味深かったです。このスポーツ栄養サポートレポートは、全部で6回シリーズとなっています。お楽しみに♪

今回、ラジオトークにチャレンジした二人は、2008年箱根駅伝に出場した、東京農業大学陸上部の栄養サポートを担当。どんなサポートをしたのか、ラジオで詳しくレポートしてもらいました。まずは、トップバッターで出演してくれた2人の感想をご覧ください。(彼女たちの放送は5月3日の予定。)


■東京農業大学 短期大学部栄養学科2年生

 初めてのラジオ収録で、ちゃんと話せるか緊張していましたが、本番では楽しく収録することができました。自分達が今までやってきたことを、聞く人にわかりやすく伝えるということは、なかなか難しかったですが、こうして研究の成果を話せる機会を得られて、ちょっと自信にもなりました。

 すごく良い経験になったと思います。この放送を聴いて、少しでも多くの人がスポーツ栄養について興味を持ってくれたら嬉しいです。どうもありがとうございました。

■東京農業大学 短期大学部栄養学科2年生

 今回ラジオ出演のお話をいただいた時は、とても驚きましたが、私たちの研究を多くの方に知ってもらういい機会だと思い、大変嬉しく感じました。放送でお話ししたように、初対面から始まる栄養指導だったので、選手とのコミュニケーションの面では非常に苦労しました。しかし、選手から得るものは本当に大きかったです。また、面談ではいろいろな話もでき、とても楽しかったです。

 頼りなく、知識も不十分だったため、選手にはたくさん迷惑をかけましたが、5か月間という長い期間協力していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。箱根駅伝予選会も本選も研究室のみんなで応援に行きましたが、自分が関わった選手が走っている姿を見て感動が大きかったです。これからも、選手をずっと応援していきたいと思っています。また、一緒に卒論をまとめてきたメンバーには様々な面で支えてもらったので、本当に感謝しています。 
posted by 農業情報総合研究所 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

農・食・環境イベント紹介4/21

農・食・環境など、イベントのご案内です。(ラジオ番組ではご紹介していません。)

■株式会社メルカード東京農大からのお知らせ
 「第36回JRAホースショー会場で商品販売いたします。」

5月のゴールデンウィーク馬事公苑で、「第36回JRAホースショー(馬事公苑馬術大会)」が開催されます。このイベント会場内で、株式会社メルカード東京農大は商品の販売を行う予定です。

営業時間:9:00〜16:30
販売商品:アガベ入りカムカムドリンク・ペットボトル。
     (エミューの農大どら焼きもお目見えするかも?)

「第36回JRAホースショー(馬事公苑馬術大会)については、下記をご覧ください。
http://www.jra.go.jp/news/200704/041901.html

■NPO法人銀座ミツバチプロジェクトさんからのお知らせ。

★★ ファーム・エイド銀座2008 ★★

日時:2008年5月3日9:30〜18:30
会場:紙パルプ会館 銀座3−9−11

私たちと銀座ミツバチプロジェクトが、都会で実現した、都市と環境との共生や農林水産業(養蜂)による、地域活性化の模様を多くの方に紹介すると同時に、全国で農林水産業などを通じた活動に取り組む仲間たちと、「地域再生と自然との共生」を考え、持続可能な地域再生のネットワーク作りを提案します。

チケットの申し込み、内容については下記をご覧下さい。
http://www.gin-pachi.jp/firm_aid.pdf

基調講演、トークショー、シンポジウム、全国各地の直売、銀座のミツバチ見学、地域再生事例紹介などなど。内容盛りだくさんで楽しめそうですねー。ご興味のある方は、ぜひ参加してみてくださいね。

■築地市場からのご案内 「2008年築地春まつり」
築地350周年を祝し2008年築地春まつりが開催されます。
http://www.tsukiji.or.jp/index.html

日時:5月10日(土) 10:00〜開始
恒例!春の半値市が開催されます。築地場外市場の参加店約300店舗が、各店自慢の一品を半値でご用意します。今こそ買ってみたかった、あの商品をゲットしよう!半値市参加店は黄色の提灯が目印です。

■映画『築地魚河岸三代目』6月7日ロードショー
http://www.tsukiji.or.jp/index.html
大人気コミック「築地魚河岸三代目」が映画化!私も大好きなマンガがなので、ぜひ見てみたいと思っています。

■東京農業大学「食と農の博物館」からのお知らせ

2006年9月に、地水レンジャー1期生である地水あかレンジャー、地水しろレンジャーの二人が、研究室のみんなで取り組んだ、収穫祭の(文化祭)発表テーマ、水利施設ハッターラについてラジオレポートしてくれました。

これは、東京農業大学の先生方が取り組んでいらっしゃる研究ですが、この「ハッターラ」の展示が、で開催される予定です。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/index.html

■「水利用から見たアフリカ乾燥地開発」展

〜モロッコタフィレット地方のハッターラを用いた水利用〜
展示期間 平成20年5月17日(土)〜11月9日(日)
また、特別講演会も開催される予定です。詳しくは、下記をご覧ください。http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/event/index.html
posted by 農業情報総合研究所 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 農・食・環境ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

築地食育プラン第17回セミナー取材

2008年2月、3月の2週にわたってラジオ番組では、財団法人水産物市場改善協会の、「築地食育プラン」、おさかなマイスター・おさかなマイスターアドバイザー資格についてお話を聞かせていただきました。

これがご縁で、築地食育プラン第17回(3月)セミナーを取材させていただくことになりました。今回参加させていただいたセミナーのテーマは、「ホタテガイ」「イチゴ」。

参加者された親子の方々は、おさかな普及センター資料館でビデオを見たあと、実際に築地の市場内を見学。そして、講師の方々からのお話、ホタテガイ、イチゴの食べ比べも行われました。

080329-31.jpg市場見学には、私も特別に参加させていただきました。市場の中を見学するとき注意しなければいけないことがあります。それは、お仕事のじゃまにならないように、まわりを注意しつつ移動は素早くが基本です。築地内を走るターレット(愛称ターレ・バタバタ)と呼ばれる乗り物や、台車が次々にやっててきます。ほら、魚を運んでいるお兄さんがやってきました。あぶないあぶない。それにしても大きな魚です。少し遠かったのでよく見えなかったけれど、大きさからするとマグロだったのかな?

080329-32.jpgこちらでは、大きな冷凍マグロを機械で切っているようでした。あんな大きな機械で切るのかと驚きです。魚だけではなく青果の方も見学。こちらでは、ちょうどセリがおこなわれていました。参加者の方々も、セリを見るのは初めての方が多いのか、みんなじっくりと見ていました。

この内容は、4月19日(土)26(土)にFM世田谷「農といえるニッポン」で放送されます。お時間のある方は、ぜひ聞いてみてくださいね。

080329-33.jpgセミナーが終わったあと、せっかくだから築地で食事をしようと思ったのですが、ちょうどお昼どきとあってどのお店もすごい行列!特にお寿司屋さんは半端じゃないほど並んでる。どこにしようかなー。うろうろしていたら、小さな「どんぶり屋」さんの前を通りました。

お店から出てきた男性二人が「すごいおいしかった!ごちそうさま!」と、お店の方に話かけている声が聞こえました。なぬ?その声をすかさず聞き逃さなかった私は、4人も座れば満席になる、築地「南ばら亭」の親子丼を食べてみることにしました。

食べてびっくり!ほんとにおいしい!なんでも、みりんの甘さで甘みを出しているのでお砂糖は使っていないそうです。このお店は、築地内で働いている方々にも人気があるのかテイクアウト注文のお客さんが次々にやってきました。みなさんも、ぜひ機会があればチャレンジしてみてくださいね。


posted by 農業情報総合研究所 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚・漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

農業戦隊マキレンジャー2/ヒートアイランド現象について

ココログランキングに参加。リスナー登録数1412人。

農業戦隊マキレンジャー1PODCASTが更新されました。
「2006年収穫祭金賞受賞レポート」
http://agriradio.seesaa.net/article/47746221.html
 
2004年5月からラジオ活動がスタート。多くの大学生がラジオ番組に参加してくれました。大学生の出演一覧は下記をご覧ください。
http://www.agranger.jp/radiokatsudo1.html

農業ラジオでは、ただいまPODCAST配信を更新中です。新着の記事などは、下記の「はるかの農業情報総合研究所」で更新していますので、ぜひご覧ください。
http://kansyokunouken.seesaa.net/
posted by 農業情報総合研究所 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 沙漠緑化・バイオマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

純米「三千盛」特別純米酒「清泉」

sake-1.jpg岐阜県(株)三千盛の純米酒「三千盛」は、食事に行ったときに何度か飲んだことがあり知っていました。デパートのお酒売り場で見つけたので買ってみることにしました。

三千盛は、口当たりもよくまろやかな味で食事によくあうので好きなお酒のひとつです。ダンナも、こちらのタイプのお酒は好きなようです。つい先日も、食事に行ったお店においてあったので迷わず注文しました。日本酒、初心者の私でも飲めたお酒です〜。

純米「三千盛」 http://www.mediapark.ne.jp/michi/
精米歩合:45% 日本酒度 プラス12 酸度1.6 アルコール15.3%

sake-2.jpg新潟県 久須美酒造(株)特別純米酒「清泉」。このお酒を作っているのは、尾瀬あきら原作のマンガ「夏子の酒」でモデルとなった蔵元さん。私も、大学生からすすめられて読んだので一度飲んでみたいと思ってました。

こちらも、デパートに行ったときに見つけたお酒です。こちらも、さきほどのお酒とは違う味わいですが、口当たりがいいせいかするする飲めるお酒です。

久須美酒造(株)特別純米酒「清泉」
原料米 山田錦・五百万石他 精米歩合 55%
日本酒度 +3 酸度 1.5 アルコール度 15〜16度 酵母

久須美酒造(株)は、新潟・福井・福島を襲った水害と、中越地震。度重なる自然災害で甚大な被害を受け廃業も覚悟したほどだそうです。思い悩んだ末に、災害からの復興の旗印としてラベルデザインを全面的に一新し頑張っていらっしゃいます。これからも、おいしいお酒造りに頑張ってほしいですね。

posted by 農業情報総合研究所 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

農・食・環境イベント紹介4/17

■2007年12月に、ラジオ番組にご出演いただいた東京農業大学 国際食料学部 食料環境経済学科 熊井先生からご案内をいただき、第2回「食・農・環境」教育フォーラムを取材させていただきました。

第2回「食・農・環境」教育フォーラムレポートはコチラ↓
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/88306075.html

この内容は、2008年 3月29日、4月 5日の2回にわたって放送されました。詳しい内容は、後日文字でアップする予定です。このフォーラムのシンポジウムで事例発表された長野県臼田高等学校、山本先生、山下先生お二人にお話を聞かせていただきました。フォーラム終了後、臼田高等学校さんが賞を受賞されたと熊井先生から連絡をいただきました。

受賞された内容は、長野県臼田高等学校環境緑地科農業クラブの「佐久市十二新田地蔵池に生息する絶滅危惧種オオアカウキクサの保護と農業利用に関する利用と普及に関する啓蒙活動」。

第10回 日本水大賞における農林水産大臣賞を受賞。
臼田高等学校のみなさん、受賞おめでとうございました!

自然塾/長野県臼田高等学校
http://www.nagano-c.ed.jp/usuda-hs/

■2007年2月23日、3月2日、ラジオ番組では築地食育プラン、おさかなマイスター・おさかなマイスターアドバイザーの資格について、財団法人水産物市場改善協会 大森さんにお話を聞かせていただきました。

現在、おさかなマイスターコース第2期(8月2日開講)は、ただいま受講受付中です。日程表はコチラ↓
http://www.osakana-center.com/meister2.pdf

★申込書:その1 水産業界、調理・飲食業界に2年以上従事した方
    :その2 おさかなマイスターアドバイザーの資格をお持ちの方

さらに詳しく知りたい方は下記のサイトをご覧ください。http://www.osakana-center.com/
posted by 農業情報総合研究所 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方創生/連携事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

農・食・環境イベント紹介4/16

2007年7月、NPO法人銀座ミツバチプロジェクト副理事長(株)紙パルプ会館 取締役 田中さんが私の担当しているラジオ番組にご出演してくださいました。

お話を聞かせていただいた内容はコチラです。

・1回目: 銀座にミツバチがやってきた!
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/47755060.html
・2回目: ミツバチがつむぐ新しい銀座の物語り
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/48674768.html
・私も銀座での採ミツを体験しました。それはこちら↓
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/40656039.html

今年も、ミツバチくんたちが元気に銀座を飛びまわっており採ミツもはじまったようです。4月14日から、銀座5丁目にある三笠会館本店のB1のバーにて、はちみつカクテルの販売が行われるそうです。

NPO法人銀座ミツバチプロジェクトさんから、GWに開催予定のイベント案内をいただきましたのでご紹介いたします。

★★ ファーム・エイド銀座2008 ★★

日時:2008年5月3日9:30〜18:30
会場:紙パルプ会館 銀座3−9−11

私たちと銀座ミツバチプロジェクトが、都会で実現した、都市と環境との共生や農林水産業(養蜂)による、地域活性化の模様を多くの方に紹介すると同時に、全国で農林水産業などを通じた活動に取り組む仲間たちと、「地域再生と自然との共生」を考え、持続可能な地域再生のネットワーク作りを提案します。

チケットの申し込み、内容については下記をご覧下さい。
http://www.gin-pachi.jp/firm_aid.pdf

基調講演、トークショー、シンポジウム、全国各地の直売、銀座のミツバチ見学、地域再生事例紹介などなど。内容盛りだくさんで楽しめそうですねー。ご興味のある方は、ぜひ参加してみてくださいね。
posted by 農業情報総合研究所 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 養蜂・ハチミツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

茨城県 平潟港「あんこうどぶ汁鍋」

hirakata-1.jpg私が担当していいるラジオ番組に、2007年12月 茨城県 北茨木市food contracto TOMOZO 代表 黒澤 知邦さんがご出演してくださいました。ラジオ番組では、黒澤さんがプロデュースした、モンドセレクション2007銀賞受賞した、「大人のスイーツ・ブランデーケーキ」のご紹介。そして、地元で有名だという、あんこう鍋も紹介してくださいました。

黒澤さんご出演のときの内容(podcast配信も聞けます。)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/80294435.html

茨城県のあんこう鍋が有名なのは、みなさんご存じでしたか?茨城県の中でも、こちら平潟港では、「あんこうのどぶ汁鍋」といった食べ方をします。どぶ汁鍋知ってます?

このたびご縁があり、茨城県 北茨木市 平潟港に行くことになりました。写真は、ランチを食べにいったお店の前につるしてあったあんこうです。口の中に入っているのは氷。このお店は、黒澤さんおすすめのランチのお店。地元でおししいと評判のお店なので早めに行きましたが満席で入れませんでした。残念!!

shinohara-2.jpgさて、「あんこうのどぶ汁鍋」は、旅館「篠はら別館」で堪能してきました。この写真があんこうのどぶ汁鍋です。色だけみると、まったりした感じがするかも知れませんが、お味は見た目と違い、かなりさっぱりした味です。しょうゆや、みそベースのお鍋しか食べたことがない方も多いと思いますが、かなりおいしいです!こちらの旅館では、地魚の刺身盛り合わせもボリューム満点なので、大人数で行かれる方がいいのかな?

shinohara-3.jpgshinohara-4.jpg他にも、あんこうの友酢、あん肝、あんこうの唐揚げと、あんこう三昧でした。最後は、黒澤さんのおすすめ雑炊も食べちゃいました。翌日、旅館「篠はら別館」社長の篠原さんに、インタビューにご協力していただきました。この内容は、4月12日(土)エフエム世田谷で放送されました。詳しい内容は、後日アップ予定ですのでしばらくお待ちください。http://www.revoradio.jp/nougyousentai5.html

また、黒澤さんの紹介で茨城県、(財)グリーンふるさと振興機構の、小林主任(現在部署を異動されました。)にも、お話を聞かせていただくことができました。こちらは5月中旬の放送予定です。お楽しみに。

この取材につきあってくださった、黒澤さんお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。

旅館「篠はら別館」
http://www.k5.dion.ne.jp/~bekkan/
(財)グリーンふるさと振興機構
http://www.greenful.jp/



posted by 農業情報総合研究所 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚・漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

農業戦隊マキレンジャーレポート/ヒートアイランド現象

ココログランキングに参加。リスナー登録数1401人。

農業戦隊マキレンジャー1PODCASTが更新されました。
「2006年収穫祭金賞受賞レポート」
http://agriradio.seesaa.net/article/46869016.html
 
2004年5月からラジオ活動がスタート。多くの大学生がラジオ番組に参加してくれました。大学生の出演一覧は下記をご覧ください。
http://www.agranger.jp/radiokatsudo1.html

農業ラジオでは、ただいまPODCAST配信を更新中です。新着の記事などは、こちらのブログ「はるかの農業情報総合研究所」で更新していますので、チェックしてみてくださいね。
http://kansyokunouken.seesaa.net/
posted by 農業情報総合研究所 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 沙漠緑化・バイオマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農・食・環境イベント紹介4/11

農・食・環境など、イベントのご案内です。(ラジオ番組ではご紹介していません。)

■全国47蔵 銘酒を楽しむ会
・開催場所:虎ノ門パストラル 新館1階「鳳凰の間」
・開催日時:平成20年5月1日(木)〜5月2日(金) 17:30〜20:30
・料金:前売券:4,000円、当日券:4,800円(税込)
※お弁当、ぐい飲み、お土産付き(日本酒4合瓶)

■内容
・47都道府県別の出展ブースにて、各蔵元自慢のお酒を提供
・屋台販売。
・阿部兄弟によるスペシャル三味線ライブ

詳しくは下記のサイトをご覧ください。http://www.pastoral.or.jp/

■日本酒フェア 2008』のご案内
「平成19酒造年度全国新酒鑑評会公開きき酒会」&「第2回全国日本酒フェア」

・開催日時 【公開きき酒会】

[第1部] 10:00〜13:00(入場は12:00まで)
対象:酒造流通関係者、料飲店関係者、酒造組合員

[第2部] 16:00〜20:00(入場は19:30まで)
対象:一般消費者

【第2回全国日本酒フェア】
2008年6月11日(水) 11:00〜20:00(入場は19:30まで)
会場 【公開きき酒会】
池袋サンシャインシティ ワールドインポートマート4F展示ホールA2・A3

【第2回全国日本酒フェア】
池袋サンシャインシティ 文化会館4F 展示ホールB

池袋サンシャインシティの住所:東京都豊島区東池袋3丁目1番1号
入場料 【公開きき酒会】
[第1部] 前売券3,000円
対象:酒造流通関係者、料飲店関係者、酒造組合員
[第2部] 前売券3,000円、当日券3,500円
対象:一般消費者

【第2回全国日本酒フェア】
上記の公開きき酒会の入場券にて、入場できます。
また、全国日本酒フェアのみ参加を希望される場合は、1,000円(当日券のみ)です。

チケットは4月1日から販売開始。詳しくは下記のサイトをご覧ください。http://www.japansake.or.jp/sake/fair/gaiyou.html
posted by 農業情報総合研究所 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

東京農業大学公開講座を担当します!

=4月16日(水)から開催!平成20年度 東京農業大学公開講座日程について=

・入場:無料
・時間:午後4時20分〜6時
・場所:東京農業大学百周年記念講堂

4月16日(水)から週がわりで、さまざまな方々が公開講座を担当されます。たとえば、永 六輔さん、菅原 文太さん、また、ラジオ番組にご出演していただいた、東京農業大学「食と農の博物館」副館長、教職・学術情報課程 准教授 梅室 英夫先生の講座も開講されます。

そして、な、なんと、私もこの公開講座を担当させていただくことになりました!ちょっと、今からドキドキです。お話の内容としては、今まで、ラジオで取り上げてきた地域の情報を中心にお話できればと考えています。お時間があるかた、ぜひいらしてくださいね。詳しいスケジュールは、東京農業大学ホームページご覧になってください。http://www.nodai.ac.jp/outline/extension/2008_1.pdf

=東京農業大学公開講座=

東京農業大学では、大学の研究成果を広く地域社会に開放し、さらに生涯学習の企画を広く市民に提供していくことで、豊かな人生を創造する交流の場を設けています。

公開講座はその一環として、大学の特別講義を開放するものです。本学の専門分野はもとより、社会、経済、政治、文化、歴史、芸術、スポーツ等の各分野にわたり、また現代社会のキーワードである地域環境問題、都市化、国際化、情報化、高齢化等の内容を各界で活躍中の著名人を講師に招き開催します。 公開講座は、広く地域社会・市民に提供するものです。(東京農業大学ホームページ文章引用)
posted by 農業情報総合研究所 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | NPO農業研紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

農業戦隊地水レンジャーレポート8

★大学生のラジオチャレンジ感想

東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科 地水工学研究室 高橋 悟先生のご協力のもと結成されたのが地水レンジャー。今回、ラジオトークにチャレンジした二人に感想を書いてもらいました。

■地水レンジャー@紅(くれない)

 植村さんをはじめとする、FM世田谷のみな様、今回ラジオ出演させて頂き誠にありがとうございました。本音で言いますと私は、喋る事があまり得意ではないので、はじめあまり乗り気ではありませんでした。

 しかし、収録を終えた後、今まで経験したことがなかったからでしょうか、今回の体験がとても新鮮で、やらせて頂いて良かったと本当に思えました。自分でもビックリしています。と同時に、植村さんには申し訳ない気持ちも出てきました。自分の卒論の話もろくに説明する事が出来ず、植村さんに頼りきりになってしまいました。本当に申し訳ありませんでした。

今回の経験は私の人生で、2度あるか分かりません。人に伝える事の難しさ、一般の人達が、聞いただけで頭の中でイメージさせる言葉の選び方、勉強させて頂きました。有難う御座います。是非、このような良い経験を後輩にもさせてあげたいです。宜しくお願い致します。今回は本当に有難う御座いました。

■地水レンジャー@ホワイト

 今回、ラジオに出演させていただきありがとうございました。 まさか自分がラジオに出るなんて今まで考えたこともなく、とても緊張し貴重な経験をすることができました。緊張のあまり、収録直後ですら何を話したかよく覚えていません。
 
 普段自分が行っている実験等を表情やジェスチャーなしで理解してもらうということが、こんなにも難しいとは思いませんでした。また、いつも学校で話している言葉も実は専門用語だとは思わず、不意に植村さんに聞かれてドキッとしてしまう場面も何度かありました。

 自分の知識足らずで植村さんをはじめ、FM世田谷の方々にはたくさんの編集等でご迷惑をかけてしまったと思いますが、一生に一度あるかないかの貴重な経験をさせていただき本当にありがとうございました。

★★★ 東京農業大学 地水工学研究室からお知らせ ★★★

2006年9月に、地水レンジャー1期生である地水あかレンジャー、地水しろレンジャーの二人が、研究室のみんなで取り組んだ、収穫祭の(文化祭)発表テーマ、水利施設ハッターラについてラジオレポートしてくれました。

これは、東京農業大学の先生方が取り組んでいらっしゃる研究ですが、この「ハッターラ」の展示が、東京農業大学「食と農の博物館」で開催される予定です。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/index.html

■「水利用から見たアフリカ乾燥地開発」展

〜モロッコタフィレット地方のハッターラを用いた水利用〜
展示期間 平成20年5月17日(土)〜11月9日(日)

また、特別講演会も開催される予定です。詳しくは、下記をご覧ください。http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/event/index.html
posted by 農業情報総合研究所 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

農・食・環境イベント紹介4/5

農・食・環境など、イベントのご案内です。(ラジオ番組ではご紹介していません。)

■築地食育プラン4月セミナー(小・中学生の親子限定)参加者募集のお知らせ

・ 「築地食育プラン」4月セミナー
・テーマ:「アサリ」と「タケノコ」(参加費用:無料)

1.開催日時:平成20年4月26日(土)午後1時〜3時(受付12時半〜)
2.場  所:おさかな普及センター資料館
3.対  象 小、中学生の親子 30人
4.応募方法 お名前、連絡先、参加人数を明記の上、
FAX、メール、ハガキのいずれかでお申込み下さい。
※※平成20年4月12日必着※※(申込み多数の場合は抽選)
5.応 募 先  財団法人水産物市場改善協会 築地食育プラン担当
詳しくは、財団法人 水産物市場改善協会をご覧ください。
http://www.osakana-center.com/

■ アースデイ東京2008 ファーマーズガーデン"春"

・日 時:4月19・20日(土・日) 10:00〜17:00
・場 所: 代々木公園ケヤキ並木(NHK放送センター隣)
・参加費:入場無料

2007年7月に、ラジオ番組にご出演していただきました、(株)ポランオーガニックフーズデリバリさんも、こちらのイベントに参加予定だそうです。

ポランが取り扱っている商品の生産者さんも多数、このイベントに参加されるようです。詳しくは、(株)ポランオーガニックフーズデリバリ下記のページをご覧ください。↓
https://www.e-pod.jp/event/earthday0804.html
posted by 農業情報総合研究所 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚・漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

鰹節で料理の味が変わりました!

みなさんは、お家ではどんな鰹節を使っているのかな?私は、一般にスーパーでも扱っている鰹節を買っていました。ある日、いつも買っていた鰹節を買おうと思ったら、売り切れていたので別のメーカーの鰹節パックを買いました。

香りは変わらないのですが、実際お料理に使ってみると味がまったく違っていました。鰹節でこんなにお料理の味が変わるんだなー。う〜ん、やっぱりおいしい鰹節を買いたいなぁーと思うのですが、どこでどんな鰹節を買ったらいいのやらわかりません。どうしようかなと思ったとき、ラジオの打ち合わせで築地の方にお会いすることになっていたのを思いだしました。そうだ!築地の方に教えてもらうことにしよう。

080327-6.jpg築地の方と打ち合わせの日、一緒にランチをしてから、築地の場外市場を案内してもらい鰹節のお店も教えていただきました。ご紹介してもらったのが、こちらのお店です。

お店の前は、鰹節のいい香りが漂っています。スーパー以外で鰹節を買うのは初めての体験。ちょっと、ドキドキしながらお店の前でうろうろ。よく見ると、大きな木箱に入っている鰹節はみんな種類が違っています。う〜ん。普段のお料理にはどれを買えばいいのかな?と、悩んでいたら、すかさずお店の人が声をかけてくれました。

店員さん:「これはお吸い物、煮ものはこれ、うどんや、ソバのつゆならこれ、お味噌汁はこれかな。」「一般家庭で使うなら、このぐらいのところから使ってみると使いやすいよ」とのこと。

080327-3.jpgなるほど〜。香りは、みんな違うのかな?店員さんにお願いして、木箱の種類全部においを嗅がせていただきました。香りは驚くほど違っていました。お料理によって使い分けるという意味はこういうことだったのですね。

私も実際使ってみたくなったので、店員さんがすすめてくださった種類を買うことにしました。店員さんが、「これなら何回分(何回だっけな?)だよ。」と、教えてくれました。私は、「えっ?もっととれませんか?」と聞いてみると、「いつもどれぐらい入れてるの?」と、聞かれたので、「これぐらい?」手に握って見せると、店員さんはそれの3倍以上の鰹節をつかんで、「これぐらいは必要だよ。」と見せてくれました。「そんなに使うの?」と言うと、基本のだしの取り方のパンフレットをくださいました。(笑)

早速、お家に帰って使ってみましたよー。お鍋のからあがる鰹節の香りが、あきらかに違っていました。味見してみると、うわぁ〜、全然味が違うぅぅ〜。さらに、お味噌汁も、あらら〜、いつものお味噌汁に高級感が!!そして、お好み焼きなどにふりかけるてみると、おいしい!いまさらながら、鰹節ってすごいと思いました。

ちなみに、この鰹節600g 815円でした。この値段どうでしょうか?高いと思いますか?気になったので、今まで買っていたスーパーに行って値段を調べてみました。

30g 238円、30g 248円、30g 348円、36g 309円、50g 238円、100g 258円、100g 349円

どうでしょう?こちらの方が断然お得ではないですか?鰹節は、購入後はなるべく早く使った方がいいようですが、保存は密封して冷蔵庫に保管するのがいいそうです。鰹節で、家庭料理もグンと味が変わります。みなさんも、ぜひお試しください。


posted by 農業情報総合研究所 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚・漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする