2006年05月26日

本当のココナッツミルク?

ココナッツミルクが嫌いでした。夏の海水浴でつける日焼け止めのようなにおいがダメ。いろいろな中華料理屋さんで一口食べてみるのだけれど、日焼けどめを食べているような感じがして、どのお店で食べても口にあわないので、最初から食べないことにしていました。

先日、神戸にあるおいしい中華料理屋さんが大阪にできたから、そこでランチをしましょうと、関西のお友達と一緒に出かけてきました。行列のできる、安くて、おいしいお店に大満足!デザートまでついてお得と思っていたら、出てきたのがタピオカココナッツミルク・・・・

食べずにおしゃべりしていたら「食べないの?」とすかさず友達に指摘されました。う〜ん、実は苦手なのと正直に答えると、その友達が「ここのはおいしいから。ニセモノじゃないよ。」と食べるように勧められました。仕方ないので一口食べてみると・・・おぉぉぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
おいしい。友達が、そうでしょう。そうでしょう。食事もおいしいけれど、タピオカココナッツミルクもおいしいから、このお店のポイントは高いのだと教えてくれました。それにしても、今まで食べたココナッツミルクって何だったの?


posted by 農業情報総合研究所 at 00:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・レシピ・栄養・食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする