2016年09月27日

国際次世代農業EXPO/招待券いただきました!

国際次世代農業EXPOは、IT農業、ソーラーシェアリング、6次産業化、植物工場など、農業を強くするための次世代の技術や製品が一堂に集まる展示会です。

先日、農ラジ!の取材でお世話になった株式会社セラク みどりクラウド事業部の方が招待状を送って来てくださいました。ありがとうございました!聞いてみたい講演がいくつかあるので行ってみようと思います。

160926-8.jpg


国際次世代農業EXPO
http://www.agri-next.jp/About_tokyo/about/

2016年10月12日[水]〜14日[金] 10:00〜18:00
※最終日の14日(金)のみ17:00終了
会場 幕張メッセ
posted by 農業情報総合研究所 at 17:52| Comment(0) | 農業×IOT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ラジ!取材:株式会社セラクさんに行ってきました。/みどりクラウド

先日、株式会社セラクさんに行ってきました!
みどりクラウド事業部 開発責任者の方に、「みどりクラウド」についてお話を伺ってきました。

こちらが、みどりクラウド。
許可をいただき、写真撮らせていただきました。
農ラジ!インタビューは、10月に配信予定です。お楽しみに!!

160908-3.jpg

posted by 農業情報総合研究所 at 17:39| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもとお出かけ「いこーよ!」に掲載されました!

東京農業大学「食と農」の博物館で、小学生親子を対象としたお米ワークショップを開催します!
今年で3年目となります。東京農業大学の研究を通してお米について学びます。
農業戦隊アグレンジャーも登場!(東京農業大学生産環境工学科学生有志)

子どもとお出かけ「いこーよ!」に掲載されました!
こちらからも、お申込みできます。

第1回「小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ」
http://iko-yo.net/events/57968
第2回「小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ」
http://iko-yo.net/events/57974

東京農業大学「食と農」の博物館開催!「小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ」
〜お米の歴史、世界のお米を学び、品種あて、お米クイズにもチャレンジ!〜

平成28年度子どもゆめ基金助成金事業に採択
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=556
主催:NPO法人農業情報総合研究所
共催:東京農業大学「食と農」の博物館
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/
お申込み、お問い合わせは、東京農業大学「食と農」の博物館までお問い合わせください。

第1回:平成28年11月13日(日)13:30〜15:00
先 生:東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科教授 渡邉 文雄(わたなべふみお)先生
    同 生産環境工学科准教授 鈴木 伸治(すずきしんじ)先生
内 容:お米作りから世界の環境、沙漠についても考えてみるよ
    ミニ実験では、植物が水を吸う力を体験してみるよ。
    ケニアのお米、農大の学生が栽培したコシヒカリの食べ比べを行います。
    ケニアの主食、「ウガリ」(トウモロコシの粉を練ったもの)の試食体験も予定しています。

第2回:平成28年11月27日(日)13:30〜15:00
先 生:東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科教授 坂口 栄一郎(さかぐちえいいちろう)先生
内 容:籾(もみ)から玄米そして白米まで体験・試食
    玄米がどんなふうに白米になるか機械を使って体験。また、コンピュータシミュレーションを使って
    精米の様子も見てみます。精米博士に、新しい技術についてもお話を聞いてみるよ。
    お米の白さ、水分量を測り、精米の歩合を変えたお米の食べ比べを予定

第3回:平成29年1月21日(土)11:30〜13:00
先 生:株式会社むらせ 清水 宜之(しみずのりゆき)先生
内 容:昨年、大人気だった講座。4種類のお米の品種当てに挑戦します!
    お米アドバイザー試験の一部を体験することができます。(内容は同じ、お米の品種が変わります)
◆概要
【会 場】東京農業大学「食と農」の博物館 2F セミナールーム
【対 象】小学生親子15組30名
【参加費】300円(材料・資料代として)
【持ち物】筆記用具、お手ふき(ハンカチ)
【主 催】特定非営利活動法人 農業情報総合研究所
【共 催】東京農業大学「食と農」の博物館
【協 力】東京農業大学地域環境科学部生産環境工学科 坂口 栄一郎教授/渡邉 文雄教授/鈴木 伸治准教授
     東京農業大学沙漠に緑を育てる会/生産環境工学科学生有志
【助 成】子どもゆめ基金

160918-1.jpg


posted by 農業情報総合研究所 at 16:45| Comment(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

農ラジ!第91回更新:ふるさと三重の応援店舗/伊勢すえよし店主インタビュー

西麻布:伊勢すえよしさんの試食会へ行ってきました。
これが、きっかけで農ラジ!インタビューにご協力いただくことになりました。
以下の記事も、あわせてご覧ください。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/442092688.html

三重県四日市市出身28歳の和食料理人、田中佑樹さんインタビュー!
「心の流通」を掲げ、三重県の特選食材を使った割烹料理店 西麻布 伊勢すえよし 店主
お店は、完全予約制 http://www.ise-sueyoshi.jp/
次回は、田中佑樹さんのクラウドファンディングチャレンジについてお話を聞かせていただきます。


posted by 農業情報総合研究所 at 21:00| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉:三つ豆ファームミニ野菜セット、無事届きました!

千葉県、三つ豆ファームさんの野菜が美味しくて気に入っています。
台風、長雨続きで畑の方も大変なようです。

お便りには、千葉にきて13年。毎週台風が来るのは初めてと書いてありました。
今月末に出荷予定だったコカブはすっかり水の底に沈んでしまったようです。

お天気に左右されるのだから、野菜づくりは本当に大変ですね。
美味しい野菜が食べられることに感謝。感謝。
美味しくて、もう食べちゃいました。ごちそうさまでした。

・たまねぎ
・じゃがいも
・小松菜
・なす
・ラディシュ
・生落花生(オオマサリ)
・からし菜

160926-5.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 20:35| Comment(0) | 野菜・果物・大豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良県:生駒市から、ポポーが届きました。

昨年、11月にお会いした奈良県生駒市/有機農業、減農薬に取り組むエコファーマー井上さんから電話がかかってきました。「畑のポポーが食べごろになったから送るよ」とのこと。
当時の様子をブログにアップしています。こちらも、ご覧ください。http://kansyokunouken.seesaa.net/article/430194357.html

そして、ポポーが届きました。ありがとうございました!
届いた箱を開けると、「ポポー」とメモ書きがありました。
思わず、生駒の畑と井上さんの顔が目に浮かびました。

160926-7.jpg


ポポーとは?北米原産のバンレイシ科の果実で、一般的にはポポーと呼ばれているが標準和名はポーポー。日本には明治時代に入ってきて戦後になって、病害虫に強く、無農薬で栽培できるという事で庭木などに一時栽培が広く普及したがすたれてしまい、今では「幻の果実」とか!(@0@)

早速、食べてみることにしました。味は、ねっとり、まったり、かなり濃い甘さです。
熱帯果実のクセのあるにおいが少し強いでしょうか?マンゴーのような濃厚さというと伝わるでしょうか?

・そのまま食べてみました。まったり甘くいただきました。
・ヨーグルトを加えると、すこしまろやかさが加わりジュースのようになりました。
 氷入れるとおいしかったかも。
・牛乳を入れると、かなりまろやかになります。(分量を多くするとさらにのみやすい)
・残ったぽぽーは、牛乳+かぼす汁を入れて冷蔵庫でシャーベットにして食べました。

どうも、ごちそうさまでした。
posted by 農業情報総合研究所 at 20:18| Comment(0) | 野菜・果物・大豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

朝日屋酒店さん主催:蔵元勉強会&ブラインド勉強会のご紹介

朝日屋酒店さん主催:蔵元勉強会&ブラインド勉強会が開催されます。
梅ヶ丘パークホール:10月9日(日)14:00〜16:00 参加費1500円 予約販売のみ
http://asahiyasaketen.sakura.ne.jp/

講師は、宮城県 伯楽星 新澤醸造 杜氏兼社長 新澤巌夫さん。
毎年行われている、美酒名酒きき酒会では、たくさんの蔵元さんに「農ラジ!」インタビュー協力していただいています。

震災直後、新澤さんにもインタビューさせていただきました。久しぶりにお会いできるのが楽しみです。チケットは、朝日屋酒店さんまで、お問い合わせください。
posted by 農業情報総合研究所 at 13:54| Comment(0) | 醸造・日本酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝日屋酒店さん:しょうゆ講座を紹介していただきました。

世田谷区豪徳寺 朝日屋酒店さんブログ「しょうゆ講座」をご紹介していただきました。
お店には、チラシも置いてもらっています。
http://black.ap.teacup.com/asahiya/

朝日屋さんに置いてあるチラシを見て、ご参加の申し込み下さった方がいます。
ご紹介、ありがとうございます。\(^o^)/

「楽しく学べるしょう油講座」〜しょう油博士と、ききしょう油にチャレンジ!〜
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/442020486.html

日時:平成28年10月23日(日)13:30〜15:00
場所:東京農業大学「食と農」の博物館2Fセミナールーム
講師:しょう油博士 舘博先生(東京農業大学 短期大学部 醸造学科教授)
しょう油のお土産つきです!
お問い合わせ、お申込みは、東京農業大学「食と農」の博物館まで。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=554
posted by 農業情報総合研究所 at 13:50| Comment(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

しょう油の絵本/たち ひろし

「楽しく学べるしょう油講座」〜しょう油博士と、ききしょう油にチャレンジ!〜を開催します。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/442020486.html
講座開催にあたり、しょう油の記事をアップしています。

講座を担当していただくのは、
しょう油博士 舘博先生(東京農業大学 短期大学部 醸造学科教授)です。

昨年、2015年4月5日(日)1215〜NHKFMトーキング ウイズ 松尾堂にご出演されました。
バックナンバーは、こちら。
http://www.nhk.or.jp/program/matsuodo/201504.html

テーマは、「麹(こうじ)・納豆、発酵パワーをおいしくいただく」
番組内で紹介された本。

『しょうゆの絵本』 たちひろし/イラスト:たかべせいいち
『図解でよくわかる発酵のきほん』 監修:舘 博
『塩分量が半分になる、しょうゆ麹のおかず』 監修:舘 博/植木もも子

『しょうゆの絵本』気になりますね。大人も、しょう油について学べる内容のようです。
はい。私もこれから読んでみたいと思います。
しょう油の絵本.jpg


「楽しく学べるしょう油講座」〜しょう油博士と、ききしょう油にチャレンジ!〜を開催します。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/442020486.html

日時:平成28年10月23日(日)13:30〜15:00
場所:東京農業大学「食と農」の博物館2Fセミナールーム
講師:しょう油博士 舘博先生(東京農業大学 短期大学部 醸造学科教授)
しょう油のお土産つきです!
お問い合わせ、お申込みは、東京農業大学「食と農」の博物館まで。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=554
posted by 農業情報総合研究所 at 12:56| Comment(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

醸造ツーリズム:沖縄で見つけた淡口醤油/玉那覇味噌・醤油

旅行にいくたびに、勝手にに醸造ツーリズムを楽しんでいます。
なるべく旅先の郷土料理を食べ、その土地の味噌、醤油、酒蔵をめぐってみます。
そして、お土産に味噌、醤油、お酒を買って帰ってくるという旅です。

沖縄に行く前に事前にチェックしていた有限会社 玉那覇味噌醤油。
実際に、味噌作りの様子を見せていただくことができました。
お味噌が目当てだったのですが、淡口醤油を作っているというのでこちらも見せていただきました。
沖縄の料理に淡口醤油が使われているのに驚きました。味噌同様、発酵が早いとか。

有限会社 玉那覇味噌醤油は、安政年代(尚泰王時代)の頃に創業して以来、琉球王家御用達のお店。
米、麦そして一般に使用されている脱脂大豆ではなく 100%の丸大豆だけを使い、沖縄の天然シママースを合わせ、昔ながらの天然醸造でじっくりと作られているそうです。(玉那覇のホームページより)
現在、淡口醤油は販売されていないようです。サイトご確認ください。
http://www.tamanahamiso.co.jp/index.html

140630-27.jpg


講座開催にあたり、しょう油の記事をアップしていきます。

「楽しく学べるしょう油講座」〜しょう油博士と、ききしょう油にチャレンジ!〜を開催します。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/442020486.html
講座開催にあたり、しょう油の記事をアップしています。

日時平成28年10月23日(日)13:30〜15:00
場所:東京農業大学「食と農」の博物館2Fセミナールーム
講師:しょう油博士 舘博先生(東京農業大学 短期大学部 醸造学科教授)
しょう油のお土産つきです!
お問い合わせ、お申込みは、東京農業大学「食と農」の博物館まで。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=554
posted by 農業情報総合研究所 at 13:11| Comment(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

全国のお醤油:石川県輪島市/能登産丸大豆醤油

「楽しく学べるしょう油講座」〜しょう油博士と、ききしょう油にチャレンジ!〜を開催します。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/442020486.html

日時平成28年10月23日(日)13:30〜15:00
場所:東京農業大学「食と農」の博物館2Fセミナールーム
講師:しょう油博士 舘博先生(東京農業大学 短期大学部 醸造学科教授)
しょう油のお土産つきです!
お問い合わせ、お申込みは、東京農業大学「食と農」の博物館まで。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=554

講座開催にあたり、しょう油の記事をアップしていきます。

谷川醸造株式会社さんの醤油をみたのは、すみだ青空市やっちゃば。
能登産丸大豆醤油というのが気になり、写真を撮らせてもらいました。

小麦・大豆・塩というシンプルな原材料で、昔ながらの製法でつくった醤油で添加物や保存料は一切入っていないそうです。大豆は石川県珠洲(すず)産の”幻の大豆”と呼ばれている≪大浜大豆≫、塩は珠洲の釜あげの塩、小麦は北海道の小麦を使用とのこと。輪島の郷土料理にも使われているのでしょうか?

今度見かけたら、買ってみようと思います。

140630-17.jpg

posted by 農業情報総合研究所 at 23:36| Comment(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

醤油と食文化が学べる1冊/「しょう油が香る郷土料理」

「楽しく学べるしょう油講座」〜しょう油博士と、ききしょう油にチャレンジ!〜を開催します。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/442020486.html

日時平成28年10月23日(日)13:30〜15:00
場所:東京農業大学「食と農」の博物館2Fセミナールーム
講師:しょう油博士 舘博先生(東京農業大学 短期大学部 醸造学科教授)
しょう油のお土産つきです!
お問い合わせ、お申込みは、東京農業大学「食と農」の博物館まで。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=554

講座開催にあたり、しょう油の記事をアップしていきます。
しょう油と食文化がどのように結びついているのか知りたくて、いろいろな本を探していました。
見つけました!それが、しょう油協会「しょう油が香る郷土料理」です。

しょう油を使った郷土料理が多数掲載されています。その地域の郷土料理にあった醤油を使っているのがわかります。面白いなー。

この本の中で、舘博さん(東京農業大学 短期大学部 醸造学科教授)が、しょう油のもついろいろな働き、しょう油の新たな可能性について書いておられます。最近の研究では、ガンや血圧上昇を抑える機能成分がしょう油から見つかっているそうです!講座でも、このお話が聞けるかも知れません。

舘先生の他にも、奥村 彪生さん(伝承料理研究家、食文化研究家)しょう油の色に、土地の歴史、人柄が表れるというのも興味深いですね。また、渡辺あきこさん(料理研究家)料理は色。その人が慣れ親しんだ色がというのがとても重要という文を読み、思わず、大きくうなずいた自分がいました。
気になった方は、ぜひご覧になってみてください。

160917-8.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 21:47| Comment(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

西麻布:伊勢すえよしさんの試食会

三重県出身の28才の男の子から、同級生が西麻布に日本料理店をオープンさせたこと。
三重の食材にこだわり、東京のお客さんと一緒に三重をまわるツアーを実施した教えてくれました。
面白そうだな〜と思っていたら、試食会が開催されると聞いたので行ってみることにしました。
これが、農ラジ!の取材へとつながっていくのですから縁とは不思議なものです。

西麻布にある「伊勢すえよし」さん
http://www.ise-sueyoshi.jp/

160917-22.jpg


伊勢すえよしの店主 田中 佑樹さんは、ただいまクラウドファンディングにチャレンジ中。10/15まで。
参加させていただいた試食会は、プロジェクトで開発予定の商品3品の試食していただきお客さまの感想、PRを目的としたものでした。
https://faavo.jp/mie/project/1522#pj-single-nav

試食の一部をご紹介

伊勢の天然鯛めし。伊勢すえよしのちりめん山椒
鯛めしが、う、うまい!というか、ごはんがおいしいくてびっくり!!
聞けば、伊賀米コシヒカリ特Aだそうです。
これに、ちりめん山椒のあうこと。はぁ〜、おいしかった。

160904-22.jpg


お茶を使ったデザート。少し濃厚でしたが、これもおいしい!
個人的な感想ですが、外国人にも受けそうな気がしました。

商品化する際は、万古焼のココットに入れて販売するそうです。
上記の鯛めしも、万古焼の土鍋で炊いたご飯だとわかりました。
土鍋のこといろいろ知りたかったので、万古焼のお話も興味深かったです。
160904-24.jpg


日をあらためて、詳しくお話を聞かせていただくことができました。
農ラジ!インタビューをお楽しみに!!
posted by 農業情報総合研究所 at 12:33| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

東京農大「食と農」の博物館開催!お米ワークショップ

今年で3年目となります。東京農業大学の研究を通してお米について学びます。
農業戦隊アグレンジャーも登場!(東京農業大学生産環境工学科学生有志)

東京農業大学「食と農」の博物館開催!小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ。
〜お米の歴史、世界のお米を学び、品種あて、お米クイズにもチャレンジ!〜

平成28年度子どもゆめ基金助成金事業に採択
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=556
主催:NPO法人農業情報総合研究所
共催:東京農業大学「食と農」の博物館
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/
お申込み、お問い合わせは、東京農業大学「食と農」の博物館までお問い合わせください。

160918-1.jpg


◎第1回 お米作りから世界の環境、沙漠についても考えてみるよ

 ・砂漠?沙漠?いろいろな「さばく」があるの?
 ・水が少なくてもお米がはできるのかな?
 ・アフリカでは、どんなお米が作られているの?

 ミニ実験では、植物が水を吸う力を体験してみるよ。
 ケニアのお米、農大の学生が栽培したコシヒカリの食べ比べを行います。
 ケニアの主食、「ウガリ」(トウモロコシの粉を練ったもの)の試食体験も予定しています。

【日 時】平成28年11月13日(日)13:30〜15:00
【講 師】東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科教授 渡邉 文雄(わたなべふみお)先生
     同 生産環境工学科准教授 鈴木 伸治(すずきしんじ)先生

◎第2回 籾(もみ)から玄米そして白米まで体験・試食

 ・お米の白さ、水分量を測ってみよう
 ・精米の歩合を変えたお米を食べ比べてみよう!

 お家で食べている白いごはん。家庭でも玄米から精米できる精米機が普及しています。
 玄米がどんなふうに白米になるか機械を使って体験。また、コンピュータシミュレーションを使って
 精米の様子も見てみます。精米博士に、新しい技術についてもお話を聞いてみるよ。

【日 時】平成28年11月27日(日)13:30〜15:00
【講 師】東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科教授 坂口 栄一郎(さかぐちえいいちろう)先生

◎第3回 お米の歴史クイズ、ごはんの食べ比べ体験
  ・ごはんの食べ比べ。味で違いを体験してみよう。
  ・お米のにおい、固さ、粒の大きさを比べてみるよ

 昨年と同じ内容となります。
 大人気だった、お米の食べ。今年も4種類の食べ比べに挑戦します。
 お米アドバイザー試験の一部を体験することができます。

【日 時】平成29年1月21日(土)11:30〜13:00
【講 師】株式会社むらせ 清水 宜之(しみずのりゆき)先生

◆概要
【日 時】
  第1回:平成28年11月13日(日)13:30〜15:00
  第2回:平成28年11月27日(日)13:30〜15:00
  第3回:平成29年1月21日(土)11:30〜13:00
【会 場】東京農業大学「食と農」の博物館 2F セミナールーム
【対 象】小学生親子15組30名
【参加費】300円(材料・資料代として)
【持ち物】筆記用具、お手ふき(ハンカチ)
【主 催】特定非営利活動法人 農業情報総合研究所
【共 催】東京農業大学「食と農」の博物館
【協 力】東京農業大学地域環境科学部生産環境工学科 坂口 栄一郎教授/渡邉 文雄教授/鈴木 伸治准教授
     東京農業大学沙漠に緑を育てる会/生産環境工学科学生有志
【助 成】子どもゆめ基金
posted by 農業情報総合研究所 at 14:05| Comment(0) | 世田谷・お米WS/食農教育活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

日本農業新聞に掲載されました!板橋/親子で楽しいお米体験教室2016

2016年「親子で楽しいお米体験教室」は、いたばし夏ボラ&キッズボランティア事業の一環としてを開催しました。会場は、成増社会教育会館。お米体験教室の企画は、NPO法人農業情報総合研究所です。講座では、「JA東京あおば赤塚支店」さんの協力により、板橋農業についてお話を聞かせていただきました。

この講座が、日本農業新聞に掲載されました!
農業情報総合研究所、アグレンジャーは登場していませんが・・・(^^;;
ぜひ、ご覧ください。来年も、板橋でお米体験教室を開催できればとおもいます。

160917-11.jpg


以下の記事も合わせてご覧ください。

板橋:2016親子で楽しいお米体験教室。B/白藤PJ(東京家政大学)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/441461809.html
板橋:2016親子で楽しいお米体験教室A/農業戦隊アグレンジャー登場!
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/441461120.html
板橋:2016親子で楽しいお米体験教室@/JA東京あおば赤塚支店
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/441460672.html
posted by 農業情報総合研究所 at 14:06| Comment(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする