2007年06月10日

農・食・環境分野でのインターンシップ

今年の4月、東京農業大学 短期大学部栄養学科 食品学研究室 教授 安原 義さんから、平成18年度「特色ある大学教育支援プログラム」(「特色GP」)に採択された、学生主導型インターンシップの取り組みをご紹介していただきました。

一般の企業へ行くインターンシップと違い、ほとんどが生産の現場へインターンシップに行くそうです。社会に飛び出して行く前に、職場を見学、体験をして、みんな働くということにどんなことを感じるのか?是非、学生さんたちに話を聞いてみたいと思い、ラジオ番組で特別企画を組み、先生方にご協力いただくことになりました。

東京農業大学 短期大学部、生物生産技術学科、環境緑地学科、醸造学科、栄養学科の生徒さんたちがチャレンジしてくれることになりました。どんな職場での体験談レポートが飛び出すのか、お楽しみにしていてください。
posted by 農業情報総合研究所 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 農といえるニッポン! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする