2005年11月01日

「安心院町」なんて読むの?

安心院町と書いてなんて読むでしょうか?
正解は、「あじむちょう」です。

大分県にある安心院町の中央部に「松本イモリ谷」とい
う場所があります。しかし、実際には「イモリ谷」とい
うところは存在しないのだそうです。

なぜ、「イモリ谷」と呼ぶのか?
それは、この集落を上空からみると山あいに広がる水田が
ちょうどイモリのような形をしていることから、地元の方
々の間では通称名として呼ばれています。

松本地区は全戸数56戸。人口は170人あまり。水田面
積はあわせて34ヘクタール。

その小さな集落が、
平成16年度、農林水産祭むらづくり部門で天皇杯を受章!
集落営農による大豆づくりやグリーンツーリズムなどの取
り組みが高く評価されたそうです。

今では、この取り組みが各地から注目されるほど有名なの
だそうです。
posted by 農業情報総合研究所 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 農・食・話題のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする