2007年04月30日

農業戦隊地水レンジャーレポート1

★農業戦隊地水レンジャー

東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科 地水工学研究室に所属している学生さんたちで結成されたのが地水レンジャー。ラジオトークにチャレンジした二人に感想を書いてもらいました。

★4年生 地水あかレンジャー
私はあまり話すことが得意ではなかったので、収録の時になったら何も話せなくなるのではないかと心配でした。はじめは声にも緊張が表れていたと思います。学祭の展示や卒論内容などを分かりやすく説明することは難しかったのですが、自分のことを話すという良い経験になったと思います。このラジオを聞いて、少しでも楽しんでくれた人がいたら嬉しいです。

★4年生 地水しろレンジャー
とにかく緊張しました。事前に何を話そうか考えていましたが、話し始めると頭が真っ白になりました。自分たちが普段何気なく生活したり勉強していることを、いざ説明しろと言われると何と言っていいかわからず焦りました。長々と話すのではなく、必要最低限のことを簡潔に話すことの難しさを知りました。

★感想を書いてくれて本当にありがとう!!
大学生たちのドキドキ感伝わりました?二人ともかなり緊張していたけれど、頑張って最後まで話してくれました。自分達が学術展で発表したという、水利施設ハッターラのお話は大変興味深い内容でした。個人的にも展示見てみたかったなー。この内容は、2006年9月2日、9月9日に放送されました。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀座アンテナショップ巡り1

東京に全国各地のアンテナショップがあるということを知ったのは、一冊のパンフレットを手にしたことがきっかけでした。そのパンフレットには、10店舗のアンテナショップが紹介されていました。その後、今度は銀座イラスト周辺マップをいただきました。

いただいたマップを見てまたまたビックリ!上記のパンフレットと一部重複しているショップがあるものの、銀座には情報館も含めると17店舗もの全国のアンテナショップが掲載されていたのでした。皆さんご存知でした?

先日、うちのダンナさんと銀座に行く機会があったので、一緒につきあってもらい、まわれるだけ銀座のアンテナショップめぐりをしてきました。さすがに疲れましたが、東京ってなんでも揃っているすごい街なんだなぁ〜とあらためて思いました。

さて、今回はJR有楽町 駅前1Fにある「むらからまちから館」ご紹介したいと思います。

こちら、地域の特産品が1,000アイテムが揃っているというお店。お店の前では、お野菜の販売、お茶の試飲、期間限定のアイスクリームなどの販売が行われていました。

店内をぐる〜りとひとまわり。なるほど〜。全国各地の有名な商品が、かなり多く取り揃えているようでした。各アンテナショップに行く時間のない方にとっては便利かも知れませんね。それにしても、すごい品揃え・・・。それに負けないぐらい店内も混雑していました。お店の情報は下記をご覧ください。

むらからまちから館はコチラ
http://murakara.shokokai.or.jp/
posted by 農業情報総合研究所 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お店・食のイベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

海外で大人気の長期熟成酒(古酒)

今、海外では日本酒が大ブレイク中。中でも、長期熟成酒が話題を集めているようです。その魅力に迫ります。

今年、醸造戦隊 酒類研レンジャー司令官 東京農業大学短期大学部 醸造学科 穂坂 賢助教授からのご紹介で、長期熟成酒研究会会の勉強会に参加しました。それがご縁で、今回ラジオ番組に登場していただくことになりました。

長期熟成酒研究会の勉強会に参加させていただいたときのレポートはこちらです。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/35129922.html

先週に引き続き、お話を聞かせていただいたのは、長期熟成酒研究会 顧問でいらっしゃいます、本郷信郎さんです。
http://www.revoradio.jp/nougyousentai5.html

今週は、スタジオにお持ちいただいた長期熟成酒をご紹介しながら、蔵元さんたちの個性あふれる長期熟成酒について説明していただきました。

07021-3.jpg商品は向かって左から、
・岐阜県 白木恒助商店:未来へ(長期熟成用)達磨正宗
・石川県 (株)福光屋:百々登勢
・兵庫県 龍力(株)本田商店:吟醸古酒 古玉
・長野県 麗人酒造(株):越冬譜 純米20年
・岐阜県 白木恒助商店:達磨正宗アイスクリームにかけるお酒

未来は、購入していただいたお客様がご自身で長期熟成酒を作れるというお酒。プレゼントとしても人気があるようです。達磨正宗アイスクリームにかけるお酒は、イタリアで大人気なんだそうですよ〜。その他も、写真を見ていただければわかるように、年数によって色がかなり違うのがお分かりいただけると思います。

海外では、日本酒ブームがおこっています。その中でも、長期熟成酒の人気は高く、長期熟成酒研究会が出版している本も、すでに海をわたりニューヨークに行ったそうです。

海外の中でも、ニューヨークでの長期熟成酒の人気が高く、今年の9月にはニューヨークで長期熟成酒の試飲会が開催されるほどの人気ぶりだそうです。実際に、日本の蔵を巡り長期熟成酒を見に来られるほど熱心なバイヤーもいるそうです。

その人気ぶりは日本でも飛び火しているのか?今年3月には、伊勢丹新宿店に長期熟成酒専門セラーがオープン。現在は、東京の各デパートでも何点か長期熟成酒をおいている店舗が増えているそうです。

そんな大人気の長期熟成酒には、どんなタイプに分類され、飲み方、タイプによってあわせる食事について教えていただきました。

また、熟成が進むと、ビンの中に見える「おり」と呼ばれるものが見えるのですが、知らない人が見るとゴミが浮いてる?と思う人もいるようですが、実はこの「おり」にうまみがあること、長期熟成酒の成分などについても教えてくださいました。

う〜ん、長期熟成酒奥が深〜い。この続きが気になった方は、28(土)エフエム世田谷の放送を聞いてみてくださいね。

長期熟成酒研究会
http://www.vintagesake.gr.jp/
オールドサケギャラリー
http://store.yahoo.co.jp/old-sake-gallery/
地酒の社ブログ
http://jizakenomori.blog82.fc2.com/


posted by 農業情報総合研究所 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

JICA青年海外協力隊 短期派遣ボランティアレポート4

東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科 地水工学研究室のみなさんで結成された地水レンジャー。

今週は、東京農業大学大学院 農学研究課 農業工学専攻 博士前期課程 農業ロボット工学研究室 中山さんの登場です。中山さんは、地水レンジャーのリーダーからお誘いを受け、特別ゲストとして参加してくれました。
もちろん、こちらの研究室 田島先生からもご了解をいただきました。先生ありがとうございました!

農大には砂漠緑化チームがあり、このチームに田島先生が参加されており、その関係で中山さんも地水レンジャーのメンバー同様、昨年JICA青年海外協力隊短期派遣ボランティアメンバーとして、アフリカのジブチ共和国プログラムに参加することができたそうです。

今回は、ラスト現地レポート4をお届けします。

まずは、中山さんが所属している農業ロボット工学研究室についうて。農業とロボット?どんな関係があり、普段どんな研究が行われているのか教えてもらいました。

クイズは、現地のアファール語について考えてきてくれました。
う〜ん、むずかしい!!

アフリカのジブチでは、現地での水を集める方法のひとつ。農大が開発した取水装置を使った実験。装置はポータブル冷蔵庫で、1時間あたりどのぐらい水がとれるかというのを測定を行ったそうです。ポータブル冷蔵庫?熱い砂漠地帯で水を取水?どういう仕組みになっているのか、詳しく教えてもらいました。

この続きは、28日(土)エフエム世田谷の放送をお聞きください。
posted by 農業情報総合研究所 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外農業・作物保護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

地場農産物でおいしい給食づくり(1)

食育コンクール2006特別賞審査委員会奨励賞を受賞された、千歳台小学校 栄養士の先生に、この取り組みについてお話を聞かせていただきました。そのお話は、2007年3月ラジオ番組で放送されました。

このお話の中に登場した方々にも、ラジオでお話を聞かせていただこうと思い、栄養士の先生にご紹介をしていただきました。

今回は、放し飼いされている鶏の卵を提供してくださっていた方と打ち合わせのため、お家におじゃまさせていただきました。

04022-1.jpg
お家に入ると、すでにコッコ、コッココ、と鶏の鳴き声がします。敷地ないを歩いていくと、いるわ、いるわ、こんなにいるの?というぐらい鶏だらけ。中に、ひときわ大くてきな真っ白な鶏がいたのであれは何ですか?と聞いたら、あれは鶏じゃないよ。七面鳥だよと大笑いされてしまいました。そっか、あんな白い七面鳥もいるんだ・・・。デジカメを忘れたことに気づき、あわてて外からケータイで一枚撮ってみましたが、こんなもんじゃなかったです。


04022-2.jpg
今度は背後から、ブーッ!ブヒ、ブヒッ!と泣き声が・・・。えっ?振り返ってみると、立派な豚がそこにいました。ここ、世田谷区ですよね?ビックリしていると、さわっても大丈夫だよと、言われ恐る恐る手をのばしてさわってみました。牛に続き、豚も初めてさわりました。ちょっとごつごつして毛が固かったです。
ちなみに、この豚は給食とは関係ないですよ。(念のため)

そんなこんなで、敷地の中を見せていただいた後は、縁側でのんびり打ち合わせをさせていただきました。詳しい内容は、またラジオでお届けする予定になっていますのでお楽しみに♪
posted by 農業情報総合研究所 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 世田谷・都市農業・伝統野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

電鉄会社が貸し農園事業にチャレンジ!

東京近郊では、小さな区画を借りて自分で野菜を育てる。そんな体験ができる市民農園、貸し農園などが人気を集めています。手軽な市民農園などは、貸し出し区画少ないのでかなりの倍率抽選になっているようです。

そんな、人気の貸し農園に小田急電鉄(株)がチャレンジします。オープンは5月4日で、名前は「アグリス成城」。この貸し農園、な、なんと駅の目の前という贅沢な立地。

駅前にそんな広いスペースがあるの?と思いつつ、オープンにさきがけ、工事中の現場を特別に見せていただきました。

イーストガーデン、ウエストガーデンも含めると300区画もあるそうです。この場所、世田谷百景にも選ばれた場所でお天気のいい日は富士山が見えるそうです。知らなかった・・・。

クラブハウスも特別に見学。2階は天井が高く、木をかなり多く使ったぬくもりのある木の香りが漂うスペース。ここは、ラウンジになる予定だそうです。

この続きは、またラジオでお届けする予定ですのでお楽しみに♪

アグリス成城
http://www.agris-seijo.jp/
posted by 農業情報総合研究所 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・みどり・ハーブ・アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

話題の長期熟成酒(古酒)について

みなさん、長期熟成酒ってご存知ですか?今年、醸造戦隊 酒類研レンジャー司令官 東京農業大学短期大学部 醸造学科 穂坂 賢助教授からのご紹介で、古酒の勉強会に参加しまいた。それがご縁で、今回ラジオ番組に登場していただくことになりました。

長期熟成酒研究会の勉強会に参加させていただいたときのレポートはこちらです。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/35129922.html

今回、お話を聞かせていただいたのは、長期熟成酒研究会 顧問でいらっしゃいます、本郷信郎さんです。
http://www.revoradio.jp/nougyousentai5.html

顧問からの提案で、まずは長期熟成酒の歴史を教えていただくことにしました。その昔将軍さまが飲んでいたことや、江戸時代には庶民の方も飲んでいたという長期熟成酒。

古い文献には、奇数はめでたい数字とされており、数字の9は最高とされ、祝いの席でも飲まれる長期熟成酒は9年ものだって知っていました?

歴史ある長期熟成酒が、一斉に姿を消した時代のお話から、何故復活することになったのか?一般的に古酒と呼ばれているものと、長期熟成酒とはどう違うのか?も教えていただきました。

長期熟成酒のお話は、日本の歴史も勉強することになるので面白いですよぉ〜。お酒の好きなかた、明日21(土)エフエム世田谷の放送を聞いてみてくださいね。

070421-5.jpg長期熟成酒研究会発行:古酒神酒 長期熟成酒の魅力 今回、特別にいただきました。ありがとうございました!!あっ、この本すごく面白いですよ。

posted by 農業情報総合研究所 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

JICA青年海外協力隊 短期派遣ボランティアレポート3

東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科 地水工学研究室のみなさんで結成された地水レンジャー。

地水レンジャーは、昨年JICA青年海外協力隊短期派遣ボランティアでアフリカのジブチ共和国に行ってきました。今回は、そのレポートパート3をお届けします。今週の担当は、地水茶レンジャー@中村くんです。

初めての海外旅行がアフリカのジブチ共和国。行く前には、現地の方と会話ができるようソマリア語も勉強したのだとか。現地では、農村部の定住、水利用、水質調査を行ってきたそうです。水利用では、どのぐらい水を使っているのか?水質検査は、化学物質を測定する実験で農業用水として使えることがわかったそうです。他にも、生物的な試験といった検査方法もあるそうです。

この続きは、21日(土)エフエム世田谷の放送をお聞きください。
posted by 農業情報総合研究所 at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外農業・作物保護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

ご当地ソング(大阪)

ご当地ソング・フードソング
2007年から、ラジオ番組でご当地ソングを紹介しています。

ご紹介したご当地ソングはこちらをご覧ください。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/35746603.html

さて、今回ご紹介したご当地ソングは大阪道頓堀発たこやきソングをご紹介しました。関西のみんな知ってたぁ〜?

070414-2.jpgとっても可愛い歌で、これも一度聞くと覚えちゃいますよ。基本は標準語ですが、途中に関西弁が入ったり、子どもとの掛け合いで、「お口に青のりついてんで〜」「わっ!ほんまや!」なんて、とっても可愛い歌です。
気になる方はコチラをご覧ください。
http://www.raple.co.jp/takoyaki/#


posted by 農業情報総合研究所 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生の選曲・ご当地ソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

ご当地ソング・フードソング

2007年から、ラジオ番組でご当地ソングを紹介しています。

ご紹介したご当地ソングはこちらをご覧ください。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/35746603.html

ご当地ソング以外でも食べ物に関する歌。フードソングをご紹介しています。季節・ゲストの方や、大学生コーナーの中で出てきた、関連のあるフードソング。今年は、以下の曲をご紹介しました。

・野猿  :Fish Fight
・GTP :冷凍みかん
・上々颱風:しぶ茶でCHACHACHA
・NHKみんなの歌:だんご3兄弟

みなさんからの、お薦めのフードソングリクエスト、こんな曲があるよ〜という情報お待ちしています。
posted by 農業情報総合研究所 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生の選曲・ご当地ソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

熊本県のアンテナショップ

岩手県のアンテナショップから熊本県のアンテナショップへ。場所は、銀座の駅をあがったすぐのところにありました。

アンテナショップの中でも、かなりごじんまりした店内。しかし、品揃えは豊富です。初めてみる商品がたくさんありました。

店内では、お客さんが「品切れなの?ここにしか置いてないって聞いてきたのに・・・」と、声が聞こえてきました。狭い店内も、後からどんどんお客さんが入ってきます。みなさん、よく知っているんですね・・・。

何を買おうかと悩んでいたそのとき。我が家でお取り寄せしていたお味噌を発見!うそっ〜!!ここに売ってたの?嬉しい!と思って横を見たら、お取り寄せしようかどうしようか悩んでいた柚子胡椒を発見!うそっ〜!!売ってるぅーーーーーっ!

なんか、とっても幸せな気分・・・。もちろん、2つとも買いました。他にも、無農薬のお茶、日本酒も気になりましたが荷物が多かったので次回のお楽しみにとっておきました。

こちらのお店では、毎週火・木・土は産直野菜の日だそうです。う〜ん、これは気になりますね〜。熊本県のアンテナショップも、また訪れたいお店です。

気になった方は下記のサイトをご覧ください。「銀座熊本館」
http://www.kumamotokan.or.jp/

posted by 農業情報総合研究所 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お店・食のイベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩手のアンテナショップ(2)

岩手のアンテナショップ2回目

前回は、コチラをご覧下さい。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/37548852.html

岩手のアンテナショップで買った、久慈地方森林組合 乾しいたけが、あっという間になくなってしまいました。

また、根こんぶ入り 真崎とろろ昆布。これ、私も気にっているのですが、おいしいからもっと買ってきて〜と、家族からリクエストがあったので再び岩手のアンテナショップへ行ってきました。

前回買って、とってもおいしかったプリンも買って帰ろうと思っていたのに、「遠野 多田克彦の手作り まろやかプリン」売り切れでした。あぁーーーーーっ!ガッカリ・・・。あっ、そうそう、手作り天日干しシソゆかりもおいしいのでおすすめです。

さて、せっかく銀座まできたから、もう1軒アンテナショップへ行ってみることにしました。次は熊本県へGO!

岩手アンテナショップ「いわて銀座プラザ」
http://www.pref.iwate.jp/~hp0401/
posted by 農業情報総合研究所 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お店・食のイベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

屋久島地域活性の取り組み

今週は、東京農業大学短期大学部のプロジェクトについて、東京農業大学短期大学部栄養学科 食品学研究室 安原 義 教授にお話を聞かせていただきました。
http://www.revoradio.jp/nougyousentai5.html

短期大学全学部の先生方が関わっていらっしゃるプロジェクト。
その中のひとつが屋久島プロジェクト。多くの観光客が訪れる屋久島も、現在では高齢化が進んでいます。

高齢化が進む島での地域活性とはどんな取り組みなのでしょうか?大学側、そしてチャレンジする島の方々にとってもお互い無理をしないで継続させていくというとお話の通り、取り組みがスタートして4年が経過。屋久島の特産品がいくつも誕生しました。

一部は、食と農の博物館でも販売されています。さて、その気になる特産品とは?この続きは、4月14日(土)エフエム世田谷の放送をお聞きくださいね。

上記の取り組みが1冊の本になりました。興味のある方は農大出版までお問い合わせください。
農大出版:屋久島100の素顔〜もうひとつのガイドブック〜
posted by 農業情報総合研究所 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方創生/連携事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

焼酎蒸留粕の研究

東京農業大学 短期大学部 醸造学科 酒類学分野 酒類学研究室 穂坂先生のご協力のもと、醸造戦隊 酒類研レンジャーが結成されました。

さて、今週2回目の登場となります醸造戦隊 酒類研レンジャー。チャレンジしてくれたのは、東京農業大学短期大学 醸造学科2年 吟醸ピンク@丸山さんです。

高校のときに理科が大好きで生物同好会に所属。この同好会顧問の先生が農大のOBの方で、みんなにとっては憧れの先生だったそうです。

自然と農大に興味をひかれ、先生にも相談しながらオープンキャンパスを見学。醸造学科のブースで顕微鏡から見えた菌に驚いたといいます。

農大で研究されている花酵母。酵母をどのように抽出するのか、とてもわかりやすいパネル展示を見て、理科が好きな丸山さんはこの大学に入学することを決めたたのだそうです。

お酒の中でも、ソバや、シソといった原料になる焼酎に興味をひかれ研究室に入り、研究室でも焼酎の研究に関わり、卒業論文ももちろん焼酎に関するテーマでした。

焼酎が作られる際に、蒸留粕が出るってみなさんご存知でしたか?これが、廃棄処分するにはお金がかかるようになり、各メーカーとも頭を悩ませている大きな問題となっているようです。

吟醸ピンクがチャレンジした研究は、この焼酎粕を利用できないか?という研究でした。さて、どういったものを選び今回研究をしたのかは14日(土)エフエム世田谷の放送を聞いてみてくださいね。
posted by 農業情報総合研究所 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

ぬる燗が飲めるお店

私達夫婦は、純米酒がお気に入りです。中でも、純米酒をぬる燗で飲むというのがマイブームになっています。

前回も書きましたが、燗も温度によって呼び方が違っているのですが、その中でもぬる燗という温度で頼むと、最初の一口、またその次、そして最後の方と、においや、味が微妙に変わるのが面白いですよ。

以前、日本酒(純米酒)を頼んだら何も聞かれず冷やしたお酒を店員さんが持ってきたのですが、しばらくして同じお店に行き日本酒を頼んだら、「飲み方はどうされますか?」と尋ねられました。飲み方を聞かれるとは・・・。このお店もやるね〜と、ちょっと嬉しくなりました。

私達の席から、ちょうど店員さんが日本酒を用意しているのが見えたのですが、電子レンジではなく、「錫のちろり」を使っているのが見えました。ちなみに、錫は熱伝導率が高く、お酒のうまみを引き出すそうです。

また、別のお店でも当たり前のように、「ぬる燗ですね。」と、さらりと用意してくれました。お店の方にとっては、面倒なのでしょうが、こうして対応してくれると嬉しいですね。ちなみに、このお店の店員さんは、日本酒にはかなり詳しかったなぁ〜。

東京では、少しずつこんなお店が増えてきたのかな?と感じています。

錫のちろりが気になった方はコチラをご覧ください。
http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=262
posted by 農業情報総合研究所 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

新しい職場体験学習インターンシップ

今週は、東京農業大学短期大学部が取り組む、一歩進んだ学生インターンシップ、「学生主導型体験学習が拓くキャリアデザイン」の取り組みについて、東京農業大学 短期大学部栄養学科 食品学研究室 安原 義 教授にお話を聞かせていただきました。
http://www.revoradio.jp/nougyousentai5.html

東京農業大学短期大学部は55年の歴史があり、同大学ではインターンシップという言葉ができる前から、生物生産技術、環境緑地両学科の卒業生が現役の学生を実習生としての受け入れを実施。この取り組みは41年の実績をもっています。

今回は、とかく一方通行になりがちなインターンシップではなく、短期大学部の長年の実績をさらに一歩進んだ形で、大学( 教員・職員)、学生、校友、保護者が一体となって構築に取り組んでいるそうです。こちらは、平成18年度特色GPに採択されました。

今までのインターンシップとはどこがどう違うのでしょうか?気になった方は、4月7日(土)エフエム世田谷の放送をお聞きくださいね。
posted by 農業情報総合研究所 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 農といえるニッポン! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

醸造戦隊 酒類研レンジャー登場!

東京農業大学 短期大学部 醸造学科 酒類学分野 酒類学研究室 穂坂先生のご協力のもと、醸造戦隊 酒類研レンジャーが結成されました。各隊員のレンジャーネームも、今までのレンジャーチームと違い、お酒の名前がついているんですよ〜。

醸造戦隊の皆さんには、お酒の研究についてレポートしてもらうことになっています。日本酒の情報についても発信して行く予定です。

さて、今週ラジオに初登場となりました。トップバッターは、東京農業大学短期大学 醸造学科2年 純米ホワイト@山本くんです。高校生の頃に、味噌蔵で飲んだお味噌汁がおいしくて醸造に興味を持ち、東京農業大学に進学。

進学後は、農大醸造学科で研究されている花酵母の研究に興味を持ち研究室に入室。そんな純米ホワイトが今回話してくれた内容は、卒業論文のテーマ乾燥酵母についてでした。

乾燥酵母・・・皆さんご存知でした?、乾燥酵母って何だろう?と興味を持った方は、4月7日(土)エフエム世田谷の放送を聞いてみてくださいね。
posted by 農業情報総合研究所 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

日光・鬼怒川・会津物産店

デパートで開催されている、日光・鬼怒川・会津物産店に行ってきました。私は、今回この物産店は初めてでした。

事前にもらっておいたデパートのチラシを見ながら、何がいいかなと見ていたら、隣から地ビールと、地酒を飲んでみない?と、ダンナからリクエストがきました。先日、食材をたくさん買ったばかりだったので、今回は地酒と地ビールを買うことにしました。

地ビールはピルスナータイプの日光ビールを買いました。値段はかなり高めでしたが、とてもおいしいビールでした。後で会社のパンフレットを見てみたら、2004年には国際ビール大賞で銀賞。2006年はジャパンビアカップで金賞を受賞した実績のあるビールでした。

みなさんも、日光に行かれたときにいかがですか?日光ビールのサイトはコチラです。
http://www.nikkobeer.com/shop.html

地ビールは栃木のを買ったので、日本酒は会津のお酒を買ってみることにしました。お店の方に試飲をお願いしたら、快く3種類試飲させてくださいました。一番目、はぁ〜、おいしい。二番目、まろやか〜。三番目、ちょっと固いけどおいしい。

販売している女性の方に東京では、どこで販売されているのですか?とお聞きしたら、小さな蔵なのでイベントや今回の催事などの販売のみとのこと。

えっ?じゃ、なかなか手に入らないかもと思い、1番最初に飲んだ純米吟醸 國権を買いました。もちろん、買った日の夕食を和食にして國権を飲みました。ダンナもおいしいと、とっても気に入ってくれました。

あとでホームページを探してみたら・・・えっ?とっても有名な酒造メーカーさんだったのですね。大吟醸「国権」は全国新酒鑑評会において三年連続、通算九回金賞を受賞されていました。う〜ん、ビックリしました。

国権酒造株式会社のホームページはコチラ
http://www.kokken.co.jp/

こちらのホームページの、自社製品を比べた味覚マップは大変参考になります。皆さんも、興味のある方はご覧ください。

みなさんは、どこのデパートのどの県の物産店がお好きですか?
また情報お待ちしていまーす。
posted by 農業情報総合研究所 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お店・食のイベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

岩手のアンテナショップ

ちょっと気になっていた、岩手県のアンテナショップへ行っていました。場所は東京歌舞伎座の斜め前。入り口を入ると一枚のポスターが目に飛び込んできました。何だろう?と見てみると、4月からスタートするNHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」のポスターでした。今度は盛岡が舞台なんですね〜。

それはさておき、店内はかなり広く、乳製品、お菓子、加工品、お酒、工芸品、野菜も販売されていました。たくさん商品があって、どれを買うか迷ったけれど下記の商品を買ってみました。

・遠野 多田克彦の手作り まろやかプリンhttp://www.echna.ne.jp/~katuhiko/dairyProducts.html

購入した理由:プリンは意外と添加物が多いのですが、原材料を見て大丈夫だと思ったからです。味は、と〜ってもまろやか、やわらくておいし〜い。ちょっと高かったけど星5つ!

・久慈地方森林組合 乾椎茸
http://www.sinrin-y.com/goods/sitake/index.html

購入した理由:日本産乾しいたけのマークがついていたから。しいたけは、我が家ではかなりの頻度で使う食材。おいしいしいたけを探してみても、東京では手に入らないし売ってないんですよね〜。そこで、乾しいたけを買ってみることにしました。

日本産乾しいたけのマークをご存知ない方は下記のサイトをご覧ください。
http://www.j-shiitake.com/

うどんのだしや、お味噌汁の具に使ってみましたが、おいしくてとっても気に入っています♪なんといっても、薬っぽい味がしないのがいいです。

・いさわ納豆 豆太郎

購入した理由:岩手県 いわさ産大豆を100%使用。遺伝子組み換え大豆は使用していませんという表示を見て。

この納豆を食べて、初めて大粒でもおいしい納豆があるんだと知りました。すごい!!調べてみると、胆沢町産の南部シロメという大豆を100%使用。遺伝子組み替え大豆は使用せず、一般の納豆と比較して、たんぱく質・カルシウム・ビタミンE等が多く含まれているそうです。

他にも、根こんぶ入り 真崎とろろ昆布もおすすめです。こちらも、添加物が入っていません。まだ、まだ、おいしいものがたくさんありそうなので、また行って見たいアンテナショップでした。
posted by 農業情報総合研究所 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お店・食のイベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

外務省ウェブサイト Trends in Japan掲載

日本の文化を、海外に向けて紹介する外務省のウェブサイトTrends in Japanをご存知ですか?2006年5月に、こちらの英文サイト掲載していただきました。今年は中国語サイトがオープン。こちらにも英文サイトと同じ記事を掲載していただきました。

ご興味のある方は、下記のサイトをご覧ください。

Trends in Japanのサイトはこちらです。(英文)
http://web-japan.org/trends/index.html

Trends in Japanのサイトはこちらです。(中国語)
http://web-japan.org/trends/cn/index.html

WEB JAPAN
http://web-japan.org/
posted by 農業情報総合研究所 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする