2016年08月30日

板橋:2016親子で楽しいお米体験教室。B/白藤PJ(東京家政大学)

今年の「親子で楽しいお米体験教室」は、いたばし夏ボラ&キッズボランティア事業の一環としてを開催しました。会場は、成増社会教育会館です。

昨年に引き続き、東京家政大学 白藤PJメンバーが参加してくれました!嬉しいなぁ〜。
一緒に講座を担当するのは4回目となりました。

160820-2.jpg

子どもたちにお米クイズの出題。

160820-13.jpg


むずびすし(お花、クマさんのおにぎり)づくりの説明。

160820-5.jpg


お米に酢を加えたごはんが、おいしいと好評でした!
160820-7.jpg


みんなで楽しく、むすびすしを作りました。
160820-10.jpg


炊飯の準備、おにぎりの具の下準備、配膳などなど。みんな大活躍でした。
白藤PJメンバーのみんな、本当にありがとう〜!お疲れさまでした。\(^o^)/
posted by 農業情報総合研究所員 at 00:08| Comment(0) | 板橋情報・食農教育活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

板橋:2016親子で楽しいお米体験教室A/農業戦隊アグレンジャー登場!

今年の「親子で楽しいお米体験教室」は、いたばし夏ボラ&キッズボランティア事業の一環としてを開催しました。会場は、成増社会教育会館です。

板橋、農業戦隊アグレンジャー(第2580地区 東京板橋セントラルローターアクトクラブ、東京浅草中央ローターアクトクラブメンバー)からは、子どもたちにお米クイズの出題、ふりふりおにぎりの作り方の説明、子どもたちと一緒にむずびすし(お花、クマさんのおにぎり)づくりにチャレンジしました。

160820-3.jpg

農業戦隊アグレンジャー自己紹介。

160820-1.jpg


第2580地区ローターアクトクラブのみんな、本当にありがとう!
posted by 農業情報総合研究所員 at 23:46| Comment(0) | 板橋情報・食農教育活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

板橋:2016親子で楽しいお米体験教室@/JA東京あおば赤塚支店

今年の「親子で楽しいお米体験教室」は、いたばし夏ボラ&キッズボランティア事業の一環としてを開催しました。会場は、成増社会教育会館です。

講座では、「JA東京あおば赤塚支店」さんの協力により、板橋農業についてお話を聞くことができました。

160820-4.jpg

JA東京あおば赤塚支店の皆さん。

世田谷に牧場があったと聞き驚いたことがありましたが、板橋区にも牧場があったんですね。
昭和20年、27年、33年牧場の写真をみることができました。

160820-113.jpg


昭和39年徳丸での田植え、昭和42年の田んぼの写真
あっという間に宅地化になってしまったんですね。
160820-112.jpg


板橋の地場野菜「志村みの早生大根」JA東京おばさんのホームページによると、清水夏大根と呼ばれており中山道を下ると清水坂(現在の志村坂)辺り百姓みの吉によって育成されたといわれていて夏の暑さに強い夏大根。ベッタラ漬けの材料として欠かせない人気の品種だったとか。

JA東京あおば赤塚支店の皆さん、板橋農業の貴重なお話、資料をありがとうございました。
posted by 農業情報総合研究所員 at 23:26| Comment(0) | 板橋情報・食農教育活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

昆布と食文化(大阪)A昆布セミナー!に参加/2013.11月

農ラジ!第88回:大阪天満から発信。昆布革命!
お聞きいただき、ありがとうございます。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/441369636.html

コチラの記事も、あわせてご覧ください。
「大阪天神橋 昆布問屋の昆布水レシピ」
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/441406363.html

大阪市中央卸売市場「ざこばの朝市」で開催された「昆布水」のセミナーに参加しました!
講師は、農ラジ!第88回インタビューにご協力いただきました、株式会社天満大阪昆布 
3代目 代表取締役 喜多條 清光さんです。

昆布水セミナー、とっても面白かったです!
何故、大阪土産、大阪名物が塩昆布なのか?ずっと謎でしたが、喜多條さんのお話を聞いて納得!
商人のまち。大阪の歴史、食文化を知ることができたのは大きな収穫でした。

喜多條さんは昆布文化を廃れさせないために、また、昆布のすそ野を広げたいという思いで事業をされています。この一環として、「昆布水」普及に力を入れています。

昆布水は、1リットルの水に細切りにした昆布10グラムを入れると3時間。できれば一晩冷蔵庫に入れておくとよいそうです。どんな料理にもあいます。また、高血圧、生活習慣病の予防にも効果があることが、東京海洋大学の先生の研究からも証明されているそうです。

160823-22.jpg

posted by 農業情報総合研究所員 at 22:20| Comment(0) | 乾物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昆布と食文化(大阪)@「大阪天神橋 昆布問屋の昆布水レシピ」

農ラジ!第88回:大阪天満から発信。昆布革命!
お聞きいただき、ありがとうございます。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/441369636.html

2012年頃、「昆布」について知りたいなぁ〜と思っていました。
それは、出汁についてわからないことがあったからです。

関西で普通に飲んでいた昆布出汁がなぜ東京で飲めないのか?
昆布を使っても何かが違うんです。水なのか?昆布なのか?

東京在住で関西出身者の人に、「水が違うと感じたことがあるか?」聞いてみると、
「もう慣れたけど水が全然違う」と多くの方が教えてくれました。

水が違うのだから、出汁昆布も種類が違うのかも知れない。
詳しく知りたいなと思っているときに、TV番組で紹介され話題となった1冊の昆布の本に出会いました。
それが、「大阪天神橋 昆布問屋の昆布水レシピ」でした。

160823-21.jpg


普段の料理に、昆布を取り入れるレシピ、昆布の出汁がらを上手に利用する方法も掲載されています。
農ラジ!おすすめ本です。
posted by 農業情報総合研究所員 at 21:43| Comment(0) | 乾物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

農ラジ!第88回:大阪天満から発信。昆布革命!

2012年、TV番組で紹介され話題となった
「大阪天神橋 昆布問屋の昆布水レシピ」という本を手にしました。

面白そう〜!大阪に行く予定もあり、著者である株式会社天満大阪昆布 
3代目 代表取締役 喜多條 清光さんにメールをお送りしてみました。

すると、大阪中央卸売市場「ざこばの朝市」で昆布セミナーを開催します。
その会場でよければ、お会いできるとお返事をいただきました。
2013年11月、大阪に行ったときに昆布セミナーを聞いたあと、喜多條にお話を聞かせていただきました。

昆布セミナー、すごく面白かったです!
何故、大阪土産、大阪名物が塩昆布なのか?ずっと謎でしたが、喜多條さんのお話を聞いて納得!
商人のまち。大阪の歴史、食文化を知ることができたのは大きな収穫でした。

ステキなインタビューを、ぜひ公開したいと思っていました。
しばらくぶりにメールをお送りしたら、快く引き受けていただきました。

ぜひ、ぜひ、皆さん、聞いてみてください。
喜多條さん、ありがとうございました!東京でお会いできる楽しみにしています。
posted by 農業情報総合研究所員 at 13:40| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

「楽しく学べるしょう油講座」〜しょう油博士と、ききしょう油にチャレンジ!〜

平成28年10月23日(日)13:30〜15:00
「楽しく学べるしょう油講座〜しょう油博士と、ききしょう油にチャレンジ!〜」を開催します。
ただいま、参加者募集中です。

お問い合わせ、お申込みは、東京農業大学「食と農」の博物館まで。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=554

私たち日本人の日々の食事に欠かせない調味料、醤油。
しょう油博士の舘博先生にその効用や製法、保存法などを学び、
濃口・淡口・再仕込み・たまり・白醤油の「ききしょう油」に挑戦してみましょう。お土産もありますよ!

161023-1.png


【日 時】平成28年年10月23日(日)13:30〜15:00
【場 所】東京農業大学「食と農」の博物館2Fセミナールーム
【講 師】おしょう油博士 舘博先生(東京農業大学 短期大学部 醸造学科教授)
【対 象】一般、大学生
【参加費】2,000円(材料費、資料代として)
【持ち物】筆記用具
【定 員】30名
【講座の内容】
 原材料、醤油ができるまで
 醤油の種類(濃口、淡口、再仕込、溜、白)
 醤油の効用
 保存方法(生醤油、醤油ボトルについて)
 きき醤油
 醤油を使った料理の試食

【お申込み】東京農業大学「食と農」の博物館事務室 03-5477-4033
【主 催】NPO法人農業情報総合研究所
【共 催】東京農業大学「食と農」の博物館
【協 力】しょうゆ情報センター
posted by 農業情報総合研究所員 at 23:07| Comment(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本農業新聞に掲載されました!世田谷、親子野菜講座

日本農業新聞に、親子野菜講座を取り上げていただきました。

2016年7月16日(土)東京農業大学「食と農」の博物館で、「世田谷で採れる旬の野菜と果物のおいしい食べ方の体験教室」を開催しました。

主催:NPO法人農業情報総合研究所
共催:東京農業大学「食と農」の博物館

この講座が日本農業新聞に掲載されました。JA世田谷目黒さん、ありがとうございました!
160816-1.jpg
posted by 農業情報総合研究所員 at 22:49| Comment(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

醤油と食文化(群馬県)

「楽しく学ぶしょう油講座」〜しょう油博士と一緒に、ききしょう油にチャレンジ〜を開催します!
10/23日(日)13:30〜15:00
東京農業大学「食と農」の博物館2Fセミナールーム
講師:東京農業大学短期大学部 醸造学科 教授 舘博先生

参加者募集は、9月頃博物館のホームページに掲載予定です。みなさまのご参加、お待ちしています。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/

8/3銀座農業政策塾は、東京農業大学醸造学科 教授 舘博さんに「日本の食文化としょう油」をテーマにご発表をいただきました。舘先生は、しょう油博士です。

というわけで、「日本の食文化としょう油」について思うことを書いてみたいと思います。

2013年12月、お歳暮に「しょう油&ぽん酢の詰め合わせ」をいただきました。わ〜い!(*^_^*)
(2013年12月にフェイスブックにアップ)

いただいたしょう油は、岡直三郎商店(群馬県大間々市)創業220年以上。
昔ながらの木桶を使って仕込み、発酵・熟成させているのが特徴です。

写真右は濃口しょう油。左は、国産の有機丸大豆と小麦をを原料に、発酵熟成させて出来上がった一番しぼり生しょう油に、再度同じ原料の麹を加え、発酵熟成させた有機再仕込みしょう油です。
東京のスーパーで、再仕込みしょう油を販売しているのはごく一部です。

160815-1.jpg


再仕込みしょう油は、山口県を中心に山陰から九州地方にかけての特産

しょう油情報センターによると、再仕込みしょう油は、山口県を中心に山陰から九州地方にかけての特産しょうゆとあります。色、味、香りともに濃厚で、別名「甘露しょうゆ」とも言われ、刺身、寿司、冷奴など、おもに卓上でのつけ・かけ用に使われるようです。

山陰から九州地方にかけての特産しょう油が、なぜ群馬で作られているのか?

食文化と関わりがあるのでしょうか?
実際に群馬では、再仕込みしょう油をどんな料理に使っているのでしょうか?

岡直三郎商店(群馬県大間々市)のホームページを見てみると、ブリの照焼。染み込ませたい料理に使うとあります。他にも、マグロなどの赤身のお刺身やステーキなどそのままかけて使ったり、カレーライスにちょっとかけたり、ソース代わりに揚げ物にかけたり、煮物の最後に少し加えたりするようです。

群馬県のB級グルメでも、ソースかつ丼、カレーうどんが有名ですね。でも特別な料理ではありません。
東京でも日常よく食べる料理です。いずれも濃口しょう油を使う方が多いですね。

群馬では、なぜ再仕込みしょう油使うのでしょうか?う〜ん、不思議。
機会があれば、群馬のしょう油さんに聞いてみたいと思います。
醤油と食文化、まだまだ続いていきます。
posted by 農業情報総合研究所員 at 21:49| Comment(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

板橋:8/20日親子お米体験教室/板橋農業についても学びます!

開催日が近づいてきました!
いたばしボランティアセンターさんと一緒に親子お米体験教室を開催することになりました。

講座で板橋の農業について、お話してくださる方をず〜〜〜〜っと探していました。
やっぱり無理かな〜と思っていたら、知り合いの方から嬉しいメールが届きました。

そんなこんなで、「JA東京あおば赤塚支店」に伺いました。そして、なんと、なんと、
お米講座に農家さんが来てくださることになったのです!\(^o^)/嬉しい〜!!
人のつながりって本当に大切ですね。

160814-3.jpg


板橋で、初めてこの看板を見ました。区によって違うんですね。びっくりしました〜。

160814-5.jpg


いたばし夏ボラ&キッズボランティア事業の一環です。
8/20日(土)11時〜13時 
場 所:成増社会教育会館 3F調理室
内 容:「ふりふりおにぎり」、「むすびすし」にも挑戦します!
農業戦隊アグレンジャーも参加予定です。

参加申し込みについては、板橋ボランティアセンターさんまでお問い合わせください。
http://ita-vc.or.jp/?p=11485
posted by 農業情報総合研究所員 at 19:18| Comment(0) | 板橋情報・食農教育活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

東京農業大学オープンキャンパス、農学フェス!

毎年、せたがやふるさと区民祭りと同時に開催されているのが東京農業大学オープンキャンパス。
多くの高校生たちが世田谷キャンパスにやってきます。
写真は、経堂門にあった看板。
この日は、東京農業大学創立125周年記念事業 国際食料情報学部シンポジウムに参加しました。

160807-9.jpg


初めてオープンキャンパスに来たときは、先生の模擬講義を高校生と一緒に受講したなぁ〜。
当時は、楽しくて複数受講しました。(笑)

160807-6.jpg


オープンキャンパスでは、学科別マナビ体験、分野別模擬実習、模擬講義、入試対策講座が行われています。私は、お米講座を開催しているので応用生物科学部のお米の鮮度体験企画、生産環境工学科の精米シュミレーションのアニメーションが気になりました。研究室ツアーに参加してみるのも面白いですよ。また、参加したいな。
posted by 農業情報総合研究所員 at 20:23| Comment(0) | 世田情報:お店・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

第39回せたがやふるさと区民祭り/世田谷のお米屋さん!

せたがやふるさと区民祭り会場に、今年は馬事公苑会場奥まで行ってみました。
すると、お米屋さんのブースがありました!えーーっ!知らなかった。

東京都米穀小売商業組合世田谷支部の方々。
お米の消費拡大の為のPR活動、お米の大抽選会、景品の配布を行っているとのこと。

ブースの前を時は、ちょうど抽選会が終わったばかり。うわーーーっ!残念。
100円で抽選会に参加できるようでした。次回は、ぜひチャレンジしたいな。

160807-3.jpg


自分が住んでいる地域のお祭りも、一度は行ってみないといけないですね。(^_^;)
posted by 農業情報総合研究所員 at 17:27| Comment(0) | お米・米粉・おにぎり・米技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第39回せたがやふるさと区民祭り/バオバブの苗

東京農業大学「食と農」の博物館でも、催しものが開催されていました。
・1Fふるさと交流コーナー
・2F食の体験コーナー

博物館バイオリウムの入口では、第39回せたがやふるさと区民祭り特別販売。
バオバブの苗が100円で販売されていました!バオバブの木、ご存じですか?

160807-4.jpg


バオバブの木は、星の王子様の世界にでてくる不思議な木。
東京農業大学名誉教授、故・近藤典生博士が長年マダガスカルの動植物を実地調査されていらっしゃたそうです。同博物館では、2006.4.26 〜 11.12 企画展示「バオバブの木の下で」が開催されました。

バイオリウム内には、バオバブの木が展示されています。
まだ、見たことのない方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

企画展示が行われたときに、いただいた貴重な本です。
この場をお借りして、お礼を申し上げます。ありがとうございました!!

160807-10.jpg
 
posted by 農業情報総合研究所員 at 16:51| Comment(0) | 世田情報:お店・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第39回せたがやふるさと区民祭りへGO!(せたがやそだち)

世田谷区、第39回ふるさと区民祭り」へ行ってきました!

160807-1.jpg


各商店街ごとのお神輿もみどころです!

160807-5.jpg


毎年、楽しみなのが「ふるさと物産店」。いつも大人気です。
世田谷区との交流がある全国の自治体が、ふるさとの物産展を持って多数参加します。
今年も世田谷区を含め36のブースが出店。新鮮な野菜、果物、加工品でいっぱいでした。

たくさんブースがあるなかで、迷わず立ち寄るのが世田谷ブース。
朝採れの世田谷そだちの野菜を買いに行きました!

知り合いの農家さんはいなかったけれど、区の方々にもご挨拶できました。
本当にお買い得で美味しいんです!知らなかった方は、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

160807-2.jpg


こちらが、世田谷そだちの野菜。おいしかったですよ!
160807-8.jpg


続く〜。
posted by 農業情報総合研究所員 at 15:43| Comment(0) | 世田情報:お店・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

農ラジ!第87回e-kakashiで農業を応援!(2)

農業におけるIT活用の取り組みが進んでいます。
農ラジでは、各企業、ベンチャー企業の技術をご紹介していきたいと思います。

前回に引き続き、「簡単、手軽、面白い!」。これからの農業のためにITができること。
e-kakashiについて、PSソリューションズ株式会社 CPS事業本部グリーンイノベーション研究開発部 
部長 学術博士 戸上崇さんにお話を聞かせていただきました。

e-kakashiは、どのような栽培品目の方が使えるのか。
機器の強度についても詳しく教えていただきました。

写真提供:PSソリューションズ株式会社 CPS事業本部グリーンイノベーション 研究開発部
https://www.e-kakashi.com/

posted by 農業情報総合研究所員 at 22:33| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする