2007年12月23日

関西の旅(神戸三宮・元町編)

関西人が楽しむ関西の旅、有馬温泉、明石の次は、神戸三宮、元町へと移動。久しぶりに三宮、元町を歩いてみると、すぐに気がつくほどお店がいろいろ変っていてビックリしました。でも、懐かしい〜!!

こちらは観光というよりもグルメ三昧してきました。
まずは、元町のおいしい明石焼き(明石では玉子焼きと呼びます)のお店へGO!明石とは違った味でおいしいですよ!こちらのお店は、地元、観光客の人でいつもいっぱいです。私たちが訪れた日も、遅い時間でしたが店内は満席でした。ひょえーーー!!

さて、次はお好み焼き。元町と三宮の間ぐらいかな?商店街にあるお好み焼きさんに久しぶりに行きました。何年ぶり?こちらは、カウンターのお店で10人入れば満席。隣の方と肩がふれあうほどの狭いお店。

開店と同時にお店に入ると、すでに並んで待っていらっしゃったお客さんがどこからか、次々に入ってきてあっという間に満席。お客さんは地元の常連客さんばかり。ここでは、今日から始めたという「牡蠣焼き」にチャレンジ。これも神戸だけじゃないかな?以前から、ずっと食べてみたかった、お好み焼きの中に牡蠣をいれたもの。はじめて食べたけど、ぷりぷりしてておしいかったです。そして、定番のそば飯。こちらのお店のそば飯は、あっさりした味です。

おっと、みなさん、そば飯ご存じですか?そば飯は、焼きそばの中にごはんが入ったものです。これ、大阪にはないんですよー。神戸名物といってもいいと思います。観光に行かれたら、ぜひチャレンジしてくださいね。

そして元町の中華街では、水餃子専門のお店に行きました。このお店の
水餃子、スープに浮いていません。このお店のオリジナルなのですか?と、お店の方に聞いてみると本場ではスープに入れないのが普通の食べ方だと教えてくださいました。えーっ、知らなかった。

初めて食べるスープに浮いていない水餃子。お味はというと、思っていた以上にジューシーで、おいしー!!こんな隠れた名店があったとは知らなかったです。ちなみに、東京でもおいしいと評判の中華を食べにいったら、こちらも水餃子はスープに浮いていませんでした。

最後は、三宮の焼き鳥屋さんへ。このお店は、地元の方に教えてもらったお店です。久しぶりに食べたけど、お店のお父さんが焼いてくれる焼き鳥はおいしいですよー。お店は地元の常連客ばかりで、関西弁、神戸弁の会話が飛び交っていました。なんか、ええなぁ〜。(笑)

関西の旅、有馬温泉、明石、三宮、元町をまわり、ひとつ残念だったのは地元のおいしい日本酒に出会えなかったことかな?このブログの記事が、これから神戸を旅行される方々の参考になればうれしいです。
posted by 農業情報総合研究所 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする