2018年10月11日

11/18食と農の博物館で開催。「地域を活用した特産品開発を学ぼう!」

NPO法人農業情報総合研究所ブログです。
農業、食、環境の情報発信情報や日々の活動をご紹介しています。
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken

11/18日、農大博物館で開催!
 

地域を活用した特産品開発を学ぼう!
〜長野県長和のトマトソース、アマランサス、南蛮味噌の試食〜

東京農業大学と長野県長和町の地域連携の研究活動(山村再生プロジェクト)を紹介する講座です。

内容は、自然、歴史ある長和町のご紹介、学生たちによる特産品開発の体験の紹介。
特産品クイズの出題もあります!

試食は、長野県長和のアマランサス、トマトソース、南蛮味噌に決定。卒業生の野菜も登場します!
皆さんと一緒に、特産品アイデア、食べ方についての意見交換を行う予定です。ご参加お待ちしています。


日 時:2018年11月18日(日)13:30〜15:00
会 場:「食と農」の博物館2Fセミナー室
対 象:一般
定 員:30名
参加費:2000円
持ち物:筆記用具、ハンカチ
主 催:NPO法人農業情報総合研究所
共 催:東京農業大学「食と農」の博物館
お申込:博物館事務室 03-5477-4033  ※開館時間にお電話下さい。
山村再生プロジェクトさんとのコラボ講座を開催します。

地域を活用した特産品開発を学ぼう!〜長野県長和のトマトソース、アマランサス、南蛮味噌の試食〜
商品づくりのアイデア、食べ方のワークショップを行います。
ぜひ、ご参加ください。

東京農業大学食料環境経済学科 山村再生プロジェクトは、長野県長和町をフィールドに耕作放棄地と伝統文化を通した学生による過疎地域活性化プロジェクトです。


181118長和町講座-1.png



posted by 農業情報総合研究所 at 13:50| Comment(0) | 農大博物館:食の講座開催 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

イチジク女子部:山形のイチジク王子のお店訪問

NPO法人農業情報総合研究所ブログです。
農業、食、環境の情報発信情報や日々の活動をご紹介しています。
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken

*よく似た名前の団体、ブログがあります。ご確認のうえ、お問い合わせください。

イチジク女子部の活動!

早速、山形のイチジク王子のお店に行ってきました。
渋谷の青山高校近交差点すぐ。毎週木曜限定!


180927-3.jpg


イチジクハンバーグを食べました。スープとデザート付。
山形のつや姫、野菜が使用されていました。美味しかった〜。

ハンバーグの上には、イチジクのスライスがデーンとのっていました。
イチジクモノトーンカレーにした人もいました。

180927-1.jpg


デザートは、特別にロールケーキを作っていただきました。
濃厚なクリームに、イチジクがまったりした感じ美味しい!
通常の甘露煮まで、サービスいただいちゃいました。

180927-5.jpg


イチジク女子部の皆さん、お疲れさまでした。
イチジク王子の志田さん、ありがとうございました!

180927-4.jpg


posted by 農業情報総合研究所 at 22:53| Comment(0) | イチジク・イチジク学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JFS日本イチジク学会できちゃいました。

NPO法人農業情報総合研究所ブログです。
農業、食、環境の情報発信情報や日々の活動をご紹介しています。
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken

*よく似た名前の団体、ブログがあります。ご確認のうえ、お問い合わせください。

JFS日本イチジク学会&イチジク女子部の活動。

第2回イチジクとワインの会には、イチジク好きの人に集まっていただき、
美味しいイチジクを食べて大いに盛り上がりました。

なんか、みんなすごいテンション高かったような?
イチジク学会をを立ち上げようと盛り上がったら本当にサイトが出来ちゃいました。

まだ、何も決まってないんですが・・・(笑)
皆さん、いいね!ありがとうございます。

早速、イチジク女子部が動きだしました。ご報告を楽しみに〜。

全国のイチジク王子、イチジク好きの皆さん、イチジクの話題、情報交換でイチジクを盛り上げて行きましょう!
おーーっ!!(すみません、フェイスブックのみです。)
https://www.facebook.com/japanfigsociety/ 
posted by 農業情報総合研究所 at 22:32| Comment(0) | イチジク・イチジク学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2回イチジクとワインの会が無事終了しました!

NPO法人農業情報総合研究所ブログです。
農業、食、環境の情報発信情報や日々の活動をご紹介しています。
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken

*よく似た名前の団体、ブログがあります。ご確認のうえ、お問い合わせください。

ご参加ありがとうございました!!

愛知県東京事務所 農産物プロモーショングループ主査 長崎さんから、
愛知県産イチジクの魅力についてお話しいただき、愛知県産の生・冷凍イチジクを召し上がっていただきました。

八王子、山形のイチジク王子も参加してくれました。
長崎さんを含めイチジク男子3名は大人気でした。

「もう一度、冷凍イチジクを食べたーい!」という声にお応えして、第2回を開催することになりました。

長崎さんにご相談したところ、快く引き受けてくださり
「お腹いっぱいイチジクを食べてもらおう!」とイチジクを準備してくださったのでした。
本当に、ありがとうございました!!

すでに会の様子を投稿してくださり嬉しい!
写真を撮れなかったので、皆さんの写真を何枚かお借りしました。すみません・・・。

次回は、イチジクの話題を持ち寄り、皆さんと盛り上がりたいと思います。引き続き、よろしくお願いします!

180913-1.jpg


180913-2.jpg


180913-3.jpg


180913-4.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 22:22| Comment(0) | イチジク・イチジク学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ラジ!第134回:蔵元インタビュー/出羽桜酒造

NPO法人農業情報総合研究所ブログです。
農業、食、環境の情報発信情報や日々の活動をご紹介しています。
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken

*よく似た名前の団体、ブログがあります。ご確認のうえ、お問い合わせください。

朝日屋酒店主催 第9回美酒名酒きき酒会に参加された蔵元インタビューをお届けします。
久しぶりの再会となった出羽桜酒造株式会社さんです。

以下の3種類のお酒を試飲することができました。
桜花吟醸
季節限定雄町純米吟醸
枯山水 三年熟成

ぜひ、聞いてみてくださ〜い!

posted by 農業情報総合研究所 at 21:50| Comment(0) | 日本酒・甘酒・日本酒講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/15農業ビジネス研究会「農業×ロボット」のご案内

NPO法人農業情報総合研究所ブログです。
農業、食、環境の情報発信情報や日々の活動をご紹介しています。
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken

*よく似た名前の団体、ブログがあります。ご確認のうえ、お問い合わせください。

海津裕さん(東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授)は、
AIと画像処理を活用した自律移動の研究開発をされています。
http://www.todaishimbun.org/mayfestivalai20180515/

「水田の草取りロボット」などの自律移動する「小さく賢い農業機械」の試作・実証を進めています。
http://qzss.go.jp/news/archive/kaizu_170717.html

当日は、農業×ロボットの俯瞰的動向と、海津裕さんの研究開発について事例としてご発表をいただきます。
ご発表の後、質疑応答のお時間もございます。ご参加申込みをお待ちしております。

<<20181115農業情報総合研究所/農業ビジネス研究会>>

テーマ 農業×ロボット 〜AI、画像処理などを活用して自律移動する「小さく賢い農業機械」の研究開発〜

発表者 海津裕さん(東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授)

日時 2018年11月15日(木曜日) 18:45受付開始 19:00研究会開始 20:50終了

会場 竹橋「ちよだプラットフォームスクウェア」

会費 2000円

参加申込
下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「11/15農業研」としてください。
(SSL暗号化対応)
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。

DSCN3976-2.jpg

posted by 農業情報総合研究所 at 21:39| Comment(0) | 農業ビジネス研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ラジ!第135回更新!蔵元インタビュー:鳳凰美田さん

NPO法人農業情報総合研究所ブログです。
農業、食、環境の情報発信情報や日々の活動をご紹介しています。
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken

*よく似た名前の団体、ブログがあります。ご確認のうえ、お問い合わせください。

ご協力いただいた栃木県小山にある小林酒造さん。鳳凰美田の銘柄で有名ですね。
専務さんが農大卒業生。
農大卒業3年目の女性社員の方にもインタビューにご協力いただきました。
農大生へのメッセージもいただきましたよ〜。

#日本酒 #鳳凰美田 

朝日屋酒店主催 第9回美酒名酒きき酒会での取材です。
皆さん、ご協力、ありがとうございました!

posted by 農業情報総合研究所 at 21:22| Comment(0) | 日本酒・甘酒・日本酒講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

11/25東京農大「食と農」の博物館で親子で学ぶお米の講座を開催します!

NPO法人農業情報総合研究所ブログです。
農業、食、環境の情報発信情報や日々の活動をご紹介しています。
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken

*よく似た名前の団体、ブログがあります。ご確認のうえ、お問い合わせください。


11/25東京農業大学「食と農」の博物館で親子で学ぶお米の講座を開催します!

「しっかり食べて元気!ごはんについて学ぼう。」
11/25日(日)13:30〜15:00 
農大博物館2Fセミナールーム
小学生親子15組(先着順)
参加費用 親子1組 1000円(お子さま1人追加500円)


小学生親子向けお米講座を開催します!
今年は、お米の栄養について学びます。体の中の細胞の働きも学びますよ!

太ることは悪いことなの?
ごはんを食べると太るから食べない方がいいってホントなの?
お米の甘さを色でみるミニ実験も行うよ。
最後は、美味しいお米を試食予定です。どんなお米が登場するかお楽しみに!

東京農業大学の高橋先生、学生と一緒に親子で楽しくお米について学びます。

詳しくは、東京農業大学「食と農」の博物館までお問い合わせください。
http://www.nodai.ac.jp/campus/facilities/syokutonou/

注)東京農業大学「食と農」の博物館ホームページ、フェイスブック掲載は、
来週掲載していただく予定です。先にこのブログに掲載していますが参加のお申込み可能です。
お申込み、お待ちしています。

#農大博物館 #小学生親子 #お米講座#農大応用生物科学部 食品安全健康学科 #農大

20181125農大博物館.png

posted by 農業情報総合研究所 at 14:09| Comment(0) | 農大博物館:親子お米講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

農ラジ!第133回更新。/「美酒名酒きき酒会:第9回」

今年も世田谷 梅ヶ丘パークホールで開催された「美酒名酒きき酒会:第9回」におじゃましてきました〜♪

第2回目から参加しているきき酒会。ここで、たくさんの蔵元さんとの出会いをいただいています。
インタビューにご協力いただいている蔵元の皆さん、いつもありがとうございます。
まずは、小澤さんのインタビューをお聞きください。



posted by 農業情報総合研究所 at 10:35| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イチジク記事まとめ/2018.8月

全国のイチジク記事まとめ

大戸屋で期間限定8月いっぱい。
いちじくパフェが食べられるそうです。
https://www.ootoya.com/sp/menu/detail/002697.html


日本農業新聞イチジクの記事。メモメモ。
埼玉県いるま市 2007年地域農業の活性化を目指し「大家いちじく倶楽部」が立ち上がる。
副会長はいちじく栽培13年目。県の特別栽培農産物の認証を受けている。
4アール 65株 V字栽培。生産者10名 5〜8個 540円 2個入250〜280円 #いちじく

8/17
先日、お話を伺ってきた世田谷の農家さんのいちじくが日本農業新聞に掲載されていました。
#世田谷 #いちじく

甘〜い 市場にお出まし 淡路、洲本で出荷 /兵庫
淡路、洲本両市の特産品「淡路島いちじく」の出荷が始まり、農家は猛暑の中で作業に追われている。
淡路日の出農協を通じて、大阪府内の卸売市場に出荷される。

温暖な気候を生かしたブランド化で、09年度に5・9ヘクタール(28戸)だった栽培面積は
17年度には16・6ヘクタール(107戸)に拡大した。
https://mainichi.jp/articles/20180815/ddl/k28/040/301000c

【タウンニュース八王子版】 大和田町舩木さん
イチジクを東京特産に 「遊休農地」活用も視野
https://www.townnews.co.jp/0305/2018/08/16/444648.html


8/13
イチジクスクール!JA西三河は、特産のイチジク栽培で新規就農した農家を対象にした講座
「いちじくスクール」で雨よけハウスを自己施工する方法を教えている。坪単価2000円コストを低減。
タイベック施工もカリキュラムに導入。低コストでアザミウマ類の被害を減らし光の反射で着色向上。#イチジク


8/12
佐野のイチジク!美味しそう。さのまるくんも食べるのかなー。
いちじく 品種:桝井ドーフィン
栃木県産 JA佐野
生食やジャムなど


世田谷の農家さんを訪問。イチジクを見せていただきました。
「薬をかけてないから皮ごと食べられるよ」とのこと!何も使ってないのね。ふむふむ。
今度は、練馬も行ってみるかな。#イチジク #世田谷


8/11
日本農業新聞「あしがらいちじく」。かながわブランドに登録。出荷は11月いっぱい。
約8万パックを出荷予定。JAにいちじく委員会があるんですね!びっくり!!小田原の市場に出荷。 #イチジク
posted by 農業情報総合研究所 at 08:42| Comment(0) | イチジク・イチジク学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

農ラジ!第132回更新地域の!循環型の堆肥作りのチャレンジ

建設業から農業参入/愛媛県 有限会社あぐり

パート2愛媛県伊予郡松前町 建設業から農業へ参入。
建設業のノウハウを活用した米作り。無農薬米、地域の循環型の堆肥作りのチャレンジ。
有限会社あぐり 事業部部長 大森 孝宗さんインタビュー。




posted by 農業情報総合研究所 at 20:20| Comment(0) | 米・ごはん・米製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農大生が活動する山梨県小菅村について学べる講座です。

地域おこし、地元の活性化、商品づくりにチャレンジしてみたい方。
農大の学生たちが行っている、山梨県小菅村ってどんなところ?
自然が大好き。山登りが好きな人、そんなあなたにぴったりの講座です!!

多摩川源流大学とは?東京農業大学が行っている人材教育プラグラムです。
山梨県小菅村を舞台に、学生たちがさまざまな実習、体験をしています。
実際に、どんなことが行われているのでしょうか?小菅村ってどんなところなの?

山の風景、水の源流、森の生き物たちについて、これまでの活動について。
講座を通して、学生たちと一緒に小菅村を楽しんでみませんか?


9月22日(土)13:30〜15:00「食と農」の博物館2000円 
山梨県小菅村「見て、聞いて、作って、食べて 多摩川源流大学流 農山村地域との関わり方」講座
「鹿肉バーグ」の試食、楽しいクラフト体験を予定しています。
https://www.facebook.com/events/277653279454236/

https://www.nodai.ac.jp/campus/facilities/syokutonou/news/article/21654/


P1690868-1.jpg
写真:源流大学さん提供:無断使用禁止
posted by 農業情報総合研究所 at 16:39| Comment(0) | 農大博物館:食の講座開催 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8/25:カレー粉を使った簡単!乾物料理講座を開催します!

開催日が近づいてきました!
お申込み、お待ちしていまーす。

詳しくは、農大博物館までお問い合わせください。
8月25日(土)11:30〜13:00 農大博物館で開催

カレー粉を使った簡単!乾物料理講座。
乾物についての基礎知識、使い方も学びます。
カレー粉と乾物を使ったカレー、スープ、和え物を調理、試食します。参加費2千円。三茶の足立商店さん。

https://www.facebook.com/events/169375723923293/

http://www.nodai.ac.jp/campus/facilities/syokutonou/news/article/21538/


1600221-11.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 16:27| Comment(0) | 農大博物館:食の講座開催 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

イチジク物語(10)9/13「旬のいちじくとワインのマリアージュ 」

イチジクイベントのご案内!冷凍イチジクが大好評ですよ!
前回、参加できなかった皆さんよろしくお願いしまーす。

9/13農業ビジネス研究会「旬のいちじくとワインのマリアージュ 〜愛知県産いちじくの魅力〜」のご案内です!

今回は、旬のいちじくとワインをいただきながら、愛知県産いちじくの魅力についてざっくばらんにお話しを伺います。
生のいちじくとともに、冷凍のいちじく、スムージー、また、いちじくピザなどもご用意する予定です。
ご参加申込みをお待ちしております。

20180913農業情報総合研究所/農業ビジネス研究会
テーマ 旬のいちじくとワインのマリアージュ 〜愛知県産いちじくの魅力〜
発表者 長崎晋作さん(愛知県東京事務所行政課 農産物プロモーショングループ 主査)

日時 2018年9月13日(木曜日) 18:45受付開始 19:00研究会開始 20:55終了
場所 池袋西口/バー クオーレ(Bar Cuore)
地図→ https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13172084/
会費 5000円(いちじく、ワインのほか、ビール、軽食付き)

参加申込
担当(茂木)のメルアドまで、
下記の内容を送信してください。
9/13農業研に参加します。
お名前:
所属:
連絡先(メルアド):
懇親会の出欠: 出席/欠席

または、下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「9/13農業研」としてください。
(SSL暗号化対応)
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

DSCN2753-2.jpg


posted by 農業情報総合研究所 at 20:46| Comment(0) | イチジク・イチジク学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イチジク物語(9)イチジク見学ミニレポート/世田谷喜多見

NPO法人農業情報総合研究所
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken

2018.8.14 fbにアップした記事です。

都市農業とイチジク。八王子の舩木さんが話した通り、23区内の農地でもイチジクを栽培している人達が増えると面白そう!だけど都内で栽培している人いるのかな?と思っていたら、新聞で世田谷のイチジクがJAの直売所で販売されていると知りました。早速、JAさんに連絡して、ご紹介していただくことができました。ありがとうございました!
お話を伺ってみると、都内でもイチジクはあちらこちらで栽培されていることがわかりました。いずれも人気があるようです。

以下、見学レポートです。
住宅街の中、薬は使えないので皮ごと食べられます。

事前に連絡すると、「20本ほどしかないし、ちゃんと手入れできてないから恥ずかしいよー」と言ってたけれど、見学、お話しを聞かせてくださいました。ありがたや。

農家さんによると、木をあまり高くすると収穫が大変なのと、虫対策もありネットで囲ってあるそうです。昨年、カミキリ虫(てっぽう虫)が発生。今年も、カミキリ虫にやられてるとのこと。さらに、鳥が入り込んできてかなり食べられてしまったようでした。鳥はカラスではなくすずめほどの大きさの鳥とか?

お話しを伺っていると、立派なスズメバチがやってきました。
怖くて、怖くて、「あのー、スズメバチがいるみたいです」というと、「カミキリ虫より怖くないよ!」と言われてしまいました。えーっ!農家さんは平気なんですね。気になって仕方ありませんでした。

こちらでは、白イチジク バナーネ、桝井ドーフィンの2種類を栽培。もともと2本あったイチジクを増やしたそうです。
食べごろのバナーネが1個あったので試食させていただきました。あっさりした甘さでした。ふむふむ。

イチジクは、二子玉川にあるJAの直売所で販売。すぐに売り切れちゃうほどの人気だそうです。他にも栽培を始めた方がいらっしゃるとか。また、見学に行ってみたいと思います。残念ながら、産地ほど量がないので1日に5〜7パックのみの販売のようです。


DSCN3688-2.jpg



DSCN3694-2.jpg


DSCN3697-2.jpg


DSCN3674-2.jpg


DSCN3676-2.jpg


posted by 農業情報総合研究所 at 20:07| Comment(0) | イチジク・イチジク学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする