2007年09月30日

地元料理とお酒の関係(石川県 能登)

銀座に能登料理のお店があります。知り合いの方から教えていただいたのですが、お料理がおいしく、お気に入りのお店のひとつです。

先日、このお店で能登の純米酒を飲んでみました。一口飲んでみると、あれ?辛くない?これって甘口のお酒?そういえば、甘口のお酒って初めて飲んだかも?ふ〜ん、こんな味なのかぁ・・・と、ちょっと物足りなさを感じました。

ところが、ところがです。
能登料理は、全体にお料理が少し辛めなのです。ですから、甘い日本酒にぴったり。お料理を食べながらお酒を飲んでみると、さっきとちがって、お酒がおいしい!!ぷは〜〜〜っ♪

いしりの貝焼き、ふぐの子(卵巣)糠漬けにも、日本酒にあうわ〜♪
ふぐの子(卵巣)糠漬けも初めて食べましたが美味でした。

最後は、能登 珠洲の(有)すえひろさんのお米を作ったおにぎりと、お味噌汁といただくのですが、お味噌汁を飲んでてフト気づきました。お料理全体が辛めなのに、お味噌汁はまろやかではないか?なんでなんだろう?

お店のマスターに聞いてみると、地元のお味噌汁はかなり塩辛いのだそうです。小さい頃から飲んでいるので、自分たちは何ともないが東京の方には無理なので、最後に飲まれる方が多いので飲みやすいように調整しているのだそうです。なるほど〜。そんな、心遣いも嬉しいですね。

地元の料理を毎日食べているからこそ、地元の蔵も料理にあわせたお酒を作ることができる。だから、お酒とお料理の相性がいいということなのですね。な〜る〜ほ〜ど!!

お店を出たあとは、自分のお気に入りの日本酒の銘柄を思い浮かべながら、蔵のある地方の名物は何だっけ?と、考えるだけでだんだん楽しくなりました。それにしても、料理と日本酒の相性って大切なんだなぁ〜。


posted by 農業情報総合研究所 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒・甘酒・日本酒講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。