2006年04月29日

東西ねぎ比較

関西にいたころは、全国みんな関西で食べられている「ねぎ」を食べているものだと思っていたので、東京に来たころはちょっとカルチャーショックだったのを思い出しました。

関西で食べていたのが青ねぎ、または葉ねぎとも呼ばれているもので、代表的なのが九条太ねぎ、九条細ねぎだと初めて知りました。

それに対して、関東で一般的に食べられているのは、白ねぎと呼ばれている千住ねぎなのですが、青ねぎと白ねぎを比べると、青ねぎの方が、カルシウムが1.7倍、ビタミンCは2.8倍、カロテンは136倍も含まれているのだとか?

そんなねぎも、年々消費が減り輸入が増えているそうです。

posted by 農業情報総合研究所 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・レシピ・栄養・食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

1万件アクセスを超えました!

いつも、農業情報総合研究所ブログをご覧いただきありがとうございます。

なかなか思うように更新できなず、アクセス数も伸び悩み、これでいいのかな?と思いながらも、コツコツと更新を続けてまいりました。8ケ月めにして、ようやく1万件のアクセスを超えましたことをご報告させていただきます。

みなさまの応援、心から感謝いたします。

また、これを励みに頑張ります。
posted by 農業情報総合研究所 at 01:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 農・食・環境ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

生節?なまり節?

スーパーで「ふき」が売っているのを見て、母が春になると、「ふきと生節の煮物」を作ってくれたのを思い出しました。実家にいるころには、ほとんど食べなかったのに食べられないとわかると、食べたくなるのだからこれまた不思議。

母に電話で作り方を教わり、お買い物に行ったのだけれど、どこを探しても生節が見つからない・・・。おかしいなぁ〜?東京では、「生節」売ってないのかな?あきらめて家に戻って、インターネットで調べてみることにしました。すると、全国同じ名前だと思っていた「生節」は、「なまり節」と呼ばれているのだと初めて知りました。ビックリ〜!!

つい最近読んだお料理本には、なまり節、または生節とも呼ばれており、かつお節を作る途中のもので、蒸し器があれば自宅でも作れるとか?う〜ん、お料理は奥が深い。その後デパートで「なまり節」を買い、「ふきと生節の煮物」を作りました。母と同じ味が再現でき満足。春の味を満喫しました。
posted by 農業情報総合研究所 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚・漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

各地の農業ヒーロー

大学生たちが戦隊ネームを使って、ラジオで活躍してくれて
いますが、どうやら各地にはさまざまな戦隊がいるようです。

そのひとつ、秋田県民のための、秋田県民による、秋田県民の
ためのヒーロー。海を、山を、秋田を守る。「地産地消」ヒー
ロー、それが超神ネイガーです。

なまはげがモデルで、衣装や言葉も秋田にこだわり、手にする
武器はきりたんぽ型の剣、はたはたをかたどった、プリカゴン
を手にた超神ネイガーは、秋田県内を大活躍。
カッコイイ〜♪

もともと、秋田に住む幼馴染の二人が、秋田県発のオリジナル
・ヒーローを創造する企画を立ち上げましたのがはじまりとか。

テレビ、ラジオなどでも取り上げられ、県内での公演、キャラ
クターグッズ販売、キャラクター商品も次々販売され、知名度
アップとともに、経済効果もあるようです。

個人的には、東京にある秋田お店。その名も「なまはげ」で初
めて見た「なまはげショー」がとても気にいりました。

本場の「なまはげ」の伝統文化も是非地元の皆さんに守ってい
ただきたいと思います・・・
このお店のお料理、おいしかったなぁ〜。

超神ネイガー
http://homepage1.nifty.com/nexus/neiger/
posted by 農業情報総合研究所 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 農・食・環境ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

ホームページサーバーダウン

現在、サーバーダウンのため、ラジオ番組の
ホームページを見ることができません。

ご迷惑をおかけしています。
復旧までに、しばらくお待ちください。
http://www.revoradio.jp/nougyousentai3.html
posted by 農業情報総合研究所 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 農・食・環境ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

NPOブログ参加&こどもたちとの農業体験

☆只今、NPOブログ参加中!

先日ご紹介した、NPOローカルジャンクション21のブログに只今参加中。タイトルは「今週の私」。4月17日からの担当で、今日で3回目めの更新です。先に、読んでみたい方は下記のサイトをご覧くださいね。

NPOローカルジャンクション21
http://www28.cds.ne.jp/~localj/

☆こどもたちとの農業体験2

昨年、農業戦隊・アグレンジャーがチャレンジした、子どもたちとの農業体験について続きを一部更新しましたのでお知らせします。
http://www.agranger.jp/agri-taiken1.html

まだ、全部書きあがっていないけど、この回がいろいろな意味でも大変だったので時間がかかってしまいました。ふぅ〜。
posted by 農業情報総合研究所 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 理事長の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

大学生が八百屋経営チャレンジ

下記のブログでの配信を再開しました。
http://agriradio.seesaa.net/

今回は大学生が八百屋経営チャレンジしているお話です。
担当は、明治大学商学部で結成された、ショーレンジャーの登場です。
posted by 農業情報総合研究所 at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・就農・経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

農業戦隊アグレンジャー&新宿区の子どもたちとの農業体験

昨年、農業戦・アグレンジャーがチャレンジした、子どもたちとの農業体験について質問を受ける機会が多くなりました。それだけ、皆さんの関心が高まっているということなのでしょうか?そこで、なかなか更新できなかった農業体験について、一部ですがホームページにアップしました。

よければご覧ください。
http://www.agranger.jp/agri-taiken1.html

この活動に参加した、農業戦・アグレンジャーのメンバーは、全員ボランティア活動として参加しました。なお、現在この活動は終了しています。
posted by 農業情報総合研究所 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 世田谷・都市農業・伝統野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

番組ファンと配信

★番組ファンがすぐ側に・・・
普段あまりお話しない、エフエム世田谷スタッフの方から、 あなたの担当している農業の番組いつも聞いているけど、いい番組だね。と、言葉をかけていただきました。素直にとても嬉しかったです!ありがとうございます。これからも頑張りますので応援してくださいね。

★配信について
短い時間でも、配信が重なるとディスク容量が足らなくなっていましたが、やっと容量も追加したので準備が整い次第、下記のブログから配信を再会する予定です。http://agriradio.seesaa.net/
posted by 農業情報総合研究所 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 農といえるニッポン! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

NPOのブログ参加

先日、食育シンポジウムでお会いしたNPOローカルジャンクション21の代表の方からのお誘いで、NPOローカルジャンクション21のブログに、1週間日記を書くことになりました。

私が書かせていただくのは、いろいろな方々が日記リレーのように、週代わりで書いていくもので、タイトルは「今週の私」です。

2004年からはじまり、現在は120人もの方々が参加されています日記です。私の担当は4月17日からの予定。

代表の方から、同じ内容をこのブログにもアップして構わないとのことなので、少し遅れますがこちらにも同じ内容をアップさせていただきます。お楽しみに♪

NPOローカルジャンクション21
http://www28.cds.ne.jp/~localj/
posted by 農業情報総合研究所 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 理事長の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

食育シンポジウム

少し前になりますが、食育シンポジウムに参加してまいりました。

テーマ :「食育」食を通じて私たちができること
基調講演:農山漁村文化協会理事 ・提携事業センター所長 栗田庄一さん。

このシンポジウムは、インターネットで偶然見つけたのですが、私が担当しているラジオ番組の、記念すべき第一回目のお客さまの基調講演があるということで、参加することにしました。この日は、それぞれの食育活動を行っている5団体の代表の方から、実践の紹介がされたあと、パネルディスカッションが行われました。

実践の紹介の中で、NPOローカルジャンクション21の代表の方が、日本にはおいしいものがたくさんあって、そのおいしさ、感動を自分だけが知ってるなんてもったいない!もっと、多くの人にそれを伝えたいと思ったのが活動の動機。

また、NPO法人 食育研究会Mogu Mogu代表理事の方は、結婚して家族のために料理を作りはじめたら、本当に安心で安全なものは何か?知りたいと思っても、何の情報もなかった。そこで、お母さん同士の情報交換が勉強会へ発展したのだと、活動のきっかけを語ってくださいました。

お二人の発言を聞いて、食育を考える一歩ってこういうことじゃないのかな?と思いました。私自身も誰かのために食事を作る。これは、食の意識を大いに変えてくれましたし、食について、もっと、もっと知りたいという気持ちが強くなりました。しかし、知りたい情報はなかなか手に入らないのです。

一生懸命調べた情報や、大学生、専門家の方々を通じて聞いた話を、自分ひとりで持っているのはもったいない。一人でも多くの人に伝えたいという気持ちが、ラジオ番組制作へと気持ちをかきたててくれているのだと、改めて気づかされたシンポジウムでした。

060211-1.jpg

posted by 農業情報総合研究所 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・レシピ・栄養・食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

野菜ソムリエが銀座に集結!?

今年から4月9日は、「食と野菜ソムリエの日」の記念日になったってご存知でした?

「食」の「しょ」=4、「く」=9とかけて、日本ベジタブル&フルーツマイスター協会が独自に日本記念日協会に申請し、認定されました。それを記念して、“野菜ソムリエ”たちが一同に銀座に集結し、街頭での野菜・果物の無料配布や野菜たっぷりのレシピ大会を開催。

■プランタン銀座で野菜・果物を無料配布!
場所 :プランタン銀座1Fイベントスペース
時間 :2006年4月9日(日)
1回目11時〜12時 、2回目13時〜14時 、3回目15時〜16時

■『ベジフル行楽弁当』レシピコンテストの開催!
多数の応募から見事選考に残った5名のお弁当の中から
最優秀作品を選出します。

場所 :MIKIMOTO Ginza 2 5Fアトリウム
時間 :2006年4月9日(日) 15時〜16時半

詳しくは、下記をご覧ください。日本ベジタブル&フルーツマイスター協会 
http://www.vege-fru.com 
posted by 農業情報総合研究所 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜・果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

うかたまエピソード募集中!

2006年 3月 4日、3月11日、3月18日に番組ゲストでご出演いただきました、農文協:季刊「うかたま」からご案内をいただきました。

現在、季刊「うかたま」では、みなさんから下記のエピソードを大募集されています。興味のある方は、是非ご協力よろしくお願いします。

「あなたのおやつに関するエピソードを教えてください」

次号、6月5日発売の『うかたま』では、「おやつ」を特集します。そこで、皆様のおやつに関する思い出を教えていただけませんか?

以下のページから、アンケートフォームに入れます。
http://ukatama.net/home.html
掲載された方には、掲載誌とうかたまバッチプレゼント。

※メールアドレスはなくても受け付けていますので、気になる方は入力しなくても大丈夫です。ただし、掲載された場合に掲載誌とバッチはお送りできません。ご注意
下さい。

農文協:季刊「うかたま」
http://ukatama.net/home.html
posted by 農業情報総合研究所 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 農・食・環境ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

農業戦隊アグレンジャー1期生卒業!

農業戦隊が誕生してから、初めての卒業生を送りだすこととなりました。

今から3年前の12月。社会人勉強会で、明治大学農学部の大学生のみんなに出会い、その出会いが農業戦隊アグレンジャーの誕生へと発展し、翌年の5月にはエフエム世田谷で、農業にスポットをあてたラジオ番組を担当させていただくことになり、番組
がスタートしました。

ラジオ番組がスタートした頃は、メンバーが限られており、少人数でのローテーションは大変な作業でした。また、みんな放送経験などなくマイクの前で緊張しながら話しおえたと思ったら、またすぐ次の収録に向けてテーマを考える。お休みした人がいれ
ば、その分まで内容を考えて話す。

みんなバイト、勉強、テスト、就職活動、限られた時間をやりくりしての参加だったので、これで本当に大丈夫なのだろうか?と、内心ひやひやしながら見ていました。

しかし、アグレンジャーの初期のメンバーが頑張ってくれたお陰で、番組は見事に継続。みんな本当にありがとう!!

農業戦隊アグレンジャーの活動が、現在の農業戦隊の基礎を作り、新しいメンバー参加や、新聞にとりあげていただくほどの団体へと成長しました。

そんな頑張ってくれていたメンバーが卒業してしまうのかと思うと、なんだか嬉しいような、寂しい気持ちでいっぱいです。(しみじみ・・・。)

農業戦隊で活躍してくれたメンバーが、農業戦隊で体験・経験したことを社会で活かし、それぞれのフィールドで活躍してくれることを祈っています。

卒業おめでとう!! 

そして、頑張れ!農業戦隊1期生。

みんなの活躍を陰ながら応援しています。
posted by 農業情報総合研究所 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 理事長の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

注目の地域団体商標

最近、生産者の方々の間では商標登録に関心が集まって
いるというお話を聞いていました。

何故だろう?と思っていたら、2006年4月に商標法
が改正されるからだったのです。

上記の法改正に伴い、特許庁は2006年1月から全国
各地で「地域団体商標審査基準説明会」を開催。書籍も
多数出版されており、生産者、地域の方々の関心を集め
ています。

今までは、地域団体商標と同じ名前の地域名+商品名
(サービス名)での商標登録が認められておらず、
今回の改正で、地域団体商標を登録することにより、地
域商品を外に向けて強くPRすることができ、地域のブ
ランドとしても全国展開がしやすくなるという期待が強
いようだ。

詳しくは、特許庁のホームページをご覧ください。
http://www.jpo.go.jp/indexj.htm

地域団体商標制度に関する問い合わせ
特許庁審査業務部商標課 商標制度企画室
電話:03-3581-1101 内線2806


posted by 農業情報総合研究所 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・就農・経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

外食産業で注目される魚醤

大規模な食文化フォーラムについて、2回のレポートを書きましたが、最後は日本の食文化を味わうレセプションについても、少しふれたいと思います。

フォーラム終了後、日本の食文化を味わうレセプションが行われました。全国のおいしいものや、食べ比べが出来とあり、かなり贅沢なレセプションだったと思います。

山形、石川、京都、岡山、香川、佐賀、鹿児島、沖縄などの郷土料理。他にも、たまご焼き、茶碗蒸しなど、たまごの産地別に作られて、食べ比べができるといったような、お料理がいくつかありました。ねっ、贅沢でしょ?

食いしん坊の私は、会場内のほとんどのブースを駆け足で、少しずつ食べてみました。ブースをまわりながら、自分が知らないだけで、日本にはおいしいものが、こんなにたくさんあるんだと感動・・・。

会場内のブースで「能登魚醤いしりフォーラム」と書かれた冊子を見つけました。

「能登半島は醸しの里」と位置づけ、魚醤いしりをブランド発信事業とし、2001年に魚醤いしりのフォーラムを開催。このフォーラムの基調講演は、発酵仮面の異名を持つ、東京農業大学教授 小泉武夫さんでした。

魚醤の歴史は古く、秋田にもおなじような「しょっつる」という魚醤があり、こちらも県全体で全国にPR展開。最近では、東京の外食産業でも「魚醤」が注目され、人気を集めているようです。メーカーも、この魚醤を一般家庭用として販売をはじめています。

今後、著名人の方々によるPR効果でどこまでこの「魚醤」が広がるのか注目されるところです。
詳しく知りたい方は、
http://www.groovy-net.co.jp/ishiri/index.html

ラベル:魚醤 いしり
posted by 農業情報総合研究所 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする