2007年06月17日

石川県 魚醤(いしり・よしる)

東京には、地方都市のアンテナショップがたくさんあり、その多くが、中央区、千代田区界隈に集中しているとご紹介しました。その後、いくつかのアンテナショップでおいしい食材を発見しつつ、何度も通うお店が増えてきました。そんななか、ちょっとお気に入りのお醤油、魚醤をご紹介します。

魚醤とは、魚介類を原料として造ったお醤油です。知り合いの方から、銀座にある能登料理のお店を紹介していただき食事に行って初めて魚醤を知りました。お店でいただいたお料理が、とってもおいしかったのでお店の方に作り方に尋ねてみると、魚醤を使っているのだと教えていただきました。そして、その醤油がお店で販売していたので、家でもチャレンジしてみようと買ってみることにしました。

初めて買った魚醤は(イカいしり)下記の記事をご覧ください。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/18207647.html
上記の販売されているお店のホームページ見つけましたので掲載しておくことにします。http://kaneishi.com/

イカいしりが、思っていた以上においしくどんなお料理にもあうので、あっという間になくなってしまいました。そろそろ買いに行こうかなと思っていたとき、銀座にある石川県観光物産 加賀・能登・金沢 江戸本店に行きました。いしりあるかな?と店内を見渡してみたところ、いくつかのいしり商品を見つけました。ラッキー!

070617-1.jpg前回はイカいしりだったので、今度はイワシのいしりを買ってみることにしました。塩で漬け込み3年かけてじっくり発酵。自然熟成させた秘伝の手作り魚醤。能登半島 珠洲(すずし)の商品ですが、サイトで確認すると、原材料がイカの場合は「いしり」、原材料がイワシの場合は「よしる」と表記されていました。この商品は、夢のとオンラインショップで紹介されています。http://www.yumenoto.com/shop.html

いろいろなお料理に使えてとっても便利な魚醤。我が家では、すっかりなくてはならない調味料のひとつになりました。みなさんも、機会があれば是非チャレンジしてみてくださいね。
posted by 農業情報総合研究所 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚・漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする